名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

宇佐美彰朗の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

宇佐美彰朗のプロフィール

宇佐美彰朗、うさみ・あきお。日本の男子マラソン選手、マラソン指導者。東海大学教授。新潟県出身。。日本大学経済学部経済学科卒業、日本大学文理学部体育学科卒業。日本大学大学院文学研究科教育学専攻体育学コース修士課程修了。大学生時代から陸上競技をスタート。箱根駅伝で区間新記録を樹立。数々のレースで優勝し、オリンピック日本代表に3大会連続選ばれた。引退後はマラソンの指導と研究にあたった。

宇佐美彰朗の名言 一覧

世界のトップに近道はない。必要なのはただひとつ。目標へ向かっての絶対的な持久力。


宇佐美彰朗の経歴・略歴

宇佐美彰朗、うさみ・あきお。日本の男子マラソン選手、マラソン指導者。東海大学教授。新潟県出身。。日本大学経済学部経済学科卒業、日本大学文理学部体育学科卒業。日本大学大学院文学研究科教育学専攻体育学コース修士課程修了。大学生時代から陸上競技をスタート。箱根駅伝で区間新記録を樹立。数々のレースで優勝し、オリンピック日本代表に3大会連続選ばれた。引退後はマラソンの指導と研究にあたった。

他の記事も読んでみる

俣野成敏

プロフェッショナルサラリーマンとは、自分で仕事をつくって、回して、稼ぐことができる社員のことです。それ以外のサラリーマンは、どんなに役職が上でも、どんなに社歴が長くてもアマチュアサラリーマンです。


大西洋

いまもできるだけ店頭に立つようにしています。特に、当社は水曜日が「週のはじまり」なので、開店時にはご挨拶のために店頭に立ちます。店頭の意見は、とても参考になりますね。


尾崎元規

研究開発力やマーケティング力、販売力など、花王の強みは国境を越えても通用していくものだと思っています。しかし、我々が主力としているコンシューマープロダクトは、日々の生活に立脚した、毎日使う低価格商品です。その歴史や風土、気質などの基本知識の上に、いま生活している人々のインサイトの情報、つまり商品の使用現場や購入現場で何を考え、どう感じているかということを深く理解しなければ、喜んで使っていただけるものづくりはできません。


前田晃伸

大切なことは、ビジネスの世界では、書くことには必ず行動が伴うと考えなければならないということです。考えること、考えていることを言葉にして書くこと、実際に行動すること。この三つがバラバラであってはならないのです。その意味で、書くということはコミットする(誓約する、約束する)ことと同義です。


上田祐司(経営者)

ホームページの文章を作成するとき、まず、どんな人に来てもらいたいかを考え、それに関連したキーワードをできるだけ多く書き、そのキーワード検索で上位にランキングされる工夫をすることです。社員ブログや自社関連のメルマガ、SNSなどにキーワードをちりばめ、そこから自社のオフィシャルサイトに飛べるようにするのもひとつの方法でしょう。


筒井義信

社長就任後、現場に出向くことはもちろん、社内の諸会議にも多数参加してコミュニケーションを増やす努力をしてきましたが、量・質ともにまだ足りないと思っています。そこは引き続き私の課題です。


本田宗一郎

息子や親せきでないと社長にしないとか、東大出でないといかんとか、企業に関係のない条件で社長を選んでいるところがある。みんなが見ているというのに、それでいいと思っているんですかね。会社は大勢が飯を食うところ、大勢の生命の源泉です。そこを忘れたら会社は潰れますよ。
【覚書き:ホンダの社長は2代目以降も能力重視で現場たたき上げの人間が多数を占めている】


近田哲昌

私自身、無責任に安請け合いする上司が一番嫌いでしたから、自分の言動に責任を持つためにも、面談の内容をメモしているのです。面談の前に前回の面談内容のメモを読み返すことも欠かしません。内容に継続性があればこそ、コミュニケーションが積み上がっていくからです。


井植歳男

与えられた仕事をこなすだけでなく、気づいたことはなんでも提案した。私はたちまち一風変わった存在となり、重宝な職工として認められるようになった。一か月働くと90円も払ってくれた。年配の熟練工に匹敵する収入であった。
【覚書き|他社の状況を知るために、松下電器から離れて朝日電気で職工として働いたときを振り返っての発言】


荒金雅子

終身雇用の崩壊で、日本でもキャリアが自己責任となり、人生やライフスタイルについて主体的に考えなければならない時代となった。その時代に生きる人たちにとって「自分を成長させるための時間を確保する」ことは重要事項だ。


永守重信

2008年のリーマン・ショック。世界経済に大混乱を来し、日本電産も直後には減収減益を余儀なくされた。だが私たちはこの危機に即刻立ち向かい、早くも10年度には過去最高益を達成した。製造工程のムダ取りなどの構造改革を徹底し、会社の体質改善を進めたからだ。


岡素之

私どもの経営理念の第一項目に「健全なる事業を通じて豊かさと夢を実現する」とありますが、これはすべてのステークホルダーの豊かさと夢の実現であると定義づけています。社会に貢献する、人のためになるという考え方があります。