名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

宇佐美典也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

宇佐美典也のプロフィール

宇佐美典也、うさみ・のりや。日本のコンサルタント、官僚(経産)。東京都出身。東京大学経済学部卒業後、経済産業省に入省。在職中に『三十路の官僚ブログ』を開始。その後独立。著書に『肩書き捨てたら地獄だった 挫折した元官僚が教える「頼れない」時代の働き方』『逃げられない世代 日本型「先送り」システムの限界』『30歳キャリア官僚が最後にどうしても伝えたいこと』。

宇佐美典也の名言 一覧

ブログでセルフブランディングを始めると、やっと仕事が転がり始めました。今やっている太陽光の仕事も、ブログの記事がきっかけで依頼がきたものなんですよ。


(独立直後の上手くいかなかった時期は)思えば僕は肩書きを捨てても無駄なメンツを捨てていなかったんでしょうね。土下座して仕事を取るとか、どんな小さいチャンスでもつかみ取るみたいな「がむしゃら感」がありませんでした。でもそこからはメンツも捨てて、おごってもらえるものはおごってもらったり(笑)、できないものはできないと受け入れたり。


キャリア官僚にもエリートなりのコンプレックスがあります。一緒に仕事するのは立派な起業家、専門家ばかり。彼らは一つ一つ積み上げて今の地位を築いています。でも自分はそういうステップを飛ばしている。まるで裏口入学したみたいな後ろめたさがありました。


経産省を辞めたのは、一度自分も積み上げてみたいと思ったから。なんですが、肩書きを捨てたら地獄でした。半年は役人時代のご縁で仕事を振ってもらえましたが、貯金が1000円を切ったことも。その縁も途絶えた時のことは忘れられません。人生が崩れていく感じ。足もとがグラグラして新橋から東京駅まで歩くのに4時間もかかった。でも覚悟が決まったのもその時です。自分の力で新しい人脈、新しい仕事を作るしかないと腹をくくった。


宇佐美典也の経歴・略歴

宇佐美典也、うさみ・のりや。日本のコンサルタント、官僚(経産)。東京都出身。東京大学経済学部卒業後、経済産業省に入省。在職中に『三十路の官僚ブログ』を開始。その後独立。著書に『肩書き捨てたら地獄だった 挫折した元官僚が教える「頼れない」時代の働き方』『逃げられない世代 日本型「先送り」システムの限界』『30歳キャリア官僚が最後にどうしても伝えたいこと』。

他の記事も読んでみる

波頭亮

当社は10人足らずの小さな会社ですから、全員が精鋭でなければなりません。求めるレベルは、マッキンゼーよりも高いつもりです。


似鳥昭雄

人間、「褒めて欲しい、褒めて欲しい」と願っているうちが華で、褒められるようになったらおしまいです。いい気になって我流で進むようになったら、必ず失敗します。


張本勲

自己管理が徹底できるようになるには、「プロで一番になってやる」という、何かを犠牲にするぐらいの「気概」や「目標」が必要でしょう。人間はラクな方へと流れますから。


瀬戸大也

金メダルを獲るためには何が必要で、ひとつひとつのレースに対して何をしなければいけないのかという課題を持って挑むようになった。たとえば、このレースでは勝負にこだわって力を抑えるのではなく、タイムを狙って前半から積極的に挑んでみようとか。


安部徹也

自分の価値観ではなく、他人の価値観に影響を受けて目標を定めている人は意外と多いのではないでしょうか。当然ながら、自分の価値観に合わない目標で、モチベーションを保てるはずがありません。自分の願望よりも世間体を気にした目標を立てている人、会社の目標をそのまま自分の目標にしている人にも、同じことが言えます。


石田宏樹

人通りの多い場所に店舗を構えると、広告と同じような効果を持つ。


佐藤昌弘(コンサルタント)

営業の目的は、売上を最大化することです。だからといって、やたらとお客の数を増やせばいいというものではありません。たとえ、年間の営業活動を通じて新たに一社しか契約できなくても、相手がトヨタ自動車のような大口の取引先をできたならどうでしょう。細かな取引先を回るよりそちらに全力を注ごうと考える営業マンがいても、別に不思議ではありません。


戸塚隆将

ハーバード・ビジネススクール留学時代、様々な人種の学生との交流により、世界観が広がった。人生の中でもっとも価値のあるものは友人関係です。


東山紀之

僕も自分では弱い人間だと思っています。弱いとわかっているからこそ、それに負けない自分をつくるために動いて汗をかくんです。弱さを知って小さな努力を積み重ねていけば、いつかそれは強さに変わるときが来ます。


林成之

人間の脳は、つらい状態よりも楽な状態を好みます。そのため一度休憩を挟むと、もう一度ギアを入れ直そうと思っても全力を出すことを脳が拒否してしまいます。ですから気力が集中しているときには、たとえ就業時間が近づいていたとしても、「今日はこのぐらいでやめておこうか」と翌日に延ばすのではなく、一気に仕上げてしまった方がいいわけです。


鈴木敏文

一歩踏み込んで新しいことに挑戦しても、すべてが成功するとは限りません。創業以来、挑戦のDNAを持つセブンイレブンでも、顧客ニーズを探って開発した商品の80%は当たっても、20%は外れることがあります。このとき、80%当たっているから良しとするのではなく、外れた20%の商品についても、妥協せずに成功に至るまで挑戦を繰り返します。


高橋銀次郎

創業の精神がしっかりしていないと私利私欲に走ったり、金もうけにおぼれたりしてしまう。