名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

孫潔(ジェーン・スン)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

孫潔(ジェーン・スン)のプロフィール

孫潔、ジェーン・スン、スン・ジエ。中国人経営者。「携程旅行網(シートリップ)」CEO(最高経営責任者)。北京大学卒業、フロリダ大学留学。米国半導体関連企業などを経てシートリップに入社。CFO(最高財務責任者)などを経てCEOに就任。

孫潔(ジェーン・スン)の名言 一覧

旅行は違う国や地域の人々が互いを理解するとても良い方法です。政府だけでなく、民間も人々の理解を促進し、世界の平和に貢献すべきです。これはシートリップのミッションでもあります。


シートリップの中で「ベビータイガー」と呼ぶプロジェクトを進めています。若い従業員が私に直接プロジェクトを説明して、OKであれば従業員自身と会社がそれぞれ投資をして、プロジェクトをスタートする。期限までに成果が出なければ、そのプロジェクトは解散する。社内にはこうしたプロジェクトが20以上あります。


近年は、農村の生活を楽しむ「農家楽」がとても人気です。観光は、時間をそれほどかけることなく貧困地区を支える産業になり得ます。旅行者も、旅をしながらほかの人たちを助けることができるなら、旅をより一層楽しめるのではないでしょうか。


当社の成長の要因はいくつかあります。一つは技術に投資していること。顧客からの問い合わせ対応にAI(人工知能)を使うなど、ビッグデータやクラウドなどの技術開発に力を入れています。IT(情報技術)関連の業務に携わる従業員は7000人、米シリコンバレーから来ている技術者も多い。


私は「中国の旅行客一人ひとりが中国の大使になり得る」と言い続けてきました。海外に行ったら、中国の文化を世界に伝える。戻る時には、日本や韓国や欧州の文化を中国に持って帰る。こうすることで中国は世界にとって重要な一部となり得るのです。世界が中国をもっと理解し、中国が世界をさらに理解することは素晴らしいことだと思います。


27歳のある従業員がバス事業をやりたいと申し出てきました。我々は、バスは儲からないと言いましたが、彼はどうしてもやりたいと毎月直訴する。では何人で何か月必要なのかと経営計画を問うと、「6人のチームで6か月以内に1万枚のチケットを売れるようにする。駄目だったら諦める」と言うのでスタートさせました。昨年は3000万元(約5億2000万円)を売り上げ、成功を収めました。我々が目指しているのは世界で最もイノベーション力がある旅行会社です。


我が社はあらゆる商品を持っています。航空券やホテルの予約はもちろん、ウエディングやダイビング、ヘルスケアや写真愛好家向けの写真撮影に特化したツアーもあります。サービス面では、1時間後に離陸する飛行機のチケットも予約できるし、旅行先で災害が起こった際にどのお客様がどこにいるかをすぐに割り出し、助けることもできます。さらに私たちはオープンプラットフォームとして、世界の企業と組んで、特別な商品からお手ごろな商品までそろえています。


孫潔(ジェーン・スン)の経歴・略歴

孫潔、ジェーン・スン、スン・ジエ。中国人経営者。「携程旅行網(シートリップ)」CEO(最高経営責任者)。北京大学卒業、フロリダ大学留学。米国半導体関連企業などを経てシートリップに入社。CFO(最高財務責任者)などを経てCEOに就任。

他の記事も読んでみる

冨安徳久

「経済状況や政治の影響で、商売が上手くいかない」と言うのは、経営者としての責任を放棄しているも同じこと。どんな状況でも生き残っている会社はあります。上手くいく人は他人の責任にしません。大手のライバル企業が近くに出店してきても、動じずに自分たちの仕事をすれば良いのです。


天野豊美

当社はたとえ成績があまり優秀でない人材であっても、上の成績優秀な人材が下を引っ張る形になっているんです。そうすると、お客様からは非常に安心してもらえます。


ヨシタケシンスケ

人が死について語れるのは、元気なときだけなんですよね。死が間近に迫っている状況では、怖くて口にすることもできないですから。だけど何でもないときに話題にするのは縁起でもないと言われてしまうので、結局、死についての価値観を大切な人と共有できずに別れてしまうことがほとんど。そのせいで、もっとああしてあげればよかったとか、本当はどう思っていたのだろうとか、遺された人たちの後悔につながってしまう。だけどもし生きているうちから、「私はケーキが好きだから、仏前にはケーキをお供えして」とか、冗談半分でもいいから「死んだあとの希望や意向」について、大事な人と話ができていれば、死後に叶えてあげられる。僕は27歳で母を亡くした際、そのことをひどく痛感しました。東日本大震災が起きて、人はいつ死ぬかわからないという現実をつきつけられたときに、改めて母やその後の父との別れが思い起こされ、あのときこういう絵本があったらよかったのにな、この本が親子でそういう会話をするきっかけになってくれたらいいな、という気持ちを込めてつくりました。

【覚え書き|絵本『このあとどうしちゃおう』について】


佐藤浩市

八方手を尽くしてもその仕事に魅力がないのか、まだ試してないことがあるのか。仕事に行き詰まるたびに自分に問い続けるしか、現状打破はできないんじゃないですかね。


織田大蔵

恩情で人を動かす「心服」というものもあるが、ときに、厳罰を加える「威服」の効果も知らなければならない。経営者が常に厳然と、支配者としての怖さを見せつけておかないと、なめて付け上がってくる。


山下智弘(経営者)

私たちがやっているのは、お客様とパートナー企業を引き合わせるマッチング事業です。たとえば不動産会社とパートナー契約をしていただいて、パートナーが持っている中古マンションの情報をサイトに掲載します。そこでお客様に結びつけて、さらに設計事務所や工務店のマッチングも行います。いわばリノベーションのプラットフォーム。不動産事業がバランスシートで勝負するビジネスモデルだとしたら、僕たちがやっているのは情報量で勝負するビジネスモデルといえます。


枝川義邦

年々、億劫に感じる傾向が強まるのは、体力や気力が変えているから。そうなると、脳は心身の働きを制御しようとします。脳は効率よく働けるように心身を環境に最適化させようとする。億劫に感じるのは、脳があまり一生懸命に働こうとしなくなるため。これは加齢の兆候で、誰にも訪れる自然現象なのです。


Mr.マリック

手品の実演販売には、のちに真のエンターティナーになるための基礎が詰まっていました。なにしろデパートには、ご年配の方からお子さんまで、様々な方がいらっしゃいます。そうした方々に手品道具を買ってもらうために、私はマジシャンの3つの掟、つまり(1)これから起こることを先に話さない(2)同じマジックを繰り返し見せない(3)客の前でネタを明かさない、をあえて破りました。いま私がテレビでやっている「超魔術」と同じですね。そうすると、通りすがりのお客さんも「なんだろう?」と興味を持って立ち止まってもらえるし、「こんなシンプルなトリックに、大人が引っかかるんだ!」という感動を与えることができるわけです。一言でいうと「説得力」です。当時の私は、この力を徹底して磨きました。


芳井敬一

「事業を通じて人を育てること」は当社の経営理念に掲げられていますが、業績を上げることは当たり前で、その上で人を育てることが会社の将来につながる。これは私の信念でもあります。


新浪剛史

僕が永遠にローソンの経営トップを続けることはありません。次の世代をつくらなくてはいけません。だから、多少の失敗や混乱は覚悟のうえで、僕のオペレーショナルな部分を中心に業務移管をしました。


コシノジュンコ

今ではインターネットでたくさんの情報を得ることができますが、それは表面的な勉強にすぎない。わかった気になるだけ。血となり肉となる勉強は、やはり現場でしかできない。


アルバート・アインシュタイン

蝶はモグラではない。でも、そのことを残念がる蝶はいないでしょう。