名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

孫崎享の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

孫崎享のプロフィール

孫崎享、まごさき・うける。日本の外交官、評論家。満州国奉天省鞍山市出身。東京大学法学部を中退し、外務省に入省。英国陸軍学校ロシア語学科で学んだのち、在ソビエト連邦大使館外交官補、外務省欧亜局東欧課首席事務官、在イギリス大使館一等書記官、アジア局地域政策課首席事務官、官房総務企画官、調査部分析課長、在アメリカ大使館参事官、在カナダ大使館公使、駐ウズベキスタン大使、駐イラン大使、防衛大学教授、山梨学院大学客員教授などを務めた。

孫崎享の名言 一覧

相手に期待どおりに動いてもらうには、まずこちらから相手の期待を叶える必要がある。外交でも普段の入づき合いでも、その要諦は変わりません。


「自分のブランドを確立する」というと大げさに聞こえるかもしれませんが、「あいつはどんな仕事にも手を抜かない」という評判を自分で作り出すことは、仕事をするうえでとても大切なことだと思います。


30代になると、それなりの経験と力が身についてきて、「自分がこんなポジションにいるのはおかしい」「もっとふさわしい仕事があるはずだ」と考えたくなることもあるでしょう。でもそんなときこそ、好機と心得るべきです。世の中には、自分の望みどおりの仕事に就けないと、力を出し惜しみする人がとても多い。一方で、仕事を選り好みせずに期待以上の働きをする人は少ないですから、努力の何倍も評価されるのです。


たいしたことはないだろうと手を抜くと、それがほんの少しのマイナスであっても、相手はこちらが思う以上にがっかりするものです。


仕事をするうえでいつも意識してきたことがあります。それは「相手の期待値を一歩上回る」ということ。他国の外交官でも自分の上司でも、仕事で接する相手はこちらに何らかの期待をもっています。その内容を察知し、可能な範囲で、期待以上のものを提供するよう心がけてきました。といっても、大サービスする必要はありません。普通のレベルの5%増しぐらいでいい。たったそれだけでも期待値を上回れば、相手は非常に喜びます。


官僚時代、ある上司から「自分の好むことばかりやっていてはいけない。むしろ、気の進まない仕事に進んで取り組んだほうがいい」と諭されました。自分が好むことというのは、すでに自分ができることです。一方、気が進まない仕事というのは、未知のものであることが多い。できることばかりやっていて新しいことに挑戦をしなければ、自分の幅が広がらないのはいうまでもありません。以来、未経験の仕事に取り組む大変さを、自分の成長の証だと感じられるようになりました。


孫崎享の経歴・略歴

孫崎享、まごさき・うける。日本の外交官、評論家。満州国奉天省鞍山市出身。東京大学法学部を中退し、外務省に入省。英国陸軍学校ロシア語学科で学んだのち、在ソビエト連邦大使館外交官補、外務省欧亜局東欧課首席事務官、在イギリス大使館一等書記官、アジア局地域政策課首席事務官、官房総務企画官、調査部分析課長、在アメリカ大使館参事官、在カナダ大使館公使、駐ウズベキスタン大使、駐イラン大使、防衛大学教授、山梨学院大学客員教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

佐藤研一郎

オーケストラでいえば社長は指揮者、聴衆はユーザー。経営者はユーザーが何を求めているか正確に知り、従業員に伝えて需要に合った製品を提供する。工場の作業標準は楽譜だ。誰かが音程を外せば演奏はぶち壊しだ。【覚書き:佐藤氏は若いころプロを目指すほどのピアニストだった。自分の経営観を音楽になぞらえて表現した一言】


大橋洋治

終戦時に満州から引き揚げる逃亡生活に入る前の晩まで、私は悪いことばかりしていたそうです。倉庫に入っては山積みになっていた角砂糖を盗んで食べていたらしいんですが、ある朝方突如、爆弾がドン、ドンといって落ちてきた。ソ連の侵攻です。5歳でしたがそのときから要所、要所において記憶があるんです。親父が商売をしていましたので、そう悪い生活でもなかったのですが、逃亡生活の翌日からはもう着の身着のままで、何も持たずにひたすら逃げた。幼少時に惨事を経験し、死の淵を見たというか、以来私はどこででも生きていけると人生を達観し、悟りの境地で物事に臨むようになりました。


林文子

私が営業の仕事を始めたとき、営業はこうやるのだとは、誰からも教わりませんでした。いきなり営業の世界に飛び込んで、体当たりで始めたのですが、それがよかったのでしょう。


畑村洋太郎

ビジネスマンだったら、思考を熟成させるときは、まず自分より一つ上のポジションで事象をとらえ直します。課長なら部長、部長なら役員になったつもりで、「上の立場ならどう判断するだろうか」と考えるわけです。自分なりに考えがまとまっても、そこで終わらせてはいけません。次は自分の横にも目を向けます。もし自分が課長なら「他の課長はどう考えるだろうか」「他の会社はどう見ているだろうか」というように、横展開するのです。山の頂上に登ったからこそ、まわりにある森や川の存在に気づくのです。上と横に視座をずらして考えなおすことで思考はさらに深まるのです。


沖幸子

大切なのが「ほどほどにきれい」を心がけること。忙しいビジネスパーソンにとって、家事はなるべく時間をかけたくない仕事。要所要所を押さえておけばいい、という割り切りが必要です。


野口敏(話し方)

自分がマイナスと思っていることでも、さらけ出してみたら相手は何とも思わない、なんてことはよくあります。たとえば私の生徒さんの一人は、女性とお付き合いした経験がなくてコンプレックスに感じていたようなのですが、それを知り合いにふとしたきっかけで打ち明けたところ、「よく話してくれた」と一気に親しくなったそうです。


星野佳路

会社員という立場だった時は、課題に直面しても「会社には会社の都合もある。ある程度は仕方がない」などと妥協することもあった。でも、経営者という立場になり、すべて自分で舵を切ることができるようになると意識が変わった。その時から、経営学の本1冊を軸にして、一気に舵を切る方法を取るようになったのです。


柴田励司

私は、5時半ごろに起きて、30分ほどは考え事をする時間に充てています。朝は誰にも邪魔されないので、ものごとをじっくりと考えるには最適なのです。


上田健一(経営者)

自分が部下だった時代、リーダーが独断でスケジュールを作成し、結果的に思わぬミスで遅延したことがありました。スケジュールを作成する際は、必ずメンバー全員の意見を聞くのが鉄則。


宮田拓弥

手を組みたいスタートアップの製品を使うことが大事です。スタートアップのピッチにいくと、「うちのサービスはグーグルで使われている」とアピールする会社が案外多い。有名な企業がファーストカスタマーになってくれたことは、彼らにとっていい宣信材料なのです。一方、日本企業はスタートアップの製品をまず導入しません。どちらに親近感を覚えるかといったら、自社製品を使ってくれる会社のほうです。アメリカのCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)は、自分もベンチャーのエコシステムの一員で、一緒に成長しようという意識が強い。だからまだ実績のないスタートアップの製品であっても、積極的に使おうとします。日本のCVCも、一緒にエコシステムをつくる意識を持ったほうがいいでしょう。


松永守央

大学は人を育てるのが仕事です。そこで育った人たちが、「どういうかたちで世の中の役に立っているのか」という視点で教育を変えていかないと、必ず後悔することになる。


吉野彰

特許にスキマがあれば、競合他社に入りこまれて権利は無効になってしまいます。だから「これが花開くだろう」という基本特許を取得しておくことはもちろん、枝葉のような技術、それこそ5行のメモで終わるような小さい技術のオリジナリティを主張することも含めて、さまざまな特許を準備しておくという戦略が要るんです。