名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

孫崎享の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

孫崎享のプロフィール

孫崎享、まごさき・うける。日本の外交官、評論家。満州国奉天省鞍山市出身。東京大学法学部を中退し、外務省に入省。英国陸軍学校ロシア語学科で学んだのち、在ソビエト連邦大使館外交官補、外務省欧亜局東欧課首席事務官、在イギリス大使館一等書記官、アジア局地域政策課首席事務官、官房総務企画官、調査部分析課長、在アメリカ大使館参事官、在カナダ大使館公使、駐ウズベキスタン大使、駐イラン大使、防衛大学教授、山梨学院大学客員教授などを務めた。

孫崎享の名言 一覧

相手に期待どおりに動いてもらうには、まずこちらから相手の期待を叶える必要がある。外交でも普段の入づき合いでも、その要諦は変わりません。


「自分のブランドを確立する」というと大げさに聞こえるかもしれませんが、「あいつはどんな仕事にも手を抜かない」という評判を自分で作り出すことは、仕事をするうえでとても大切なことだと思います。


30代になると、それなりの経験と力が身についてきて、「自分がこんなポジションにいるのはおかしい」「もっとふさわしい仕事があるはずだ」と考えたくなることもあるでしょう。でもそんなときこそ、好機と心得るべきです。世の中には、自分の望みどおりの仕事に就けないと、力を出し惜しみする人がとても多い。一方で、仕事を選り好みせずに期待以上の働きをする人は少ないですから、努力の何倍も評価されるのです。


たいしたことはないだろうと手を抜くと、それがほんの少しのマイナスであっても、相手はこちらが思う以上にがっかりするものです。


仕事をするうえでいつも意識してきたことがあります。それは「相手の期待値を一歩上回る」ということ。他国の外交官でも自分の上司でも、仕事で接する相手はこちらに何らかの期待をもっています。その内容を察知し、可能な範囲で、期待以上のものを提供するよう心がけてきました。といっても、大サービスする必要はありません。普通のレベルの5%増しぐらいでいい。たったそれだけでも期待値を上回れば、相手は非常に喜びます。


官僚時代、ある上司から「自分の好むことばかりやっていてはいけない。むしろ、気の進まない仕事に進んで取り組んだほうがいい」と諭されました。自分が好むことというのは、すでに自分ができることです。一方、気が進まない仕事というのは、未知のものであることが多い。できることばかりやっていて新しいことに挑戦をしなければ、自分の幅が広がらないのはいうまでもありません。以来、未経験の仕事に取り組む大変さを、自分の成長の証だと感じられるようになりました。


孫崎享の経歴・略歴

孫崎享、まごさき・うける。日本の外交官、評論家。満州国奉天省鞍山市出身。東京大学法学部を中退し、外務省に入省。英国陸軍学校ロシア語学科で学んだのち、在ソビエト連邦大使館外交官補、外務省欧亜局東欧課首席事務官、在イギリス大使館一等書記官、アジア局地域政策課首席事務官、官房総務企画官、調査部分析課長、在アメリカ大使館参事官、在カナダ大使館公使、駐ウズベキスタン大使、駐イラン大使、防衛大学教授、山梨学院大学客員教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

宋文洲

市場の隙間は賢い人が見つけるわけではありません。意識して見れば自然と見つけられます。例えば、妊娠すると街に妊婦が多いように感じたりしますよね。それは意識しているから見えているのです。海外に行くと日本の便利さに気付くこともあります。これも意識があるからです。こういった見方が起業には必要です。これを身に付けるには、異文化の人や異なる世代の人とかかわって養うことが大切です。


山崎元

いまは本当にたくさんの情報が溢れていますから、自分にとって必要な情報が、早く、自然に入ってくるような道筋をつくっておくことが大切だと思います。必要な情報をどこに取りにいけばいいのか、情報がどの程度まで必要かの見切り方を知っておくことです。


斎藤茂太

羨ましい、憎らしい、悔しい。老いたら3つの「シイ」を捨てなさい。


小林喜光

いまは、グループの総勢3万900人に向けてイントラネットで月数回、文章を載せています。そのときも、「あなたたちはこの会社で何のために働いているのか」「この会社に何のために存在しているのか」をどう問いかければいいかに腐心しています。いまのような厳しい時代ならなおのこと、魂の入ったキャッチコピーを頭の中でつくる技術が必要です。


安永竜夫

私は社長就任以来、社員たちに呼びかけてきました。「丸の内(本社)のイスに座ってばかりでは何にもできない。外に出て、新規事業の掘り起こしをやろう」と。


渥美俊一

目標は額に入れて、みんなの前に飾れ。


高橋フミアキ

私のとっておきの秘策は「まず、アポイントのメールの前にハガキを出す」こと。初対面の方へ伝えるべきは、なんといっても「情熱」です。手紙、ハガキでの手書き文章の迫力は、情熱を伝えるのに最適。実際、豊富な人脈で知られる有名なある出版社の社長は、大御所作家の方々に便箋で何十枚にもなる手紙を送ることで、関係を築いていったそうです。ただ、忙しいビジネスマンが何十枚もの手紙を書くのは現実的ではありません。実際にはハガキ一枚でも十分効果があるのです。


増田紀彦

顧客や市場は常に変化しています。実はプロ自身も変化している。プロになった瞬間から、競争相手から狙われたり、もっと優れた競合が出現したり、Alに代替されたり、自らの精神や肉体が衰えたりといった逆風にさらされることになる。この逆風の中でも顧客の期待に応え続ける者こそがプロなのです。


藤井清孝(経営者)

成長の確認の仕方は人それぞれですが、ベクトルは自分の外に向けておいた方がいいでしょう。自分が得たものよりも、自分以外の何かにどれだけ貢献できたかを目安にすれば、他人からのフィードバックで自分の成長を実感できるのです。


江川達也

誰もが天才になることはできませんが、ある程度、努力でも差を縮めることは可能です。公式というルールがありますから、それを発見して使いこなすことができれば、仕事を効率的に進めることができます。だから、スピードは確実に上がるのです。


工藤公康

若手を鍛えて、彼らがいずれ中堅やベテランを追い越し、レギュラーを獲るという新陳代謝ができないとチームは強くならない。


佐藤優

僕が、交渉事において「こいつは手ごわいな……」と感じさせる相手はどんなタイプか。でかくて見た目が怖い人? いえいえ、むしろその逆。一見腰が低くて、ソフトな印象の人ほど、じつは手ごわい。戦闘的な雰囲気はゼロなのに、気がつけば相手にペースを握られていた、なんてことはよくありました。