名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

妹尾堅一郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

妹尾堅一郎のプロフィール

妹尾堅一郎、せのお・けんいちろう。日本の経営学者。慶應義塾大学経済学部卒業後、富士写真フィルム勤務を経て、英国ランカスター大学経営大学院システム・情報経営学修 士課程修了、博士課程満期退学。帰国後は産能大学経営情報学部助教授、慶應義塾大学助教授、慶應義塾大学丸の内キャンパス初代校長、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授、東京大学先端科学技術センター特任教授、国際・産学共同研究センター客員教授などを務めた。専門はビジネスモデル論、知財マネジメント、問題学・構想学。

妹尾堅一郎の名言 一覧

現在できることだけをしていたらイノベーションは起こらない。現在できないことに挑戦するから技術は発達し、革新的なビジネスモデルが生まれる。


実現可能性からノーベル賞級の発明や発見は生まれない。望ましさの追求からブレークスルーは起こる。


まずワクワクする新しい価値を発想する。それを具現化するために人は知恵を絞り、結果として実現可能性は大きく進展する。しかし実現可能なことから発想すれば、物事を矮小化し、既存の路線を踏襲し、隘路(あいろ)に入りかねない。


コモディティ(日用標準品)化する自社製品を他社製品と差別化するために、製品自体を高機能化・多機能化する方法もある。だが、ソリューションの考え方では、ハードとしての製品競争は避けて、サービス・レイヤー(サービスの分野・階層)で競うことがポイントとなる。


ソリューションという概念は、日本では中途半端に理解されているようだ。ハード、ソフトに関わらず、「顧客企業の問題解決に資するからソリューション」とうたっているところが少なくない。提供側にとっては、ソリューションを提供することによって顧客企業が他社との価格競争から脱し、競争力を発揮できなければ意味がない。


ビジネスはアイデアを並べ立てるだけでは始まらない。次にそれらを商品開発や事業開発の企画まで持ち込む必要がある。そこへの第一歩として、アイデアをいかにビジネス企画会議のための資料として整理できるか、それが次の課題となる。


イノベーションは、実現可能なことをやることではない。そうではなくて、望ましいことを追求することを通じて実現可能性を開拓することだ。それを通じて既存のモデルがぶち壊され、次のモデルが発想され、実行されていく。望ましさを実現するためには、どうすれば実現可能性を広げられるかを考えるのが、イノベーション発想なのである。こう考えてくると、「望ましくかつ実現可能」な案とは、実は、当面はよさげだが、無難なだけの話かもしれない。


スティーブ・ジョブズの語録に「現実歪曲空間」という言葉がある。ジョブズがこうしたいと言ったとき、側近が「スティーブ、そんなのは技術的には無理だ。現実を歪曲でもしなくちゃ、できっこないよ」と返した。即座にジョブズは「だったら現実を歪曲してでもやれ!」と厳命したと伝えられている。技術のみならず、デザインでも、営業契約でも、あらゆる場面で彼はこの態度を貫いたと聞く。反発した者はアップルを去り、挑戦した者は成功の酒を飲んだのだ。


日本の官僚や大企業の「民僚」の発想は、実現可能かどうかが起点だ。確かにこれは手堅い。しかしそれではインプルーブメント(既存モデルの改善)にとどまり、イノベーションは始まらない。政策や施策が、あるいは企業のビジネスモデルや戦略が、世界に後れを取るのはこのためである。


妹尾堅一郎の経歴・略歴

妹尾堅一郎、せのお・けんいちろう。日本の経営学者。慶應義塾大学経済学部卒業後、富士写真フィルム勤務を経て、英国ランカスター大学経営大学院システム・情報経営学修 士課程修了、博士課程満期退学。帰国後は産能大学経営情報学部助教授、慶應義塾大学助教授、慶應義塾大学丸の内キャンパス初代校長、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授、東京大学先端科学技術センター特任教授、国際・産学共同研究センター客員教授などを務めた。専門はビジネスモデル論、知財マネジメント、問題学・構想学。

他の記事も読んでみる

松沢哲郎

過去や未来を想像できる人間にとって、チンパンジーのように今に集中するのは難しい。だから時間を管理し、今に集中できる状態をつくる。人間ならではの能力を生かしてチンパンジーのように生きる。それが、私の理想です。


犬塚尚美(悠木そのま)

「忙しい」が口癖の人ほど、どの仕事にどれくらいの時間がかかるか、把握できていません。まずは時計を見る習慣をつけることから始めて、平均所要時間をつかむことです。


ピーター・リンチ

【売ってしまった銘柄が後悔するほど値上がりしたのを見て言った言葉】偉大な銘柄を捨てたことは「花を引き抜き、雑草に水をやる」をまさに地でいくようなものであった。


木村信司

(安全確認を自分でするのは)宝塚のクセなんだ。女の子に危険なことはさせられないから、まず自分で舞台の上に立ってみる。大丈夫という確信を得てから、役者に指示として渡すんです。


落合信彦

部下に自分のコピーを求めているだけでは人は育たない。部下にも一人ひとり個性があるのだから、「こいつには人と交渉させるような仕事をやらせたら凄いが、事務的な仕事はダメだ」などと見極めなければいけない。


加藤修一(経営者)

経営は終わりのない駅伝のようなもの。考え方をしっかりつないでいくことが大事。


出口治明

社内は若い人が多く、彼らの意見こそが貴重だと思います。


中村慶郎

我々は地道に数字の分析や調査をしながら、とにかく費用対効果にこだわって会社を経営してきました。そのため、お客様さんになっていただいたら、とにかく広告効果を出すために、丁寧かつきめ細やかに運営していきます。そうすると広告の効果もしっかり出てくるのです。そういう実績を残すと、そのお客様から信頼していただけるようになり、その会社さんからの広告費自体が増えたり、クチコミでの紹介が伸びたりしていきました。


高嶋政伸

大学生時代、自主制作映画の編集費で280万円の借金を背負い、途方に暮れたことがあります。親には頼りたくないというプライドと、普通のアルバイトでは到底返しようのない額に頭を抱え、医学書用の「腕の骨が折れる瞬間の撮影モデル」なんてアングラなバイトに手を出すか真剣に悩んでいました。いまでもテロリストのような悪役を演じるとき、この頃のことを思い出しますね。もし、あのとき、黒スーツの裏稼業の人が現れ、「このスーツケースを横浜まで運んだら、100万円」なんて誘われたら、中身のことなど考えずに引き受けていたはずで(笑)。ドラマや映画の悪役が、なぜその道に足を踏み入れたか。最初の一歩の気持ちが理解できるんです。


原田耕太郎(経営者)

生き残ることができたのはブランド化を進めてきたからでしょうね。先代が1955年にチューリップブランドを立ち上げて商標登録しました。70年には当初の株式会社原田製針所から、チューリップ株式会社へと社名の変更もしています。地方の小さな会社が、思い切ったCI(コーポレート・アイデンティティ)を行ったわけです。すごい先見の明があったんだと思います。


水口和彦

その人にしかできない仕事が多い、つまり仕事が属人化するほど、休みにくい職場になります。部下に仕事を任せるだけでなく、チーム内で仕事のやり方を共有し、誰もができる仕事を増やしていくことも大切です。


鬼頭周

新しいビジネスを考えるときに私が強調することは「自分たちのつくってきたものを否定する」ということです。蓄積してきた知恵や労働力を違う領域で活用するためには、そういった考えが必要になると思うのです。