名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

妹尾勲の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

妹尾勲のプロフィール

妹尾勲、せのお・いさお。日本の経営者。ダイレクトマーケティング支援会社「トライステージ」社長。東京都出身。明治大学政治経済学部卒業後、大手広告代理店・大広などを経て、トライステージを設立。

妹尾勲の名言 一覧

M&Aは待っていてもダメ。当社とシナジーがあると判断すれば、積極的に買収、あるいは資本提携を求めます。


ダイレクトマーケティング支援の事業は、顧客の反応もいいし、この仕事は今後、成長すると確信したのですが、広告代理店とは事業風土が合わず社内ベンチャーとして立ち上げたのです。


売上高、利益とも下降局面に入った3年間は、あの手この手の対策を講じてきたのですが、笛吹けど踊らず。その時に考えたのは、売上高を多少犠牲にしても、まずは収益力を強化することでした。収益性が改善されたので、あとは売上高を増やせばおのずと利益も増えます。


広告代理店は商品が売れたかどうかに責任はありません。広告はマーケティングのひとつの要素だと考えるからです。でも大広時代に私が担当していたレスポンスを重視するダイレクトマーケティング企業は、売り上げに責任を持って取り組んでいました。


妹尾勲の経歴・略歴

妹尾勲、せのお・いさお。日本の経営者。ダイレクトマーケティング支援会社「トライステージ」社長。東京都出身。明治大学政治経済学部卒業後、大手広告代理店・大広などを経て、トライステージを設立。

他の記事も読んでみる

仲代達矢

僕は19歳から役者をやっていますが、今でも過去は切り捨てています。今日の一日をどれだけ頑張れるか。


生月誠

「プライドなど捨てろ」とは言いません。持ち続けてもいいのです。しかし、それは本来、他人に分からせたり押し付けるものではなく、自分の中で確立できていればいいものです。それを肝に銘じてください。


安渕聖司

基本的に情報共有のための会議はやりません。情報を共有するだけならメールやイントラネットでやればいい。


片岸茂

いつまでも愛される商品を育てるためには、常に誰にも真似のできない価値を付け加え続けられるかが勝負。


吉越浩一郎

誤解を恐れずに言えば、会社に民主主義はいらない。会社としてどうすべきかは、多数決で決めるのではなく、現場の声を聞いたうえでトップが決めるべきだ。


安達洋

ビジネスの場で英語のリスニング力が足りないなら、質問力を鍛えることです。たとえば、「英語を身につけるには1日何時間の勉強が必要?」という問いには「1時間」とか「30分」といった答えしかあり得ません。つまり、こちらから質問すれば相手の発言に枠をはめられます。これでリスクニングはかなり楽になります。


伊藤邦雄

社外取締役の仕事は社長の介錯人。


満岡次郎

外部の方からは10年ごとに問題を起こすと言われるのは確かです。ただし、10年前と今では問題の中身が違う。失敗を糧にどう新事業に取り組むか。そこに腐心しているところです。


赤羽雄二

会社では落ち着いて情報収集することができませんし、目先の情報しか追えません。ほかの人が起きていない時間などに自分のスキルアップやキャリア形成に関わる記事などを、範囲を広げて読むことをお勧めしています。


ジャック・マー(馬雲)

会社を育てるということは、人間を育てるのと同じだと思っています。ですから、あまり心配しても全く心配しないのもいけない。この成長に伴う痛みを経験することができるというのは、ビジネスリーダーの醍醐味ではないか思います。


松本洋(コンサルタント)

過去の成功体験や失敗体験の呪縛が行動を起こすことを阻んでいることがあります。リスクを負うよりも現状維持をしたがります。変化への恐れ、不安、抵抗の感情のために慣れ親しんだ方法に固執します。しかし、新しい挑戦をしなければ生き残れません。行動の欠如は乗り越えなければならない課題です。そのために必要なのは動機づけです。


内藤晴夫

エーザイはまず患者満足を増大するための企業だ。しかし、結果として得る利益も大事に思っている。