名言DB

9425 人 / 110833 名言

妹尾八郎の名言

twitter Facebook はてブ

妹尾八郎のプロフィール

妹尾八郎、せのお・はちろう。日本の経営者。「髙光産業」社長。慶應義塾大学法学部卒業後、商工組合中央金庫を経て家業の髙光産業に入社。4代目社長として同社を成長させた。

妹尾八郎の名言 一覧

誰もやったことがないことを、やる。誰かがもうやったことを始めても意味がない。


貴重な情報をたくさん持つと「情報の施主」になれます。それから、弊社は一目置いてもらえるようになった。大手デベロッパーだって施主にはペコペコしますよね(笑)。それだけ施主というのは強い立場なんですよ。


評論家の田原総一朗さんに(ウェブサイトに)登場していただいたら、一気にアクセスが増えたんですよ。それでコンテンツの重要性も学びましたね。


卸屋さんには多くの食品メーカーさんから商品が運ばれてきますが、店前には毎日別個のメーカーの商品を積んだトラックが何十台も並ぶ。積載量が少なくても、前の車が荷下ろしを終えるまで待つしかなく、ものすごい無駄。そこで、うちが各メーカーから商品を引き取って、朝6時にまとめて納品するようにしました。


中小の一企業が集められる情級には限りがあるから、寄り合う必要があると考えた。たとえば、ある飲食の企業が会員登録と引き換えに割引やおまけ、景品などをお客様に提供する。登録はNCネットワークを経由しないとできませんが、お客様には楽しみが生まれ、企業は一社では集められない大量の顧客を対象に安価でマーケティング調査ができる、という仕組みです。


妹尾八郎の経歴・略歴

妹尾八郎、せのお・はちろう。日本の経営者。「髙光産業」社長。慶應義塾大学法学部卒業後、商工組合中央金庫を経て家業の髙光産業に入社。4代目社長として同社を成長させた。

他の記事も読んでみる

藤田晋

社内人脈を構築するメリットはたくさんあります。例えば、情報収集に役立ちます。生々しい有用な情報は、新聞やネットからではなく、人から直接聞く場合が多いと思います。その情報提供者を「社外で探してこよう」と考えがちですが、実は社内の他部署や別の職種の人に聞いた方が、より深く正確な情報が得られることが多かったりします。


岩屋毅

ひとつひとつ、丁寧に実績を積み重ねるしかない。


新子明希

僕らのようなベンチャー企業は、人・モノ・金のうち人しかない。会社を成長させるためには、人を成長させるしかない。


鈴木康夫(経営者)

私は今、再建を引き受けた経営者として、最も大事な仕事に取りかかっています。あと3年の問に後継者を決めたいのです。アークの事業を一番分かっている社内の人たちに、次の経営を託したい。


朝倉千恵子

上司にとっては、部下に正しく仕事を与え、仕事の何たるかを教え、能力を上げていくことこそ、その部下の上に立っ者として欠かせない礼儀だと常々考えています。


富田浩安

アメリカのビジネススクールでは今までの自分になかった物事の考え方を学ぶことができました。ケーススタディを通じて、長期的に事業をどのように見ていくか。目の前にある問題をどう処理するか。そういったことを勉強させてもらったことは大きかったと思います。中には経営哲学のような学問もありました。金儲けだけを追求する経営は長持ちせず、経営哲学をしっかり持っていなければ会社は滅びてしまうと。ディシジョン・メイキングという科目では意思決定の大切さを学び、決断というものがいかに経営者にとって大事であるかについても学ぶことができました。


落合信彦

いずれにしても、人間、一人でできることなどはたかが知れているだけに、部下を育てていくということは、それだけ大きな仕事もできるようになるということだ。もっというと、部下を育てるということは、企業人として、どれだけの人間的魅力を持っているのか、いまキミは、内外から問われていると思ったほうがいい。


弘兼憲史

僕は肩の力を抜いて楽しめる大衆店も好きです。でも高級店を訪れると、いつも金額以上の学びを得られます。ビジネスパーソンの自己投資と言えば、セミナーやスクール、書籍などが頭に浮かびますが、時にはぜひ飲食の体験に、自己投資してみてください。そこで見た世界や得た経験は、ビジネスパーソンとしての幅を広げてくれると思います。


平川昌紀

人づくりの方法論に関しては、創業時からスタッフ全員と顔を突き合わせて対話を重ねることを重視してきました。会社の規模が大きくなってからは、全員と毎日対面することはできなくなりましたが、それでもやはり直接対面して対話をすることが、人づくりには不可欠であると考えています。


マハトマ・ガンジー

不満は不安の表れである。不満が国中に広がることは、少しも悪いことではない。むしろそこには希望の光がある。現状に甘んじている限り、人はそこから抜け出そうとしないものだから。