奥谷禮子(奥谷礼子)の名言

奥谷禮子(奥谷礼子)のプロフィール

奥谷禮子(奥谷礼子)、おくたに・れいこ。日本の経営者。人材派遣会社「ザ・アール」社長。兵庫県出身。甲南大学法学部卒業後、日本航空を経てザ・アールを設立。

奥谷禮子(奥谷礼子)の名言 一覧

すべて自分でリスクを取る。起業家には、その覚悟が大切。


政府が何もしてくれないと嘆くばかりではなく、自分たちで何とかしようと行動していくことが大切。


現実を知り、己を知ることが必要です。志を持ち、自立する意識を強く持つことが何よりも大切。


伸びる企業というのは、社員を前向きにさせていく、という基本の部分を押さえています。


きちんとできていない人こそ、社会が悪い、国が悪いといって、他人のせいにしたがるもの。


自分が属する業界や現場がどうなっているのかをきちんと見ていくことが重要。


社会に出てから人に恵まれたことが、私にとって、とても幸せなことだったと言えます。母親ゆずりのハッキリとものを言う性格を認めてくれる人がいたからこそ、いまの私があるのだと思っています。


私がいつも言っているのは、性差ではなくて個差の時代です。女性がトップになることと、国や組織が良くなることは関係ありません。


国に依存したり、自分の問題を責任転嫁するような風潮を変えていかない限り、自立自助の世界は実現しません。


若者の中にも自由な発想で、闊達にやっていこうという人もいます。そういう人たちは国や行政をあてに何かしようとも思わない。自分でやっていくべきだ、と考える人はかなり増えていますので、そういう人たちに期待したいですね。


インバウンドが急増して外国人観光客がもっと増えていきます。そうすると、日本の持っている文化、あるいは文化の価値というのが強みになってきます。その場合、そうした強みをもっと自分たちで売り出す力を身に付けられたら、付加価値も上がるのではないでしょうか。


はっきりものを言うのが私の役目だと思っているので、社外取締役就任をお願いされたら、まず、「何でもはっきり言いますから、それが嫌でしたら、私を雇わないほうがいいですよ」と忠告してから(笑)、お引き受けしています。就任期間が長くなると、誰もモノを言えない組織になることが多いと思います。そういう組織に、はっきりものを言う、おかしいと思ったことには異議を唱えることが、社外取締役の役割です。


母に褒められた記憶はなく、何事も「やって当たり前、できて当たり前」という環境でした。何でもできて当たり前、と育てられたので、こと改めて「チャレンジする」という意識が薄いかもしれません。日本航空の採用試験を受けたときも、会社を辞めて独立するときも、チャレンジではなく、「自分で責任を取ればいい」という思いで行動してきました。


社会人になっても、仕事を面白いとは思えませんでした。世界中を飛びまわり、知見を広げられたことは感謝していますが、「こんなおじさんが管理職をやれるのなら、私にもできる」と思っていました。そして、交流のあった日商岩井副社長を務めた海部八郎さんに相談したところ、「奥谷さん、そんなに何かやりたいと言うのなら、一番いいのは社長になることだよ。会社をつくればいいんだよ」と言われ、起業することにしたのです。


いま思うのは「厳しく育てられて、すごく良かったな」という感謝の気持ちです。というのも、自分が教える側の立場になってわかったことは、「教えることはいかに大変で、忍耐がいることか」ということだったからです。母が、毎日、毎日、箸の上げ下ろしから着物のたたみ方や着付けまで、あそこまで厳しく、教え込むには相当なエネルギーが必要だったはずです。つまり、それだけ強い愛情を受けて育ったのだと感じています。


母にいつも言われていたことが、2つあります。「階段のない2階は上がれない。橋のない川は渡れない。今あるのは全部、人様のおかげだと思いなさい」、そして、「ありがたいと心で思っているだけではダメ。自分の心を形にしてお返ししなさい」ということです。例えば、ハガキ一枚でもいいから、いま、自分ができることでお礼をしなさいと。ですから、小さい頃からよく手紙を書かされていたことを覚えています。


奥谷禮子(奥谷礼子)の経歴・略歴

奥谷禮子(奥谷礼子)、おくたに・れいこ。日本の経営者。人材派遣会社「ザ・アール」社長。兵庫県出身。甲南大学法学部卒業後、日本航空を経てザ・アールを設立。

他の記事も読んでみる

南場智子

人が育ってからトップを交代するというのは言い訳です。代われば育つんですよ!


安部修仁

最終判断を下すのは上位者ですから、提案なんていくらでもやってもかまいません。採用されなければゼロ、採用されればプラスですから。会社にとってマイナスになることは絶対にありません。


高井伸夫

子育てや部下育成は「褒めて育てる」のが基本。自分を気にかけてくれる証拠だし、褒められれば誰でも嬉しい。相手に心を開くのは当然です。出会いを良い縁にしていくためには、人の良いところを見つけて、それを声に出して伝えることから始めましょう。


野口悠紀雄

いまの私の専門分野は、経済学も含めて、独学で身につけた。別に学校に通わなくても勉強はできる。本気で学ぼうと思えば、インターネットでいくらでもテキストが手に入る便利な世の中になりましたから。


村西とおる

苦しいときほど、自分の本当に欲しいもの、やりたいことを考えるナイスなチャンスなのです。不況だ、金融不安だと騒がれますが、マスコミなんぞに惑わされてはなりません。不安を抱えて縮こまるか、不況や金融不安が何ほどのものだと思うかが分かれ目になり差が出てきます。


ムハマド・ユヌス

ソーシャルビジネス(社会問題を解決することに専念する事業体)が既存のビジネスとは正反対と言いましたが、決して両者は対立する概念ではありません。誤解がないように申し上げておきたいのですが、企業が利益を追求する姿勢は健全だと思います。ただ、既存の企業だけでは埋められない社会的なニーズがあるのも確かなのです。そこを補完する存在だととらえてください。


佐藤治子(madame H)

体形に合った服は、その人のシルエットを際立たせるだけではなく、不思議と品格も映し出すもの。


北尾吉孝

私自身、思い立ったらすぐ行動するタイプなので、できるだけ身軽でいたいと思っています。ですから持ち物は最小限にしています。


柴田励司

世界中のどこでも、仕事が滞る最大の要因は同じ。それは誰かが「聞いていない」と言って話を止めてしまうこと。それを防ぐためには「誰にどのタイミングで報告を入れるべきか」をあらかじめ把握しておくことをお勧めします。日本的な言い方をすれば「根回し」ですが、これもまた自分で時間をコントロールするために非常に有効な手段です。


橋本福夫

希望をかかげよう。僕もまた動物として恥ずかしくない死を遂げようという希望を。計画を立てよう。その希望を実行に移すための計画を。


鳥原隆志

簡単にできる仕事を先に片づけるのは、仕事の流れにリズムをつけるという意味では、有効だといえます。しかし、パレートの法則で考えれば、重要ではない8割の仕事を片づけたとしても、成果はわずか2割です。それよりも重要な2割の仕事に取り組んで、8割の成果を上げるほうが段取りがよいといえるでしよう。


ソロー(ヘンリー・デイヴィッド・ソロー)

私たちが悩んだり、不可解に思ったり、とまどったりしている疑問とそっくり同じ疑問を昔から賢者も抱いてきたのであり、例外は一人としていない。そしてそれぞれ能力に応じて自分の言葉や生き方でそうした疑問に答えてきたのである。


越智直正

創業時、「業界の良心たれ」「良品を適正価格で」「正義とともに発展する」という理想を掲げましたが、そんな理想はアホちゃうんかと自問自答してしまうほど、最近の業界は狂っています。商売人がお客をバカにして、品質が悪いものを低価格で売ることが横行している。800円で売るべき品質のものを、700円で売っていこうというのが本当の競争です。いまは違います。見かけは800円のものを300円以下の品質で堂々と出してきて、「どや、安いやろ」と300円で販売している。これでは、競争になんかちっともならんのです。


小杉友巳

私はいまの会社を日本で立ち上げるにあたり、スタッフをすべて自分の人脈の中から選びました。なぜなら、すでに知っていて信頼関係のある仲間に手伝ってもらえるのであれば、履歴書や一度や二度の面接で判断するよりずっと確かだと考えたからです。いまでは社員数も増え、私の直接の人脈からの人材ばかりではありませんが、今度は社員の仲間が集まってきています。


心屋仁之助

本当にやりたいことは、皆わかっています。でも、多くの人は「どうせ私には無理」と諦め、選択肢から外しているのです。例えるなら、お寿司が好きな人がファミレスに行くようなものです。好物でもないメニューの中から料理を選ぼうとしても、意欲は湧きませんよ。それと同じで、できそうだが熱意を持てない仕事だけを考えているから、何をしたいのかわからない、やる気が出ないと感じるのです。


ページの先頭へ