名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

奥田吾朗の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

奥田吾朗のプロフィール

奥田吾朗、おくだ・ごろう。日本の学校経営者。「大阪国際学園」理事長。大阪府出身。愛媛大学工学部金属工学科卒業。大阪国際学園理事長・学園長、大阪国際女子大学学長、大阪国際女子短期大学学長、大阪国際滝井高等学校校長、大阪国際大学学長を務めた。

奥田吾朗の名言 一覧

子供達に「あなた達が必要です」というチャンスをたくさん与える学校でありたい。


私は28歳で理事長に就任しました。私自身、学校経営の経験はありませんでしたが、父が亡くなるまでの姿を見ていましたから、とにかくやらないといけないと決意しました。理事や学内の方々に助けてもらえたことは非常にありがたかったですね。


グローバルな人間になるためには、単に他者に自分のことを伝えるだけでなく、世界に広がっている基本的理念をきちんと身に付けることが必要です。そのためには自分自身の理念、人生観、存在意義、そして自分が生まれ育った日本の存在、良さも考えなければなりません。それを世界、社会に伝えることが、社会の深み、豊かさの根幹になると思います。


父が肺がんで余命はあと3か月という宣告を受けた時、私自身長男として、父に「自分1人で立って生きていく」という意思を実際に示さなければならないと考え、そこから米国に勉強をしに行くことを決めたのです。私が学生時代に最も苦手だったのは英語でした。ただ、父が「これから英語は絶対大事になる」と言っていたことを思い出し、本来であれば父の側に付き添って看病すべきところだったのかもしれませんが、母や兄弟に任せて米国に渡りました。


規模を競われる学校法人もありますが、小さくとも残すことが私の使命です。本学は「全人教育」、「グローバル教育」を掲げていますが、私が子供達に伝えているのは社会に深みがあり、豊かさがあるのは人間の多様性、個性があるからだということです。経営的には人数を集めるほど効率は上がるのかもしれませんが、教育は真逆で、1人ひとりを個性豊かに育てることが大事です。本学はそれを徹底してやろうとしています。


奥田吾朗の経歴・略歴

奥田吾朗、おくだ・ごろう。日本の学校経営者。「大阪国際学園」理事長。大阪府出身。愛媛大学工学部金属工学科卒業。大阪国際学園理事長・学園長、大阪国際女子大学学長、大阪国際女子短期大学学長、大阪国際滝井高等学校校長、大阪国際大学学長を務めた。

他の記事も読んでみる

星﨑尚彦(星崎尚彦)

社員にはもっと意欲的に働いてほしい。そこでチャンスをどんどん与えています。本人が希望すれば、海外の展示会で商品を仕入れる大役にも抜擢します。本人は責任を感じ、一生懸命売ろうとしますから。


清宮克幸

どんなに勉強してもどうしても英語が上達しない人は、もう英語は勉強しないと決め、代わりに電子辞書を誰よりもスピーディに使いこなせるようにする。というような努力の矛先を変えることが大切です。自分は何ができるか見極めると同時に、何ができないのかを見極めることも大事だと思います。


鈴井博之

投資している側として、いい意味での議論はしますが、決して上から目線ではなく、ホテルのお客さま・従業員・投資家の3者がWin Win Winの関係になることを目指しています。


為末大

結果がすべての世界で生きていると、自分への要求はどんどん高くなっていきます。すると、満足できるレースがどんどん減っていく。そのなかで頑張るのは苦しい。1、2年もすれば誰でも燃え尽きてしまいます。大切なことは、自分の外側に目標を置くのではなく、自分の「モチベーションのフック」が何かを知ること。そのためには、まずは自分を観察することです。僕の場合、自分で立てた仮説を検証したり、人をビックリさせたりすることが、モチベーションのフックです。


熊本浩志

目的がなく情報を集めるのは時間のムダ。情報を活用するには、まず自分自身でこういうことをやりたいんだというものが先に必要。私の場合は、未来のニーズを妄想します。


島本久美子

時代によって求められるイメージは異なる。


藤野英人

不思議なもので、どん底でもがいていると応援してくださる人が集まってきました。日本には良い会社がたくさんあります。企業の大小に関わらず、根っこから元気にしていきたいですね。そのためにも私自身、理想の投信を作るべく奮闘中です。


二宮清純

取材で相手に近づきすぎればインサイダーに近い情報は取れても、逆に見えなくなるものがあります。かといって遠く離れた安全地帯にいたら、見えるものが限られてしまいます。じゃあどの位置にいればいいのかといったら、正解はありません。しいて言えば、打たれるかもしれないけれど、こちらのパンチも届くギリギリのところ、それが私の距離感です。


加納裕三

新しいものが出てきたときに混乱が起きるのは仕方がないです。1970年代、各国の法定通貨に金の兌換(だかん)性がなくなったときも、「不兌換紙幣に価値があるのか」という議論か起きました。いまの仮想通貨への反応と同じです。でも、みんなが不兌換紙幣を使っているという事実を持って、いまは信用を獲得しています。ビットコインも、徐々にそのように変わっていけばいいなと。


関根正浩

会社の露出を増やすのは、人材獲得にとって有効な手段だと思っています。お客様のご協力を得て「ユーザー事例」として発表させていただいたり、セミナーに登壇させていただいたり。結果、潜在顧客と未来の社員へ同時にアピールできるんです。


長谷川穂積

僕はあまり深刻には考えないんです。「今日はダメだったけれど、明日また頑張ろう」って。良くも悪くも深く考えないのがプラスに作用しているんじゃないですかね(笑)。何でもポジティブに考えた方がいい方向に行くんじゃないですか。


川崎郁也

インフィニオンは慎重かつ戦略的な会社だと感じています。議論は全員一致になるまで検討を重ね、実行プロセスも緻密です。フォーカスしているのは自動車やインダストリアルで、ひとつの製品を浸透させていくのに5年から10年の長いスパンで取り組みます。そこではお客様との長期的な信頼関係が重要なので、丁寧なやり方はマーケットに合っているのだと思います。