名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

奥田健次の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

奥田健次のプロフィール

奥田健次、おくだ・けんじ。日本の行動分析学者、心理臨床家。兵庫県出身。大学で講師、客員教授などを務めながら、心理臨床家として発達につまずきのある子供と家族のセラピーを行った。そのほか、日本行動分析学会常任理事などを務めた。主な受賞に日本行動療法学会内山記念、日本教育実践学会研究奨励賞、日本行動分析学会学会賞(論文賞)。著書に『メリットの法則 行動分析学・実践編』『叱りゼロで自分からやる子に育てる本』ほか。

奥田健次の名言 一覧

対人関係が苦手なら、人とあまり会わずに済む仕事を選ぶべきですし、組織であっても強引な教育を施すよりも適材適所を心がけたほうが絶対にいい。


無理やりその人の意に反して、自分を変えさせようとしなくてもいいと思います。人には向き不向き、得意不得意なことがあります。なんとかしなければと無理に改善しなくても、これまでやってきたことを続ければいいのです。継続していくと何かしらの力が身について、本人の自覚がないままかもしれませんが、何かその人なりの魅力を醸し出すこともあります。


対人関係においては「モテたい」、仕事においては「昇進したい」という気持ちが強い人は、具体的な行動やスキルを改善していくべきだと思います。


顔がカッコイイのにモテない。イケメンで一時的にはモテるのに、決して長続きしない。そんな人が、周囲にいるのではないでしょうか。彼らがモテないのは、女の子に嫌われる行動をとっているからです。わかりやすく、モテないABCをあげてみます。「A・相手の興味のない話を延々と続ける」「B・相手の話を全く聞かない」「C・ネガティブな発想から始まる」。これらABCのことをしていたら、およその女の子に嫌われることは簡単です。


あるテレビ番組で、リポーターが、京都の茶釜職人の職人技をリポートしていたときのことです。鋳型を作って彫刻刀で彫って、鉄を流し込んで一個ずつ時間をかけて丁寧に作っていく。日本のよき伝統を伝える番組でした。しかし、リポーターとのコミュニケーションが噛み合わないのです。リポーターが質問をしても、職人は黙々と茶釜を作っている。「これは生き甲斐ですよね」と問いかけても「そうじゃなくて、あれだよ、あれ」と返答。リポーターは困惑していました。しかし、会話には慣れていない職人のその不器用さから、無口で純朴な職人気質が私には伝わりました。自分の得意分野をつくること。そして、自然体でいること。それが人からの評価を高める場合はたくさんあります。


奥田健次の経歴・略歴

奥田健次、おくだ・けんじ。日本の行動分析学者、心理臨床家。兵庫県出身。大学で講師、客員教授などを務めながら、心理臨床家として発達につまずきのある子供と家族のセラピーを行った。そのほか、日本行動分析学会常任理事などを務めた。主な受賞に日本行動療法学会内山記念、日本教育実践学会研究奨励賞、日本行動分析学会学会賞(論文賞)。著書に『メリットの法則 行動分析学・実践編』『叱りゼロで自分からやる子に育てる本』ほか。

他の記事も読んでみる

篠塚孝哉

使わないモノを捨てるときは、とにかく恐れないこと。「いつか使うかも」は、「使わない」と同じと考えてください。そもそもいまの時代、捨てるとあとで困るモノというのは意外と少ないのです。なぜなら、企画書や資料などはほとんどがデジタル化されているからです。捺印された契約書など原本が必要な書類を除き、複製不可能な書類はほとんどないのではないでしょうか。


鈴木秀明(資格勉強コンサルタント)

自分が何かに秀でていることを積極的に証明したい場合は、やはり資格を見せるのが一番わかりやすいですね。たとえば、マイナンバーに関する知識が豊富だったとしても、ただ口で言うだけではどの程度詳しいのか伝わりにくい。もしそこで「マイナンバー実務検定で合格した」と言えれば、一言で相手から信頼してもらえます。


稲盛和夫

私が長年言ってきた、会社の中に小さなアメーバという経営体をいくつも作り、活性化することが大切なのです。アメーバという組織が本当に生き生きと、自分たちで経営し、利益を出していく状況を作り出すことが、外部の環境が良いときにこそ重要です。そういう力強い経営体を今、作ることができなければ、景気が減速したときに非常に大きな問題が出てくるのではないかと思います。


出口治明

「世の中には、決める人と、それ以外の人しかいない」。私が30歳の頃、家業を継いだ友人から聞いた話です。確かに、大企業の取締役であっても迷ったら社長にお伺いを立てることができる。しかし、大小問わず会社のトップは、すべてを自分が決めなければなりません。


秋山利輝

こういう道具が必要だと思ったら準備をしておき、刃を研ぐ必要があったら事前に研いでおく。腕のいい職人はみんなそうですよ。下手な人は、いざ使う段になってかんなを研ぎにいく。作業は中断するし、動きにもロスが出ます。電話も同じ。仕事のできる人はポイントを要領よく説明するから話が早い。できない人ほど長話です。


平井一夫

動きの速い携帯電話ビジネスでは、当然のことながら経営スピードが大事です。意思決定やアクションを素早くし、商品をタイムリーに展開する。この3つがないとダメです。


アルフレッド・アドラー

命令口調を止めて、お願い口調や私を主語にして伝えるだけで、相手に勇気を与えられるだろう。


千葉聡(進化生物学者)

ローカルを極めると、グローバルな世界が見える。
ガラパゴスな世界を極めると、地球全体が見える。


平岡昭良

島田精一(社長)さんからは、自分が分からないから否定するのではなく、認めてやらせてみる大切さを学びました。


スティーブ・ジョブズ

最高の製品だから、最高の発表をしなければならない。


諸戸清六(初代)

顔をよくするより金を儲けよ、金儲かり家富まば自然と顔もよくなる。


寺畠正道

我が社には「出る杭は打たれる」というカルチャーがない。基本的に年功序列も派閥もありません。誰もが自由にものが言える安心感があります。私も若い頃から上司に好きなことを言ってきましたが、排除されることはありませんでした。正しいことであれば、人も会社も話を聞く企業風土がある。だからこそ、海外の社員でも会社が好きで、JTで働くことで自分も成長できると考えている社員が多いのだと思います。