名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

奥村有敬の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

奥村有敬のプロフィール

奥村有敬、おくむら・ありよし。日本の経営者。英国国際コーポレートガバナンスネットワーク日本理事。東京大学教養学部、東京大学大学院(経済)修了後、日本興業銀行に入行。ニューヨークに駐在し、産業調査部長、資金部長などを経て常務となる。また、同行で働きながらコロンビア大学ビジネススクール、ハーバード大学ビジネススクールで学ぶ。興銀退行後は興銀系資産運用会社の社長を務めたのち、(有)ロータス・コーポレート・アドバイザリイを設立。日清製粉の社外取締役なども務めた経営者。

奥村有敬の名言 一覧

経営に唯我独尊なし。市場という名の目覚まし時計が鳴っています。若い人には、ぜひそれを聞き取る聴力を養ってほしいものです。


私は日本企業に必要なものは「マーケット・フォーカス」だと思います。市場変動をとらえる経営姿勢というだけでなく、市場からの監視に謙虚に耳を傾ける経営という意味も込めています。


奥村有敬の経歴・略歴

奥村有敬、おくむら・ありよし。日本の経営者。英国国際コーポレートガバナンスネットワーク日本理事。東京大学教養学部、東京大学大学院(経済)修了後、日本興業銀行に入行。ニューヨークに駐在し、産業調査部長、資金部長などを経て常務となる。また、同行で働きながらコロンビア大学ビジネススクール、ハーバード大学ビジネススクールで学ぶ。興銀退行後は興銀系資産運用会社の社長を務めたのち、(有)ロータス・コーポレート・アドバイザリイを設立。日清製粉の社外取締役なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

上西京一郎

自分たちの売っている商品がこれほど人々に受け入れられ、純粋に喜んでもらえる。それは私たちにとってものすごい誇りであり、自信になりました。愚直にハピネス(幸福感)を提供し続けてきたのは、社員の誰もが誇りと自信を持っているからだと思います。


近藤乾三

死ぬまで勉強。世間ではじきに名人なんて言うがとんでもないことです。若い頃、先生に「せめて下手になれ、下手以下は何万人といるが下手にならなければ決して上手にはなれない」と言われたものです。


大川博

入社に伴う私の地位などについても細かく心遣いをされていた模様であるが、私は最初の地位や待遇などはどうでもよい。正式なポストは、働いた結果を認めてのうえのことにしていただきたい。とにかく、五島(慶太)さんの知遇に応えて、うんと頑張って働こうというだけの考えで、自分からは何もそれについての希望を述べなかった。
【覚書き|東急にヘッドハンティングされ、出社一週間前に五島慶太氏と話したことについて振り返っての発言】


坂信弥

自分の口から言い出した以上、その責任からどうしても再建を果たさなければならない。私はそこへ自分を追い込んで背水の陣を敷こうという考えてあった。
【覚書き|大商証券の経営再建にあたり、社員に大風呂敷を広げたことについて語った言葉】


冨山和彦

会社でも社長や会長だからといって、周りが言うことを聞いてくれるわけではありません。みんな苦労しています。


午堂登紀雄

多くのサラリーマンに欠けているのが、「いかに収入を増やすか」という視点です。


竹中平蔵

今までの延長線上では大きな変化を乗り切れない。


井村荒喜

従業員の生活の向上と幸福は、高賃金だけで解決されるものではない。そこに会社の福利厚生施設ということが問題になる。これが従業員の生活の向上と安心感を側面から支えなければ十分とはいえない。
【覚書き|この思想に従って不二越は太平洋戦争前から社員宿舎、社員用病院(のちの県立中央病院)、工業高校(不二越工業高校)などを建設した】


石川康晴

過去3回、倒産の危機がありました。その3回に共通するのは「同じこと」を繰り返していたときでした。逆に路線転換をしたときは足元の1~2年は大変な闘いになりますが、大きな伸びに繋がります。


美輪明宏

人並みに働いていたのでは、人並みか人並み以下ぐらいしかならない。人並み以上になりたければ、人の3倍ぐらいは働かなければならない。それが鉄則です。


松村寧雄

これくらいの時期にできたらいいな、と漠然と思い描くだけでは、いつまでたっても行動が伴いません。具体的な日付を決めるからこそ、それを実現するために、早め早めに手を打てるようになるのです。


中尾ゆうすけ

製造業の現場で実際にあった話です。部品の組立工程に携わる人が数名いましたが、人によって、出来上がりの品質にバラつきが見られました。調べると、「その部品が製品のどこで使われ、どういう役割を担っているか」を理解している人が担当した部品の品質が高いことがわかりました。設備投資に費用をかけずとも、意識ひとつ変えれば高い成果に結びつくことを実感した出来事でした。