名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

太田道灌の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

太田道灌のプロフィール

太田道灌、おおた・どうかん。室町時代末期の武将。江戸城の設計者としても有名で、城を堀で囲み、外城、子城が占領されても中城・本丸で敵を迎え撃つことができる構造(のちに「道灌がかり」と呼ばれる方式)を考案。戦国時代の築城技術に大きな影響を与えた。関東管領扇谷上杉家の重臣。家臣諸侯の信望を集めすぎてしまい、謀反を恐れた主君に殺された悲劇の武将として知られている。兵法だけでなく和歌にも深く通じ、文化人としても活躍した

太田道灌の名言 一覧

兵法に通じている者は兵の多少によらず、勢いに乗ずるものである。自分が歌を歌う声に和唱して進んで戦えば勝つ。


かかる時さこそ命の惜しからめ。かねて無き身と思ひ知らずば。
【覚え書き|一大事には命を惜しんではいけない。もともとない命だと覚悟しているから】


不驕者又不久(驕らざる者もまた久しからず)。
【覚え書き|父・資清が道灌を戒めるために贈った「驕者不久(驕れる者、久しからず)」の書に書き加えた言葉】


太田道灌の経歴・略歴

太田道灌、おおた・どうかん。室町時代末期の武将。江戸城の設計者としても有名で、城を堀で囲み、外城、子城が占領されても中城・本丸で敵を迎え撃つことができる構造(のちに「道灌がかり」と呼ばれる方式)を考案。戦国時代の築城技術に大きな影響を与えた。関東管領扇谷上杉家の重臣。家臣諸侯の信望を集めすぎてしまい、謀反を恐れた主君に殺された悲劇の武将として知られている。兵法だけでなく和歌にも深く通じ、文化人としても活躍した

他の記事も読んでみる

柳井正

社員は上の人たちのことをよく見ていますよ。経営者自身が、自分では誰よりも仕事をしているつもりでも、社員から見たら全然やっていないように見えるもので、ごまかしはききません。


和田裕美

私にも皆さんにも、生きていれば、嫌なこともあるし、ワクワクできない時もあると思います。けれど、それでも明日はやって来る。もし今、悲しみのどん底にいたとしても、明日の自分がどんな気持ちになるかは、まだ決まっていません。どうせ、どうなるか分からない未来ならば、ワクワクして「きっといいことがある」と思い込んだ方が、そこに留まって「嫌だ、嫌だ」と思って生きるより、何百倍も幸せだと私は思います。だからこそ、私は自分の未来に「ワクワクの種」を仕込むようになりました。


前澤友作

いまは本当の意味でオシャレになってきてるんじゃないですか?服だって、人が着てるから、じゃなくて自分の感性で選ぶ傾向が強くなってますからね。


岡崎富夢

うちの社長(親会社・東邦レオの社長)は、「年寄りが若い人間の可能性を潰したらいかん。おまえらがやることをバックアップするのが俺の仕事だ」とよく言います。だからチャレンジは積極的にさせてくれる。


山本梁介

今年の夏は新潟県の新井の店舗でテントウムシが異常発生して大騒ぎになったんですが、どうしようかと思っていると、滋賀県・南彦根の店舗が虫の駆除のやり方を教えてくれたんですね。実はその数カ月前に琵琶湖でも虫が発生し、南彦根の店舗が退治法を蓄積していたんです。こういう横の連携が実現すると従業員のモチベーションはぐんと上がるわけです。


清田瞭

私は大和証券から給料をもらっています。でも大和証券はお客様から頂いています。自分で自身のない商品をお客様に買ってもらうわけにはいきません。


小泉文明

新卒・中途入社の採用基準にもバリュー(重視する価値観・行動様式)を組み込んでいて、応募者の方に担当者は3つの軸で評価をつけます。つまり、バリューに共感していない人はそもそも入社しないし、できない仕組みです。社員には、これまでバリューを信じて行動に移してきたら、会社として大きな成果を出してきたという自負があります。一人ひとりのマインドが、「これからもバリューを信じ続けよう」とポジティブである点も特徴です。


楠木建

制約や弱点を積極的に受け入れることによって、それらに思いがけない機会や強みが潜在していることに気づく。


笹嶋敏之

「製品は、取り付けて実際に使える性能を発揮して、初めて評価していただくもの」というのが創業者の思想です。実際に施工することによって得られるお客様の声や現場の実情が、新たな発想の源になっているような気がします。


桜井弘(櫻井弘)

雑談の話題選びについては、「し・か・け(仕事・家庭・健康)」がお勧め。これらの話題は差し障りがない無難なものです。無難な話題を選ぶメリットは、相手から「YES」の言葉を引き出しやすいこと。YESを言ってもらうごとに、相手との距離がぐっと縮まります。そのまま本題に入ると、本題でもNOを言いづらくなるので、話の進行がスムーズになります。


田中仁(経営者)

もし、赤字部門を任されたなら、まずいろいろな人の話を聞いて回り、問題の本質を見つけなければなりません。そして明確なビジョンとシナリオをつくり、従業員のやる気に火をつけることです。


高野誠鮮

人間の体はものすごく素晴らしい組織・システムです。ケガをしたら、すぐに体のすべての細胞が協力し合って治そうとする。ひとつの町も同じ。「いい場所にしたい」という、みんなの「心」が大事なのです。だから町おこしにマイナスなことばかり指摘する評論家は不要。たとえは自分の左腕が悪くなったとき、右腕は左腕を攻撃するでしょうか。必ず必死でリハビリしますよね。これが私の進める町おこしの柱に据えた理念、人体政治学、人体経済学という「人体主義」です。