名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

太田薫正の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

太田薫正のプロフィール

太田薫正、おおた・しげまさ。日本のコンサルタント、経営者、ベンチャーキャピタリスト。「B&Company」社長。埼玉県出身。東京大学教養学部卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニー、ケアネットなどを経てB&Companyを設立。そのほか、大阪市・大阪府特別参与などを務めた。

太田薫正の名言 一覧

「反論を考える」のも、考えを深める良い方法です。自分の考えに対し、「~は正しくない。なぜなら~」と理由とセットにした反対意見を出してみるのです。その反論に妥当性があれば、もともとの自分の考えは、やはり再検討が必要となります。


正しさを確かめるには、「例外を考える」も有効です。「自社の品揃えは十分である」という命題を立てたら、それが当てはまらない場合がないか検証するのです。もし例外が多ければ、命題そのものを再検討する必要があるでしょう。


考えの妥当性や正当性を明確にするには、「全体から見る」というやり方があります。同じ属性を持つ他のものや、全体を表わす平均値と比較する方法です。「新規顧客獲得のために、インターネット広告を増やす」という案なら、テレビや新聞の広告と比較したり、広告出稿量の業界平均と比べれば、その考えが適切かどうか判断できます。


一言で思考と言っても、3つのステップがあります。深く考えるには、この3つをバランスよく実践する必要があります。

  1. 「広げる」……考えや意見をたくさん出し、さまざまな方向にアイデアを伸ばしていく。
  2. 「まとめる」……バラバラな情報や考えを整理する。
  3. 「深める」……考えの「正しさ」と「意義・価値」を確かめる。

太田薫正の経歴・略歴

太田薫正、おおた・しげまさ。日本のコンサルタント、経営者、ベンチャーキャピタリスト。「B&Company」社長。埼玉県出身。東京大学教養学部卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニー、ケアネットなどを経てB&Companyを設立。そのほか、大阪市・大阪府特別参与などを務めた。

他の記事も読んでみる

森田正光

番組の構成作家さんが「森田、面白いけど、倉嶋(厚)さんみたいだ。いくらマネても倉嶋さんにはなれないんだから違うことを考えろ」と指摘してくださったんです。そこから時事ネタを盛り込んでいくようになりました。例えば、チャウシェスク政権が倒れたときは、過去の天気を調べ、「革命は暖冬の冬に起きやすい。寒くないので人が集まりやすいから」みたいな切り口で話していく。気象と社会的な事象をドッキングさせるスタイルを作っていったんです。


斎藤敏一

多少のストレスは楽しんでしまうほうがいい。


林望

いつ死ぬかは誰にもわかりませんし、いまの日本はこれから先が読めない時代になりました。だからこそ自分がどうしたいかを明らかにする。惰性で暮らすのではなくて、いまの時点でビジョンを立てておくことが大切です。


森下一喜

どんなものにもいつかは飽きがくる。今後はどうなるか分からない。


渡辺康幸

個別のアドバイスは、当然ながら相手を見て言い方を選んでいきます。たとえば、故障しやすく心配性の選手や、性格が暗い選手には、とくに密で細かいコミュニケーションを心がけます。会話のキャッチボールで、選手が心を開いてくれることもあります。お調子者の選手は、基本的におだてます。ただ、調子に乗りすぎると失敗するので、半分は厳しくします。


小笹芳央

不満ばかり言っていても事態は何も変わらない。逆に自分の関与の仕方次第で、状況は変わってくる。


麻生けんたろう

極端な話、人前で話すのは無理だという思考のままでも、準備さえやり尽くせば、本番でのあがり症を克服することは可能です。それなのにろくに準備をせず、ただ不安がっているのはもったいない話です。


吉田たかよし

光(日の出)によって人が自然に目覚めるようになっているのは、やはり外敵に襲われないようにとの本能ゆえ。太陽が地平線から出てからではなく、むしろ出る前、東の空が白んでくる頃の光が脳の体内時計のスイッチを入れるのです。さあ、朝だ、起きるぞと体のほうから目覚め始めるのです。


加島禎二(加島禎二)

トップや旗振り役の部長は、現況を変えようと頑張る部下を徹底的に援護することが肝心だ。


古賀信行

新しいものの見方を身につけるには、やはり、異質の媒体に触れる機会を持つことが大切です。何か視点の違うものを用意しておかなければ、世の中をものすごく偏ったかたちで見続けることになってしまいます。


桑田真澄

複雑な気持ちなんて全然ないよ。だって人間、いずれはそうなるわけじゃない。みんな同じだよ、時代は流れる。それは自然なことだからね。
【覚書き|松坂選手は若くしてメジャーデビューして大きな結果を残していた。一方桑田選手は39歳現役最後のチャレンジとして米国に渡りマイナーリーグでプレーしていた。そんな状況で松坂大輔選手と食事をしていたとき、松坂選手だけがサインを求められた。そのとき複雑な心境にならなかったかと尋ねられての発言】


水木しげる

筋を考えるのが漫画家の生命線です。私ははっきり言ってその努力は惜しみませんでした。いまでも続けている。なにしろ、漫画が好きだからね。私が売れなかった時代でも、原稿料の半分は、漫画の筋を考えるのに役立ちそうな本とか、妖怪の作画のための資料とかを買い込むのに使っていました。食べ物を買う金も満足に残らなかったが、それだけ「好き」の力が強かったのです。