名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

太田剛の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

太田剛のプロフィール

太田剛、おおた・つよし。日本の経営者。イングリッシュパブ「HUB」を運営する「株式会社ハブ」社長。兵庫県出身。大阪経済大学経営学部卒業後、ハブに入社。渋谷店・六本木店・新宿店店長、エリアマネジャー、営業部長、営業統括本部長、専務などを経て社長に就任。

太田剛の名言 一覧

我々は目先の利益ではなく、ブリティッシュ・パブの文化を広げながら、10年後も伸び続けることを考えています。30年間続けてきたおかげで、HUBを理解してくださるお客様が増えてきました。


HUBでは「あえて午後7~9時は捨てよう」という考え方をしています。夕食目的のお客様を狙わないということです。その代わり、午後7時まではカクテルが半額の「ハッピーアワー」にして、夕食前に集まって話したい若者たちに来店していただく。午後9時以降は、居酒屋で飲んだあとに「もう一軒」というお客様に利用していただこう、と考えています。もちろん、実際には夕食の時間は人それぞれですから、午後7~9時にもちゃんとお客様は入っていますけどね。


外食ビジネスは、昨今、1~2年で初期投資を回収するのが一般的です。ところがHUBは、ブリティッシュ・パブ風のテイストを重視するため、費用をかけてしっかりと作り込みます。どんなに良い物件でも居抜きというわけにはいきません。すると、投資回収に5~6年はかかるため、決して優れたビジネスモデルではないように映ります。他社があまり参入しない理由は、ここにあるのかもしれません。


日本の外食産業は、ブームになるとある業態の店が一気に増え、落ち着いたら淘汰され、また次のブームに乗る、ということを繰り返しています。利益が出ている今のうちにいろいろな業態の店を出しておくほうがいいという声もいただきます。けれども、そこに逃げると、かつての軸がブレていた時期に戻ってしまうと考えています。


常連のお客様は、「同じように飲むのでも、居酒屋とHUBでは違う」と言ってくださいます。おそらく最大の違いは、たまたま居合わせたお客様同士の会話があることでしょう。こうしたコミュニティが生まれる場というのは、本場英国のパブの特徴でもあります。いくらフェイスブックなどのSNSが普及しても、対面で人と話せる場がなくては、人は満たされません。デジタル化が進めば進むほど、HUBの持つ特色は有利になってくると考えています。それが「日本の暮らし、社会を豊かにする」という創業の理念に通じるわけです。


普通、飲食店はリニューアルすると売上げが伸びるもの。でも、HUBの場合は「もしかしたら売上げが落ちるかも」と考えなければいけない。以前、ある店舗を全面リニューアルすると、常連さんに叱られました。「あの傷だらけのテーブルはどうしたんだ!?」と。それ以来、椅子、テーブル、カウンターなど、お客様が触れることができるものはなるべく長く使い続けるようにしていますし、リニューアルする場合も、古いテーブルを修理して新店に持ち込むようにしました。


太田剛の経歴・略歴

太田剛、おおた・つよし。日本の経営者。イングリッシュパブ「HUB」を運営する「株式会社ハブ」社長。兵庫県出身。大阪経済大学経営学部卒業後、ハブに入社。渋谷店・六本木店・新宿店店長、エリアマネジャー、営業部長、営業統括本部長、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

濱松誠

立ち上げ当初は1社3人以上、いまは1社5人以上の団体で活動していることが参加条件です。結局、1人だと会社に戻ったときに活動として広がりにくいんですよね。1人だと変人かもしれないけど、5人いれば変革の志士になれる。熱を大企業の中で伝えてもらうには、少なくとも5人は必要かと。


落合信彦

よく「上司はボクのことを正しく評価してくれない、わかってくれない」などという声を聞くが、オレにいわせれば「わかってもらえる」と思っているほうが甘いというか、おかしい。上司が評価するのは成績であり数字なのだ。


米澤穂信

小説は好きに書けるので、自分の思うように書くことももちろんできるんですけど、その小説が求めているものでなかったら、それはただの雑味になってしまう。好きだから書くのはもちろんなんだけれども、「好きなように書く」のではないのだと常に自分を戒めています。


津川雅彦(マキノ雅彦)

ものを創るってのは人の知恵をもらい、人の真似から始まる。オギャーと生まれてこのかた、しゃべる事も全て、人の真似をして成長をするんだ。「学ぶ」前に「まねぶ」んだね。だから映画監督で、自分だけで創ってると思う大馬鹿者はいないはず。世の中、人の知恵を借りなきゃ1歩も前に進めない。そもそもゼロから物を作るなんてありえないんだから。


佐川隼人

私はシステムエンジニアとしてモノづくりをする中で、システムというものは、業務を簡素化、効率化することが本質的な部分であり、システムを使うことによって人が便利になるという、根本的で本質的なことを絶対に忘れたくないと思ってきました。モノづくりをする以上、何かが良くなることを第一にやっていこうと。


堀場厚

今、グループ従業員数は約5500名。そのうちの約6割、3000人が外国人です。私たちは決して、安価な労働力を求めて海外進出したのではなく、海外の優秀な人財を求めて進出していった結果がこのようになっているのです。


鍜治真起

目指す会社像は、ひとことで言うと「カッコいい会社」です。


森本智子

人の話を聞くときに大切なのは、まず相手に身を委ねることです。100%相手の言うことに耳を傾けるようにしています。関係のなさそうな話になったとしても、そこから思わぬ話へつながることもあります。まずは、相手の「波」に乗ることです。


石田宏樹

重要な情報を得たければ「giveの5乗」が不可欠。相手にとって有益なことを5回して、初めて重要な情報を1つもらえる。


天野平八郎

仕事は得たり失ったりするもの。仕事にやりがいは求めても、生きがいを求めてはならない。


渡邊陽一

いまでも決して安泰ではないと思っています。だから、危機感を持ち続ける工夫も必要。


岩波貴士

現代は悩み多き時代です。そこに目をつけて、人に言えない悩みを抱えた人を対象にした、悩み解消ビジネスは結構ニーズがあるんです。合コンで成功する方法、カラオケがうまくなる方法、人前でのスピーチの仕方など自信のある分野を苦手な人に教えるだけで、ビジネスが成り立ちます。