名言DB

9412 人 / 110637 名言

太田剛の名言

twitter Facebook はてブ

太田剛のプロフィール

太田剛、おおた・つよし。日本の経営者。イングリッシュパブ「HUB」を運営する「株式会社ハブ」社長。兵庫県出身。大阪経済大学経営学部卒業後、ハブに入社。渋谷店・六本木店・新宿店店長、エリアマネジャー、営業部長、営業統括本部長、専務などを経て社長に就任。

太田剛の名言 一覧

我々は目先の利益ではなく、ブリティッシュ・パブの文化を広げながら、10年後も伸び続けることを考えています。30年間続けてきたおかげで、HUBを理解してくださるお客様が増えてきました。


HUBでは「あえて午後7~9時は捨てよう」という考え方をしています。夕食目的のお客様を狙わないということです。その代わり、午後7時まではカクテルが半額の「ハッピーアワー」にして、夕食前に集まって話したい若者たちに来店していただく。午後9時以降は、居酒屋で飲んだあとに「もう一軒」というお客様に利用していただこう、と考えています。もちろん、実際には夕食の時間は人それぞれですから、午後7~9時にもちゃんとお客様は入っていますけどね。


外食ビジネスは、昨今、1~2年で初期投資を回収するのが一般的です。ところがHUBは、ブリティッシュ・パブ風のテイストを重視するため、費用をかけてしっかりと作り込みます。どんなに良い物件でも居抜きというわけにはいきません。すると、投資回収に5~6年はかかるため、決して優れたビジネスモデルではないように映ります。他社があまり参入しない理由は、ここにあるのかもしれません。


日本の外食産業は、ブームになるとある業態の店が一気に増え、落ち着いたら淘汰され、また次のブームに乗る、ということを繰り返しています。利益が出ている今のうちにいろいろな業態の店を出しておくほうがいいという声もいただきます。けれども、そこに逃げると、かつての軸がブレていた時期に戻ってしまうと考えています。


常連のお客様は、「同じように飲むのでも、居酒屋とHUBでは違う」と言ってくださいます。おそらく最大の違いは、たまたま居合わせたお客様同士の会話があることでしょう。こうしたコミュニティが生まれる場というのは、本場英国のパブの特徴でもあります。いくらフェイスブックなどのSNSが普及しても、対面で人と話せる場がなくては、人は満たされません。デジタル化が進めば進むほど、HUBの持つ特色は有利になってくると考えています。それが「日本の暮らし、社会を豊かにする」という創業の理念に通じるわけです。


普通、飲食店はリニューアルすると売上げが伸びるもの。でも、HUBの場合は「もしかしたら売上げが落ちるかも」と考えなければいけない。以前、ある店舗を全面リニューアルすると、常連さんに叱られました。「あの傷だらけのテーブルはどうしたんだ!?」と。それ以来、椅子、テーブル、カウンターなど、お客様が触れることができるものはなるべく長く使い続けるようにしていますし、リニューアルする場合も、古いテーブルを修理して新店に持ち込むようにしました。


太田剛の経歴・略歴

太田剛、おおた・つよし。日本の経営者。イングリッシュパブ「HUB」を運営する「株式会社ハブ」社長。兵庫県出身。大阪経済大学経営学部卒業後、ハブに入社。渋谷店・六本木店・新宿店店長、エリアマネジャー、営業部長、営業統括本部長、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

曽山哲人

当社が社員を大切にする数々の取り組みを行なってきたのは、創業初期に藤田が、組織のマネジメントにおける強烈な成功体験と失敗体験をしたことがきっかけです。


楠木建

戦略ストーリーはサイエンスというよりもアートの世界に属します。だから、スキルを磨くのではなく、センスを高めることの方がよほど大切になります。優れた戦略ストーリーの根幹は何か。それは、自分自身が誰よりもそのストーリーを面白がるということです。


倉本博光

日本郵船グループには「誠意・創意・熱意」というグループバリューがあります。これは業務に対する基本姿勢を表した言葉ですが、私は会社に対しても、個人に対しても同じだと言っています。社内でも誠意をもち、相手を思いやる気持ちで仕事をすれば、国籍が異なっても理解しあえるはずです。


江幡哲也

私の場合はリクルート時代に、新規事業を1年間に100本、企画書にして提出した経験が、結果として企画立案のいい基礎訓練になったと思います。


阿部俊則

大量生産というのは売り手の論理で、そこには潤いがありません。


ハリー・S・トルーマン

ワシントンで友人が欲しいなら、犬を飼うことだ。


マーニー・レヴィーン

心の根底で人とつながりたい。そのつながりをより強めたい。寂しかったり誤解されていると感じたりした場合は、その人に理解されたい。人間のその気持ちはずっと変わらない。つまり、根源的な「共有」の精神は、人間が人間として存在し始めてから、まったく変わっていない欲求です。インスタグラムはその共有の欲求を叶えるサービスです。


杉田義晴

対人関係でストレスが強い人は、他人は変えられないということに気づきません。しかし、他人を変えることはできませんが、自分のとらえ方を変えることはできる。


いとう伸

商談の最初のつかみで成功したら、次の3分で相手の欲求を探りながら、事前に用意してきたシナリオを修正します。心構えとしては、「天使のように微笑み、刑事のように探る」です。にこやかに話しながらも相手の反応を読み取り、最初のシナリオとは違う部分に相手が興味を示したら、臨機応変に対応していきます。ここでも、相手の欲求を先回りして共感する力と、それに対応できるシナリオをきちんと準備できているかという点が重要になります。


山下孝一

全ての子は素晴らしい可能性を与えられている。駄目な子なんていない。


平尾誠二

映像は何かをわかりやすく伝えるツールとしてはいいですが、それで人のやる気を高めるのは難しい。ラグビーの試合前に映像を観て気合を入れる、なんて話は聞いたことがありません。そのとき、選手を奮い立たせることができるのは、リーダーの言葉しかないのです。


岡崎富夢

入社3年目に大手設計事務所への特販チームができ、そこに抜擢されました。僕だけが大手の設計を攻略できたので、思い切って社長に「年上の優秀な人を3人付けて僕に特販チームを任せてくれたら、絶対に会社として成功させます」と直訴しました。すると、社長も「やってみろ」と言ってくれました。


森田敏宏

人は時間があればあるだけ作業に費やしてしまうものです。逆に、締め切りが迫っていると、集中力を発揮できます。


原田泳幸

日本NCRでエンジニアとして働いたことで本当に鍛えられました。たとえば人間は理不尽なことを周りから求められない限り、イノベーションを起こせない。「できないことをやる」「非常識を常識にする」。これらを徹底的に叩き込まれました。同時に、すべてのビジネスチャンスは現場にある、と学びました。


杉山登志郎

今後必要なのがむしろIQが高い子への教育の機会です。ある教科はずば抜けてできるのに、別の教科はさっぱり。そんな子に対していまは個別の教育的選択肢が用意されておらず、全員一律にカリキュラムをこなさなければなりません。欧米などにあって日本にはないもの、それは先天的にある分野において高い能力を持つ「ギフテッド(天才児)」に対する教育なんです。