名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

太田光の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

太田光のプロフィール

太田光、おおた ひかり。日本のお笑いタレント、作家。埼玉県出身。日本大学藝術学部在学中、同級生の田中裕二氏とともにお笑いコンビ「爆笑問題」を結成。政治や社会現象を風刺する芸風で人気を博し、数多くのテレビ番組で活躍。そのほか、ラジオパーソナリティ、テレビのコメンテーター、作家、作詞家などとしても活躍した。

太田光の名言 一覧

自分のカラーを決めてしまうと、そこから動けなくなるのが怖いよね。これは得意じゃないんだけどっていう仕事もやってみる価値はあると思う。


主観ですからね。お笑いってのは。他の人がどう思うかは、結局やってみるまでわかるわけがないんです。


自分はあんまり面白くないけど、これは女子高生にはウケるじゃないかって作ったネタは、やっぱり失敗することも多い。なにより自分が楽しくできないのはマイナスですよね。


オレは、仕事をするときにまず自分が楽しみたいって気持ちがあるかもしれない。最終的にはお笑いは、誰かを笑わせるっていうより、自分が笑えるかどうかしか基準がないわけ。


自分の嫌いな短所を許すことが、自分を好きになることだ。


人々の価値観を全部ひっくり返すようなものをつくりたい。そんな思いがいつもどこかにあるんです。


僕は何事も、面白いか面白くないかで決めるんです。だから、リスクの多い選択も散々してきて、その結果、誰が一番迷惑したかっていうと、うちのカミさんなんです(笑)。だから、絶対にお勧めできませんが。


ピカソは絵を描く技術がどんどん高まっていくんだけれど、あるところでその技術がかえって邪魔になって、「こんなもんじゃねえ」と一気に捨てた気がするんです。自分もそうした大転換をしないと駄目なんじゃないか。そうしないと、本当の自分の表現に到達できないんじゃないか。そう思ってはいるんですが。


僕はまだ「これまでの漫才をもう少し洗練させる」といった程度のものしかつくれていないんですが、本当は誰もやったことがないものを生み出したい。


僕がいつも意識しているのは、「誰もまだやっていないんじゃないか」というものを目指していこうということです。いまって、何をつくるにしても、誰かの影響を受けちゃっていると思うんです。そこからいかに解き放たれるかというのが、すごく大事な問題です。


僕は面白い時代に生まれたと思いますよ。面白がっちゃいけないけれど、混沌としているじゃないですか、すべてが。一歩間違えば破滅だけど、逆に何かのちょっとしたきっかけでいい方向に行く可能性もある。そうすれば、まったく新しい価値観を持った理想的な社会になるかもしれない。現代って、そんなどっちに転ぶかまったくわからない状況にあると思うんです。


司馬遼太郎の小説を読むと、明治維新のころって面白かっただろうな、と思うんです。ただ同時に、この時代に負けたくないっていう気持ちもあって。僕は、これまでのどの時代よりも面白い時代に生きたいし、未来の人から「太田の生きていた時代は面白かっただろうね」と言われたい。そんな過去や未来に対する対抗心があります。


何が一番人類の価値観を変えたかと考えると、書物でいえば聖書以上のベストセラーってないですもんね。完全に思い上がりなんですけど、何かを表現する以上は聖書より売れる本をつくりたい(笑)。そんなこと、とても無理なのはわかっているんだけど、目標はそこに置かないとつまらないんですよ。


「芸人が大真面目にこんなこと語ってどうするの?」という思いは常にあります。政治的な発言をストレートにするって、芸人としてはかなり格好悪いことですから。本当はそういったものをきちんと笑い話にしたい。でも、想像力が足りないから、それができていない。そんな自分が嫌なんです。ただ最近は、「あいつは芸人失格だ」などと言われるようになってきていて、そうなると逆に「もっと言ってやろう」という気持ちも出てくる(笑)。性格がひねくれているんです。


これまで自分が培ってきた技術とか仕事スタイルとか、そういったものをいったん捨てなきゃいけないのかもしれません。


オレはこれがダメってのがほとんどない。あんまりそう見えないかもしれないけど(笑)。相手の設定でダメになるようじゃ嫌だなと思うタイプ。作家が書いたコントかつまらないと思っても、これをどうにかして変えずに面白くするほうにプライドが働くんだよね。


太田光の経歴・略歴

太田光、おおた ひかり。日本のお笑いタレント、作家。埼玉県出身。日本大学藝術学部在学中、同級生の田中裕二氏とともにお笑いコンビ「爆笑問題」を結成。政治や社会現象を風刺する芸風で人気を博し、数多くのテレビ番組で活躍。そのほか、ラジオパーソナリティ、テレビのコメンテーター、作家、作詞家などとしても活躍した。

他の記事も読んでみる

押井守

見終わって、何の発見もない映画は駄作だ。エンタテインメントとしてどれほど優れていても、どこかに「なるほど」と思わせる新たな価値観や、新しい視点が盛り込まれていなければ、その映画の価値は低い。


町田勝彦

生産過程では採算性を高めるために1円、2円という厳しいコストダウンが強いられている。ところが、ブランド力の差によって失われる収益は、桁違いなものだった。このブランド力の差は、経営面でも大きく深刻なものだった。ブランド力を高めることがとにかく大事だ。一流ブランドといわれるものの値段が、どうして高いのか考えてほしい。


中原淳

仕事がしんどいことは、未来も変わりません。重要なのは、「楽しむ姿勢」を持てるかどうかです。特に、変化の激しい時代には、「物事を前向きに捉えるかどうか」という心理的な性質自体が「資本」として機能することを忘れてはなりません。前向きな姿勢こそが、明るい未来をつくるのです。


長沼毅

最初の生命が生まれた40億年前の地球はマグマが煮えたぎって、生物にとってはとてつもなく過酷な環境でした。辺境生物の生態を探ることは、そういう苛酷な環境で生まれた地球最初の生命に近づくことになる。「生命とは何か?」を解き明かせるかもしれない。これは僕にとって、子供の頃からの夢でした。


赤塚保正

あるとき4代目社長から、「社長ほど自分の我を出したらいかんよ」と言われました。みんなの協調とか和を大切にすることを常に考えなさいと。そのときは「えっ?」と思いました。社長ほどリーダーシップを発揮するものと思っていましたから。「いやそうじゃないんだ。今は分からないかもしれないが、いつか分かるけどな」と言われたんです。最近、それがよく分かります。


小泉光臣

ブランドの根幹について、私は常に「信頼」だと言っています。若い社員なんかは間違えるんですが、何かイメージ戦略のようなことでブランドを語って、ファッショナブルであるとか、高いイメージを獲得するとか、ともするとそういうことをもって語ることが多い。


中山均

私の信条として、引き受けたからには打込まねばならない。月給をもらっているからには、与えられた仕事に全生命を打ち込まねばならない。


高橋理子

固定観念を取り払って初めて見えてくることはたくさんある。


王貞治

チームでも人でも、成長するときは45度の角度で一本調子で上がっていくことはない。最初は見えないくらいジワジワと上がっていき、途中から急カーブで伸びるものです。そのジワジワの時期にも、監督としては辛抱強く言い続けること、そして待ち続けることが大事なのです。


土井英司

僕の場合、本をつくるお手伝いをしているので、つくり手としての視点と、受け手側として楽しむ視点、この両方をつねにもっていることが欠かせません。すると、あまり面白くない落語を聴いても「ここが悪いから受けないんだな」と学ぶことができますし、面白ければ「この流れが人をひきつけるんだ」と気づくことができます。それらをノートにつけていくことで、幅広い物の見方ができるようになったり、発見があったりします。その一つひとつが、仕事に活きてくると思いますね。


新井良亮

小売業をやっていると、安定的な鉄道事業と違って、「明日はない」くらいの恐怖感があります。小売は、同じことをやっていては、お客に見放され淘汰されてしまうからです。現場に立ち続け、見て、考えて、行動に移すことが大切です。


和田一浩

プロ野球界では18歳のルーキーから50歳の山本昌さんまで、幅広い年齢の選手が同じ野球という競技をしています。体力や運動能力の差だけなら若手が有利です。でも、野球はバットやボールなどの道具を使うスポーツ。だからこそ、経験を積むことで得られる技術の差が生きてくる。僕自身、道具の使い方は確実に30代の頃よりも上がっていると感じています。