名言DB

9413 人 / 110706 名言

太田光の名言

twitter Facebook はてブ

太田光のプロフィール

太田光、おおた ひかり。日本のお笑いタレント、作家。埼玉県出身。日本大学藝術学部在学中、同級生の田中裕二氏とともにお笑いコンビ「爆笑問題」を結成。政治や社会現象を風刺する芸風で人気を博し、数多くのテレビ番組で活躍。そのほか、ラジオパーソナリティ、テレビのコメンテーター、作家、作詞家などとしても活躍した。

太田光の名言 一覧

自分のカラーを決めてしまうと、そこから動けなくなるのが怖いよね。これは得意じゃないんだけどっていう仕事もやってみる価値はあると思う。


主観ですからね。お笑いってのは。他の人がどう思うかは、結局やってみるまでわかるわけがないんです。


自分はあんまり面白くないけど、これは女子高生にはウケるじゃないかって作ったネタは、やっぱり失敗することも多い。なにより自分が楽しくできないのはマイナスですよね。


オレは、仕事をするときにまず自分が楽しみたいって気持ちがあるかもしれない。最終的にはお笑いは、誰かを笑わせるっていうより、自分が笑えるかどうかしか基準がないわけ。


自分の嫌いな短所を許すことが、自分を好きになることだ。


人々の価値観を全部ひっくり返すようなものをつくりたい。そんな思いがいつもどこかにあるんです。


僕は何事も、面白いか面白くないかで決めるんです。だから、リスクの多い選択も散々してきて、その結果、誰が一番迷惑したかっていうと、うちのカミさんなんです(笑)。だから、絶対にお勧めできませんが。


ピカソは絵を描く技術がどんどん高まっていくんだけれど、あるところでその技術がかえって邪魔になって、「こんなもんじゃねえ」と一気に捨てた気がするんです。自分もそうした大転換をしないと駄目なんじゃないか。そうしないと、本当の自分の表現に到達できないんじゃないか。そう思ってはいるんですが。


僕はまだ「これまでの漫才をもう少し洗練させる」といった程度のものしかつくれていないんですが、本当は誰もやったことがないものを生み出したい。


僕がいつも意識しているのは、「誰もまだやっていないんじゃないか」というものを目指していこうということです。いまって、何をつくるにしても、誰かの影響を受けちゃっていると思うんです。そこからいかに解き放たれるかというのが、すごく大事な問題です。


僕は面白い時代に生まれたと思いますよ。面白がっちゃいけないけれど、混沌としているじゃないですか、すべてが。一歩間違えば破滅だけど、逆に何かのちょっとしたきっかけでいい方向に行く可能性もある。そうすれば、まったく新しい価値観を持った理想的な社会になるかもしれない。現代って、そんなどっちに転ぶかまったくわからない状況にあると思うんです。


司馬遼太郎の小説を読むと、明治維新のころって面白かっただろうな、と思うんです。ただ同時に、この時代に負けたくないっていう気持ちもあって。僕は、これまでのどの時代よりも面白い時代に生きたいし、未来の人から「太田の生きていた時代は面白かっただろうね」と言われたい。そんな過去や未来に対する対抗心があります。


何が一番人類の価値観を変えたかと考えると、書物でいえば聖書以上のベストセラーってないですもんね。完全に思い上がりなんですけど、何かを表現する以上は聖書より売れる本をつくりたい(笑)。そんなこと、とても無理なのはわかっているんだけど、目標はそこに置かないとつまらないんですよ。


「芸人が大真面目にこんなこと語ってどうするの?」という思いは常にあります。政治的な発言をストレートにするって、芸人としてはかなり格好悪いことですから。本当はそういったものをきちんと笑い話にしたい。でも、想像力が足りないから、それができていない。そんな自分が嫌なんです。ただ最近は、「あいつは芸人失格だ」などと言われるようになってきていて、そうなると逆に「もっと言ってやろう」という気持ちも出てくる(笑)。性格がひねくれているんです。


これまで自分が培ってきた技術とか仕事スタイルとか、そういったものをいったん捨てなきゃいけないのかもしれません。


オレはこれがダメってのがほとんどない。あんまりそう見えないかもしれないけど(笑)。相手の設定でダメになるようじゃ嫌だなと思うタイプ。作家が書いたコントかつまらないと思っても、これをどうにかして変えずに面白くするほうにプライドが働くんだよね。


太田光の経歴・略歴

太田光、おおた ひかり。日本のお笑いタレント、作家。埼玉県出身。日本大学藝術学部在学中、同級生の田中裕二氏とともにお笑いコンビ「爆笑問題」を結成。政治や社会現象を風刺する芸風で人気を博し、数多くのテレビ番組で活躍。そのほか、ラジオパーソナリティ、テレビのコメンテーター、作家、作詞家などとしても活躍した。

他の記事も読んでみる

益子修

やることとやらないことの線引きはしっかりしておかないといけません。やっぱり、やる決断よりやめる決断の方がはるかにきついですから。


河野英太郎

あまり露骨にベタベタ褒めるのはよくありませんが、日本人特有のちょっとドライな人間関係の距離感よりも、少しだけ踏み込んで心情に訴えかける感じが、部下のモチベーションをより上げるのだと思います。


文弘宣

ある日、父から呼び出されて「ビルを建てる。お前が元請けになって全部やってみろ」と言われた。でも、当然ビルの建築なんてやったことがなく、正直どこから手をつけていいかもわからなかった。建設現場で働いているのは下請けの人が多い。そこで食事をご馳走しながら、下請けの値段を聞きだす。それをもとにして交渉して相当安くしました。


高橋英樹(俳優)

人生に大切なのは、笑って生きること。眉間に皺を寄せて考え込むよりも、笑っていたほうが気持ちがいい。


原田隆史

自分自身を毎日振り返り日誌を書きましょう。日誌では自分を客観的に見直せます。達成できたことが増えれば自信につながり、翌日もっと挑戦しようという意欲につながります。


藤田晋

仕事をしようとして、相手の立場になって考えられるようになっていく まず、自分の仕事に興味を持つ、好きになることから始めましょう。仕事に対して喜びや誇りが持てれば、もっといい仕事をしようとして、相手の立場になって考えられるようになっていく。


加藤雅史(経営者)

強みは、やはり営業力。私自身、独立前まで大手企業やベンチャー企業で営業に携わっていて、社員には提案力や顧客の懐に飛び込めるコミュニケーション力を磨くように説いています。


渡邉美樹

経営戦略を身に着けるには経営学という学問があるわけですから、それは学ぶべきでしょう。マーケティングという学問があるわけだから、それも学ぶべきでしょう。しかし、それらは技術です。その技術をどう扱うかというところに最も重要なソフトがあって、そのソフトは人格なんじゃないかと思います。その人格をどう磨くかというのが、経営者にとって一番大事なことだと思います。


孫正義

最初にあったのは夢と、そして根拠のない自信だけ。そこからすべてがはじまった。


枡野俊明

どうすることもできない最大級の出来事が天災です。人間の力を超えた地球の叫び声ですから、何もできないのは当然。悔やみ続けても何も変わらないのも事実。時間をかけて、ありのままを受け入れていくしかない。


小田與之彦

「ストーリーづくり」が重要です。一旅館として、旅館内外に「来ていただく理由」「ストーリー」を作らなければなりません。社員一人ひとりが、能登にしかないものが何かを考えて、お客様に提供していくことが必要です。


ジェフリー・イメルト(ジェフ・イメルト)

競争力が保てなければ撤退します。GEで家電は100年以上中心事業でしたが、競争力を保つのが難しいので本体から切り離します。


坂戸健司

アイデアを紙に走り書きしたメモなどは、ある程度溜まったら中身をテーマごとに分類し、同じテーマのものを集めてA4サイズの紙に貼り付けましょう。最後にA4の紙をテーマごとに2穴バインダーなどに閉じます。過去のメモを繰り返し読むことで、これから進むべき道やとるべき方法を見出すケースが少なくないため、こればかりは捨てずに上手に保存しておくといいと思います。


中島敦

人生は何事も成さぬにはあまりにも長いが、何事かを成すにはあまりにも短い。


高城幸司

まずは部下が率直に話してもいいと思える状況を作るべきです。ただでさえ部下は上司と一緒で緊張しているかもしれません。アイスブレイクの時間を設けましょう。リラックスした雰囲気になったら本題に入ります。とはいえ、ダイレクトな問いかけは、やはりNGです。