名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

太田光の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

太田光のプロフィール

太田光、おおた ひかり。日本のお笑いタレント、作家。埼玉県出身。日本大学藝術学部在学中、同級生の田中裕二氏とともにお笑いコンビ「爆笑問題」を結成。政治や社会現象を風刺する芸風で人気を博し、数多くのテレビ番組で活躍。そのほか、ラジオパーソナリティ、テレビのコメンテーター、作家、作詞家などとしても活躍した。

太田光の名言 一覧

自分のカラーを決めてしまうと、そこから動けなくなるのが怖いよね。これは得意じゃないんだけどっていう仕事もやってみる価値はあると思う。


主観ですからね。お笑いってのは。他の人がどう思うかは、結局やってみるまでわかるわけがないんです。


自分はあんまり面白くないけど、これは女子高生にはウケるじゃないかって作ったネタは、やっぱり失敗することも多い。なにより自分が楽しくできないのはマイナスですよね。


オレは、仕事をするときにまず自分が楽しみたいって気持ちがあるかもしれない。最終的にはお笑いは、誰かを笑わせるっていうより、自分が笑えるかどうかしか基準がないわけ。


自分の嫌いな短所を許すことが、自分を好きになることだ。


人々の価値観を全部ひっくり返すようなものをつくりたい。そんな思いがいつもどこかにあるんです。


僕は何事も、面白いか面白くないかで決めるんです。だから、リスクの多い選択も散々してきて、その結果、誰が一番迷惑したかっていうと、うちのカミさんなんです(笑)。だから、絶対にお勧めできませんが。


ピカソは絵を描く技術がどんどん高まっていくんだけれど、あるところでその技術がかえって邪魔になって、「こんなもんじゃねえ」と一気に捨てた気がするんです。自分もそうした大転換をしないと駄目なんじゃないか。そうしないと、本当の自分の表現に到達できないんじゃないか。そう思ってはいるんですが。


僕はまだ「これまでの漫才をもう少し洗練させる」といった程度のものしかつくれていないんですが、本当は誰もやったことがないものを生み出したい。


僕がいつも意識しているのは、「誰もまだやっていないんじゃないか」というものを目指していこうということです。いまって、何をつくるにしても、誰かの影響を受けちゃっていると思うんです。そこからいかに解き放たれるかというのが、すごく大事な問題です。


僕は面白い時代に生まれたと思いますよ。面白がっちゃいけないけれど、混沌としているじゃないですか、すべてが。一歩間違えば破滅だけど、逆に何かのちょっとしたきっかけでいい方向に行く可能性もある。そうすれば、まったく新しい価値観を持った理想的な社会になるかもしれない。現代って、そんなどっちに転ぶかまったくわからない状況にあると思うんです。


司馬遼太郎の小説を読むと、明治維新のころって面白かっただろうな、と思うんです。ただ同時に、この時代に負けたくないっていう気持ちもあって。僕は、これまでのどの時代よりも面白い時代に生きたいし、未来の人から「太田の生きていた時代は面白かっただろうね」と言われたい。そんな過去や未来に対する対抗心があります。


何が一番人類の価値観を変えたかと考えると、書物でいえば聖書以上のベストセラーってないですもんね。完全に思い上がりなんですけど、何かを表現する以上は聖書より売れる本をつくりたい(笑)。そんなこと、とても無理なのはわかっているんだけど、目標はそこに置かないとつまらないんですよ。


「芸人が大真面目にこんなこと語ってどうするの?」という思いは常にあります。政治的な発言をストレートにするって、芸人としてはかなり格好悪いことですから。本当はそういったものをきちんと笑い話にしたい。でも、想像力が足りないから、それができていない。そんな自分が嫌なんです。ただ最近は、「あいつは芸人失格だ」などと言われるようになってきていて、そうなると逆に「もっと言ってやろう」という気持ちも出てくる(笑)。性格がひねくれているんです。


これまで自分が培ってきた技術とか仕事スタイルとか、そういったものをいったん捨てなきゃいけないのかもしれません。


オレはこれがダメってのがほとんどない。あんまりそう見えないかもしれないけど(笑)。相手の設定でダメになるようじゃ嫌だなと思うタイプ。作家が書いたコントかつまらないと思っても、これをどうにかして変えずに面白くするほうにプライドが働くんだよね。


太田光の経歴・略歴

太田光、おおた ひかり。日本のお笑いタレント、作家。埼玉県出身。日本大学藝術学部在学中、同級生の田中裕二氏とともにお笑いコンビ「爆笑問題」を結成。政治や社会現象を風刺する芸風で人気を博し、数多くのテレビ番組で活躍。そのほか、ラジオパーソナリティ、テレビのコメンテーター、作家、作詞家などとしても活躍した。

他の記事も読んでみる

古川実

潰れるなら、俺は日立造船と一緒に沈む。育ててもらった会社に恩返しをする。


岩倉信弥

無我夢中でやると、意外にも壁を乗り越えられてしまう。


米光一成

本を1冊読み終えたら、気になった事実や著者の意見などを書き出し、そのメモを次に読む関連本に貼っておくようにしています。これが、まとめ読みの効果をぐんと高めます。


坂本孝

ブックオフを立ち上げた当初は、周囲から「気でも違ったのか」という目で見られました。大々的に中古書販売をやろうとすれば出版業界から非難を浴びるのは目に見えていたし、考えられるリスクはいくらでもありました。しかも50歳で新たに起業するなんて、当時の常識ではとんでもないこと。今でこそ中高年で起業する人も増えましたが、その頃、取材に来た記者から、「墓場に片足を突っ込んだような歳で」と失礼な言われ方をされたこともあったほどです(笑)。でも私は、「やる!」と決めた。そして、いったん決めたら、怒涛のごとく突っ走ったのです。


高妻容一

超一流の選手は「どんな状況でもプラス思考で夢を追いかける」「この種目が好き・楽しい」といった自分で自分のやる気(内発的モチベーション)を高めることができ、壁を乗り越えて結果につなげる。


佐藤綾子(心理学者)

約30ある「表情筋」は、気持ちが活気に満ちているときにはよく動くのです。私の実験室でのデータによれば、二者間の対話中での表情筋は、平均的には1分間のうち28秒動いています。しかし、落ち目であったり、体が疲れていたり、前途になんの希望もないと、無表情――専門的には「ニュートラル」と呼びます――のままの時間はどんどん長くなり、1分間のうち40秒もまったく動かないこともあります。こんな人の名刺を有り難くいただいて長話をして、なんの役に立つでしょう。


山田和裕

実態に合わない人事評価を放置することは、企業の存立基盤を危うくするだけでなく、社員自身やその家族の人生にも大きな影響を与えます。主観に偏りすぎる評価から卒業しなければ、社員のモチベーション向上、そしてその先にある業績回復は期待できません。


柳川範之

仕事で忙しい中で勉強するのだから、社会人は三日坊主でいいんです。重要なのは、サボった後に再び三日坊主になれるかどうか。3日勉強、3日サボるということをくり返せば、1か月で15日間勉強したことになるのですから。


桜田厚(櫻田厚)

30回失敗した人と3000回失敗した人がいれば、私は後者を評価します。3000回の失敗の裏にはもっとたくさんの経験があり、それだけ成功もしているはずだからです。


斎藤司

実力的にはムリだろうなと思いつつ、「M-1グランプリで優勝する!」って毎日のように言葉に出してたんですよね。言葉の力って、ほんとありますよ。


窪田健一(経営者)

お客様も競合です。今は非常に変化が早い時代であり、お客様のニーズの変化も早い。その変化に対して、我々もどう変化していけるかというのが勝負だと思っています。そういう意味で、同業他社を競合として想定するのはあまり意味がない。変わって行くお客様に対して何ができるかという戦いのほうが大変ですから。


唐池恒二

手間を掛けていないものをお客様は見抜きます。そんなものにお金を払おうとは思いません。