名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

太宰治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

太宰治のプロフィール

太宰治、だざい・おさむ。日本の小説家。青森県出身。17歳で習作『最後の太閤』を発表。東京帝国大学文学部仏文学科に入学するも共産主義活動に没頭し留年し、授業料未納で除籍される。その後、小説家として活動。代表作に『富嶽百景』『走れメロス』『津軽』『お伽草紙』『斜陽』『人間失格』など。

太宰治の名言 一覧

幸福の便りというものは、待っているときには、決して来ることはない。


太宰治の経歴・略歴

太宰治、だざい・おさむ。日本の小説家。青森県出身。17歳で習作『最後の太閤』を発表。東京帝国大学文学部仏文学科に入学するも共産主義活動に没頭し留年し、授業料未納で除籍される。その後、小説家として活動。代表作に『富嶽百景』『走れメロス』『津軽』『お伽草紙』『斜陽』『人間失格』など。

他の記事も読んでみる

中山幸市

「窮すれば通ず」という言葉があるが、まさに、その通りである。ただ、窮したという切実感を持ち、その切実感がひとつの努力となって現れて来なければ、通ずることはできない。


岩瀬大輔

問題のありかを見極めるには、問題を分解し、掘り下げていく必要があります。いま起こっている問題の裏には、それを引き起こしている別の問題が潜んでいるはずです。それをひたすらたどっていけば、根本的な問題がどこにあるのかを必ず見出すことができます。


植木義晴

仕事は好きになった者勝ち。


加賀見俊夫

今まで、社員制度は有期採用と無期採用の2つでしたが、有期雇用の社員約800人全員を無期雇用へと切り替えました。コストは上がりますが、当然覚悟の上です。プロフェッショナルな人財の育成を強化するなど、事業を成長させる上で欠かすことのできない人財への投資を行ってまいります。


澤田貴司

社長就任後、これまで200店舗以上に足を運びました。食事会をして、連絡先を交換した加盟者さんからは、厳しいご意見をダイレクトにいただくこともあります。その全てが貴重な現場の「生の声」であり、本当にありがたい限りです。これからも自分の目で店舗を見て、直接加盟店の皆さんに日頃のご尽力への感謝を伝えたい。何年かけてでも必ず全店にお伺いするつもりです。


井村雅代

もちろん長所を伸ばすことは大切です。でも、短所や苦手なことに目をつぶるのは絶対に駄目です。短所を克服することを避けていると、それが引け目になって精神的な弱さにつながるんです。そして「いざ」というときに、その弱さが出て致命傷につながってしまいます。


上島昌佐郎

ブームによってコーヒー会社同士の競争が激しくなると想像する人がいるかもしれませんが、それは違います。1990年代後半から00年代にかけて大流行した「シアトル系コーヒー」ブームでは、それまで、あまりコーヒーを飲まなかった若い世代が、ミルクリッチのラテ系からコーヒーの世界に入り、日常的にコーヒーを楽しむようになったことで市場は勢いよく拡大しました。また、そのときコーヒーを飲みはじめた方々の一部は、現在、ミルクリッチは甘いといってブラックコーヒーを好んで飲むようになっています。このように、市場が拡大するとともに、新しい様々なコーヒー文化が誕生するきっかけになるので、我々にとってコーヒーブームは大歓迎です。


大嶋祥誉

まずは「自分に対する不満」や、「誰かにぶつけたい文句」など、思いつくまま、感情を言葉にして書きなぐるといい。負の感情を抱えたまま問題を解決しようとしても負の解答しか導けない。初めに心をリセットしましょう。


アルフレッド・アドラー

人生には三つの課題がある。ひとつ目は仕事の課題、二つ目は交友の課題、三つ目は愛の課題。後者のほうになるほど解決は難しくなる。


出口治明

将来何が役に立つかなんて、簡単にわかるものではありません。ですから、仕事でも私生活でも、普段からできるだけ異質で多様なことをして、インプットの種を増やしておいた方が将来的なメリットは明らかに大きい。そういう意味で、無駄な努力などないと思います。


川越達也

僕がチャンスをいただけるのは、いわば「代打、川越」と指名していただくようなもの。そのときに、ホームランは打たないけれどヒットは高い確率で打てる。仮にヒットにならなくても、強烈なピッチャーライナーを返せば「川越ってすごいんじゃないか」と匂わせることはできる。そうやって、なんらかの形で結果は残せるようにやってきたのです。


柴山政行

40人のクラスで上から8位の成績を目指せと言われたら、頑張れば何とか達成できると考える人は多いでしょう。では、2位以内を目標にと言われたら?ハードルは高そうです。上位2割が8割の利益を稼ぐ「8対2の法則」は有名ですが、私がプロフェッショナルとして認めるのはさらに厳選した人です。40人中8位以内といえば上位2割。2位以内はその8人の上位2割に匹敵します。つまり、40人中上位2人になるには、8対2の法則を二回くぐり抜けなければなりません。