太宰俊吾の名言

太宰俊吾のプロフィール

太宰俊吾、だざい・しゅんご。日本の経営者。日立建機会長。兵庫県出身。大阪大学工学部卒業後、日立製作所を経て日立建機に入社。日立建機土浦工場第一製造部長、取締役、常務、専務、産業システム事業本部長、専務執行役員、インドネシア法人社長などを経て本社社長に就任。主に産業機械の製造畑を歩んだ。

太宰俊吾の名言 一覧

ビジネスはやはり持ちつ持たれつです。現地の声を聞き入れ、お互いの利益につながる事業を展開することが我々の役目であり、それが成功のカギでしょう。


海外進出するときは、決して搾取をしてはいけません。


いちいち目くじらを立てていたら、良い結果は得られません。まずは文化の違いを受け入れることが大事なのです。


同じ東洋人といえども、ここでは日本人の常識は通じないことを悟りました。
【覚書き|インドネシア法人社長を務めていたときを振り返っての発言】


海外に行くなら欧米よりも、同じ東洋人として親しみの持てるアジアがいいと思っていました。当時はインドネシアを進んで希望する社員がいなかったので、私でいいということになったんです。
【覚書き|52歳でインドネシア法人の社長として現地へ赴いた当時を振り返っての発言】


太宰俊吾の経歴・略歴

太宰俊吾、だざい・しゅんご。日本の経営者。日立建機会長。兵庫県出身。大阪大学工学部卒業後、日立製作所を経て日立建機に入社。日立建機土浦工場第一製造部長、取締役、常務、専務、産業システム事業本部長、専務執行役員、インドネシア法人社長などを経て本社社長に就任。主に産業機械の製造畑を歩んだ。

他の記事も読んでみる

安藤文男

これからは「すり合わせエンジニア」とでもいうべき人材が必要とされてくるだろうと考えています。多種多様な技術やビジネスモデルを生み出す上では、一人のスーパーマンが全てを賄うのは不可能です。すなわち、それぞれの分野で専門家になることを目指しつつも、チームを組んで新しい価値を創造できるような、すり合わせのできる人材が必要になってくる。


小松易

仕事ができる人は、探す時間の無駄をよく認識していて、日ごろから整理整頓を心がけ、必要なものや情報にいかに早くアクセスできるかに気を配っている。


堀之内九一郎

あなたには、困ったときにきっと助けてくれる人はいますか?人生で成功する人は、能力のある人ではなく、人に「こいつ、助けてやりたいな」と思わせる人のような気がします。「こいつ、助けてやりたいな」と思わせる人は、どんな人でしょう。それは相手の状況によって、自分の態度を変えない人です


久瑠あさ美

私のクライアントの営業マンSさんは、新エリアに異動し、以前よりも成績に苦戦していました。私は彼との対話で「異動はマイナスではなく、ステップアップするためのチャンス」と意識に働きかけました。その結果、すぐに彼の接客のパフォーマンスは変わりました。それまでは目標の数字に縛られ、心をすり減らしながらの接客。そのため無意識のうちに、売れない営業マンを演じてしまっていたんです。しかし、ステップアップして売れている営業マンという未来のビジョンを持った。今度は自信のある営業マンを演じるようになったんです。


菊間ひろみ

英字新聞でもウェブサイトでも、英語ができればインターネットを通じて、世界中の情報が手に入る時代です。あなたが興味を持って毎日読めるジャンルを見つけ出し、ひたすら読みましょう。このとき、「音読」もセットで行なうとより効果的です。


村上太一

やはり言葉の力ってバカにならないんですよ。広がりやすいキーワードを持つか持たないかは重要。


伊東龍也

創業当時から行っていることですが、とにかく「お売りください」の精神を持ち、どれだけお客様にアピールできるかに尽きます。店頭では、とにかくお客様と会話をして、たとえばその方がクラブを買い換えるとなれば、同時にクラブが1本余るので、そこは買い取れるチャンスです。そこに対するアプローチは店頭が一番のチャンスになるので積極的に取り組んでいます。


安部修仁

ドラスティック(徹底的)な革新運動はそれまでの常識を持ち出して、はなから無理だとしてしまったからできないんですね。そこで、現状肯定と過去習慣の延長は全部ご破算にして、おおっぴらに自己否定をするところから始めました。こうでなければ我々は成立できないという目標と枠組みを作って全員を追い込みました。


星野真里

いまはテレビも映画も、「まず自分が楽しまなくちゃ!」という気持ちで臨んでいます。バラエティ番組への出演で、その思いはますます強くなりました。テレビに限ったことではないけど、誰かが心底楽しそうにしていると、見ている自分まで楽しい気持ちになれますよね。


ジム・バグノーラ

人として当たり前の習慣を維持することが仕事の質を高めることにつながる。


ダニエル・ピンク

周囲に流されないためには、どんな小さいことでもいいから、何かを始めることが重要です。


樋野興夫

がんを含めたすべての病気は不条理なものです。つまり、人間には病気をコントロールできないのです。もしタバコを含めた生活習慣で「やめたほうがいい」と感じるものがあれば、今からやめればいい。ですが、病気になってから「あれが原因ではないか」と想像して、後悔するのは無駄なことです。


武田國男

普通の人は、「やるぞ、やるぞ」と言いながら、自分では何もしない。怖いんですな。失敗したら自分の責任が問われますから。実行は誰でもできるんです。問題は、それで結果が出るかどうかです。結果が出なかったら、自分の首が飛びます。ですから怖いんですよ。


森田昇(経営者)

小さくても感謝、幸福、幸運を感じることが個人の意識を前向きな思考に変える。


中島武

飲食だけでなく、僕には何のスキルもなかったんです。ただ基本的に人が好きですから、人が集まるところ、たとえば飲食店ですとか、ホテル、旅館などがもともと好きだったことはあります。また、僕は営業が嫌いだったので、営業しなくてもお客様が来てくれるだろうと考えたんです。あとは、日々食べていくくらいは稼げるだろう。という安易な考えで最初は始めました。


ページの先頭へ