名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

天野雅晴の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

天野雅晴のプロフィール

天野雅晴、あまの・まさはる。日本の経営者。「トゥルース」社長。千葉県出身。美容室店長などを経て「トゥルース」を設立。

天野雅晴の名言 一覧

社員全員で他社の事例を学ぶ中で経営者の視点が芽生え、弊社の経営理念やビジョンに関心を持ってくれる社員が増え、価値観を共有できるようになりました。討論から店舗内のコミュニケーションも円滑になり、離職率も低下、前向きな発言をする社員も多くなりました。


月1回、全社員が参加する勉強会では『理念と経営』という雑誌を使い、誌面に登場した企業について、設問に従い自分の意見を書き込んだ設問表をもとに、店舗ごとに討論してもらいました。反発もありましたが、継続することで定着し、社員の意識も変わって行きました。


以前は離職率が高く、不平不満を言う社員も多く、前向きな会社とは言えませんでした。当時、会社を良くしようと、経営者向けの養成コースを受講した私は、美容業だけの考え方、価値観にとらわれてはいけないこと、他社の成功事例を学ぶ重要性に気づき、全社員に月1回、他社の成功事例を学ぶ勉強会をすると決めました。それから業績は右肩上がり。本社ビルも建てることができました。


天野雅晴の経歴・略歴

天野雅晴、あまの・まさはる。日本の経営者。「トゥルース」社長。千葉県出身。美容室店長などを経て「トゥルース」を設立。

他の記事も読んでみる

テリー伊藤

まずは自分の取り柄を自覚することから始めて欲しい。なにが向いていて、どういう強みがあるのか。たぶんそれは仕事の延長線上に転がってると思うよ。その上で、世の中とチューニングする。


サミュエル・スマイルズ

多くのことをする手っ取り早い方法は一度にひとつずつ片付けることだ 。


大橋未歩

私自身、「アナウンサーに合格するなんて宝くじに当たるようなもの」と言われました。確かに、キー局に限ればそうかもしれませんが、アナウンサーという職種にこだわりたかったので、そのためなら私は全国どこでもいいと思って探しました。間口が狭いというのは実は思い込みで、自分のやりたいことを優先して挑戦するほうがいいと私は思います。


ウィル・スミス

人生を通じて、人に対して頭にきたり、人から失礼な態度をとられたり、ひどい扱いを受けることもあるだろう。しかしそれらは神様に処理してもらうことにしよう。なぜなら心に抱く憎しみは、自分をも消耗させてしまうから。


上岡敏之

自分のドアさえ開ければ、そこにあるもの、それが音楽です。音楽によって自分を高められるし、共感することもできる。だから私たちも皆さんが入ってきやすいように、いつでもドアを開けています。


豊田昌洋

「黒字はリスクだ。将来性があるかないかと考えなさい」と話しています。その観点でグループ内の全社を見直しています。常に事業の形を変えて、一歩前へというのが私の信条です。


中村竜太郎(ジャーナリスト)

取材したい相手の人生年表を事前につくりました。いったいどんな人生を歩んできたのか、生まれはどこで、どんなスポーツを経験し、会社ではどんな経歴でいまの地位にたどり着いたのか。貧乏で苦労したのか、コンプレックスは何かなど、その人となりを徹底して調べたのです。苦労して出世した人なら、その話を振ると、よく知っているなと驚きながらも話が進む。会話の糸口をつかめるようになる。


佐藤俊介(経営者)

先行者のメリットは大きい。フェイスブックにページを出したのは2010年初頭で当時、企業のSNSはあまりありませんでした。インターネットの世界では「Winner Takes All(勝者がすべてをとる)」で少数の勝者しか存在しません。先に出ていかないと、挽回はできません。競合が少なかったため、ファンも増えやすく、メディアにも取り上げられやすかったのです。結果的に知名度が高まり、現在15店舗ですが、今年は日本に100店近く出店できる見通しです。


稲盛和夫

ゼロからスタートし、ハンデを背負っているのだから、条件のそろった人より何倍も努力しなければならない。


田原総一朗

オンラインの情報が増えたからこそ、オフラインの重要性も増しています。今年、オバマ大統領が広島に来て、原爆被爆者の背中をさすりましたね。いくら技術が発達しても、オンラインでは背中に触れない。そこは忘れてはいけない。


平林実

「均一居酒屋は価格を下げてその分量を減らしている」という先入観を絶対否定しろと社内では話しています。鳥貴族さんと同じ量を2本出すように変えて半年になりますが、今度は3本にすることに決めました。焼きそばだって量に驚いてくれるはずです。価格訴求と見た目の明確な違いがお客様にとって大切です。


福嶋康博

現状に満足できなければ、新たな事業企画を立ち上げるべきです。例えば、ある事業領域で日本一になっても、将来的にニーズが大きく成長しないようであれば、その事業を無理して拡大しようとする必要はありません。