名言DB

9,520 人 / 112,352 名言

天野豊美の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

天野豊美のプロフィール

天野豊美、あまの・とよみ。日本の経営者。「PCIホールディングス」社長。東京出身。青山学院大学経済学部卒業後、日本NCRに入社。日本NCR常務、しんきん情報システムセンター理事、Y&U社長などを経てM&S(のちのPCIホールディングス)を設立。

天野豊美の名言 一覧

良い人材が集まれば、良い商品ができる。


システム開発は往々にして遅れます。なぜなら、担当者が隠すからです。しかし、当社の場合はフォローし合う。お客様の元に出向いて開発が遅れそうなら担当者を増やすと。ですから、当社には赤字プロジェクトがほとんどありません。これが当社の最大の強みと言えるかもしれませんね。


当社はたとえ成績があまり優秀でない人材であっても、上の成績優秀な人材が下を引っ張る形になっているんです。そうすると、お客様からは非常に安心してもらえます。


IT業界では離職率が10%近い会社が多いのですが、当社はお陰様で4%。これは当社のプロジェクト管理体制がしっかりしているからです。要するに、徒弟制度。技術の伝承はもちろん、プライベートでも面倒を見ます。例えば、独身社員が病気で出社できなくなると、必ず他の社員が自宅まで行って見てきますからね。


当社は教育には非常に力を入れています。社内に教育専門の部署である「人財戦略事業部」を作り、個人に合わせた教育をし、キャリアパスを描けるようにしています。


当社のようなIT企業の資産は「人」しかありません。工場や物流センター、売り場があるわけでもないですからね。ですから、「人」をいかにきちんと育てていくかが勝負。


IT業界はどうしても残業が多くなる時があります。3か月で120時間の残業までに抑えるようにしていますが、どうしてもきついなと思うときは、上司がクライアント先に出向いて、担当者の変更をお願いし、社員を守ることもしています。お金は大事ですが、それより大切なのは、夢と希望と安心。この会社にいればいつまでも安心で幸福だと思える会社にしたい。


私たちの一番の強みは技術力と、これを支える人材。IT業界平均の離職率は10%前後といわれる中で、当社が4%程度と低いのは、純日本的ないい文化を持っているからです。例えば、誰かが病気になると、週末に上司が心配して見舞いに行くし、新入社員でちょっと弱い者がいたら、チームで支えてしっかり育てることをする。お節介と思われるかもしれませんが、個の力より団体の力を大事にしています。


天野豊美の経歴・略歴

天野豊美、あまの・とよみ。日本の経営者。「PCIホールディングス」社長。東京出身。青山学院大学経済学部卒業後、日本NCRに入社。日本NCR常務、しんきん情報システムセンター理事、Y&U社長などを経てM&S(のちのPCIホールディングス)を設立。

他の記事も読んでみる

似鳥昭雄

毎年、全商品の半分を変え、この世にないものをつくっていく。


呉文精

競争環境は激しく変化しており、成り行きで勝算があるとは言えません。しかし、負ける理由は何もないと思っています。半導体も成熟してくると、あるカテゴリーで圧倒的トップをとらないと生き残れません。私たちはマイコンと呼ばれる半導体を中心に世界トップの技術とシェアを持っています。各戦略セグメントでの「ワールドカップ優勝」を目指したいと思っています。


森澤篤

一見ちょっとしたことでも、結果としてビジネスを大きく変えるようなアイデアを思いつく力、それこそがビジネスで本当に意味のある創造力であり、ビジネスパーソンに必要な創造性だ。


一倉定

経営とは「外部」に対応するものであって、断じて企業の「内部」に対応するものではない。


西内啓

即断即決は危うい。目先の機会に飛びつくのは直感の要素が強く、データをじっくり検討する方が実は合理的。


マハトマ・ガンジー

弱い人間は決して許すことができない。許すということは、強い人間であることの象徴なのです。


中村四郎

企業経営の心は現場で支える従業員の苦労を知ること。


藤田恭嗣

当社は電子書店と出版社の間を取り持つ電子書籍の取次です。ニーズが高まってきた2006年頃に事業を開始しましたが、市場拡大とともに出版社の煩雑業務の担い手として定着することができました。その後、取次の利用が主流となって流通シェアは年々上昇しており、今ではほぼ全ての電子書店と契約させていただいています。出版社自ら電子書店を開拓し、個別に契約を管理するのは大変です。出版社にはデジタル化や印税分配などの面倒な作業から開放され、作家と良いコンテンツを作ることに専念していただく。一方、電子書店はシステム開発と運用に人員を充てる必要が無くなり、ユーザーの利便性などサービスの質向上に集中できます。どちらか一方の立場に寄るのではなく、中立の立場として両者を繋ぐことが弊社の役割です。


蒲島郁夫

すべてリスクは取る覚悟で決断しています。


石橋貴明

僕らは運も良かったんですよ。芸能界は椅子取りゲーム。初めてゲームに加わったら、すぐに音楽が止まって、目の前の空いた椅子があったから座れたようなもの。どうして、その幸運に恵まれたのか自分たちにもわからないんですよ。とはいえ、そこからが大変でしたね。


伊藤正裕(起業家)

チャンスとばかりに、あれこれ話したくなる気持ちはわかります。しかし、まずは相手の都合を優先して話すべきです。


坂東眞理子

コミュニケーションが希薄な現代の職場環境では、悩みを相談する上司や先輩が見つからないという人も少なくありません。そんな時、長い歴史の中で語り継がれてきた名言が、心の処方箋となる。