名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

天野暢子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

天野暢子のプロフィール

天野暢子、あまの・のぶこ。日本のプレゼン・コンシェルジュ、ビジネストレーナー(プレゼン)。広島県出身。広島修道大学卒業。広告代理店、物流業界紙記者、スキー場コンサルティング会社、ゲームメーカー広報、ホテルチェーン本部企画・広報、IT系ベンチャー企業広報、国際PR会社編集などを経て独立。

天野暢子の名言 一覧

プレゼンテーションという言葉の語源はプレゼント、つまり贈り物と共通です。それを成功させるには、相手への「思い」が欠かせません。


プレゼンの成功とは単に話の内容を理解してもらうことではなく、それによって相手に行動してもらうこと。


テレビのニュースや情報番組では、「まずはこちらをご覧ください」と映像や画像を流すことが多いですよね。視覚に訴えて、視聴者を引き付けているわけです。プレゼンにおいても「つかみ」を演出するのにビジュアルはとても有効。基本のテクニックです。


同じ製品をプレゼンするにしても、機能やスペックをアピールするのか、開発のストーリーを丁寧に語るのか。相手に合わせて変えていくべき。通り一遍の説明をしても、製品の魅力は伝わりません。相手の立場になった気配りや思いやり。プレゼンでは、これが大切。


私がアドバイスしているのは、プレゼン資料には「表紙を含めて、必ずビジュアルを入れるように」ということです。写真をはじめとするビジュアルなら、物事を正確に、簡単に、そして迅速に伝えられる。文章だと読む人によって解釈が異なる場合もありますが、ビジュアルであればそうしたことも防げます。また、表紙に訴求力のある写真などが入っていれば、聞く側も次のページをめくりたくなるでしょう。


テレビは老若男女を対象としたメディアです。対象が幅広い分、わかりやすく伝えるノウハウが豊富。フリップはその好例です。最初にテレビの仕事をした時は驚きました。プレゼンのプロの私が知らない伝え方がたくさんあったのです。フリップを作る人のことをテレビ業界では「えとき(絵解き)さん」と呼びますが、この言葉が象徴する通り、文字や言葉でダラダラ伝えるのではなく、絵や図で「短く」「わかりやすく」「興味深く」伝えることに、テレビ業界では心血を注いでいるのです。


天野暢子の経歴・略歴

天野暢子、あまの・のぶこ。日本のプレゼン・コンシェルジュ、ビジネストレーナー(プレゼン)。広島県出身。広島修道大学卒業。広告代理店、物流業界紙記者、スキー場コンサルティング会社、ゲームメーカー広報、ホテルチェーン本部企画・広報、IT系ベンチャー企業広報、国際PR会社編集などを経て独立。

他の記事も読んでみる

アルバート・アインシュタイン

人々が努力して手に入れようとする陳腐なもの―――所有、物質的な成功、贅沢―――は、私には少年時代から卑しむべきものに思われてきました。


藤沢武夫

私は商売人だから、これからいっしょにやるけれども、別れるときに損はしないよ。ただし、その損というのは、金ということではない。何が得られるかわからないけれども、何か得るものを持ってお別れするよ。だから、得るものを与えて欲しいとも思うし、また得るものを自分でつくりたいと思う。
【覚書き|本田宗一郎と一緒に仕事をすることを決めたときの発言】


前田東一

計画の実現には、何よりも経営者の強い意志が不可欠です。私も「やり抜く」という強い意志を持って、当社グループの成長を牽引していきます。


松岡修造

話してみると第一印象とかなり違うということはよくあります。初対面での印象や、ちょっとした不愉快な出来事ですべてを決めつけてしまうのは、かなり危険なことでしょう。


古田貴之

どんな製品もユーザーと供給側との間でやり取りして、製品を練っていかないと、その文化は発展していかない。パソコンやスマホでそれが起こっていって、使い勝手がどんどん良くなった。


上西京一郎

クレームのお手紙やお電話をいただいたら、しっかり受け止めて現場にすぐ下ろし、直すところを直すのは当然です。見落としがちなのはサイレントの部分です。声になって出てこないゲスト(お客様)のネガティブな心理、黙って去るゲストの泣き声です。


星野佳路

私が最も重視しているのは、一人一人のスタッフに「自分の意見が会社の意思決定に影響を与えている」「経営に参画している」と感じてもらうことだ。会議での決定事項に共感を引き出せたら、決定事項についての実行力も格段に高くなる。


施崇棠(ジョニー・シー)

当社はハードウエアから始まった企業だ。最初はパソコンのマザーボードだった。創業時の四人の仲間たちは全員がエンジニアで、機械いじりが大好きだ。この点は大きな強みになってきたと思う。


澤田貴司

やってみなきゃわからないことってあるじゃないですか。やってみてお客さんが答えをくれるんです。事業計画は綿密に立てますが、実際はその都度その都度考えながらやるわけです。初めからわかっているならみんな成功します。


青木紘二

私は若いカメラマンには「現場で喧嘩するな」と教えています。喧嘩をすると神経が高ぶって、いい写真が撮れないからです。


アンダース・エリクソン

私が一番感心した管理職教育プログラムはゼネラル・エレクトリック(GE)のものだ。GEではマネジャー候補を一年ぐらいの期間でどんどん違うセクションに異動させる。優れた状況把握能力や決断能力は同じ部署で働き続けるだけではなかなか身につけられない。異なる環境に次々と移り、そのたびに周囲からのフィードバックを得ることによって、その能力が磨き上げられていくのだ。GEのマネジャー教育を受けた人々は転職先でも経営者層に就くことが多いことからも有用性がうかがえる。


中川晋介(経営者)

祭り用品は非常に特殊で、商品知識がないと手に取りにくいものが多いです。「お客は知識があって当たり前」というスタンスを持っている専門店もありますが、自分自身が当社に入るまでは祭りに詳しくなかったため、帯の締め方、和楽器の鳴らし方の一つ一つを丁寧にお教えしたいと思っています。初心者をはじめ、ファミリー層や近隣にお店がない地方在住者など幅広い方に利用していただいています。