名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

天野暢子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

天野暢子のプロフィール

天野暢子、あまの・のぶこ。日本のプレゼン・コンシェルジュ、ビジネストレーナー(プレゼン)。広島県出身。広島修道大学卒業。広告代理店、物流業界紙記者、スキー場コンサルティング会社、ゲームメーカー広報、ホテルチェーン本部企画・広報、IT系ベンチャー企業広報、国際PR会社編集などを経て独立。

天野暢子の名言 一覧

プレゼンテーションという言葉の語源はプレゼント、つまり贈り物と共通です。それを成功させるには、相手への「思い」が欠かせません。


プレゼンの成功とは単に話の内容を理解してもらうことではなく、それによって相手に行動してもらうこと。


テレビのニュースや情報番組では、「まずはこちらをご覧ください」と映像や画像を流すことが多いですよね。視覚に訴えて、視聴者を引き付けているわけです。プレゼンにおいても「つかみ」を演出するのにビジュアルはとても有効。基本のテクニックです。


同じ製品をプレゼンするにしても、機能やスペックをアピールするのか、開発のストーリーを丁寧に語るのか。相手に合わせて変えていくべき。通り一遍の説明をしても、製品の魅力は伝わりません。相手の立場になった気配りや思いやり。プレゼンでは、これが大切。


私がアドバイスしているのは、プレゼン資料には「表紙を含めて、必ずビジュアルを入れるように」ということです。写真をはじめとするビジュアルなら、物事を正確に、簡単に、そして迅速に伝えられる。文章だと読む人によって解釈が異なる場合もありますが、ビジュアルであればそうしたことも防げます。また、表紙に訴求力のある写真などが入っていれば、聞く側も次のページをめくりたくなるでしょう。


テレビは老若男女を対象としたメディアです。対象が幅広い分、わかりやすく伝えるノウハウが豊富。フリップはその好例です。最初にテレビの仕事をした時は驚きました。プレゼンのプロの私が知らない伝え方がたくさんあったのです。フリップを作る人のことをテレビ業界では「えとき(絵解き)さん」と呼びますが、この言葉が象徴する通り、文字や言葉でダラダラ伝えるのではなく、絵や図で「短く」「わかりやすく」「興味深く」伝えることに、テレビ業界では心血を注いでいるのです。


天野暢子の経歴・略歴

天野暢子、あまの・のぶこ。日本のプレゼン・コンシェルジュ、ビジネストレーナー(プレゼン)。広島県出身。広島修道大学卒業。広告代理店、物流業界紙記者、スキー場コンサルティング会社、ゲームメーカー広報、ホテルチェーン本部企画・広報、IT系ベンチャー企業広報、国際PR会社編集などを経て独立。

他の記事も読んでみる

池田弘(経営者)

成功の反対は失敗と思うかもしれませんが、本当は何もやらないことです。始めなければ成功も失敗も生まれません。


小宮山宏

規制改革に対する私の一つの視点は、日本の将来のためにいまどんなことがされるべきであり、それに対してどういう規制があってそれをやりにくくしているか、ということです。そういう方向からの議論が必要ではないかと思っています。


ラビンドラナート・タゴール

死は生を最後に完成させるもの。


津賀一宏

我々の会社は家電メーカーであるという意識が過去から強いが、実態は必ずしもそうではありません。家電比率は3分の1。北米では10%を切っています。まず、社内外に対して何がパナソニックなのかということを正しく伝えます。


柳井正

リーダーシップとハングリーさが欠けている事は経営者やリーダーとして致命的です。与えられるのを待っているような人は駄目です。


細谷英二

企業経営は、未知の要因に対して何らかの判断や行動をするものです。決まったことに決まった反応を返すフィードバック能力が問われているわけではありません。この点を改めて認識するべきでしょう。


前澤友作

他社はネット販売を始めたいと考えているアパレルメーカーに声を掛けていました。つまり、商品を供給してくれる見込みがあるブランドに交渉していました。しかし、スタートトゥデイの場合は、絶対に相手にしてくれないだろうけど、お客様の需要があるブランドや自分たちの好きなブランドに話をしに行きました。それがスタートトゥデイの特長であり、差別化に繋がったのかもしれません。


堀部篤史

実学志向で本屋に行くと、探していたものしか買わないから。それなら今はネットを検索すれば事足りてしまうわけで。知らないものを買ってみようと思うのは、今の自分以上のものになりたいということ。


江上治

私は多くの富裕層の資産設計を担当していますが、多くの富裕層は短期的な相場変動には動じず、長期の姿勢です。


尾山基

私はアシックス入社後、百貨店事業や、「ペダラ(ウォーキングシューズシリーズ)」の立ち上げを経験しています。そのときに伊勢丹研究所に入れてもらったんです。すると、彼らはものすごくしっかりやっている。「ハーヴェイ・ニコルズ(英国ロンドンの老舗百貨店)」には必ず定点観測に行くとか、今年は何色を差し色にするとか。店頭を明るくするために明るい色を入れるとか。びっくりしました。これを参考にして、当社のデザインセンターでは、東京都パリのファッショントレンドを全部、デザイナーに流しています。


野口美佳

ピーチ・ジョンとしては、掃除や洗濯、炊事などの日常生活をちゃんとしている人を採用したい。私たちが扱っているものはアートじゃなく、現実に使う商品です。まっとうな生活をしていないと、消費者が何を求めているかわからなくなってしまいます。これは、家電メーカーでも金融業でも、多くの会社に共通することじゃないでしょうか。


塚本能交

自分にいまできることを見極めて専念する。そうではないことまで経営者が手を伸ばそうとすると、周りまで疲弊させてしまいます。自分たちの強みを活かす経営を目指していきたい。