名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

天野平八郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

天野平八郎のプロフィール

天野平八郎、あまの・へいはちろう。日本の経営者。「仙台トヨペット」「山形トヨペット」「トヨタレンタリース仙台」社長。千葉大学卒業後、トヨタ自動車に入社。第五車両部長を経て、仙台トヨペット、山形トヨペット、トヨタレンタリース仙台などの社長を務めた。そのほか、社団法人宮城県自動車会議所会長、JAF(日本自動車連盟)東北本部長、日本自動車販売協会連合会常任理事、東北大学総長顧問などを務めた。

天野平八郎の名言 一覧

仕事は得たり失ったりするもの。仕事にやりがいは求めても、生きがいを求めてはならない。


上司は、自分のほうが部下より優れていると思うのは間違いで、部下の能力は無限だと思わなくてはいけない。


最近は、若いうちから、将来伸びそうな人材、そうでない人材を峻別する会社が多いですね。後者に分類されて閑職とレッテルを貼られた部署に回されれば、意欲が湧くはずがない。


サラリーマンには4つの楽しみがあります。「良い同僚を持つこと」「良い同僚になること」「良い上司になること」、そして、「良い上司の下につくこと」。最後のひとつは自分の努力ではどうにもできない。でも、一生懸命やっていれば、運も引き寄せることができるものだと思います。


会社がキャリアパス制度を整備して将来像をはっきりさせることも大切ですが、各人が仕事に惚れ、その道のプロを目指すことも大事でしょうね。この仕事を自分のキャリアにするんだ、と。ただし、心はつねにアマチュアの清々しさを失わないでほしいですが。


トヨタの歴史は人づくりの歴史。中核的な部署にいる社員にかぎらず、自分たちが給料をいただいているお客様に喜んでもらいたいという気持ちが強く、一生懸命にやっています。人事考課は減点主義ではなく加点主義で、敗者復活があり、最後まで競争させる伝統がある。


職業人としてどう生きるかということでは、40代はこれまでの経験を体系的に整理する年代。そのうえで、いよいよ責任あるポジションを任される50代から60代までは、男が成年の色気と体力を持って行動することができる充実の年代と言えましょうか。


トヨタ生産方式を確立した大野耐一さんは「上司は部下を困らせるのが仕事だ」とおっしゃった。1966年に発売した「カローラ」がどんどん売れていた頃、当時は別会社だったトヨタ自動車販売からトヨタ自動車工業に注文が来た。月に5000台しか作る能力がないところに7000台の注文です。「できない」と断わろうとすると、大野さんは「全部受けろ」と言う。「では、定時では5000台しかできないから残業させてほしい」と頼むと「残業はダメだ」。5時になると大野さんが工場に来てラインを止めさせるわけです。とうとう工場の責任者が当時の豊田英二社長のところへ行って「大野さんに残業を認めてくれるように言ってください」と直訴した。豊田英二という方が偉いのは、そこで「大野君がダメだというものはしょうがないだろう」と大野さんの判断を尊重したことです。仕方がないので、工場では懸命にみんなで知恵を出し合って、とうとう残業なしで7000台作れるようになりました。そこで大野さんのところへ報告に行くと、褒めてくれるかと思ったら「そうか、今日から残業して8000台作れ」と(笑)。つまり、人間は難しい課題を与えられないと本来持っている能力に気がつかない。


組織のコミュニケーションで私が気がかりなのは、部下に嫌われたくない上司、上司におもねる部下が存在することです。


天野平八郎の経歴・略歴

天野平八郎、あまの・へいはちろう。日本の経営者。「仙台トヨペット」「山形トヨペット」「トヨタレンタリース仙台」社長。千葉大学卒業後、トヨタ自動車に入社。第五車両部長を経て、仙台トヨペット、山形トヨペット、トヨタレンタリース仙台などの社長を務めた。そのほか、社団法人宮城県自動車会議所会長、JAF(日本自動車連盟)東北本部長、日本自動車販売協会連合会常任理事、東北大学総長顧問などを務めた。

他の記事も読んでみる

石本雅敏

ひとつのブランドに依存するとリスクは高いが、ある程度ライセンスブランドを取り入れ、定期的に入れ替えることで、今まで自社でカバーできなかった顧客に商品を売る機会ができる。組織が活性化するという意味を込めて、ライセンス契約は悪いことばかりではない。


猪瀬直樹

人には得意な仕事とそうでない仕事があります。それを考慮しなかったら、積極的に取り組んでくれるわけがない。相手の適性を見極めたうえで、それに合った仕事を振れば、たとえ深い人間関係が築けていなくても進んで協力してくれるはず。


伊藤正裕(起業家)

粗利益(売上高-売上原価)ではなく、営業利益(粗利益-販売費及び一般管理費)を追わなければいけません。現場の営業職にはわからない販売管理費があり、粗利益から儲かっているように見えても、営業利益で赤字になっている場合が多いのです。私も以前、粗利益で見て失敗した経験があります。


太田和伸

税理士の勉強と経験は、経営にとってとても汎用性が高いので、どんな事業をするにもあったほうが良いスキルです。やりたいことがあったら、ぜひとも税理士にチャレンジしてほしいですね。


マーク・ベニオフ

顧客の声に耳を傾け、素早く対応し、ビジネスを透明化する。顧客と深くつながるIoT時代だからこそ、企業の最大の課題は、顧客との対話を通じて信頼を得ること。


山本寛斎

日本人は昔から無個性かというと、そんなことはなくて、信長、秀吉の時代は色使いもすごく奔放でした。それが徳川時代になって士農工商の身分制度が定着するにつれて、没個性になっていった。しかし、婆娑羅という言葉もあるように、日本人はもっと自由奔放に近かったと思います。私はそのDNAを色濃く受け継いでいるのです。


土岐大介

営業は初回からゴールを見据えて臨む姿勢が不可欠です。ゴールとは相手に意思決定をさせること。この一点に向けてすべての言動をセットしましょう。初回に関して言えば、相手が決めるのは「次も会いたいか、会いたくないか」です。


中野淳一

日本語で適当な言葉が見つからなかったので「エンスージアスト(熱意ある者)」と私は呼んでいます。そういう人たちが得ている現場の実感は、次第に社内に伝播していき、社員の一割くらいに広がると瞬く間に多数派になるようです。組織というものは、新しいことに拒否反応を示します。だからこそ私は、現場にいる社員の応援団を務めてきたのです。


谷本有香

本当に「成功している人」というのは、ただ単に仕事ができる人でもなければ、巨万の富を築いた人でもありません。人格者であり、なおかつ冷静にビジネスを展開できる、両輪のバランスの取れた人のことです。


塚本隆史

情報共有がキチッとできていれば、どんな組織でも間違いなく、力を2倍も3倍も発揮できるのです。


鈴木修

これまで本当に、「こんちきしょう」の連続だった。軽自動車を作ってきた中小企業のスズキにとっては、生命を絶たれる危機が絶えなかったから。文学的には「逆境の歴史」というのだろうけど、ようするに「軽ハラ」。セクハラ、パワハラ、マタハラと同じだよ。


安倍昭恵

たとえ忠告をしても、相手が受け入れる気持ちがないときは、結局、なにを伝えても無駄なんですよね。人って聞きたいことしか聞かないので、カチンとされておしまい。私自身もそういうところがあるから、よくわかるんです。