天野平八郎の名言

天野平八郎のプロフィール

天野平八郎、あまの・へいはちろう。日本の経営者。「仙台トヨペット」「山形トヨペット」「トヨタレンタリース仙台」社長。千葉大学卒業後、トヨタ自動車に入社。第五車両部長を経て、仙台トヨペット、山形トヨペット、トヨタレンタリース仙台などの社長を務めた。そのほか、社団法人宮城県自動車会議所会長、JAF(日本自動車連盟)東北本部長、日本自動車販売協会連合会常任理事、東北大学総長顧問などを務めた。

天野平八郎の名言 一覧

仕事は得たり失ったりするもの。仕事にやりがいは求めても、生きがいを求めてはならない。


上司は、自分のほうが部下より優れていると思うのは間違いで、部下の能力は無限だと思わなくてはいけない。


最近は、若いうちから、将来伸びそうな人材、そうでない人材を峻別する会社が多いですね。後者に分類されて閑職とレッテルを貼られた部署に回されれば、意欲が湧くはずがない。


サラリーマンには4つの楽しみがあります。「良い同僚を持つこと」「良い同僚になること」「良い上司になること」、そして、「良い上司の下につくこと」。最後のひとつは自分の努力ではどうにもできない。でも、一生懸命やっていれば、運も引き寄せることができるものだと思います。


会社がキャリアパス制度を整備して将来像をはっきりさせることも大切ですが、各人が仕事に惚れ、その道のプロを目指すことも大事でしょうね。この仕事を自分のキャリアにするんだ、と。ただし、心はつねにアマチュアの清々しさを失わないでほしいですが。


トヨタの歴史は人づくりの歴史。中核的な部署にいる社員にかぎらず、自分たちが給料をいただいているお客様に喜んでもらいたいという気持ちが強く、一生懸命にやっています。人事考課は減点主義ではなく加点主義で、敗者復活があり、最後まで競争させる伝統がある。


職業人としてどう生きるかということでは、40代はこれまでの経験を体系的に整理する年代。そのうえで、いよいよ責任あるポジションを任される50代から60代までは、男が成年の色気と体力を持って行動することができる充実の年代と言えましょうか。


トヨタ生産方式を確立した大野耐一さんは「上司は部下を困らせるのが仕事だ」とおっしゃった。1966年に発売した「カローラ」がどんどん売れていた頃、当時は別会社だったトヨタ自動車販売からトヨタ自動車工業に注文が来た。月に5000台しか作る能力がないところに7000台の注文です。「できない」と断わろうとすると、大野さんは「全部受けろ」と言う。「では、定時では5000台しかできないから残業させてほしい」と頼むと「残業はダメだ」。5時になると大野さんが工場に来てラインを止めさせるわけです。とうとう工場の責任者が当時の豊田英二社長のところへ行って「大野さんに残業を認めてくれるように言ってください」と直訴した。豊田英二という方が偉いのは、そこで「大野君がダメだというものはしょうがないだろう」と大野さんの判断を尊重したことです。仕方がないので、工場では懸命にみんなで知恵を出し合って、とうとう残業なしで7000台作れるようになりました。そこで大野さんのところへ報告に行くと、褒めてくれるかと思ったら「そうか、今日から残業して8000台作れ」と(笑)。つまり、人間は難しい課題を与えられないと本来持っている能力に気がつかない。


組織のコミュニケーションで私が気がかりなのは、部下に嫌われたくない上司、上司におもねる部下が存在することです。


天野平八郎の経歴・略歴

天野平八郎、あまの・へいはちろう。日本の経営者。「仙台トヨペット」「山形トヨペット」「トヨタレンタリース仙台」社長。千葉大学卒業後、トヨタ自動車に入社。第五車両部長を経て、仙台トヨペット、山形トヨペット、トヨタレンタリース仙台などの社長を務めた。そのほか、社団法人宮城県自動車会議所会長、JAF(日本自動車連盟)東北本部長、日本自動車販売協会連合会常任理事、東北大学総長顧問などを務めた。

他の記事も読んでみる

山田佳臣

鉄道会社の経営はバトンタッチです。いまやれることを徹底してやって、次につなげていく。その繰り返しです。「俺は何をやった」などと言い出すようになったら、鉄道経営者としてはおしまいです。


野田サトル

うじうじ悩んでる主人公は嫌いなんですよ。杉元(主人公)は即断即決して、躊躇なく人を殺す。読者の予想より早く決断させることで、読者の気持ちをぐいぐい引き込める。


藤屋伸二

ドラッカーの『マネジメント』を読むと、自分が抱える問題はどこで起こっているのか、すぐに特定できる。極論すると、上司や社長の実力も、分かってしまう。


前刀禎明

本は読みすぎないほうがいいと思いますよ。だって、たくさんのビジネス書に書いてあることを全部鵜呑みにしていたら、たいへんなことになりますからね(笑)。あちこちで、いろいろな人がいろいろなことをいっています。参考にするにしても、それぞれの表面的なことを真似するのではなく、その根本にある普遍的なことを読み解くようにするべきでしょう。


相原輝夫(経営者)

当初は何の戦略も無かったんですけど、最初の大学病院で一定の評価を頂きましたので、そこからはうまくいったと思います。初めは愛媛大学の大学病院、次は徳島大学、長崎大学と広がっていって、4~5年も経つと大阪大学、東京大学へと広がっていきました。それが今から4年ほど前のことです。大学病院での採用が増えるにつれて、「仕事が仕事を呼んでくれる」ようになっていきました。それまで「PSC? どこの会社?」なんて軽くあしらわれていたのが、一転してお付き合いしていただけるようになったりもしました(笑)。


内藤誼人

「どうすれば評価していただけますか?」と、ダイレクトに聞いてしまいましょう。それが怖く感じる場合は、「うちの会社の人事評価は何に重きを置きますか?」など、第三者を絡めた表現でもOK。これによって行動の指針がつかめると、意思疎通が格段にスムーズになります。


山崎元

家計調査を見ると、定年後の生活費は現役時代のおよそ7割くらいの場合が多い。今の生活費を10とした場合、定年後の生活費はいくらになるのか。将来、収入が減る分を貯蓄でまかなうには、手取りの何割を貯蓄に回さなくてはいけないのか……と計算します。月々必要な貯蓄額があまりに高額で現実離れしているよう我ら、まずは今の生活費を減らす努力をする。こうして帳尻を合わせていけば、心配ありません。


井上逸兵

言語学は言葉がどう使われるかに注目する学問で、カタカナ語が使われること自体を良い悪いではとらえません。ただ乱用する風潮は個人的に好きではありませんし、相手がわからないと思ったら日本語に置き換えてあげるべきです。その心遣いはビジネスマナーに通じるのではないでしょうか。


松岡真宏

使命感なんてかっこいいもんじゃなくて、頼まれたからにはやらなきゃ、という感じでした。日々外国人と接する中で、日本経済の状況に危機感を募らせていました。外資で働いていると、逆に愛国的な気分になるんです。
【覚書き|外資証券会社に勤務時、産業再生機構に誘われたときを振り返っての発言】


松井忠三

上司のご機嫌ばかり伺うイエスマンを出世させると、仕事を遂行する能力を持たない人が台頭してきます。こうして会社は仕事ができない組織になっていく。


田村耕太郎

アジア人との英語コミュニケーションは「文法などにこだわらず、単語を並べればいい」などと考えがちですが、私はいかがなものかと思います。アジアのエリートは欧米の名門に留学していたり、幼児期からインターナショナルスクールに通っていたりして、欧米人顔負けの英語の使い手もたくさんいます。それに、アジア人相手だから発音や文法は適当でいい、と考えるのは、少々リスペクトが足りない気がします。今はアプリなど英語を学ぶ手段はいろいろあるわけですから、発音にしても文法にしても、最大限努力すべきだと思います。


柏倉康夫

今や国際化の時代。世界の文学まで視野を広げてみましょう。他者の視点を知ることは、仕事の場でも必ず生きてくる。各国の優れた作家が描く、多種多様な価値観や文化に根ざした作品を読むことで、深い学びを得ることができるはずです。


長谷川和廣

会社側は、「怠惰・ルーズな人」「信用がない人」「弱い者に高圧的に接する人」「チャンスを目の前にしても行動を起こさない人」のようなタイプの人を嫌がります。部下の手本にならないどころか、部署全体のモチベーションも下げてしまう危険性があるからです。対外的にも評判が悪いし、利益を会社にもたらすようなチャレンジをしないわけですから。


北尾吉孝

僕は母方の祖父から、耳をそばだて目を皿のようにして生きていかなければならないぞと言われた。祖父は東洋綿花(のちのトーメン)の5代目の社長です。小学校卒だけど苦労して英語や中国語を覚え、大卒の資格を取り、社長になった努力家でした。この祖父から周りに起きるすべてに注意をしなければいけない、気を配り、関心を持ち、好奇心を持つことを教わりました。


鈴木喬(経営者)

ロングセラーが行き詰まったら、スパッと諦めることも大事。


ページの先頭へ