名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

天野周一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

天野周一のプロフィール

天野周一、あまの・しゅういち。全国亭主関白協会会長。福岡県出身。西南学院大学卒業。福岡県内で70万部を発行するフリーマガジン『リセット』およびタウン誌『福岡モン』の編集長を務めた。著書に『亭主力』『妻の顔は通知表』『ごめん、ウソついてた。』ほか。

天野周一の名言 一覧

「ありがとう」はまず形から。ありがとうと言うことが大事で、気持ちは後からついてきます。心を込めなきゃ、などと思っているから言えなくなる。


戦わずして負けること。これが夫の家庭内生存率を高めるんですよ。戦って勝てば勝つほど、離婚が近づきます。戦いは、相手(妻)を変えようとするから起こる。妻ではなく自分を変えるんです。


妻は上司であり、ケアマネジャーです。「家庭本部長」という上司だと思えば「はい、承知しました」「御意」などという言葉も素直に出る。これなら戦いは起きません。


定年のだいたい5年前から秒読みを開始した人が、定年後の夫婦関係で生き残っています。最初はなかなかしっくりきませんが、じっくり時間をかけて生活習慣にすることで、「あなた、よくなったわね」「以前の父さんと違う」と言われるようになればいい。変われなければ熟年離婚。それくらいの真剣勝負です。


女は男の器が大きいか、ちっちゃいかだけ見ています。男の沽券、メンツなどへとも思わない。男が一番大切にしていることは、女にとって一番つまらないもの。定年後に女に受け容れられるには、名刺を燃やす儀式を行うぐらいの覚惜が必要ですね。


夫婦の間に「突然」はありえません。妻から離婚を切り出されるときなど、夫からは突然に見えても、妻からすれば「ありがとうを一度も言われたことがない」といった何十年もの蓄積の結果なのです。そこにも気づかぬ亭主が多い。


男社会の常識は、家庭内では通用しません。夫婦の間に正しいも間違いもない。正しいことは正しくなく、間違っていることが間違っていない。うまくやっていくためには、それを受け容れなければいけません。


天野周一の経歴・略歴

天野周一、あまの・しゅういち。全国亭主関白協会会長。福岡県出身。西南学院大学卒業。福岡県内で70万部を発行するフリーマガジン『リセット』およびタウン誌『福岡モン』の編集長を務めた。著書に『亭主力』『妻の顔は通知表』『ごめん、ウソついてた。』ほか。

他の記事も読んでみる

菱田雅生

脳は使い方次第で成長し続ける器官。もう40代だから、暗記が苦手だからというのは単なる思い込み。しかし、脳は「無理!」と思った途端に、動かなくなってしまいます。その思い込みをぜひ、排除してもらえればと思います。


樋口武男

当社は創業から62年で、成長スピードとしてはかなり順調だと言えるでしょう。その成長は、積極精神や現場主義など、創業者から教えられたことを諸先輩から若手社員に至るまで脈々と継承しているからこそ成し遂げられたものと言えます。これは、当社に限らず、どの企業にも言えることかもしれません。


辻範明

良いことも悪いことも全てを受け入れる、これが人生。


中山均

考えてみると、私は世にも幸福な男かもしれない。三男一女の父だが、そのうち次男を戦争で失った以外は、みんなよき息子、よき娘で、それぞれよき家庭を営んでいる。子供たちがこうも見事に育ったのは言うまでもなく私の力ではない。私にそんな力や才能のあろうはずがない。なにを隠そう、みんな女房玉恵の丹精のたまものである。


ピーター・ドラッカー

土地、労働、資本は制約条件でしかない。それらのものがなければ、知識といえども、何も生み出せない。だが今日では、効果的なマネジメント、すなわち知識の知識に対する適用が行われさえすれば、他の資源はいつでも手に入れられるようになっている。


星野佳路

現在の我々の競合は誰かというと、明らかに外資系の運営会社です。星野リゾートはいま国内に27拠点ありますが、そのスケールメリットは、外資系に比べれば大したことはない。我々の弱点というのはそこで、運営面や予約獲得面においてスケールメリットが効いていないし、ブランド力が低い。ですから、競合に勝つためにはそれらを強化しなければなりません。運営施設をもっと増やしたいし、世界的な知名度を持つ彼らに負けないブランドになる必要があります。


野村克也

大人になってからの恥は、屈辱的だ。プライドはずたずたになり、気持ちも揺さぶられる。しかし、そうやって深く沈んだ時こそ、人は高く飛び上がれるものだ。恥を存分にかいたのなら、存分に取り戻さなければ損だろう。


出川哲朗

仕事はとにかく一生懸命に取り組むようにしていたからか、たくさんのお仕事を頂けるようになりました。周りの皆さんが僕を見て、「こいつ頑張ってんじゃん」と共感してくれているのかもしれませんね。


増田直紀

よく「世間は狭い」といわれますが、これはネットワーク研究でいう「スモールワールド」という考え方で説明できます。ネットワーク研究の分野では、おおむね6人を介せば、目的の人物にたどり着けるといわれています。これがスモールワールドの重要な性質です。自分の知り合いを6人たどっていけば、世界中の誰にだって会うことができる。そう考えるだけで、身近にある人脈の可能性を感じることができるのではないでしょうか。


坪内知佳

必死にここまで走ってこられたのは、19歳の頃に「余命半年」と宣告されたからです。当時は大学の成績も優秀で、CAの内定も決まりかけ、順風満帆な人生でした。その矢先に、「死」を意識させられたんです。診断を重ねた結果、命を落とすほどの病気ではないことが判明したのですが、人生を見つめ直すきっかけになりました。その時、絶対に「後悔のない生き方をしよう」と決意したんです。


樋口武男

人材の異動や不要部門の撤廃を断行しなくては、人も組織も生まれ変わることはできない。中途半端な改革しか行なわず、大企業病を放置してしまったら、当社は早晩衰退への道を辿っていた。


村上憲郎

リスクのある仕事は、自分のできることリストを増やしてくれることが多いものです。私の場合でいえば、思い切って外資に飛び込んだことで、英語を勉強せざるを得なくなりました。