名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

天野周一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

天野周一のプロフィール

天野周一、あまの・しゅういち。全国亭主関白協会会長。福岡県出身。西南学院大学卒業。福岡県内で70万部を発行するフリーマガジン『リセット』およびタウン誌『福岡モン』の編集長を務めた。著書に『亭主力』『妻の顔は通知表』『ごめん、ウソついてた。』ほか。

天野周一の名言 一覧

「ありがとう」はまず形から。ありがとうと言うことが大事で、気持ちは後からついてきます。心を込めなきゃ、などと思っているから言えなくなる。


戦わずして負けること。これが夫の家庭内生存率を高めるんですよ。戦って勝てば勝つほど、離婚が近づきます。戦いは、相手(妻)を変えようとするから起こる。妻ではなく自分を変えるんです。


妻は上司であり、ケアマネジャーです。「家庭本部長」という上司だと思えば「はい、承知しました」「御意」などという言葉も素直に出る。これなら戦いは起きません。


定年のだいたい5年前から秒読みを開始した人が、定年後の夫婦関係で生き残っています。最初はなかなかしっくりきませんが、じっくり時間をかけて生活習慣にすることで、「あなた、よくなったわね」「以前の父さんと違う」と言われるようになればいい。変われなければ熟年離婚。それくらいの真剣勝負です。


女は男の器が大きいか、ちっちゃいかだけ見ています。男の沽券、メンツなどへとも思わない。男が一番大切にしていることは、女にとって一番つまらないもの。定年後に女に受け容れられるには、名刺を燃やす儀式を行うぐらいの覚惜が必要ですね。


夫婦の間に「突然」はありえません。妻から離婚を切り出されるときなど、夫からは突然に見えても、妻からすれば「ありがとうを一度も言われたことがない」といった何十年もの蓄積の結果なのです。そこにも気づかぬ亭主が多い。


男社会の常識は、家庭内では通用しません。夫婦の間に正しいも間違いもない。正しいことは正しくなく、間違っていることが間違っていない。うまくやっていくためには、それを受け容れなければいけません。


天野周一の経歴・略歴

天野周一、あまの・しゅういち。全国亭主関白協会会長。福岡県出身。西南学院大学卒業。福岡県内で70万部を発行するフリーマガジン『リセット』およびタウン誌『福岡モン』の編集長を務めた。著書に『亭主力』『妻の顔は通知表』『ごめん、ウソついてた。』ほか。

他の記事も読んでみる

村山由佳

「作家業は道を踏み外してなんぼ」。人が皆幸せと思うものに自分も幸せを見いだしていたら、小説を書く意味がありません。


清水勝彦

経営者が1つ1つの「関所」をきちんと考え抜き、責任を持って任せることができれば、うまくいかなかった場合でも、どこが間違っていたのかをしっかりと振り返り、そこから学べることがあるはず。


瀧本哲史

昨今では英語力のほかにも「地頭力」を鍛えたり、「ロジカルシンキング」を身につけたりする勉強法が流行していますが、学習自体が目的化しているように思います。相関関係と因果関係を取り違えてはいけません。「優秀な選手は足が速い」という相関は正しいでしょう。しかし「足が速ければ優秀な選手だ」という因果は断定できません。同様に、「高収入のビジネスマンは英語が堪能」とはいえますが、「英語が堪能ならば年収が高くなる」とは言い切れないでしょう。


宮本亜門

『アジア三部作』が酷評されたとき、本気で演出の仕事を辞めようと思った。そんな様子を見て事務所の社長が、「1年でもいいから長期の休暇を取ればいい」と言ってくれて。沖縄に飛んだんです。とくに理由もなく。層心理に導かれたのかもしれません。沖縄は原色の自然だけでなく、過去に苦い戦争の歴史もある。市場で野菜や魚を売っているおばあたちは、過去に地上戦で家族を失ったりしているのに、何のてらいもなく毎朝大笑いをしている。そのあまりにも美しい笑顔。救われましたよ。「僕の悩みなんか、まだまだ小さい」と。沖縄で3~4か月過ごしたあと、それまで怖くて遠ざけていたミュージカルのCDをひさしぶりに聴いてみたら、涙が出てきたんです。「ああ、やっぱり僕はこれが好きなんだ。これがやりたいんだ」と。それで、いまもこうやって演出家として生きています(笑)。


宮村眞平

計17年にわたり、代表権を持って経営に携わった間、私が経営者として得た教訓はふたつです。

  1. 経営とは、環境の変化に対応する力と、その変化を先読みする能力だということ。
  2. 経営というものは、大企業でも中小・零細企業でも8割は共通しているということ。

吉野佳秀

経営者の言葉が社員にちゃんと伝わっているか、実感されているかどうか、経営者が伝える努力をしているかどうかが大切。


菅井敏之

本物のお金持ちは、「信用」を一番大事にしています。財布、時計、背広、メガネ、カバン……。「自分に似合うか」「おしゃれに見えるか」ではなく、「信用されるか」という視点で選んでいます。


小室淑恵

管理職に求められているのは、メンバーそれぞれの強みを最大限に発揮できる環境づくりです。強いリーダーシップ型のマネジメントではなく、一人一人のメンバーを丁寧に支援するサポート型のマネジメントが必要なのです。全員が持っている能力を発揮できれば、チームとしてのパフォーマンスも上がり、一番能力の高いリーダーばかりに仕事が集中するという状況も改善され、管理職自信が楽になれます。


俣野成敏

私がそうでしたが、自主的に学ばない人間はリストラ予備軍になりかねない。


田中仁(経営者)

大切なのは人と違う視点を持つということ。たとえば森を見た時、9割の人は森にしか見えない。しかし人によっては、それが豊富な食材の宝庫に見えることもある。


シェイクスピア

世界は舞台だ、誰もが何か役割を演じなければならない。


安藤美冬

もともと私はさほど整理熱心ではなく、デスク周りのグッズの定位置も厳格には決めていません。それでも必要なものはすぐに取り出せます。それはやはり、持ち物を絞り込んでいるからです。整理の前段階として、まずは厳選に重点を置くことが大切だと思います。