天野勝(コンサルタント)の名言

天野勝(コンサルタント)のプロフィール

天野勝、あまの・まさる。日本のコンサルタント。「永和システムマネジメント」コンサルティングセンターセンター長。著書に『これだけ!KPT あらゆるプロセスを成果につなげる最強のカイゼンフレームワーク』。

天野勝(コンサルタント)の名言 一覧

何かをやると学びがある。それを見過ごさず、目標として今後に生かすことが大事。


「自分の行動を俯瞰的に見る」という作業は侮れません。何が行動できていて、何ができていなかったか。文字に書いて意識するかどうかで、結果は大きく変わります。


天野勝(コンサルタント)の経歴・略歴

天野勝、あまの・まさる。日本のコンサルタント。「永和システムマネジメント」コンサルティングセンターセンター長。著書に『これだけ!KPT あらゆるプロセスを成果につなげる最強のカイゼンフレームワーク』。

他の記事も読んでみる

端田泰三

仕事のできる人間と、普通の人間。どこで線引きするかといえば、基本的には能力と人柄。そして将来どのくらい伸びるか、伸力といっていますが、伸力を重視します。伸力、人柄、そして実績でしょう。


長田貴仁(大富敬康)

経営理念が憲法なら、経営システムは個々の法律である。国においても、憲法に基づき体制が築かれ、それに合った法律が立法化され施行される。経営理念と相性の良いビジネスシステムが稼働してこそ、企業は順調に成長を遂げられるのである。


村上太一

長期的にはニッチでなく、やるからには世の中にしっかりと影響を与え、存在価値が提供できるような領域でもっと事業を拡大していきたい。


三木泰雄

外国人の先生について英語を習ったこともありますが、それよりも私の英語力は、膨大な数の英文メールのやりとりや、毎日行われる英語による電話会議など、日々の仕事の中で磨かれていった部分のほうが大きいといえます。


波多野聖(藤原敬之)

慎み深さや謙虚さなど、外国人は全く評価しません。外資系企業では、ある意味では実力以上に評価させるようなアピール力が必要なのです。


中谷健一

私はノマドは多くの人に実践可能なものだと考えています。デバイスやクラウドサービスを自分なりに使い、ひとつの場所にとどまらずに働くことを積極的に見出す働き方であれば、それはノマドワークスタイルといっていいのではないでしょうか。


樋渡啓祐

企画力より修正力が大事。


石原一裕

クルーの働きがいなくして、魅力的な店舗はあり得ない。働きがいを高めることは、ビジネスを成長させるうえで何より重要と考えています。


冨安徳久

会社に入って働くことはお金を得ることだと思っている人がいますが、それは違います。働くことが得ることだという考えのまま入社させてしまうと、行動の全てが損得勘定になってしまいます。


久米信行

人は誰でも、他人に認められたいもの。そんな承認欲求を満たしてくれる相手にこそ、会いたいと思うもの。その承認は素の自分であればあるほど、うれしいわけですよ。「○○社の営業マン」といった記号より「巨人好きのAさん」と認めてもらえたほうがうれしい。それを相手に返せばいい。ただし、それには「その人の素の部分」に触れないとムリ。


山田敏夫

お金で散々苦労した経験が、知恵を生み、僕を経営者として大きく成長させてくれるはず。そう信じ、当面は資本金50万円のままで頑張っていきたい。


市村清

人生というものは、たとえいかなる逆境・悲運に遭遇しても、希望さえ失わなければまったく消えてしまうものではない。


佐々木茂喜

「問題解決は内容が整理できれば、9割は片づいたも同然」とよく言われますが、同感です。自分のところに上がってきた報告から、大事なことを見つけて書き留め、最重要ポイントを抽出し、最終的な決断を下す。この過程を、私はノート上でやっている。


荻原浩

学生のときには広告研究会に入っていました。コピーというより絵を描くのが好きで、イラストみたいなものなら描けるかなと。実際、文化祭のポスターをつくったり、ちょっとした情報誌みたいのにイラストを描いていたんです。仲間内からは、「お前は文章のほうが面白いな」って、そっちのほうを褒められることが多かったのかな。研究会には絵の上手いやつが何人もいたので、コピーは僕が書くみたいになっていったんです。


古賀信行

私の母は、性格的にはシャイで、そっと柱の陰から見守るようなタイプの人です。そうした性格からか、「勉強しなさい」と言葉では言いませんが、いま振り返ると勉強するように仕向けられたような覚えがあります(笑)。例えば小学生の時、近所にものすごく勉強のできる医師の息子がいました。その子と私で家庭教師について勉強を教わったことがありますが、「何でこんなことをしているんだろう?」と思っていました。医師の奥さんも女医さんで、その方が「1人だけで取り組んでいるとどこかで成長が止まる」と思ったようで、誰かと競わせたいと考えて、母に声をかけたようです。それを母はスッと受け入れたということです。


ページの先頭へ