名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

天達武史の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

天達武史のプロフィール

天達武史、あまたつ・たけし。日本の気象予報士。神奈川県出身。御茶の水美術専門学校デザイン科卒業後、ファミリーレストラン勤務を経て気象予報士試験に合格。その後、テレビのお天気キャスターとして活躍した。

天達武史の名言 一覧

心から思うのは、事あるごとに周りの人に助けられて、今があるなということ。


新しいことに挑めない時って、失敗するのが嫌だから動けないんですよね。その感覚、人一倍わかります。でも、それは違うんですよ。動くと何かが起きるんです。


成功体験のなかった以前の自分は何事もマイナスに考えて、チャンスに気づいていなかった。例えば天達という苗字。人よりもいいところなんか1個もないと思っていたのに、こんな身近なところに武器が転がっていた。今では僕の強みですからね。たぶん僕が田中や鈴木だったら、今はないと思いますから。


お天気キャスターオーディションの待ち時間、他の気象予報士の皆さんが緊張していて、つられて僕もドキドキしてきたんです。でも、「誰も僕のこと知らないよな」と思ったら、「自分をよく見せなくちゃ」とか「かっこよくやってやろう」というプレッシャーはなくなった。


今でこそ、メインキャスターの小倉智昭さんの「あまたつ!」の掛け声のおかげで道が開け、街でも声をかけていただけるようになりました。でも、勘違いは一切していないつもりです。だって、僕の20代は本当に暗黒でしたから。


「天気の達人、天達です」と挨拶して、1分間お天気コーナーを実演。意外にも、スムーズに終えることができたんです。たぶん、「これがラストチャンスだ」「絶対テレビをやりたい」とか、そういう気持ちがなかったのがよかったんでしょうね。

【覚え書き|「とくダネ!」お天気キャスターオーディションを振り返って】


以前の自分は、まったく運がないと思っていたんですよ。というのも、僕は中高ずっと野球部で。中学校の時は3年の最後の試合で最後のバッターになり、三振して試合終了。それが悔しくて、高校でも野球を続けたら、ここでも同じことになったんです。6年間、一心に打ち込んで成功したと感じられないまま終わった。なんて運がないんだと思ったし、その後も成功体験が一度もなくフリーターをしていたわけです。それが気象予報士の資格に挑み続けた頃から、初めて「自分もできるかも」と自信を持てるようになったんです。そうしたら、周りの見え方が変わっていった。さっきいい出会いに恵まれたと言いましたけど、じつは以前もあったんだと思うんです。ただ、成功体験のない自分は何事もマイナスに考えて、チャンスに気づいていなかった。


気象予報士試験合格まで、7回もかかりました。その間には「もう諦めよう」と思ったこともありました。周りは試験勉強なんかやめて、早く就職しろと言うし、バイト先からは社員にならないかと誘われもしました。それでも幸いだったのは、親や彼女が静かに見守ってくれたこと。それに、悩んで相談すると「おまえは今、勉強できる立場にいるんだから、とにかく気象予報士の資格を取れ。それだけに突き進んでいけばいいよ!」と言ってくれる先輩もいて、本当に親しい人が背中を押してくれたんですね。


気象予報士の資格があるのを知って、「取ってもいいかな」くらいの軽い気持ちで勉強を始めたんです。でも、実際には合格率10%以下の狭き門。試験は年2回あるんですけど、1年目の1回目、2回目はまったく受かる気配もなく、むしろ問題が何を問うているのかもわからないという状態でした。合格後にわかったんですが、気象予報士試験を通るには最低でも大学生ぐらいのレベルの数学・物理の基礎知識が必要なんですね。どちらも欠けていた僕は、とりあえずわかるところまで戻ってみようとした結果、小学校4年生の算数ドリルから始める始末。本当に話にならない学力だったんです。


ファミレスの仕事は楽しかったんですよ。バイト仲間は年配の人から若い子までいて、チームワークも良くて。でも、最初は同じく学生だった仲間がみんな就職していき、僕はいつも見送る側で。そのうち後から入ってきた年下の子たちも「天達さん、ありがとう。おつかれさまでした」って巣立っていく。こっちは時給800円で、1日8時間働いて、年収は200万円のまま。道も定まらず、焦り始めたのが24歳の頃でした。30前でフリーターの僕が、ここから挽回するには……。そのためには、誰もができるわけではない道を目指すべきかなと思ったんですね。それが気象予報士だった。


天達武史の経歴・略歴

天達武史、あまたつ・たけし。日本の気象予報士。神奈川県出身。御茶の水美術専門学校デザイン科卒業後、ファミリーレストラン勤務を経て気象予報士試験に合格。その後、テレビのお天気キャスターとして活躍した。

他の記事も読んでみる

鍵山秀三郎

いつも難しくて大きなことばかりを考える人は、失敗したり続かなかったりして元へ戻ってしまうことが多いものです。できそうにない特別なことばかりを追いかけるよりも、誰にでもできる平凡なことを少しずつでも積み重ねていけば、とてつもなく大きな力になることを知るべきです。


川野澄人

ライフとワークを分けないのもストレスを溜めない手段。


石川康晴

人間関係の悪い部署は絶対に利益が出ない。反対に関係性がいい部署は利益が上がってくる。人間関係の質が結果の質につながる。


野田順弘(オービック)

部下が成功を体験するまで待つというのは、相手に自分で自分の課題に気づかせるという意味合いもあります。上司が手取り足取り教えて指導しても、それでは部下の成長につながりません。部下が失敗をしたら、原因がわかっていてもあえて具体的に指導せずにおくのです。「上手くいかなかった原因を自分で考え、次にまた頑張りなさい」と声をかければ十分です。成功したときに、その答え合わせをしてあげればいい。


内田直

口に出したり、紙に書いたり、アクティブなトレースをすることで情報は脳に定着されます。特にプレゼンなどは相手の反応を何パターンか想定しながらリハーサルすることで、不安にならず、落ち着いて本番に臨めます。


小杉俊哉

過去のビジネスモデルやテクノロジーが通用しなくなった今、組織が成長するには、新しい発想やイノベーションが必要。そのためのアイデアは、古い慣習や過去の成功事例に囚われない若い世代のほうが生み出しやすい。だからこそ、上司は「聴く」ことを習慣化してほしい。部下がいつでも上司に提案しやすいような、オープンな雰囲気を作れば、新しいアイデアも出しやすくなる。


前川孝雄

上司の本音を聞くことも大切です。お互いの本音がわかっていると仕事がしやすくなりますから。


木村昌平

当社には「セコムの事業と運営の憲法」という基本理念があります。バイブルといってもいいでしょう。この憲法には「現状打破」と「正しさの追求」という理念があり、この考えは新入社員にまで確実に浸透しています。


分林保弘

今までのことを守ることばかり考えていたら廃れてしまう。革新へのチャレンジは重要。


山田満(経営者)

大切にしているのは、真似しないこと。自分のオリジナルにこだわることが信条です。ナンバーワンであり、オンリーワンでありたい。それは簡単なことではないので、いろいろ知恵を絞って工夫する訳です。そこから素晴らしい商品や仕組みが生まれてくるのです。ライバル企業ももっと出てきたら競争して、良い商品が生まれるので歓迎です。


匠英一

人にとって心地いいリズムは、心臓の鼓動と同じスピード。それより速ければドキドキ、ワクワクと気分が盛り上がり、遅ければゆったりと落ち着いた気持ちになります。それを店の特性を考えずに使うと、逆効果になるんです。高級品を扱う百貨店やレストラン、喫茶店、書店などでは、心臓の鼓動より遅い音楽を流すのが正解。お客の滞在時間が長くなり、売り上げアップにつながります。一方、回転寿司や量販店など、顧客の回転率を重視したいお店では、アップテンポな曲を流すと効果的。さらに、リズムだけでなく、音量も大事なポイント。一般に、50デシベル以上の音は人に不快感を与えるといわれます。50デシベルは、クーラーの室外機ぐらいの音。高級感やリラックス感を出したいときには音量を控えめにし、ワクワク感をあおりたいときには、やや大きめにする。この原則に沿って、使い分けをしているんです。


鹿田尚樹

本を読むときに「この本を10分で読もう」というように、時間を区切るとより効果的です。制限時間を設けることで、時間内で必要な情報を得ようという意識が働きます。