名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

天達武史の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

天達武史のプロフィール

天達武史、あまたつ・たけし。日本の気象予報士。神奈川県出身。御茶の水美術専門学校デザイン科卒業後、ファミリーレストラン勤務を経て気象予報士試験に合格。その後、テレビのお天気キャスターとして活躍した。

天達武史の名言 一覧

心から思うのは、事あるごとに周りの人に助けられて、今があるなということ。


新しいことに挑めない時って、失敗するのが嫌だから動けないんですよね。その感覚、人一倍わかります。でも、それは違うんですよ。動くと何かが起きるんです。


成功体験のなかった以前の自分は何事もマイナスに考えて、チャンスに気づいていなかった。例えば天達という苗字。人よりもいいところなんか1個もないと思っていたのに、こんな身近なところに武器が転がっていた。今では僕の強みですからね。たぶん僕が田中や鈴木だったら、今はないと思いますから。


お天気キャスターオーディションの待ち時間、他の気象予報士の皆さんが緊張していて、つられて僕もドキドキしてきたんです。でも、「誰も僕のこと知らないよな」と思ったら、「自分をよく見せなくちゃ」とか「かっこよくやってやろう」というプレッシャーはなくなった。


今でこそ、メインキャスターの小倉智昭さんの「あまたつ!」の掛け声のおかげで道が開け、街でも声をかけていただけるようになりました。でも、勘違いは一切していないつもりです。だって、僕の20代は本当に暗黒でしたから。


「天気の達人、天達です」と挨拶して、1分間お天気コーナーを実演。意外にも、スムーズに終えることができたんです。たぶん、「これがラストチャンスだ」「絶対テレビをやりたい」とか、そういう気持ちがなかったのがよかったんでしょうね。

【覚え書き|「とくダネ!」お天気キャスターオーディションを振り返って】


以前の自分は、まったく運がないと思っていたんですよ。というのも、僕は中高ずっと野球部で。中学校の時は3年の最後の試合で最後のバッターになり、三振して試合終了。それが悔しくて、高校でも野球を続けたら、ここでも同じことになったんです。6年間、一心に打ち込んで成功したと感じられないまま終わった。なんて運がないんだと思ったし、その後も成功体験が一度もなくフリーターをしていたわけです。それが気象予報士の資格に挑み続けた頃から、初めて「自分もできるかも」と自信を持てるようになったんです。そうしたら、周りの見え方が変わっていった。さっきいい出会いに恵まれたと言いましたけど、じつは以前もあったんだと思うんです。ただ、成功体験のない自分は何事もマイナスに考えて、チャンスに気づいていなかった。


気象予報士試験合格まで、7回もかかりました。その間には「もう諦めよう」と思ったこともありました。周りは試験勉強なんかやめて、早く就職しろと言うし、バイト先からは社員にならないかと誘われもしました。それでも幸いだったのは、親や彼女が静かに見守ってくれたこと。それに、悩んで相談すると「おまえは今、勉強できる立場にいるんだから、とにかく気象予報士の資格を取れ。それだけに突き進んでいけばいいよ!」と言ってくれる先輩もいて、本当に親しい人が背中を押してくれたんですね。


気象予報士の資格があるのを知って、「取ってもいいかな」くらいの軽い気持ちで勉強を始めたんです。でも、実際には合格率10%以下の狭き門。試験は年2回あるんですけど、1年目の1回目、2回目はまったく受かる気配もなく、むしろ問題が何を問うているのかもわからないという状態でした。合格後にわかったんですが、気象予報士試験を通るには最低でも大学生ぐらいのレベルの数学・物理の基礎知識が必要なんですね。どちらも欠けていた僕は、とりあえずわかるところまで戻ってみようとした結果、小学校4年生の算数ドリルから始める始末。本当に話にならない学力だったんです。


ファミレスの仕事は楽しかったんですよ。バイト仲間は年配の人から若い子までいて、チームワークも良くて。でも、最初は同じく学生だった仲間がみんな就職していき、僕はいつも見送る側で。そのうち後から入ってきた年下の子たちも「天達さん、ありがとう。おつかれさまでした」って巣立っていく。こっちは時給800円で、1日8時間働いて、年収は200万円のまま。道も定まらず、焦り始めたのが24歳の頃でした。30前でフリーターの僕が、ここから挽回するには……。そのためには、誰もができるわけではない道を目指すべきかなと思ったんですね。それが気象予報士だった。


天達武史の経歴・略歴

天達武史、あまたつ・たけし。日本の気象予報士。神奈川県出身。御茶の水美術専門学校デザイン科卒業後、ファミリーレストラン勤務を経て気象予報士試験に合格。その後、テレビのお天気キャスターとして活躍した。

他の記事も読んでみる

嶋浩一郎

リアルな本屋は私たちにとって非常に魅力的な空間なんです。大げさに言えば、人生を変えてしまう可能性を秘めている場所でもある。例えば小さな本屋の場合、5分程度で店内をぐるっと見て回れます。大型書店でもざっと見て回るなら十数分程度でしょう。本屋では、そんなわずかな時間で「世界」が巡れちゃうんです。圧倒的な情報量を誇る本屋では、しばしば「おや? 何だろうこの本?」といった思わぬ本との出会いがあります。店内でざっと本を眺めていると、気になる本が出てきますよね。その瞬間、あなたの好奇心はくすぐられています。人は今まで知り得なかった自分の好奇心を発見した時、知的な喜びを感じるもの。「ちょっと面白そう」と、ワクワクしたり、ゾクゾクしたりするんです。


田村潤

トップダウンで数字目標を出すのではなく、部下自身から目標を提示させました。自分から出した目標であれば、達成しようと前向きになります。そして、行動の結果、目標と現実のギャップはどれだけ埋められたのかをチェックし、少しでも近付くようアドバイスを続けました。


岡倉天心

同時代の芸術こそは、真に私たちの芸術なのであり、私たち自身の反映なのだ。それを断罪することは、私たち自身を断罪することにほかならない。私たちは、今の時代には芸術が存在しないと嘆くが、そうだとすれば、その責任は誰にあるのか。


マーガレット・サッチャー

心がやさしいだけだったら、誰一人として善きサマリア人のことなど覚えていなかったでしょう。彼にはお金もあったのです。
【覚書き:善きサマリア人=聖書ルカによる福音書第10章第29節に出てくる人物。行き倒れの人を介抱し、見返りを求めず名前も言わずに去って行った陰徳の人】


アニス・ウッザマン

日本にはシリコンバレーに負けない技術がありますが、日本のアピール不足もあって、海外の投資家はあまり投資をしていません。シリコンバレーで日本に積極的に投資している投資家は、私を含めておそらく片手で数えられるくらいでしょう。私は学生のころに東京工業大学で学んでいたので、日本の技術レベルの高さを知っています。しかし、そうでなかったら、いまごろ日本をスルーして中国の企業に投資していたかもしれない。それくらい、日本の注目度は低いのです。


米津玄師

うちにパソコンがやってきて、インターネットが開通したのが小5のときだったんです。当時、フラッシュアニメが流行ってたんですよ。「バンプ・オブ・チキン」の音楽に合わせて勝手にアニメーションをつける、みたいなことなんですけど、そこで初めて音楽というものに出会った。そこから「バンプ」「スピッツ」「アジアン・カンフー・ジェネレーション」といった邦楽ロックにどんどんハマっていきましたね。俺にとっての音楽って、最初から画面の中で流れてるものだったんです。パソコンの向こう、インターネットの向こう側からやってくるものだった。


井上弘

技術をいかにマネージするかが経営。うまくマネージできなければイノベーションが生まれず、淘汰されるかもしれない。


野村忠宏

結果を出せば、「野村は終わった」と言っていた人も「野村はやると思ってたよ」に変わる(笑)。そういった意味でも、やると決めたら、結果にはシビアにこだわって欲しい。


石川善樹

複数のコミュニティに重心を分散させるというのが、一番確かな「つながり」のつくり方。


大倉昊

自分の努力もさることながら、やはり友達も影響しますね。友達同士であいつに負けちゃならないと思いながら切磋琢磨すると、そのグループがどんどん成長していくみたいです。だから僕はいい友達を持つということが、人生では非常に大切なことじゃないかと思います。


松原弘典

ひと世代前には、「身内の住宅を設計→商業店舗→コンペに当選して公共の仕事」というストーリーがありましたが、ほとんどの人がそういうストーリーには乗れなくなっていましたね。僕にしたって、家の設計を任せてくれる親類なんていませんでしたし。だから普通のやり方ではムリだと思いました。


石田礼助(石田禮助)

一国の生活水準の高低は、運送力いかんにかかっている。