名言DB

9412 人 / 110637 名言

天羽稔の名言

twitter Facebook はてブ

天羽稔のプロフィール

天羽稔、あもう・みのる。日本の経営者。化学メーカー「デュポン株式会社」会長。徳島県出身。ワシントン州立大学工学部卒業後、デュポンファーイースト日本支社(のちのデュポン株式会社)に入社。自動車関連事業本部部長、名古屋支店長、開発企画部部長、エンジニアリングポリマー事業部長、取締役、副社長などを経て社長に就任。

天羽稔の名言 一覧

座学で教養を身に付けるよりも実学で現場を知らなければ、市場のニーズをすくい取る感性は磨けない。


顧客に足を運び、ニーズを発掘して市場を創っていくことが何より大事。


言葉で説明し、納得してもらう努力を重ねれば、支え合う関係は構築される。それが原点だと思います。


強い製品は放っておいても毎年、その国のGDP(国内総生産)伸び率程度は伸びます。無理して伸ばせば、価格競争を招き利益率の低迷を招くだけ。必要なのはシェアの小さな製品をどう伸ばすかです。


米国留学での経験から常に心がけてきたのは、自分の考えていることを誰にでも分かるように言葉にして伝えていく、ということです。


留学中、多くの人に助けられました。大学院に進学し、いい成績で卒業しなければと勉強しすぎて、ある日、下宿で血を吐いて倒れた。私を車で運んでくれた友人、カネのない私を1年の月賦で医療費を払えばいいと診てくれた医師。「20分遅ければ死んでいた」と言われ、人は独りでは生きていけないと身をもって学びました。


「あれは君が好きでやったんだろ。私は何も頼んでいない」。これは米国留学時代に、寮の相棒に言われた言葉です。試験中の彼が大変そうだったので食後の皿洗いを引き受けた。数日後、自分が試験で余裕がなく、皿洗いを頼めないかと聞いたら返ってきた言葉です。衝撃でした。世の中にはいろんな人がいると思い知った瞬間でした。


エンジニアリングポリマー事業のアジア太平洋地域の総責任者時代、アジア太平洋地域の幹部約70人の評価を全17カ国の同事業の責任者を一堂に集めて行い、透明化しました。人事評価を一緒に行うようになったことで各国の責任者が他国の幹部を知るようになり、国を越えた協力関係が生まれていきました。ある年はA国が悪くても、B国がそれを補うといった具合です。おかげで「5年で売上高2倍」の目標を達成できました。


何事も現場で経験することが大事。徳島の八百屋の息子だった私は幼い頃から父がお客様の好みに合わせて、きゅうりを浅漬けやぬか漬けにしたりして付加価値を付けることで高く買っていただくという商売の基本を垣間見てきました。


必要なのは「人」だと思います。もっと言えば、日本の企業が持つ、個々の力を集めた「組織力」です。これは簡単に真似できるものではないからです。


天羽稔の経歴・略歴

天羽稔、あもう・みのる。日本の経営者。化学メーカー「デュポン株式会社」会長。徳島県出身。ワシントン州立大学工学部卒業後、デュポンファーイースト日本支社(のちのデュポン株式会社)に入社。自動車関連事業本部部長、名古屋支店長、開発企画部部長、エンジニアリングポリマー事業部長、取締役、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

和田秀樹

頼りになりそうな親分肌の有名人や、一から丁寧に教えてくれる文化人を理想の上司としてイメージするのは、私はいかがなものかと思います。上司を依存する対象にしてはダメです。会社は学校ではないんです。基本的には、自分で勉強して、自分で成長しないと生き残れません。


酒巻久

私は自分の夢を達成するために働いていて、部下はそのために自分に欠けているものを補完してくれる、いわば「手段」です。成果は部下に譲りますが。社員も「自分のため、家族のため」に働くべきだと思います。「俺は会社のために働いているんだ」なんて奴は一番信用できません。


奥義光

経営の自由裁量を与えてもらえば、もっとできることがある。本社では部門、社員ごとに仕事の優先順位をつけるように徹底してきた。


佐藤孝幸

時間を有効活用するために、私は、一つの科目に没頭するのではなく、複数の科目を同時並行で進めるようにしていました。人は、同じことをずっとやっていると、飽きてくるものです。目先を変えることで、集中力が保てますし、科目ごとの勉強量に偏りができるのも防げます。


田中仁(経営者)

打開策が見つからなかったとき、社員と腹を割って話し合いました。すると、みんないいアイデアを持っていたんです。日々、現場でお客さんの声を聞いていますから。


猪瀬直樹

最近、注目を集めているのはファシリテーター型リーダーです。ファシリテーターとは、中立的な立場から会議の参加者の発言を引き出して、議論を深いところに導く人を指します。いわゆる調整型の一種ですが、これで成果を出しているリーダーは少なくありません。


ジョセフ・トリポディ

ブランドは企業が持っているものと考えがちですが、それは誤りです。むしろブランドを認知して購入する消費者がブランドを持っているのです。


中山讓治(中山譲治)

ときには、厳しい結果が出る可能性が高い決断を下さなければならないこともありますが、どんな失敗が起こるか覚悟しておけば、のちに受けるショックも少なくなります。


鄧小平

改革・開放には大きな肝っ玉が必要だ。正しいと思ったら大胆に試してみよ。


奥野宣之

スケジュールシートを定期的に見直して、仕事にかかった時間を調べています。それを参考にすることで、より正確なスケジュールを立てることができます。


平野岳史

大学生のころ、一緒に起業しようと言っていた人間が4・5人いたんですけど、やっぱり就職するよと一人減り、二人減り、最後には自分だけになっちゃったっていう苦い経験があったので、今度はしっかりと自分についてきてくれる仲間を探そうと思ったんです。


乙武洋匡

一般的に見て決定的に欠けている部分がある人でも、他人はまったく別の部分を見て「あの人はいいなあ」と思っているかもしれないということ。だから、自分と誰かを比べて落ち込むなんて、もったいない。


川村隆

日本の中にいると、自分たちが世界レベルに届いていないということが、実感としてわきにくいんですね。業績が良くなっているように見えているけれども、自分と比べているだけじゃないか、と。過去と現在を比べて、くすぐられているだけなのです。


加藤昌史

劇団の全国公演の際は、行く先々で必ず事前にその町を歩いて情報収集します。例えば鳥取に行った際は、人口が少ないと聞いていたけど、街に活気があって驚いた。お城があるから城下町の誇りがすごいあるんですね、と感じたことを話したら、空気が和らぎました。よく調べて、相手を好きになったことを伝えれば、流暢に話せなくても相手はしっかり聞いてくれます。ぜひ試してみて下さい。


畑正憲(ムツゴロウ)

最近は「ひとつの正義」といいますか、自分の考えを一方的に押しつけようという人が目立つように思います。その正義を自分の中にしまっておくならいいのですが、「俺が信じていることをあいつはやっていない、だからおかしい」と考える人が増えていますよね。私はそれを「民主主義の害毒」と呼んでいます。