名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

天毛伸一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

天毛伸一のプロフィール

天毛伸一、てんもう・しんいち。日本の経営者。メールサービス、小型POSなどを手がける「ブレイン(株)」社長。兵庫県出身。大阪市立大学商学部商学科卒業後、ロサンゼルス滞在を経てデザイン会社に就職。その後、スピードメール(のちのブレイン)を創業。主に企業向けサービスを展開。

天毛伸一の名言 一覧

たとえ時間がかかっても、良いモノを作っていればお客様は増えますし、良い会社であれば人は集まります。


当社の経営に特別な「技」は何もありません。アフターサービスをしっかりやる、雇用を守ってモノ作りの環境を整える、といった日本のメーカーの良いところを継承しているだけです。


経営戦略として考えたのは、小さいお金を継続的に集めること。1社から100万円もらうというやり方だと、その1社に切られたら終わりです。それよりも、1万円を100社からもらうほうがいい。かつ、継続的にお金が入ってくるモデルを確立すれば、雇用は安定します。月額のメール配信システムというモデルを選んだのは、そんな狙いもありました。


メーカーとしてやっていくためには雇用の安定がすべてと言ってもいい。人を切らない。給料を下げない。安定した環境があれば、クリエイターはのびのびとモノ作りに励むことができます。


モノ作りには時間がかかりますし、良いモノができてもすぐ売れるとはかぎりません。すると、心が折れるし、食べていけないから、やめてしまう会社も多い。だからこそ、松下幸之助さんも言うように、モノ作りで成功するためには、成功するまでやめなければいいのです。


「他人の金」で経営しないことも大事です。最近の映画は多数のスポンサーでリスクを分散する製作委員会方式をとることが多いですが、金を出して口を出さない人はいません。スポンサーが口出しをした結果、当初の企画からかけはなれたつまらない映画になってしまうことも多い。メーカーも同じで、外から資本を入れてリスクを負ってもらうと、市場に迎合したモノ作りしかできなくなります。最初のピュアな思いを製品に反映させるためには、モノ作りは全部自分の金でやる。これが鉄則なのです。


当社の社員は「自分たちの製品で勝負したい」「我々はメーカーである」という誇りを持っています。そして、モノ作りが大好きで、良いモノを作るためには時間を忘れて働く。いわゆるIT系ではなく、メーカーであることが、当社の最大の強みではないでしょうか。


創業した当時から、僕が目指していたのは、モノ作りをするメーカーになって、世界で勝負できるようになることです。モノ作りには時間がかかります。短期決戦で儲けて売り抜けようという発想ならいい加減なことをやっても大丈夫なのかもしれませんが、メーカーとして長期戦を闘っていくためには「あそこはダメだよ」と言われたらおしまい。だから、どれだけ手間がかかっても、徹底的にサポートをやろうと思ったわけです。その甲斐あって、創業から十年間は、当社の広告宣伝費はゼロでした。口コミでお客様が増えたのです。


最も低いコストで仕上げるには、中国の部品メーカーから仕入れる必要があった。さらに、国内で組み立てるための工場も必要になる。それ以前に、まず小ロットから請け負ってもらえる製造業者が見つからない。請負からプロデュースまでできる協力者が必要でした。行き詰まったところで、雑誌を見て知った中国の企業に電話をすると日本支社があることを知った。住所を聞くと、なんと当時の会社の隣のビル。代表の方にプランと想いを伝えると、すべての条件を満たし、引き受けてくれることに。偶然の出合いも重なり、メーカーとして第一弾の製品は完成しました。


世に出回っているPOSレジは「でかい」「ダサい」「値段が高い」。そこで考えました。新規参入で品質を追い求めてもノウハウが蓄積できていないので勝つのは難しい。だったら圧倒的にデザインの格好いいものを作って安く提供してやろうと。


天毛伸一の経歴・略歴

天毛伸一、てんもう・しんいち。日本の経営者。メールサービス、小型POSなどを手がける「ブレイン(株)」社長。兵庫県出身。大阪市立大学商学部商学科卒業後、ロサンゼルス滞在を経てデザイン会社に就職。その後、スピードメール(のちのブレイン)を創業。主に企業向けサービスを展開。

他の記事も読んでみる

堀口智顕

社員には「ニーズに応えるのでなく、ニーズのニーズに応えろ」と教えます。これはニーズそのものだけでなく、ニーズが起きる原点を捕らえに行くということです。


古賀良彦

年収をアップしたければ、まずは睡眠を見直すことが大切です。眠りに不満や悩みを感じている「かくれ不眠者」は、仕事の効率が低下して、個人の年収や残業時間にも、悪影響が出ているのです。


高倉豊

データを収集し、マーケティングに生かそうとしている企業は少なくない。しかし、私はデータベースマーケティングに懐疑的だ。データを元に論理的に考えていくことで可能になる施策もあるが、ロジカルに導き出した答えは、遅かれ早かれライバルもたどり着く。


大川博

「まったく、素人よりコワイものはない」と、一同は大ビックリの、大むくれだった。ところが、こちらはその素人が付け目で、盲ヘビに怖じぬのが唯一の手でもあったので、わかるの、わからぬのと言われても一切平気の平左、いささかムシのいい考えのようであったが、少しでも安く写真(映画)をつくり、少しでも多くの収入を上げることを願い、少しでもこの窮地を抜け出す足がかりをこしらえたいと思った。
【覚書き|東映の経営再建に乗り出したとき、映画制作費の上限と1本あたりの利益目標を従業員に提示したことを振り返っての発言】


永守重信

私は一時、「NIDEC(日本電産)ブランドの電気自動車をつくる」と公言していましたが、この計画は撤回したい。一兆円レベルの完成車メーカーをつくるより、全メーカーに車載モーターを提供する方がビジネスになるからです。


平林実

ダーウィンが進化論で述べたように、「強いものよりも変化するものが生き残る」のです。この言葉を胸に留めておいてほしいと思います。


中野幸治

昭和55年頃から梅酒造りを始めたのですが、味にこだわって、時代に流されずにやって来たことが良かったのか。強みである一方で弱みでもありますが。一つの重要な基盤になっていることは確かですね。


加藤栄(経営者)

自分だけが儲けていたらうまくいかなったでしょう。自分が儲かるだけでなく、相手にもメリットがある話だから事業として成功できた。


西任暁子(西任白鵠)

怒りや苛立ちは、自分のニーズが満たされないときに起きるもの。「ミスをしたくない」という思いが強ければ、部下のミスへの怒りは強くなり、「時間は守るべき」と強く思っていれば遅刻に厳しくなる。つまり、自分の中のこだわりが、怒りを起こさせているのです。


白川修一郎

睡眠負債が積み重なれば、役員、平社員ともに、判断ミス、オペレーションミスを起こしやすくなるでしょう。ミスを挽回するには多くの時間や手間、コストを費やします。企業経営を上向かせたい、効率化を図りたいと考えるなら、会社を挙げて睡眠負債解消への取り組みが欠かせないのです。


尾山基

もしOEMを委託した企業が仕様書に違反して(工場の苛酷な労働などで)人権を侵害していたとしても、最終的な責任は発注元である当社のブランドに跳ね返ってくる。常時観察する必要がある。


佐々木かをり

時短や時間管理はゆったりした気持ちを保つためのものなんですよ。予定の詰め方や量は、お好みでどうぞ。要は、自分がハッピーになるように時間をデザインしてください、という話なんです。