名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

天毛伸一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

天毛伸一のプロフィール

天毛伸一、てんもう・しんいち。日本の経営者。メールサービス、小型POSなどを手がける「ブレイン(株)」社長。兵庫県出身。大阪市立大学商学部商学科卒業後、ロサンゼルス滞在を経てデザイン会社に就職。その後、スピードメール(のちのブレイン)を創業。主に企業向けサービスを展開。

天毛伸一の名言 一覧

たとえ時間がかかっても、良いモノを作っていればお客様は増えますし、良い会社であれば人は集まります。


当社の経営に特別な「技」は何もありません。アフターサービスをしっかりやる、雇用を守ってモノ作りの環境を整える、といった日本のメーカーの良いところを継承しているだけです。


経営戦略として考えたのは、小さいお金を継続的に集めること。1社から100万円もらうというやり方だと、その1社に切られたら終わりです。それよりも、1万円を100社からもらうほうがいい。かつ、継続的にお金が入ってくるモデルを確立すれば、雇用は安定します。月額のメール配信システムというモデルを選んだのは、そんな狙いもありました。


メーカーとしてやっていくためには雇用の安定がすべてと言ってもいい。人を切らない。給料を下げない。安定した環境があれば、クリエイターはのびのびとモノ作りに励むことができます。


モノ作りには時間がかかりますし、良いモノができてもすぐ売れるとはかぎりません。すると、心が折れるし、食べていけないから、やめてしまう会社も多い。だからこそ、松下幸之助さんも言うように、モノ作りで成功するためには、成功するまでやめなければいいのです。


「他人の金」で経営しないことも大事です。最近の映画は多数のスポンサーでリスクを分散する製作委員会方式をとることが多いですが、金を出して口を出さない人はいません。スポンサーが口出しをした結果、当初の企画からかけはなれたつまらない映画になってしまうことも多い。メーカーも同じで、外から資本を入れてリスクを負ってもらうと、市場に迎合したモノ作りしかできなくなります。最初のピュアな思いを製品に反映させるためには、モノ作りは全部自分の金でやる。これが鉄則なのです。


当社の社員は「自分たちの製品で勝負したい」「我々はメーカーである」という誇りを持っています。そして、モノ作りが大好きで、良いモノを作るためには時間を忘れて働く。いわゆるIT系ではなく、メーカーであることが、当社の最大の強みではないでしょうか。


創業した当時から、僕が目指していたのは、モノ作りをするメーカーになって、世界で勝負できるようになることです。モノ作りには時間がかかります。短期決戦で儲けて売り抜けようという発想ならいい加減なことをやっても大丈夫なのかもしれませんが、メーカーとして長期戦を闘っていくためには「あそこはダメだよ」と言われたらおしまい。だから、どれだけ手間がかかっても、徹底的にサポートをやろうと思ったわけです。その甲斐あって、創業から十年間は、当社の広告宣伝費はゼロでした。口コミでお客様が増えたのです。


最も低いコストで仕上げるには、中国の部品メーカーから仕入れる必要があった。さらに、国内で組み立てるための工場も必要になる。それ以前に、まず小ロットから請け負ってもらえる製造業者が見つからない。請負からプロデュースまでできる協力者が必要でした。行き詰まったところで、雑誌を見て知った中国の企業に電話をすると日本支社があることを知った。住所を聞くと、なんと当時の会社の隣のビル。代表の方にプランと想いを伝えると、すべての条件を満たし、引き受けてくれることに。偶然の出合いも重なり、メーカーとして第一弾の製品は完成しました。


世に出回っているPOSレジは「でかい」「ダサい」「値段が高い」。そこで考えました。新規参入で品質を追い求めてもノウハウが蓄積できていないので勝つのは難しい。だったら圧倒的にデザインの格好いいものを作って安く提供してやろうと。


天毛伸一の経歴・略歴

天毛伸一、てんもう・しんいち。日本の経営者。メールサービス、小型POSなどを手がける「ブレイン(株)」社長。兵庫県出身。大阪市立大学商学部商学科卒業後、ロサンゼルス滞在を経てデザイン会社に就職。その後、スピードメール(のちのブレイン)を創業。主に企業向けサービスを展開。

他の記事も読んでみる

大宮英明

私は新し物好きで、自分がやっている仕事以外にも面白い仕事があるんじゃないかと常に思っている人間なのです。そして産機(産業機械事業部)へ行ってみたら実に面白い。事業部が小さいから人間付き合いの密度も濃いし、製品の開発期間が短いから、設計もサービスも営業の現場も、すべてを見ることができました。産機は私の第二の故郷だと思っています。
【覚書き|30年関わった戦闘機や航空宇宙産業の部署から、産業機械の部署に移されたときを振り返っての発言】


山口周

本棚を人文科学、社会科学、ビジネス書、小説の4つに分けて整理しています。本棚は自分の頭の中のアナロジーになっていて、本棚に置く本を時折入れ替えてあげないと、頭の中の情報もアップデートされません。ジャンルに分けていると、「今この分野がいっぱいになっているからスペースを作ってあげよう」とか、「この分野は余裕があるから情報を追加しよう」と可視化できます。


坂根正弘

この15年間、日米欧の経済規模はお互いを経済圏として膨らむだけ膨らんできました。こういった日米欧中心の経済循環だけでは成長できないところまで来ました。自国の経済規模の拡大にお金が全部行ったものだから、その他の世界にお金が行かなくなったということもあります。


谷厚志

もしお客様からカウンター越しに一方的に怒鳴りつけられたら「す、すみません。お客様の言葉で怖くなってしまい、なんと申し上げていいのか……」と言う。すると暴言を吐いた側は「いや、怖がらせようと思って言ったわけではなくて」と慌ててしまうことがほとんどです。


本田有明

本来、上位二割のできる部下は、何も言わなくても成果を出すものです。上司はその勢いを止めないように、少々フォローをするだけでいいのです。大事なのはむしろ普通の部下をケアすることです。端的にいえば、2流ないし2.5流だった社員を、一緒に仕事する中で1.5流にまで引き上げるのです。


飯田亮

企業は青春でなければ駄目です。青春とは逵巡しないで足がポッと前へ出ること。停滞しないこと、勇気でしょう。


清水祐孝

弊社は去年上場しましたが上場が最終ゴールではありません。それはそれで目標でしたが、次の大きな目標へ行くための機会を得たなと、ステップとして考えています。


野村修也

コンプライアンスの神髄とは、ただ法律を守ることではなく、企業価値を守るための「リスク管理」だということを意識すべきです。そうしたリスク管理の態勢をつくり、それを発展的に運用していくことが必要となります。そのプロセスこそが大切であり、法律を守ったかどうかという結果だけを見てはいけないのです。


大倉忠司

私は、一度にいろいろなことはできません。一つの仕事にしか魂を入れることができないのです。だから飲食業界で大チェーンを目指すなら、専門店の一業態だなと。これはあくまで私の考えですが、ただ一つの業態に賭けるというのは大事だと思います。


大西洋

どんなにいい商品を作ったとしても、販売員がそれをしっかりと売らなければ改革は実現できません。本当の意味でビジネスモデルを変えるには販売員の力が不可欠です。そのためにもモチベーションを高める制度が必要なのです。


ジョン・レノン

歌ってのは書けるものかい――ここにこうしてすわっていれば、いきなり歌の方で押しかけてくるんだよ。だからせっつかれるような感じでピアノに向かうか、ギターを手にするかして、書きとめる。作るんじゃなくて、思いがけず贈られるようなものさ。


樋口知之

データリテラシーを高めるには、まず自分の仕事に関連したデータを見る。単に数字を追うのではなく、グラフを好きになる。数字は情報が少ないが、グラフは情報が多い。要するに、変化を見ることが大切で、それが予測する力のベースになる。