名言DB

9,520 人 / 112,352 名言

天毛伸一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

天毛伸一のプロフィール

天毛伸一、てんもう・しんいち。日本の経営者。メールサービス、小型POSなどを手がける「ブレイン(株)」社長。兵庫県出身。大阪市立大学商学部商学科卒業後、ロサンゼルス滞在を経てデザイン会社に就職。その後、スピードメール(のちのブレイン)を創業。主に企業向けサービスを展開。

天毛伸一の名言 一覧

たとえ時間がかかっても、良いモノを作っていればお客様は増えますし、良い会社であれば人は集まります。


当社の経営に特別な「技」は何もありません。アフターサービスをしっかりやる、雇用を守ってモノ作りの環境を整える、といった日本のメーカーの良いところを継承しているだけです。


経営戦略として考えたのは、小さいお金を継続的に集めること。1社から100万円もらうというやり方だと、その1社に切られたら終わりです。それよりも、1万円を100社からもらうほうがいい。かつ、継続的にお金が入ってくるモデルを確立すれば、雇用は安定します。月額のメール配信システムというモデルを選んだのは、そんな狙いもありました。


メーカーとしてやっていくためには雇用の安定がすべてと言ってもいい。人を切らない。給料を下げない。安定した環境があれば、クリエイターはのびのびとモノ作りに励むことができます。


モノ作りには時間がかかりますし、良いモノができてもすぐ売れるとはかぎりません。すると、心が折れるし、食べていけないから、やめてしまう会社も多い。だからこそ、松下幸之助さんも言うように、モノ作りで成功するためには、成功するまでやめなければいいのです。


「他人の金」で経営しないことも大事です。最近の映画は多数のスポンサーでリスクを分散する製作委員会方式をとることが多いですが、金を出して口を出さない人はいません。スポンサーが口出しをした結果、当初の企画からかけはなれたつまらない映画になってしまうことも多い。メーカーも同じで、外から資本を入れてリスクを負ってもらうと、市場に迎合したモノ作りしかできなくなります。最初のピュアな思いを製品に反映させるためには、モノ作りは全部自分の金でやる。これが鉄則なのです。


当社の社員は「自分たちの製品で勝負したい」「我々はメーカーである」という誇りを持っています。そして、モノ作りが大好きで、良いモノを作るためには時間を忘れて働く。いわゆるIT系ではなく、メーカーであることが、当社の最大の強みではないでしょうか。


創業した当時から、僕が目指していたのは、モノ作りをするメーカーになって、世界で勝負できるようになることです。モノ作りには時間がかかります。短期決戦で儲けて売り抜けようという発想ならいい加減なことをやっても大丈夫なのかもしれませんが、メーカーとして長期戦を闘っていくためには「あそこはダメだよ」と言われたらおしまい。だから、どれだけ手間がかかっても、徹底的にサポートをやろうと思ったわけです。その甲斐あって、創業から十年間は、当社の広告宣伝費はゼロでした。口コミでお客様が増えたのです。


最も低いコストで仕上げるには、中国の部品メーカーから仕入れる必要があった。さらに、国内で組み立てるための工場も必要になる。それ以前に、まず小ロットから請け負ってもらえる製造業者が見つからない。請負からプロデュースまでできる協力者が必要でした。行き詰まったところで、雑誌を見て知った中国の企業に電話をすると日本支社があることを知った。住所を聞くと、なんと当時の会社の隣のビル。代表の方にプランと想いを伝えると、すべての条件を満たし、引き受けてくれることに。偶然の出合いも重なり、メーカーとして第一弾の製品は完成しました。


世に出回っているPOSレジは「でかい」「ダサい」「値段が高い」。そこで考えました。新規参入で品質を追い求めてもノウハウが蓄積できていないので勝つのは難しい。だったら圧倒的にデザインの格好いいものを作って安く提供してやろうと。


天毛伸一の経歴・略歴

天毛伸一、てんもう・しんいち。日本の経営者。メールサービス、小型POSなどを手がける「ブレイン(株)」社長。兵庫県出身。大阪市立大学商学部商学科卒業後、ロサンゼルス滞在を経てデザイン会社に就職。その後、スピードメール(のちのブレイン)を創業。主に企業向けサービスを展開。

他の記事も読んでみる

おちまさと

会議は何日も前から始まっています。ちゃんと準備することが必要です。僕だって、前の晩は寝られないくらい考えてから会議に臨むのに、当日いきなり「今日は何の会議でしたっけ」なんて若いヤツに言われたら「お前、帰っていいよ」と言いたくもなりますよ。


桑畑英紀

部下が上司より優秀な場合、上司風を吹かせ、持論を無理に押し付けたりすれば、部下はどんどん距離を置きはじめ、報連相を忌避するようになります。逆に優秀な部下を生かすスタンスで、上司の立場でしかできない組織的なサポートをすれば、部下は進んで報連相をしてきます。


山田真哉

決算書を読み解きたいなら、一念発起して簿記を学ぶことをお勧めします。簿記は、「ものごとには必ず裏表がある」という二元的な構造で成り立っています。たとえば「モノを手に入れれば、必ずお金が出ていく」「借金が増えたら、資産が消える」というメカニズムです。簿記を学ぶと、その二元的な見方が自然と身につきます。すると、決算書をスムーズに理解できるようになるのです。


辻本憲三

面白い商品をつくるにはコストと時間を惜しんではいけない。今回の「モンスターハンター:ワールド」だって、4年ぐらい開発に時間をかけました。発売開始から約1か月で750万本を突破しました。通常のソフト開発というのは2年から2年半くらいです。ただ、4年も開発に時間をかけるということは50か月ぐらい同じことをやっているのだから、開発の発想が4年前と同じでは困るわけです。だから、時代の波にうまく乗ることができるような商品開発というのは、なかなか難しい面もありますね。


大西実(大西實)

88年に世界のトップを切って商業用のデジタルカメラの製品化にこぎつけることができました。これも経営陣全員の目測がしっかりしていたからこそ、技術の大きな流れをつかみ、開発体制強化の戦略を打ち出せたのではないかと思っています。


北尾吉孝

僕は母方の祖父から、耳をそばだて目を皿のようにして生きていかなければならないぞと言われた。祖父は東洋綿花(のちのトーメン)の5代目の社長です。小学校卒だけど苦労して英語や中国語を覚え、大卒の資格を取り、社長になった努力家でした。この祖父から周りに起きるすべてに注意をしなければいけない、気を配り、関心を持ち、好奇心を持つことを教わりました。


須藤利究

工夫なく名刺を配ったり、無目的に飲みに行くだけでは人脈は広がりません。まずは、どんな人脈が必要かを考えることが大切。その上で、対象となる人々にSNSなどでアプローチし、「面白い人間がいる」と認知されるという手順を踏みましょう。


御立尚資

たんに目先の仕事量を調整することが、仕事のスピードを上げるための静的なアプローチだとすれば、大事な仕事を任せられるような立場に自分を高めることは動的なアプローチです。この動的な自己変革が、仕事の質とスピードを高めるには重要なのです。


鍵山秀三郎

結果や成果さえ出せばいいという風潮が最近は強いですが、私はその過程こそが大切だと考えています。基本を徹底する。そんな社風を持つ会社が増えれば、日本が抱えている問題も少しは良い方向に向かうのではないかと思うこのごろです。


辻本憲三

ゲームを作る才能がある人間が必ずしも経営の才能があるわけではない。


畠山惠(塾経営者)

私の人生も行き当たりばったりなようで(笑)、一応考えているんです。保育士は安定した仕事だけど、肉体的にはきついので60歳になっても続けられるとは思えない。でも英語講師は体が動かなくなってもできる。体を動かす仕事と頭を使う仕事、この2つは意識して選び取りました。


森田正光

ウェザーマップの経営については地道に進めてきた面もあります。経営を傾かせる訳にはいきませんから。例えば人を採用する時、急に増やすのではなく、天気解説に加えて、裏方でも活躍できそうな人を見極めて採用したりしていました。