名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

天外伺朗(土井利忠)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

天外伺朗(土井利忠)のプロフィール

天外伺朗、てんげ・しろう。本名、土井利忠、どい・としただ。日本の技術者、経営者、工学博士。兵庫県出身。東京工業大学電子工学科卒業後、ソニーに入社。東北大学で工学博士号を取得。デジタルオーディオ研究開発プロジェクトマネジャー、スーパーマイクロ事業本部本部長、ソニーコンピュータサイエンス研究所社長、ソニー本社業務執行役員上席常務、ソニーインテリジェントダイナミクス研究所社長などを務め、様々な分野の製品開発に携わった。犬型ロボット「AIBO(アイボ)」の開発者として知られている。そのほか、天外伺朗の名で執筆活動を行った。江戸幕府大老・土井利勝の末裔。

天外伺朗(土井利忠)の名言 一覧

64年ソニーに入社して以来、僕たちエンジニアは目を輝かせて無我夢中で仕事に取り組む職場しか知りませんでした。でも、ソニー・ショックの2年ほど前から、うつ病の社員が激増しました。次から次へと新アイデアが飛び出ていたソニーがなぜ凋落したのか。私なりに研究したところ、原因は90年代のトップが導入したアメリカ流の合理主義経営だとわかったのです。


マネジメントの手法をアメリカのマネをしたためにソニーは迷走しましたが、他の大手メーカーなども似た状況に陥りました。いま一度、日本企業は社員が燃える集団となるような職場環境を目指すべき。そうすれば、奇跡が起きます。


以前は管理型の監督だった岡田(岡田武史)さんは、選手の自主性を重視し、自分で考えさせるマネジメント法に変わりました。叱責や命令ではなく、選手が自分のプレーをビデオで確認しているときに、「いいドリブルだ」などとそばでつぶやいて、選手の深層心理にポジティブなメッセージをすりこんで、選手のモチベーションを高めるような工夫をしていました。


天外伺朗(土井利忠)の経歴・略歴

天外伺朗、てんげ・しろう。本名、土井利忠、どい・としただ。日本の技術者、経営者、工学博士。兵庫県出身。東京工業大学電子工学科卒業後、ソニーに入社。東北大学で工学博士号を取得。デジタルオーディオ研究開発プロジェクトマネジャー、スーパーマイクロ事業本部本部長、ソニーコンピュータサイエンス研究所社長、ソニー本社業務執行役員上席常務、ソニーインテリジェントダイナミクス研究所社長などを務め、様々な分野の製品開発に携わった。犬型ロボット「AIBO(アイボ)」の開発者として知られている。そのほか、天外伺朗の名で執筆活動を行った。江戸幕府大老・土井利勝の末裔。

他の記事も読んでみる

佐瀬守男

キッシュやアイスクリーム、コーヒーについてはフラグシップ店を絞って、そこで得たブランドを活用し、市販品(冷凍食品など)の展開という方向に舵を切りました。今後、飲食店は人不足が深刻になりますので、舵の切り方としてはこれがいいと。13年に出したクロワッサンたい焼は一大ブームとなり、皆さんの記憶に残っています。スーパーやコンビニでも売れるのではないかと、新しい製造ラインを作り売り出そうと考えています。今の時代、地代、建築費、人件費を考えると出店は大変です。(冷凍)たこ焼はカラオケ店や映画館でも売れますし、おやつや夜食にも食べていただける。市場は無限にあるのではないかと期待しています。


枝川義邦

ノースカロライナ州立大学のヘス博士らは、60歳以上の男女約100人を集めて記憶学習のテストを行ないました。彼らを2つにグループ分けし、一方には、「年をとると記憶力が衰える」という情報を与えました。もうひとつのグループには、「記憶テストの成績に年齢は関係ない」という情報を与えました。すると驚くべきことに、後者の「記憶力と年齢は関係ない」と教えられたグループのほうが、成績が良かったのです。このテストから見えてくるのは「思い込み」は現実になる、ということ。あなたが「もう40だから仕方ない」と思い込むことによって、記憶力は低下してしまうのです。


村山由佳

自分はどういう状態が最も幸福なのかをあらかじめ自覚しないと、幸せにはなれない。イメージを持っている人にしか、幸せはやって来ない。


マルクス・アウレリウス・アントニヌス

忍耐は正義の一種なり。


田島貴男

いい曲ができるときというのは、ひらめきのようなものなんです。後になって振り返ると、この曲どうやって作ったんだっけな、みたいな。


伊藤眞義(経営者)

我々は雷を1つのキーワードにビジネス展開をやっていこうと。当社はグループ全体で約900名の規模ですが、そのうち技術者は約100名。工学系の人材がほとんどです。当社は落雷情報を天気予報サイトやゴルフ場などにも提供していますが、雷の観測から対策、設置、あるいはコンサルタントといった雷に取り組む総合的な企業になることが目標になります。


松下幸之助

鳴かぬなら、それもまたよし、ホトトギス。


塚田彊

会社をリタイヤした後の人生を、「第2の人生(セカンドライフ)」や「余生」と言うのをやめよう。今や平均余命は約20年間もあるのだ。単なる余生ではもったいない。私は、「アナザー・ファーストライフ(もうひとつのファーストライフ)」こと呼ぶことにしている。


小路明善

私どもはメーカーなのですけれども、私がよく言っているのは、モノを売るのではなくて価値を売るんだということ。たとえば「スーパードライ」という商品から付加価値をいかに感じてもらえるかということだと思っているんです。これがアサヒというメーカーの使命ですし、そのためにスーパードライがあり、カルピスがあり、三ツ矢サイダーがあると。


チャールズ・ケタリング

自分自身を信じ、自分考えを信ずるなら、たいていは成功することが私にはわかった。


齋藤孝(教育学者)

先日大学で、学生の方から「しっかり出欠を取って欲しい」と要望があり、びっくりしました。時代も変わったんですね。そこで私は出席票を配るようにしたのですが、その紙の裏に授業に対する感想や要望を書き込んでもらうようにしました。厳しいクレームはありませんが、授業の進め方の提案だとか、建設的なものが多い。そういう意見をフィードバックして、次の授業をさらにブラッシュアップ! お互いがハッピーになれるコミュニケーションを、皆さんも意識的に作り上げて行って欲しいと思います。


斉藤惇

OBは今ここで反対するのが正しいことなのかどうかを冷静に考えなくてはいけないと思います。過去10年、20年がどうだったかという次元の問題ではないのです。今の経営陣が真剣に市場を見て、世界の情報を集め、科学的に薬の発展を見、患者のマーケットを見て、プロが決断していることです。その決断をけなすのではなく、それなりにリスペクトをしながら、間違いがあったとすればやんわりと言ってあげればいいのだと思うのです。