名言DB

9412 人 / 110637 名言

天外伺朗(土井利忠)の名言

twitter Facebook はてブ

天外伺朗(土井利忠)のプロフィール

天外伺朗、てんげ・しろう。本名、土井利忠、どい・としただ。日本の技術者、経営者、工学博士。兵庫県出身。東京工業大学電子工学科卒業後、ソニーに入社。東北大学で工学博士号を取得。デジタルオーディオ研究開発プロジェクトマネジャー、スーパーマイクロ事業本部本部長、ソニーコンピュータサイエンス研究所社長、ソニー本社業務執行役員上席常務、ソニーインテリジェントダイナミクス研究所社長などを務め、様々な分野の製品開発に携わった。犬型ロボット「AIBO(アイボ)」の開発者として知られている。そのほか、天外伺朗の名で執筆活動を行った。江戸幕府大老・土井利勝の末裔。

天外伺朗(土井利忠)の名言 一覧

64年ソニーに入社して以来、僕たちエンジニアは目を輝かせて無我夢中で仕事に取り組む職場しか知りませんでした。でも、ソニー・ショックの2年ほど前から、うつ病の社員が激増しました。次から次へと新アイデアが飛び出ていたソニーがなぜ凋落したのか。私なりに研究したところ、原因は90年代のトップが導入したアメリカ流の合理主義経営だとわかったのです。


マネジメントの手法をアメリカのマネをしたためにソニーは迷走しましたが、他の大手メーカーなども似た状況に陥りました。いま一度、日本企業は社員が燃える集団となるような職場環境を目指すべき。そうすれば、奇跡が起きます。


以前は管理型の監督だった岡田(岡田武史)さんは、選手の自主性を重視し、自分で考えさせるマネジメント法に変わりました。叱責や命令ではなく、選手が自分のプレーをビデオで確認しているときに、「いいドリブルだ」などとそばでつぶやいて、選手の深層心理にポジティブなメッセージをすりこんで、選手のモチベーションを高めるような工夫をしていました。


天外伺朗(土井利忠)の経歴・略歴

天外伺朗、てんげ・しろう。本名、土井利忠、どい・としただ。日本の技術者、経営者、工学博士。兵庫県出身。東京工業大学電子工学科卒業後、ソニーに入社。東北大学で工学博士号を取得。デジタルオーディオ研究開発プロジェクトマネジャー、スーパーマイクロ事業本部本部長、ソニーコンピュータサイエンス研究所社長、ソニー本社業務執行役員上席常務、ソニーインテリジェントダイナミクス研究所社長などを務め、様々な分野の製品開発に携わった。犬型ロボット「AIBO(アイボ)」の開発者として知られている。そのほか、天外伺朗の名で執筆活動を行った。江戸幕府大老・土井利勝の末裔。

他の記事も読んでみる

所ジョージ

いろんなことに手を出して、リスクを背負って興奮して欲しい。もちろん、やることが多くなれば評価はバラバラになりますよ。でも、悪い評価もある中で、1個いい評価が出てくれば、ラッキーぐらいでね。


朝倉千恵子

謝りグセで成功した人はいないということは覚えておいてください。お客様から「いまは忙しいから」と断られると、すぐに「申し訳ありません」と謝る営業マンがいますが、こちらが悪いことをしているわけではないので、謝る必要はありません。「かしこまりました。改めてご連絡申し上げますので、いつがよろしいか教えていただけますか」と聞けば、次の展開につながります。


飯島英胤

企業は人が制し、ひいては企業の盛衰を決める。


高原豪久

時価総額1兆円を目標に掲げました。株価とは企業の通信簿で、企業価値の集合体です。理論値の幅に収斂するものですから、時価総額で1兆円を達成するなら売上高、利益、キャッシュフローを一定の水準にまで拡大しなければいけません。オーソドックスですが、集中と選択が基本です。


古森重隆

ビジネスで「正しく勝つ」というのは自社の商品が採用されるだけでなく、それがお客様にとってより価値があるかが重要である。


出口治明

楽々達成できるようなレベルなら怠けてしまいますから、自分が100できると思えば、120くらいの目標にする。1~2割増しの設定がちょうどいいと思います。また、細かすぎると、計画を立てる段階で、おそらくくたびれてしまいます。目標は「具体的、かつかなりファジーに」というのがポイントですね。具体的にと言うのは要するに数値化すること。目標は数値化するけれど、達成するためのやり方や中身はフレキシブルに、ファジーにしておくのが、いい目標設定です。


羽生善治

いまは誰もが情報を平等に手に入れられる時代ですから、自分が思いついたアイデアは、だいたい同じ時期にほかの誰かが思いついているものです。アイデアを寝かせていたら、先にほかの棋士に指されてしまいます。


小久保光八

歴史が信頼を生むのではなく、丁寧な仕事をひとつひとつ積み上げてきた結果が信頼へと繋がり、それが当社の歴史となった。


アリストテレス

徳とは、我々にとって中庸である行為を選択する態度である。


渡瀬謙

自分のプロフィール紹介に始まり、商品の説明や事例の紹介などをまとめ、定期的に顧客に届けるのです。それが私の営業の基本でした。「チラシを置いてくるだけ」と思えばプレッシャーも減りますし、何度も顔を出せば相手の印象にも残ります。何度かの訪問で相手の方から話を聞きたいと言ってくることもよくありました。


出光佐三

人間は自分のする仕事が直接目に見えないと、仕事をする気にはならないものだ。第一線の本当に働く人だけで仕事をやったらいいだろう。人間があまりに多いと、自分の仕事の持ち分がわからなくなる。そうしたときは働かなくなる。
【覚書き|太平洋戦争中、軍に対しての発言。当時軍は南方への石油配給について大きな石油会社を設立し、各国に子会社を置き、さらに石油委員会を置くという3重管理を行おうとしていた。出光氏はそれでは効率が悪いからやめなさいと提案した】


藤岡頼光

とにかく早く海外に出る。そして無茶をしているアジアの人々の熱気を実際に感じ、視野を広げること。海外にいくと、日常生活では起こり得ない想定外のことに対応する力も養われますからね。


ケビン・シストロム

何かを作って人々に提供したいと強く願う気持ちは、起業家精神において、本当に価値のあるものだ。


松岡修造

頑張れという言葉が効くのは、きちんとした目標と方法論がある中で努力して、諦めそうになった時だけ。


枡野俊明

心が穏やかな状態だからこそ、集中して能力が出し切れる。