名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大隈郁仁の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大隈郁仁のプロフィール

大隈郁仁、おおくま・ゆうじ。日本の経営者。「東急不動産ホールディングス」社長。広島県出身。横浜市立大学商学部卒業後、東急不動産に入社。ファンド推進部統括部長、執行役員ビル事業本部長、取締役経営企画統括部統括部長、東急不動産ホールディングス取締役執行役員などを経て社長に就任。

大隈郁仁の名言 一覧

お陰様で今、業績は堅調ですが、だからこそ会社にイノベーションを起こしていく意識を持つことが重要。今年はそれを社内に浸透させる上でも大事な年になります。


お客様の立ち位置が変われば、新たなサービスの需要か生まれる。


従来の仕事のやり方をそのまま真似していても駄目、時代は変わる。


大事なのは物件に「付加価値」をいかに付けるか。「ハコやモノの枠を超えたライフスタイルの提案・創造」ができるグループでありたいと思っています。


不動産というのは、安いときには、なかなか優良物件は出てこない。高いときに出てくるものだ。


30代は自分がやりたい場所に行かせてもらえなかった。サラリーマン人生の中には必ず転機がある。どんなことがあっても腐らず、新しい需要、つまりお客様をよく見ながら、アンテナを張っておくことが大切。


大隈郁仁の経歴・略歴

大隈郁仁、おおくま・ゆうじ。日本の経営者。「東急不動産ホールディングス」社長。広島県出身。横浜市立大学商学部卒業後、東急不動産に入社。ファンド推進部統括部長、執行役員ビル事業本部長、取締役経営企画統括部統括部長、東急不動産ホールディングス取締役執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

山本梁介

私は、ビジネスで最も強いのはハングリー精神だと思っていました。でも違いました。人にとって、感謝ほど強いものはありません。それがパワーの源となり、結果としてスーパーホテルのアイデアに結びついて、お客様や地域のために取り組んでいくことができた。


秋元久雄

新人を一人前にするには教育コストがかかる。社員として抱えれば固定費がかさむ。でも職人はうちの生命線だからね。ほかみたいにコスト下げるために切ってしまうと生き残れないよね。口で言うのは簡単だけれど、創業当初は2年目のやつが新人を何人も面倒みたりしてね。社員全員が必死だったよ。


佐藤誠(SFPダイニング)

高い経常利益率は、苦しい時代に余力となってくれる。


斉藤惇

僕は、野球というのは、典型的なアメリカのスポーツだと思っているんですよ。チームの中でいろいろポジション争いをするんだけど、いざチーム対チーム、あるいは国対国みたいな戦いになると、ガッと固まる。これがアメリカですよ。これは過去のアメリカ対日本の戦争でも、また戦後の貿易戦争でも見られたし、そうしたアメリカの本質を日本は見誤った。アメリカはバラバラな国だと。確かに、中でいろいろ意見を言うし、トランプさんみたいな人が登場してきて、右だ、左だと。だからバラバラな国だと思っていると、ワッと固まる。これが野球なんですよ。日本も一生懸命に野球を入れているんだから、そういう所も考えなければいけない。


ガー・レイノルズ

日本では、暗い演壇でスライドだけに光を当て、自分は陰に隠れたままレーザーポインタで指し示すというプレゼンをよく見かけます。このやり方は、おすすめできません。自分の姿を隠すのは、提案内容と自分を切り離したい、提案内容が批判されても無傷でいられるように自分は安全地帯にいたいという気持ちのあらわれです。そんな人のプレゼンを信じられるでしょうか。


加藤俊徳

脳は年齢を重ねても成長できる――それは、脳は変幻自在な柔軟な器官ということ。すなわち、環境や生活習慣いかんでは衰えていくスピードも驚くほど早いのです。


塚越寛

当社では、直営店での販売と通信販売を主体とすることで、エンドユーザーに商品を安価に提供しながら、同時に必要十分な利益を確保してきました。おかげで強い財務体質をつくることにもつながっています。つくることと売ることを両方行うためには、資金も人材もノウハウも必要ですから、企業はある程度の規模に成長しておかなければならないでしょう。決して簡単ではありませんが、自社でつくって自社で売ることによって得られるメリットには、ほんとうに測り知れないものがあります。


坂根正弘

評価された人すべてが、社長になれるわけではありません。運も必要です。トップリーダーになれるかなれないかに執着するのではなく、定年を迎えても、周囲から「残ってほしい」と言われる人材を目指してはいかがでしょうか。そういう人は、人の神輿に乗って管理職として仕事をしてきた人ではなく、自ら汗をかき、知恵を絞って働いてきた人です。自分で考え実行する。そんな人こそ、企業に最も必要な人材だと思います。


町田勝彦

ナンバーワンになろうとして規模だけを追うのは簡単です。しかし、それでは利益が取れるだろうか。薄利は目に見えていますし、商品の特徴も生まれない。もちろん、企業の顔も見えない。しかも、利益を上げようとして開発投資を減らしながら、2番手製品を作っているのでは、いつかは中国などに飲み込まれてしまいます。


ボブ・アンダーソン(コーチ)

組織改革のためには、リーダーには単なるスキル開発をはるかに超えた心の成長が求められる。


元谷芙美子

100歳まで生きることができたら、ホテル学校をつくりたい。ホテルのスタッフを育てる大学はありますが、ホテルの経営者を育てる大学はありません。ホテルの経営は特殊なところがあるので、私がやってきたことを教えることができたらいいと思います。


金川千尋

目の前の利益を上げられないのに夢のような長期計画を語っても私は信用しません。しかし、どんな人でもみんな仕事に打ち込んでいれば、そこには雑念のない夢があります。