名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大関東支夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大関東支夫のプロフィール

大関東支夫、おおぜき・としお。日本の経営者。「東京都競馬」社長、「全国技能士会連合会」会長。栃木県出身。高校卒業後、メリヤス問屋勤務を経て東京都職員試験に合格。都職員として働きながら日本大学法学部を卒業。都知事随行秘書、労働経済局長、総務局長、東京都中小企業振興公社理事長、東京都競馬社長、東京サマーランド社長、東京倉庫社長、全国技能士会連合会会長などを務めた。

大関東支夫の名言 一覧

「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし」。野村克也さんが好んで使う言葉ですが、どの社会にも当てはまる真理です。赤字になるには原因が必ずあるはず。


振り返ると、人とのつながりを大切にしてきたことが財産となっています。若い世代には「人との関わりが自分を変えてくれる」と伝えたい。


栃木県の農家で8人兄弟の5男として育ちました。両親や兄姉のほとんどが短命でしたので、若い頃から「たとえ短くとも密度の濃い人生にすればいい」と心に決めていました。


もし、人並みの寿命が得られるなら「人生を3分割したい」と思い描いていました。まず定年までは仕事をきっちり果たし、定年後はそれまでと違う仕事をする。その上で世の中にご恩返しをしていくというものです。幸いにも私には健康運があったようで、願い通りの三毛作人生を歩んでいます。


役所には「在任中を無難に過ごせば栄転できる」との空気があるものです。私は「問題は逃げずに任期中に片付けたい」という性分。難しい場面の連続でしたが相手の立場を理解するという姿勢を大切にしながら壁をひとつひとつ越えていきました。総務局長まで務めることができたのは、人に恵まれピンチをチャンスに変えられたからだと思っています。


大関東支夫の経歴・略歴

大関東支夫、おおぜき・としお。日本の経営者。「東京都競馬」社長、「全国技能士会連合会」会長。栃木県出身。高校卒業後、メリヤス問屋勤務を経て東京都職員試験に合格。都職員として働きながら日本大学法学部を卒業。都知事随行秘書、労働経済局長、総務局長、東京都中小企業振興公社理事長、東京都競馬社長、東京サマーランド社長、東京倉庫社長、全国技能士会連合会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

早川徳次

かわいい社員のクビを切ってまで、自分は会社を存続させられない。社長を辞し、会社は解散する。社員を憂き目にあわせてまで、自分はもう、ものを言えない。残った人間で会社を続けてよいが、自分はタッチしない。
【覚書き:1950年代初頭、米国の財政金融引き締め政策ドッジ・ラインが引き金になって起こった世界不況時の発言。不況の煽りを受けシャープも経営危機に陥ったが、この発言を機に労組が自ら自主退社を募り始めるなど、経営再建の機運が社員全体から高まり、シャープは危機から脱した。以降、シャープでは首切りはしないという経営風土が作られた】


重久吉弘

日本人には他国民にはない、柔らかい心、フレキシブルな心があると思っています。私はこれは非常に大事なことだと考えていますが、どこの国の人もこれを必ず評価してくれます。日本人の柔軟性というか、柔らかさは世界ナンバーワンだと思います。


前澤友作

これまでZOZOTOWNを好きと言ってくれる人を大切にしてきました。僕にとってお客さんはあくまで、同じ感覚を持った友達です。その友達に「僕はこれが好きだから、君も好きじゃないかな」と自然に勧めるのが、当社のサイトだと思っています。


中村貞裕

メディアが取り上げるような話題づくりで人気店を生む。最初のカフェ「OFFICE」をオープンし、後に「カフェブームの立役者」と呼ばれました。以来、ずっとその成功パターンを続けてきました。もともと、流行への関心が強く「スーパーミーハー」を自認する僕にとっては、モチベーションが最も生まれる戦略だからです。今ではカフェだけでなく、様々な飲食店やシェアオフィス、イベントなどの運営やプロデュースも手がけています。


亀井智英

電通にいたころ、人材・転職ビジネスをやっているビズリーチに話を聞きにいきました。すると、社長の南壮一郎さんから「亀井君ならいつでも転職できる。その前にうちの新規事業を手伝ってくれないか」と誘われまして。いずれ起業したいと考えていた僕にとって、事業をゼロからつくる経験は魅力的。引き受けて、南さんが集めた仲間と一緒にゼロをイチにするところまでやりました。イチになったら、その事業にフルコミットできる人たちが新しく入ってきて、僕たちは卒業することに。今度は自分たちでという話になり、Tokyo Otaku Modeにつながっていきます。


萩本欽一

僕がやっていた番組からは、有名人がたくさん育ちました。でも、僕が育てたんじゃありません。みんな自分で運をつかんで成功していったの。とくに新人の子たちは、その仕事が向いていたからではなく、性格のよさが成功の決め手になっていました。自分が置かれている状況を前向きにとらえて努力している人を、運の神様は見逃さないんです。


日覺昭廣

1980年代に繊維事業の縮小が議論された際は、当時役員だった前田勝之助氏が強く反対しました。それは前田氏が国内外にある生産拠点などの現場をくまなく回り、競争力を高める余地が残っていることを把握していたからです。


川崎貴子

本格的にビジネス書を読むようになったのは、自分で会社を経営しはじめてからです。OLをやっていたころは、ドキュメンタリー、小説、歴史ものなど、自分が興味を持ったものを思いつくままに乱読していました。仕事に役立てようという意図では読みませんでした。


吉田尚記

会話での質問は内容よりも答えやすいか否か、その一点が肝心。


山崎俊輔

衝動買いした物は、実は不要だったというケースが多い。店頭で欲しくなったら、一度店を離れ、喫茶店でクールダウンをしましょう。コーヒー代がかかっても、冷静な判断力を取り戻せて、ムダな出費を防げます。


吉越浩一郎

8時間睡眠を習慣にしています。「質の高い仕事」を追求した結果です。それには早朝から仕事を始めて早く寝ることだ、と気づいて始めたこの習慣は、現在も続いています。社員にもきちんと寝るよう口を酸っぱくして言っていました。


橘玲

日本では、夫が「会社」コミュニティー、妻は「ママ友」コミュニティーに属し、異なる世一界を生きている。そのため男性は退職、女性は子供が思春期を過ぎると、人間関係が途切れてしまう。これではいずれ「無縁生活」になってしまうので、人脈の幅を広げる努力をすべきだろう。