名言DB

9419 人 / 110788 名言

大関東支夫の名言

twitter Facebook はてブ

大関東支夫のプロフィール

大関東支夫、おおぜき・としお。日本の経営者。「東京都競馬」社長、「全国技能士会連合会」会長。栃木県出身。高校卒業後、メリヤス問屋勤務を経て東京都職員試験に合格。都職員として働きながら日本大学法学部を卒業。都知事随行秘書、労働経済局長、総務局長、東京都中小企業振興公社理事長、東京都競馬社長、東京サマーランド社長、東京倉庫社長、全国技能士会連合会会長などを務めた。

大関東支夫の名言 一覧

「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし」。野村克也さんが好んで使う言葉ですが、どの社会にも当てはまる真理です。赤字になるには原因が必ずあるはず。


振り返ると、人とのつながりを大切にしてきたことが財産となっています。若い世代には「人との関わりが自分を変えてくれる」と伝えたい。


栃木県の農家で8人兄弟の5男として育ちました。両親や兄姉のほとんどが短命でしたので、若い頃から「たとえ短くとも密度の濃い人生にすればいい」と心に決めていました。


もし、人並みの寿命が得られるなら「人生を3分割したい」と思い描いていました。まず定年までは仕事をきっちり果たし、定年後はそれまでと違う仕事をする。その上で世の中にご恩返しをしていくというものです。幸いにも私には健康運があったようで、願い通りの三毛作人生を歩んでいます。


役所には「在任中を無難に過ごせば栄転できる」との空気があるものです。私は「問題は逃げずに任期中に片付けたい」という性分。難しい場面の連続でしたが相手の立場を理解するという姿勢を大切にしながら壁をひとつひとつ越えていきました。総務局長まで務めることができたのは、人に恵まれピンチをチャンスに変えられたからだと思っています。


大関東支夫の経歴・略歴

大関東支夫、おおぜき・としお。日本の経営者。「東京都競馬」社長、「全国技能士会連合会」会長。栃木県出身。高校卒業後、メリヤス問屋勤務を経て東京都職員試験に合格。都職員として働きながら日本大学法学部を卒業。都知事随行秘書、労働経済局長、総務局長、東京都中小企業振興公社理事長、東京都競馬社長、東京サマーランド社長、東京倉庫社長、全国技能士会連合会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

三村孝仁

55歳で中国の巨大市場の本格開拓を任せられました。もちろん最初は右も左も分かりません。業種に関係なく、いろいろな人にひたすら話を聞きました。そこでとても大きな気づきを得ました。


高場大樹

自分で触って楽しいと思えるかが重要。


バラク・オバマ

ここまで来るのに、ずいぶん長くかかりました。しかしこの夜、私たちが今日と言うこの日に、この選挙で、この決定的な瞬間に成し遂げたことのおかげで、アメリカに変化がやってきたのです。


エルマー・デゲンハート

失敗は人間の性質の一つですから、当然、起こり得るものです。大切なのは失敗から学ぶ姿勢。失敗を透明性を持ってしっかり受け止め、そこからちゃんと学べる社風です。


矢野龍

我々住友グループは常に住友の事業精神を意識しており、事業は天下国家社会国民のためという考えを持っています。戦前に住友林業は朝鮮半島、インドネシアで植林をしたり、技術指導を行っていました。そういう歴史と伝統を背負ってやってきております。


市川秀夫(経営者)

全部何でも変えればいいというものではなくて、我々のモノづくりの力、現場力、それから強調したいのは、安全に対する取り組み、あるいは環境問題への取り組み、ここの部分は日本の特にモノづくりにとって基本だし、ここがブレてはいけない。あるいは我々の自信ですね。


佐瀬守男

最近は意識的に他店に訪れることを制限しています。僕は感動屋なんです。だからほかの店をみると、すぐに感化されて真似したくなる。桐生から東京に出てきたときもそうでした。「こんなにいい店があるんだから参考にすべき」だと考えて、いろいろと自分の店にも採り入れたりしてね。でも、今度は逆に、ホットランドの個性がなくなるんじゃないかと心配になってきた。真似ばかりでは、何のために自分でお店をやっているのかがわかりません。そこで、ホットランドらしさを大切にするために、最近はあえて外を見ないようにしているんです。


松井忠三

出店の際は、いつでも撤退できるよう準備をしながら、注意深く行わなければなりません。


津賀一宏

当社は技術も商品も多くのものを持っています。それを生かしてどんなビジネスモデルを作れるかはもっと真剣に考えるべきなんです。いい商品を作ったら、従来の流通チャネルに任せておけば、それで儲かるという考えは、儲かっている時はいいですけど、儲からない時代には考え直すべきでしょう。


古森重隆

航海に例えるのなら、社長の役割は会社がこれから進むべき航路図を引くこと。航海には嵐がつきもの。船長は絶えず船外に目を配り、雨は降ってこないか、行く手に氷山はないか、積み荷は崩れていないかと監視しなければならない。