名言DB

9413 人 / 110706 名言

大関東支夫の名言

twitter Facebook はてブ

大関東支夫のプロフィール

大関東支夫、おおぜき・としお。日本の経営者。「東京都競馬」社長、「全国技能士会連合会」会長。栃木県出身。高校卒業後、メリヤス問屋勤務を経て東京都職員試験に合格。都職員として働きながら日本大学法学部を卒業。都知事随行秘書、労働経済局長、総務局長、東京都中小企業振興公社理事長、東京都競馬社長、東京サマーランド社長、東京倉庫社長、全国技能士会連合会会長などを務めた。

大関東支夫の名言 一覧

「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし」。野村克也さんが好んで使う言葉ですが、どの社会にも当てはまる真理です。赤字になるには原因が必ずあるはず。


振り返ると、人とのつながりを大切にしてきたことが財産となっています。若い世代には「人との関わりが自分を変えてくれる」と伝えたい。


栃木県の農家で8人兄弟の5男として育ちました。両親や兄姉のほとんどが短命でしたので、若い頃から「たとえ短くとも密度の濃い人生にすればいい」と心に決めていました。


もし、人並みの寿命が得られるなら「人生を3分割したい」と思い描いていました。まず定年までは仕事をきっちり果たし、定年後はそれまでと違う仕事をする。その上で世の中にご恩返しをしていくというものです。幸いにも私には健康運があったようで、願い通りの三毛作人生を歩んでいます。


役所には「在任中を無難に過ごせば栄転できる」との空気があるものです。私は「問題は逃げずに任期中に片付けたい」という性分。難しい場面の連続でしたが相手の立場を理解するという姿勢を大切にしながら壁をひとつひとつ越えていきました。総務局長まで務めることができたのは、人に恵まれピンチをチャンスに変えられたからだと思っています。


大関東支夫の経歴・略歴

大関東支夫、おおぜき・としお。日本の経営者。「東京都競馬」社長、「全国技能士会連合会」会長。栃木県出身。高校卒業後、メリヤス問屋勤務を経て東京都職員試験に合格。都職員として働きながら日本大学法学部を卒業。都知事随行秘書、労働経済局長、総務局長、東京都中小企業振興公社理事長、東京都競馬社長、東京サマーランド社長、東京倉庫社長、全国技能士会連合会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

下田美咲

エッセイと違って小説は、どんなことを言っても許される。キャラクターの台詞って基本的に叩かれないですよね。だからいつか小説を書きたいと思っていた。エッセイは、シンプルに「私はこう思う」を書いている。一方的な文章にならざるを得ないから、どうしても印象がきつくなるんです。小説だと、同じ内容でもキャラクターの会話として書くから、相手を意識したやわらかい言い回しになる。だから、まっすぐ人の心に届く感じがします。


松原弘典

実際に学生たちの就活を見ていると、採用される側は目立ちすぎないように画一化のレールに自分から乗っているし、企業の側も効率を口実に、システム化された採用をしている。こういう状態がいいとは思えない。みんなが同じ方向を向く、今の日本のシステムに飼い慣らされてはいけない、と強く感じます。


越智仁

一番は技術の融合だ。これまでも3社が協力し合って新たな技術や商品を開発するよう号令をかけてきたが、「会社が違うので機密情報は出せない」「権利や利益はどちらが取るのか」といった問題が出てきて、なかなか前に進まなかった。スピードが求められる今の時代、そんなことでは競争に勝てない。3社統合で経営資源を結集し、総合力を発揮する。

【覚え書き|三菱化学、三菱樹脂、三菱レイヨンを統合する理由について】


童門冬二

「決断力」はトップ(リーダー)固有の権限です。企業規模の大小を問わず、最終的な決定権は委任できませんし、してもいけません。決断する権限は社長が絶対に手放してはいけないものであり、補佐役も介入してはいけない。


北城恪太郎

1990年代初頭、当時の日本IBMは売り上げの7割近くがハードウエア。これをサービス中心に変えなくてはならない。「モノではなく人材で勝負する会社に変わるんだ」と繰り返し説明しました。


岡田元也

成長しないでいいと言える企業はないでしょう。問題は成長の仕方。拡大しすぎてそれがもとで失敗している会社もあるし、成長がないために固まって腐っちゃうケースもある。規模拡大を極端に重視しているわけでは全くありません。


安田弘

今も昔も、日本でも、英国でも、米国でも、必ずしもお金持ちという意味ではなく「いい家庭」では、必ず家庭で教育をしている。


出口治明

若い人は「終業ベルが鳴れば帰りたいけれど、『もう帰るのか』と言うから帰りにくい」と言います。それに対して僕は、「1人で帰ろうとするから、つかまるんだ」と言うんです。みんなで帰ればいいのです。新入社員なら、みんなで相談して集団で帰ればいい。そうしなければ、世の中は変わっていきません。


吉原毅

ムードに流されず自分の頭で物事を検証して、論理的に判断を下す。目先の損得にとらわれず、公共に照らして長期的な視点から自分の考えを表明する。社員や社会に対して責任を持つリーダーであるからには、こうした精神が欠かせない。


鍋谷淳一

良い作品はどんなに複雑な文様を刻んでも、全体としてバランスが取れていて、嫌味がない。自分自身納得する作品ができるようになるまで、10年近くかかりました。


小沼大地

日立製作所でパソコンの耐久性を高める仕事をしていた方が、ラオスで太陽光を使ったランタンの普及に取り組むNGOに派遣されました。ある時、実際にランタンを使っている村に行くと、照度が最低に設定されていて薄暗い。聞けば、「これはとても大切な光なので、明るくして故障すると困るから」と。その瞬間、彼は自分のやっている「耐久性を向上させる仕事」というのは、本来、こんなふうに暮らしている人たちの助けになるためのものなんだと、気づいたそうです。彼は帰国後、「ただ品質向上を唱えていた僕は、エンジニアとして恥ずかしい。これからは、世の中の人たちにとって本当に役立つモノづくりとは何なのかを問い続けながら、挑戦していきたい」と語りました。


大坪英夫

東京精密に移り4年経って社長になろうというころ、組合三役がやってきました。社長になるなと言うのです。せっかくここまで信頼関係ができたのに、労務担当役員が変わると元の木阿弥だと。だから私は社長になっても組合は自分が担当すると約束し、会長兼CEOとなったいまも一貫して労務担当です。これをやっていくと、だんだん社内の人心が落ち着いてくるのです。嘘や裏切りは絶対にないと、皆が安心するようになるのです。


溝口勇児

私たちは、続けられなくてリバウンドするようなサービスを提供したくない。一人ひとりの体質に合わせて、五大栄養素をバランスよく摂りつつ、二カ月経ったときには正しい知識と知恵が身についているというサービスにしています。


鈴木敏文

これ心理的なものだけど、人というものは必ず飽きるんです。たから食べ物でもうまいものであればあるほど飽きる。そして新しいもの求める。安さだけでは反応しなくなっている。そういう意味でやはり質のいいものを追求していきたい。


宮沢文彦

日本には100年以上続いている企業が約3万社あります。この数は世界の100年企業総数の約7割に当たります。実は、彼らは本業だけで生き残ったわけではありません。大半の企業が不動産による賃料収入を得ることで生き残ったのです。