名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大関東支夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大関東支夫のプロフィール

大関東支夫、おおぜき・としお。日本の経営者。「東京都競馬」社長、「全国技能士会連合会」会長。栃木県出身。高校卒業後、メリヤス問屋勤務を経て東京都職員試験に合格。都職員として働きながら日本大学法学部を卒業。都知事随行秘書、労働経済局長、総務局長、東京都中小企業振興公社理事長、東京都競馬社長、東京サマーランド社長、東京倉庫社長、全国技能士会連合会会長などを務めた。

大関東支夫の名言 一覧

「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし」。野村克也さんが好んで使う言葉ですが、どの社会にも当てはまる真理です。赤字になるには原因が必ずあるはず。


振り返ると、人とのつながりを大切にしてきたことが財産となっています。若い世代には「人との関わりが自分を変えてくれる」と伝えたい。


栃木県の農家で8人兄弟の5男として育ちました。両親や兄姉のほとんどが短命でしたので、若い頃から「たとえ短くとも密度の濃い人生にすればいい」と心に決めていました。


もし、人並みの寿命が得られるなら「人生を3分割したい」と思い描いていました。まず定年までは仕事をきっちり果たし、定年後はそれまでと違う仕事をする。その上で世の中にご恩返しをしていくというものです。幸いにも私には健康運があったようで、願い通りの三毛作人生を歩んでいます。


役所には「在任中を無難に過ごせば栄転できる」との空気があるものです。私は「問題は逃げずに任期中に片付けたい」という性分。難しい場面の連続でしたが相手の立場を理解するという姿勢を大切にしながら壁をひとつひとつ越えていきました。総務局長まで務めることができたのは、人に恵まれピンチをチャンスに変えられたからだと思っています。


大関東支夫の経歴・略歴

大関東支夫、おおぜき・としお。日本の経営者。「東京都競馬」社長、「全国技能士会連合会」会長。栃木県出身。高校卒業後、メリヤス問屋勤務を経て東京都職員試験に合格。都職員として働きながら日本大学法学部を卒業。都知事随行秘書、労働経済局長、総務局長、東京都中小企業振興公社理事長、東京都競馬社長、東京サマーランド社長、東京倉庫社長、全国技能士会連合会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

ロバート・キャプラン

経営幹部層は、戦略だけをテーマにした会議を定期的に、できれば毎月開くことが望ましい。業務に関する会議と、戦略に関する会議は分けるべきです。


中村天風

人生を日々、極めて有意義に生きようとするのには、常に自分の人生理想を明瞭にその心に描いて、変えないことです。チョコチョコ変えちゃ駄目なんだよ。


鈴木大地

自分を素直に見つめ直すと、一人の人間として今後やるべきことが見えてくるんです。そういう時間を持つことで目標が明確になり、パワーが湧いてくるんです。


林野宏

かつて日本の会社はIQの高い人を新卒採用し組織で鍛えて従来のやり方を踏襲させていきました。日本全体が経済成長し市場のパイが膨らんでいく中ではそれでいいのですが、いまはパイが縮小する時代。少ないパイを同業他社と奪い合わなければならない。そんな椅子取りゲームを生き残るのに必要な能力はIQでもEQでもなく、ライバルを出し抜く知恵や戦略を描ける「BQ(ビジネス感度)」だと考えたんです。


米山久

外食とは異なる分野から人材を採用したことで、我々にはなかったアイデアや知恵が注入され、それまで自分たちでは対処できなかった課題が解消されたり、新たなサービスが生まれたりと、会社が変わっていくことが実感できました。


池谷幹男

信託銀行であり続けるべきだと考えている。サービス提供上も銀行の機能を持っていることは大事。ただ、それよりももっと大事なのは信託機能のサービスレベルを上げること。さらに機能をクリアにしていく時代が来たのではないか。過去何度か言われたが、改めて「信託の時代」が来ている。そこにしっかりお応えしていく。


鈴木喬(経営者)

私の経営は独裁といっても、独善とは違うのです。現場の社員と対話し、世の中の流行にも敏感であらねばなりません。そうでないと、トンチンカンな方向に行ってしまいます。


サミュエル・ジョンソン

好奇心は、力強い知性の最も永久的な特性のひとつである。


木川眞

現場のモチベーションを高めることも重要です。運送業界はこれまで、どちらかというと体育会系の文化でした。厳しく鍛えて育てていくという。しかし、時代の変化に合わせて事業構造を刷新するように、教育の手法も変えなくてはなりません。


高岡浩三

アイデアを思いつくと、私は必ず妻に「こんなことを考えたんだけど、どう思う?」と話すことにしています。仕事とは無関係の妻だからこそ、遠慮のない一般人の意見を気軽に聞くことができる。その妻が「ピンとこない」「買わないと思う」と言ったら、きっと多くの人々もそう感じるだろうと判断します。逆に妻が少しでも興味を示せば、どんなに小さなアイデアでもすぐに実行することにしています。


土井英司

たとえサラリーマンであっても、「稼ぐ力」は必要です。それを身につけるには、読書が最適の方法なんです。まず本は雑誌やウェブの記事に比べると情報の量が多く、細かいところまで踏み込んで書いてあります。また、テレビや雑誌と比べて、見ている人が少ない。つまり書かれている情報は、手厚いうえに希少価値が高いんです。


小宮一慶

最初にするべきことは、何のために情報を集めるのか、自分の目的をハッキリさせること。それがわかれば、不必要な情報をとるムダもなくなり、必要な情報に対するアンテナが無意識に立つようになります。