大関東支夫の名言

大関東支夫のプロフィール

大関東支夫、おおぜき・としお。日本の経営者。「東京都競馬」社長、「全国技能士会連合会」会長。栃木県出身。高校卒業後、メリヤス問屋勤務を経て東京都職員試験に合格。都職員として働きながら日本大学法学部を卒業。都知事随行秘書、労働経済局長、総務局長、東京都中小企業振興公社理事長、東京都競馬社長、東京サマーランド社長、東京倉庫社長、全国技能士会連合会会長などを務めた。

大関東支夫の名言 一覧

振り返ると、人とのつながりを大切にしてきたことが財産となっています。若い世代には「人との関わりが自分を変えてくれる」と伝えたい。

大関東支夫の名言|人との関わりが自分を変えてくれる

「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし」。野村克也さんが好んで使う言葉ですが、どの社会にも当てはまる真理です。赤字になるには原因が必ずあるはず。

大関東支夫の名言|赤字になるには原因が必ずあるはず

栃木県の農家で8人兄弟の5男として育ちました。両親や兄姉のほとんどが短命でしたので、若い頃から「たとえ短くとも密度の濃い人生にすればいい」と心に決めていました。

大関東支夫の名言|たとえ短くとも密度の濃い人生にすればいい

もし、人並みの寿命が得られるなら「人生を3分割したい」と思い描いていました。まず定年までは仕事をきっちり果たし、定年後はそれまでと違う仕事をする。その上で世の中にご恩返しをしていくというものです。幸いにも私には健康運があったようで、願い通りの三毛作人生を歩んでいます。

大関東支夫の名言|三毛作人生

役所には「在任中を無難に過ごせば栄転できる」との空気があるものです。私は「問題は逃げずに任期中に片付けたい」という性分。難しい場面の連続でしたが相手の立場を理解するという姿勢を大切にしながら壁をひとつひとつ越えていきました。総務局長まで務めることができたのは、人に恵まれピンチをチャンスに変えられたからだと思っています。

大関東支夫の名言|問題は逃げずに任期中に片付ける

大関東支夫の経歴・略歴

大関東支夫、おおぜき・としお。日本の経営者。「東京都競馬」社長、「全国技能士会連合会」会長。栃木県出身。高校卒業後、メリヤス問屋勤務を経て東京都職員試験に合格。都職員として働きながら日本大学法学部を卒業。都知事随行秘書、労働経済局長、総務局長、東京都中小企業振興公社理事長、東京都競馬社長、東京サマーランド社長、東京倉庫社長、全国技能士会連合会会長などを務めた。

ページの先頭へ