名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大野龍隆の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大野龍隆のプロフィール

大野龍隆、おおの・りゅうせい。日本の経営者。「ミスミグループ本社」社長。茨城県出身。茨城大学人文学部卒業後、ミスミに入社。執行役員、取締役執行役員、駿河生産プラットフォーム社長、ミスミグループ本社常務執行役員生産プラットフォーム本部長、駿河精機社長、ミスミグループ本社専務などを経て社長に就任。

大野龍隆の名言 一覧

昨年、子会社や事業部といった組織の数を今までの2倍にしました。小さな単位で各部門に経営を任せることで、ベンチャー気質にあふれつつも、戦略思考を併せ持つ社員をたくさん育てるのが狙いです。私が全体を束ね、戦う企業体を作っていきます。


私は幸い、田口(弘)、三枝(匡)という類まれな経営者2人と働くことができたので、それぞれの時代の良しあしを経験しています。だから、ミスミの「第3創業期」は、2人の時代の良いとこ取りをする「組み合わせ型」にしていきたい。


「これだと、僕は怠けてしまう」。ミスミに就職してすぐ、そう感じました。金型やFA(工場自動化)機器の部品に「標準化」の概念を持ち込んで、カタログ販売するのがミスミの本業です。私が入社した時、既にミスミのビジネスモデルは確立していたので、そこで1プレーヤーを演じるのは自分に向かないと思ったんです。だから、メディカルなど本業とは全く関係のない新規事業ばかりに携わってきました。


大野龍隆の経歴・略歴

大野龍隆、おおの・りゅうせい。日本の経営者。「ミスミグループ本社」社長。茨城県出身。茨城大学人文学部卒業後、ミスミに入社。執行役員、取締役執行役員、駿河生産プラットフォーム社長、ミスミグループ本社常務執行役員生産プラットフォーム本部長、駿河精機社長、ミスミグループ本社専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

宇佐美進典

ビジネスは学級会ではありません。事業責任者を置いているのは、誰かがしっかりと責任を取るためです。議論のプロセスでいろんな意見が出ることは好ましいことです。しかし、情報を収集し、決断するのは事業責任者であり、責任の所在が不明瞭では失敗が次の機会に活かせません。


樋口武男

上司は上から目線で話をせずに、相手の立場で話を聞くことが大切だ。


嶋津良智

感情の波をコントロールし、平常心を保つための方法として、自分なりの呪文を持つこともお勧めです。私の場合、お守りにしている言葉は2つです。「ひるんじゃいけない」と「冷静に、冷静に、冷静に」と心の中で3回唱えることです。


池井戸潤

キャラクターも、最初からあまりかっちりとは決めていなくて、書いていくうちに「こういうことを言うだろうな」と思いついたら、それに沿って。台詞で肉付けしていく感じです。


塙昭彦

苦労は買ってでもしろと言われますが、本当にその通りだと思います。自分の来し方を振り返っても、苦しいことの連続でした。しかし、その中で自分が磨かれていったのです。


石田宏樹

怖いと思うか、チャンスと思うかで、人材の価値は変わってくる。


荒蒔康一郎

元気のある人が一人で話し、ほかの人が聞き役になるのを避けるために、「では、あなたから意見を聞かせてください」というように、隅に座っている人から順番に指名することにしました。そう促されると、みんな心に秘めた思いはあるので本音を聞かせてくれました。


城谷直彦

周りの環境を気にし過ぎて、いつも平均点のサラリーマンは伸びない。むしろ自分が一番だと思って自信を持って仕事に取り組む。そこで一度ガツンと鼻をへし折られて、そこで反省し、気付いた人は伸びる。


野口悠紀雄

音声入力を利用することで、文章を書くスピードは十倍近く速くなりました。ただし、編集や修正の作業があるので、文章が完成するまでの時間はそれほど短縮されたわけではありません。重要なのは、文章を楽に書けるようになったことです。


松方弘樹

若いうちはなんでもやって、引き出しをいっぱいつくっておけ。


磯崎哲也

計画を入念に立ててから始めるのではなく、走りながら考えることが大事。実行しては修正し、顧客や競合の出方に応じて臨機応変に対応する。


佐藤オオキ

ブランド作りは、概念をいかに具体化できるかという作業。社長の考えや会社の雰囲気など、そのままだと見えないものを「ビジュアル化」することで、その会社の全員が「うちの会社はこうだったのか」と理解できるようにする。そして、それを形にしていくのがデザイナーの仕事。