名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

大野龍隆の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大野龍隆のプロフィール

大野龍隆、おおの・りゅうせい。日本の経営者。「ミスミグループ本社」社長。茨城県出身。茨城大学人文学部卒業後、ミスミに入社。執行役員、取締役執行役員、駿河生産プラットフォーム社長、ミスミグループ本社常務執行役員生産プラットフォーム本部長、駿河精機社長、ミスミグループ本社専務などを経て社長に就任。

大野龍隆の名言 一覧

昨年、子会社や事業部といった組織の数を今までの2倍にしました。小さな単位で各部門に経営を任せることで、ベンチャー気質にあふれつつも、戦略思考を併せ持つ社員をたくさん育てるのが狙いです。私が全体を束ね、戦う企業体を作っていきます。


私は幸い、田口(弘)、三枝(匡)という類まれな経営者2人と働くことができたので、それぞれの時代の良しあしを経験しています。だから、ミスミの「第3創業期」は、2人の時代の良いとこ取りをする「組み合わせ型」にしていきたい。


「これだと、僕は怠けてしまう」。ミスミに就職してすぐ、そう感じました。金型やFA(工場自動化)機器の部品に「標準化」の概念を持ち込んで、カタログ販売するのがミスミの本業です。私が入社した時、既にミスミのビジネスモデルは確立していたので、そこで1プレーヤーを演じるのは自分に向かないと思ったんです。だから、メディカルなど本業とは全く関係のない新規事業ばかりに携わってきました。


大野龍隆の経歴・略歴

大野龍隆、おおの・りゅうせい。日本の経営者。「ミスミグループ本社」社長。茨城県出身。茨城大学人文学部卒業後、ミスミに入社。執行役員、取締役執行役員、駿河生産プラットフォーム社長、ミスミグループ本社常務執行役員生産プラットフォーム本部長、駿河精機社長、ミスミグループ本社専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

亀田隆明

プロにとって最高の環境とは、歩むべき道を自由に選べることでもあります。私たちはむしろ、優秀な人材がここから巣立ち、多様な現場で活躍することを応援しようというスタンスです。


清水勝彦

専門家、先輩経営者の言うことが違うと気づいたときに、しっかりと指摘することができるかどうか。もしそこで、「そんなことを言えば、あの人が怒りそうだから、まあいいか」と思ってしまうようでは、経営者としての資格はない。


田中ウルヴェ京

企画などを提案するときのポイントは、相手にとってのメリットを強調することです。やりたいことは革新的だが、上司は安定志向だという場合は、「これをやっておけば、以降の5年間、安定した利益が確実に得られます」などと、言い方を工夫して印象を変えましょう。


堀内伸浩

眠る前に明日やるべきことをイメージする習慣をつけましょう。事前に最悪の事態をシミュレーションし、その精度を上げていけば、落ち込みやパニックなど、自分の感情に振り回されることもなくなり、迅速にトラブル対処できる力が身につきます。


小倉広

会社として対応し、結果を出すことが何よりも重要。あなた一人で何とかしようとして、何の成果も出せなければ、それこそクライアントに迷惑がかかります。


吉山勇樹

仕事の指示を出した上司には仕上がりや結果に対する期待値があるわけですよ。資料の作成なら、作るだけではなく、必要な部数を印刷して、関係各者に配布するところまでやってほしい、と考える。ところが、部下は資料を作りさえすれば、上司の指示に応えたことになる、と思っている。こんなところに、上司の期待値とギャップがあるわけですね。その結果、上司は「なんだ、できてないじゃないか」となるし、部下は「がんばったのに評価してくれない」となる。


小池龍之介(小池龍照)

何か不安になることがあるときに意識するべきは「今」に集中すること。今おかれている状況や心の状態を客観視するのです。誰かに話を聞いてもらったらスッキリしますよね。同様に、自分で自分の心の声を聞き取ってあげるのです。


デール・カーネギー

私は底まで落ちたが、とにかくそれに耐えてきた。これから上へ行くだけだ。


飯島勲

ちょっとした差異に気づく専門性も必要である。しかし、多くの人にとって、それは些細なこと。私はその些細な部分を犠牲にしてでも、もっと重要なことに全力を投入する人生でありたい。


魚住りえ

話し方のイメージは声の高さとスピードで決まります。たとえば話を盛り上げたいときは「高く、速く」相づちを打つのが効果的。逆に、相手の話の勢いがよすぎて、少し落ち着いてほしいときには「低く、ゆっくり」相づちを打ちます。相手の話を相づちでコントロールできるのです。


出雲充

私は、この世に「くだらない仕事」はないと思っています。ミドリムシのような、一見「くだらない生物」と思われる生物が世界を救う可能性を持っているのと同じように、みんながくだらないと思っている仕事にこそ、大きな可能性があるのではないでしょうか。


窪山哲雄

一時は、バブル崩壊の象徴として、そのまま風化させようかという声もありました。ホテルマンとしてはこれは何とかしなきゃという気持ちでした。
【覚書き|バブルの末期に北海道拓殖銀行の資金で建設された高級会員制リゾート、エイペックスリゾート洞爺が経営破たん。そのホテルの運営を引き受けたものの、拓銀の破たんで営業停止に。その後、セコムグループの支援を受け、ザ・ウィンザーホテル洞爺として経営再建を果たした。上記発言は拓銀破たん時を振り返っての発言】