大野龍隆の名言

大野龍隆のプロフィール

大野龍隆、おおの・りゅうせい。日本の経営者。「ミスミグループ本社」社長。茨城県出身。茨城大学人文学部卒業後、ミスミに入社。執行役員、取締役執行役員、駿河生産プラットフォーム社長、ミスミグループ本社常務執行役員生産プラットフォーム本部長、駿河精機社長、ミスミグループ本社専務などを経て社長に就任。

大野龍隆の名言 一覧

昨年、子会社や事業部といった組織の数を今までの2倍にしました。小さな単位で各部門に経営を任せることで、ベンチャー気質にあふれつつも、戦略思考を併せ持つ社員をたくさん育てるのが狙いです。私が全体を束ね、戦う企業体を作っていきます。


「これだと、僕は怠けてしまう」。ミスミに就職してすぐ、そう感じました。金型やFA(工場自動化)機器の部品に「標準化」の概念を持ち込んで、カタログ販売するのがミスミの本業です。私が入社した時、既にミスミのビジネスモデルは確立していたので、そこで1プレーヤーを演じるのは自分に向かないと思ったんです。だから、メディカルなど本業とは全く関係のない新規事業ばかりに携わってきました。


私は幸い、田口(弘)、三枝(匡)という類まれな経営者2人と働くことができたので、それぞれの時代の良しあしを経験しています。だから、ミスミの「第3創業期」は、2人の時代の良いとこ取りをする「組み合わせ型」にしていきたい。


大野龍隆の経歴・略歴

大野龍隆、おおの・りゅうせい。日本の経営者。「ミスミグループ本社」社長。茨城県出身。茨城大学人文学部卒業後、ミスミに入社。執行役員、取締役執行役員、駿河生産プラットフォーム社長、ミスミグループ本社常務執行役員生産プラットフォーム本部長、駿河精機社長、ミスミグループ本社専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

ヴォーヴナルグ

格言は、哲学者たちの機知のほとばしりである。証明のいる箴言は、表現の下手な箴言である。箴言は書き手の心を暴露する。


五木寛之

低成長の時代は、成熟した文化をつくるチャンス。イメージ戦略が大事。


小林一雅(小林製薬)

私自身、マーケティングを「市場創造のための活動全般」と捉えており、商品開発や人事、ライバルとの競争やM&A(合併・買収)など、あらゆる局面でマーケティングの視点を活用しています。


林野宏

勝負の分かれ目という言葉があります。スポーツならばあのプレーで勝負の行方が決まったという瞬間です。そんなとき、選手はノリにノッています。自分は今日はツイていると本能的に感じている。だから普段できないようなすばらしいプレーができてしまうことがあるのです。


宮本武蔵

「崩れ」ということはなにごとにもあるものである。その家が崩れる、身が崩れる、敵が崩れるというのも、時機にあたり、拍子違いになって崩れるのである。合戦においても敵が崩れる拍子をとらえて、その機を逃がさないように追い立てることが肝要である。崩れるときの呼吸を逃せば、敵が立ち直ることがあろう。


西藤彰

技術者としてのプライドがありますから、安物は作りません。やはり西ドイツで見てきたことが非常に印象深く、いいモノを作ろうという気持ちはありました。


加賀見俊夫

人気のアトラクションでもゲスト(お客様)の全員が高い顧客満足度をつけるわけではありません。ゲストによって、心が満たされるアトラクションは異なるんです。


西多昌規

効果的なのは、「こうなりたい」と望む自分像をイメージすること。なりたい自分を思い描くことが前に進む原動力になる。


橋本俊治(経営者)

形にすることは、ある意味で、楽なこととも言えます。何もないゼロから作り上げていく、あるいは発想していくことの方がはるかに難しいと感じます。ですから、(他の部門との)連携プレーの重要性を肌身で感じることができました。


伊藤真(弁護士)

問題は、みんなで共有できて初めて意味がある。その意味での問題発見ができる人こそが、リーダーになれる。


梅田望夫

不向きな仕事にひたすら耐える働き方をしている人は、たとえ朝から晩まで仕事に打ち込める環境にあっても、集中し続けることが難しい。そうすると、仕事が好きでたまらなく、四六時中没頭している人には、絶対にかなわない。21世紀の仕事というのは、どれだけ没頭できるか、その度合いで勝負が決まるのではないでしょうか。


寺尾玄

夢をかなえるプロセスは、企画を実現させるプロセスと同じ。強い願いで「なるべき姿」をイメージし、それを実現させるための努力を重ねていく。企画も自分の義務に変わるぐらいのものを提案すると、実現の確率がグッと上がると思います。


手倉森誠

「今のプレーはよかったぞ」みたいなことはよく言います。ただそれで、図に乗っていないかも同時に見ています。調子に乗ると往々にして失敗する。失敗した選手にはすかさず「あの言葉に甘えたな」って言って、また次の言葉を掛けるんです。


大塚寿

多くの人は現在の収入の範囲内でどう暮らすかに知恵を絞ります。年収が500万円なら、そのなかでやりくりする方法を考えるケースが大半でしょう。しかし、給料が上がるよりは下がる可能性の高いこれからの時代でその考えを続けていたら、生活はどんどん質素になるばかりです。ですから、目の前の現実はひとまず横に置いて、現在の収入に関係なく、自分がどんな人生を送りたいかを考えてみましょう。その人生を送るために、いまの収入以上のお金が必要なら、それを得る方法を考えればいいのです。その方がよほど建設的です。


宇田川建

私達が大切にしている習慣化とは、「その行為を行なわないと落ち着かない。不快な状態になる」ことです。朝の洗顔や食後の歯磨きと同じように、「英語の勉強をしていない日は違和感を覚える」ようになるかどうかが勝負の分かれ目。この状態になれば、時間の経過とともに英語力は自然と上がっていくものです。


ページの先頭へ