名言DB

9412 人 / 110637 名言

大野誠一の名言

twitter Facebook はてブ

大野誠一のプロフィール

大野誠一、おおの・せいいち。日本の経営者、編集者。「アクトビラ」社長。日本リクルートセンター(のちのリクルート)に入社。『ガテン』『とらばーゆ』『アントレ』『ダ・ヴィンチ』などで編集長を務めたのち、アクトビラ社長に就任。そのほか、ローソンHMVエンタテイメント取締役常務執行役員、ハッツアンリミテッド代表取締役などを務めた。

大野誠一の名言 一覧

これまでのキャリアを棚卸しして、自分の価値観が「お金を稼ぎたい」「社会に貢献したい」など、どこにあるのかを見つけましょう。それが、今後どういう働き方をすればいいのかを判断するための、大きなヒントになるはずです。


僕の知人に47歳で会社を辞め、軽井沢でワイン用の葡萄づくりを始めた人がいます。彼にとって価値観の軸の95%が「自分の判断で仕事を決めたい」、残りの5%が「好きなことがやりたい」だったそうです。求めるのはお金じゃない。だから、3年くらいなんとか生活が続けられる貯蓄ができた段階で、迷いなく新しい世界に飛び込んでいけた。まずは自分の価値観を把握する――これがあなたらしい独立を成功させるための第一歩だと思います。


大野誠一の経歴・略歴

大野誠一、おおの・せいいち。日本の経営者、編集者。「アクトビラ」社長。日本リクルートセンター(のちのリクルート)に入社。『ガテン』『とらばーゆ』『アントレ』『ダ・ヴィンチ』などで編集長を務めたのち、アクトビラ社長に就任。そのほか、ローソンHMVエンタテイメント取締役常務執行役員、ハッツアンリミテッド代表取締役などを務めた。

他の記事も読んでみる

木川眞

デファクトスタンダードとなったら、この立場を活かし、一段上の、よりスケールの大きい使い勝手のいいプラットフォームを構築する。行政や民間企業が我々のプラットフォームを利用することで、より高品質なサービスを安いコストで提供できるようになる。すると我々は、なくてはならない存在になるでしょう。言葉をかえれば、「一番身近で最も愛される企業」になれるのです。


ケリー・マクゴニガル

「うまくいくべき」と感じる手法を探すのではなく、「どうしたら本当にうまくいくか」を見つけることに集中してください。あなたに合わない生産性向上モデルを自分に押しつけていないか、自分を見つめてください。


澤田貴司

一緒に仕事をすると、その人がどんな人かわかると思います。本当に仕事をしていて、自分で結果を出していて、しかも経営そのをやりたい人間は、迫力があります。単にキャリアアップを狙っていたり、不満があってくるのとは違う感じを受けます。


松下正幸

松下電器(現パナソニック)に入って、それなりの部門の経営を任されるようになってからは、年に二回ほど祖父(松下幸之助)に報告にまいりました。私は、「いま、私の部門はこういう状況で、次はこういうことを狙っています」ということを報告するわけですが、そのときにも、報告内容について、「そんなことはするべきではない」とか、「もっとこういうことを考えろ」というような指導は一切ございませんでした。ただ、ひたすらいろんな質問が出てくるのです。たいていの質問には答えられるのですが、なかには私が、「えっ、そんなこと聞くの?」と言いたくなるような思ってもみない質問が出てくることもあるわけです。こちらも一応、その部門の責任者として、あまり知らない知らないと言うわけにもいかないので、多少うろ覚えの数字を言ってみたりするわけです。そういうときは、「こいつ、このあたりは勉強不足だな、よく理解していないな」ということを、祖父は分かったと思うのですけれども、それについて叱られることもなく、そのときはそのときで済むわけです。ところが次に報告にいったとき、また同じ質問が繰り返されます。こちらも、前回答えられなかったところはしっかりと勉強していっていますので、そのときは答えられるわけです。一回目に答えられなかったとき、その場で叱ってしまえば、それまでのこと。そこを、私自身が答えられなかったと自覚し、その部分を勉強して今度は答えられるように仕向けてくれたのです。いわば、みずから気づかせ、悟らせる教育を、祖父はしてくれたのではないかと思っております。


岡田正大

米シスコは、貧困地域でのプログラミング教育を無償で行うことにより、低所得者層の職業能力を向上させると同時に、優秀な人材の優先的な確保を可能にした。


野村修也

コンプライアンスの神髄とは、ただ法律を守ることではなく、企業価値を守るための「リスク管理」だということを意識すべきです。そうしたリスク管理の態勢をつくり、それを発展的に運用していくことが必要となります。そのプロセスこそが大切であり、法律を守ったかどうかという結果だけを見てはいけないのです。


蛭子能収

40歳過ぎて、新しい友達って本当に必要なのでしょうか。友達はつくろうとして「つくる」ものではなくて、自然に「なる」ものではないでしょうか?だいたい、友達が多ければ、結婚したら結婚祝い、子どもが生まれたら出生祝い、家を建てたら新居祝い。飲み会、遊びの誘い……、金が出ていくばかりです。


笠原久芳

同業他社から言わせると、コンタクトプローブの業界って成熟産業らしいんですよ。根本的にね、商品の形はもうこれ以上変わらないだろうし、変えようがないと。形という意味では、そうかもしれません。しかし、ハイエンドなモデルについては、これからますます微細加工が難しい分野に入っていきますし、ローエンドなものについても、ちょっと手を加えるだけで性能がアップする、というか既にアップさせてますしね。一つは耐久性ですね。他社製だと10万回検査すると交換しなければならないんですが、うちのは100万回もちますからね。


和田一夫(経営者)

倒産を招いた最大の原因は私の驕りにあった。


安部修仁

外食や小売業界の一部は、最も過重労働が蔓延しやすい体質を持っています。経営者が低コスト化を実現するために、実態的には労働搾取を行っているのに、それをごまかしているケースが多い。残業時間を語るときには、まず、その企業で公平な分配が行われているか否かを見定める必要があります。


冨山和彦

必要なのは、「全員給与一律カット」のような痛み分けではない。何かの事業をやめる、あるいはファブレスにして製造部門を切るというように、思い切ってメスを入れる。多くの日本の電機メーカーは、この「縦にメスを入れる」スピードが非常にゆっくりだった。それが世界のエレクトロニクス、特にデジタルの要素が強い領域のスピードど全然合わなかったのが構造的な敗因です。


石田淳(コンサルタント)

「部下が指示どおりに動いてくれない」という悩みを持つ上司は少なくありません。相手を動かすために最も大事なことは、いかに相手をその気にさせるか。それには、「動機づけ条件」を明確にすることです。「私の指示どおりに動けば、君が一番欲しいものが手に入りますよ」ということを伝えれば、相手はそのとおりに動くのです。それができるようになるためには、日頃から部下とのコミュニケーションを心がけ、相手がどんなことに喜びを感じるのか、どんなライフスタイルを望んでいるのかなどを知る必要があります。


いぬかいはづき

たとえば中小企業診断士の活動をせず、資格スクールの講師や通信講座の添削のアルバイトを副業にしているサラリーマンもいる。メジャー・マイナー問わず、自分のアイデア次第で、資格はキャリアアップに生かせる。


入山章栄

特に若いうちに失敗した方がいい。いわゆる認知科学で言うと、若いうちに成功経験を持つと認知が狭くなってしまうんです。自分がいる世界が正しいと思い込み、簡単に言うと勉強しなくなる。ですが若いうちに失敗すると、自分の考えたことが常に正しいわけではないと疑いながら動くので、結果として勉強するし、長い目で見ると成功する。


山内溥

ヒットのノウハウなんて、わかれば苦労しない。たとえあったとしても、それは絶対、活字なんかになり得ないことなんだ。そんなもん、どうやったら金が儲かるか、どうして趙治勲(ちょう・ちくん、韓国生まれのプロ囲碁棋士)が強いのかという質問と同じなんだ。答えなんてないで。