大野誠一の名言

大野誠一のプロフィール

大野誠一、おおの・せいいち。日本の経営者、編集者。「アクトビラ」社長。日本リクルートセンター(のちのリクルート)に入社。『ガテン』『とらばーゆ』『アントレ』『ダ・ヴィンチ』などで編集長を務めたのち、アクトビラ社長に就任。そのほか、ローソンHMVエンタテイメント取締役常務執行役員、ハッツアンリミテッド代表取締役などを務めた。

大野誠一の名言 一覧

これまでのキャリアを棚卸しして、自分の価値観が「お金を稼ぎたい」「社会に貢献したい」など、どこにあるのかを見つけましょう。それが、今後どういう働き方をすればいいのかを判断するための、大きなヒントになるはずです。

大野誠一の名言|キャリアを棚卸しして自分の価値観を明らかにする

僕の知人に47歳で会社を辞め、軽井沢でワイン用の葡萄づくりを始めた人がいます。彼にとって価値観の軸の95%が「自分の判断で仕事を決めたい」、残りの5%が「好きなことがやりたい」だったそうです。求めるのはお金じゃない。だから、3年くらいなんとか生活が続けられる貯蓄ができた段階で、迷いなく新しい世界に飛び込んでいけた。まずは自分の価値観を把握する――これがあなたらしい独立を成功させるための第一歩だと思います。

大野誠一の名言|まずは自分の価値観を把握する

大野誠一の経歴・略歴

大野誠一、おおの・せいいち。日本の経営者、編集者。「アクトビラ」社長。日本リクルートセンター(のちのリクルート)に入社。『ガテン』『とらばーゆ』『アントレ』『ダ・ヴィンチ』などで編集長を務めたのち、アクトビラ社長に就任。そのほか、ローソンHMVエンタテイメント取締役常務執行役員、ハッツアンリミテッド代表取締役などを務めた。

ページの先頭へ