名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大野耐一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大野耐一のプロフィール

大野耐一、おおの・たいいち。日本の技術者。「トヨタ自動車工業」副社長。満州国大連出身。名古屋高等工業学校(のちの名古屋工業大学)機械科卒業後、豊田紡織(のちのトヨタ紡織)などを経てトヨタ自動車工業に入社。トヨタ生産方式を体系化し、世界に広めた。著書に『トヨタ生産方式 脱規模の経営をめざして』。

大野耐一の名言 一覧

知恵が出ないのは、まだ困り方が足りないんだ。


人間の能力は無限だ、知恵は無限だ。


上司は部下を困らせるのが仕事だ。


大野耐一の経歴・略歴

大野耐一、おおの・たいいち。日本の技術者。「トヨタ自動車工業」副社長。満州国大連出身。名古屋高等工業学校(のちの名古屋工業大学)機械科卒業後、豊田紡織(のちのトヨタ紡織)などを経てトヨタ自動車工業に入社。トヨタ生産方式を体系化し、世界に広めた。著書に『トヨタ生産方式 脱規模の経営をめざして』。

他の記事も読んでみる

阿南惟正

一度も母の愚痴や不満を聞いたことはありません。その母のふるまいは、私たちにとって「無言の教育」になっていたと思います。


清水義範

企画書や提案書で「本製品はわか社が社運をかけて開発いたしました」といったように、自社ないしは自分の都合を記すことはよくありません。そうしたことは相手に一切関係がないため、プラスに働くことがないからです。同様に、「お恥ずかしい話、このところ、わが社の製品の売れ行きは落ち込んでおりまして……」などの同情を誘うような自虐的な文面も、大人の社会では通用しません。おそらく逆効果でしょう。


山﨑敦義(山崎敦義)

グローバルで勝負できる事業をしてみたかったし、もっとわかりやすく世の中の役に立ちたいという思いもありました。あと、僕は孫正義さんが大好きで、孫さんの講演で「兆のつく仕事をやれ」と聞いたことも大きかった。自分の損得を考えているだけでは、せいぜい100億~1000億円の事業にしかならない。本当に世の中のためになる事業なら兆になるから、そこを目指すべきだとおっしゃったんです。そうなると建築とは別のことにチャレンジしないといけないなと。


山下俊彦

(創業者に)気配りなんかしていたら、仕事にならんですよ。


鈴木成朗

南部鉄器は、おかげさまで欧州や中国、東閑アジアなど、世界で評価をいただいていますが、支持されているのはやはりそのクオリティー。使い手の目線に立った細かな配慮こそ、代々受け継がれてきた技の本質だと思っています。


山極寿一(山極壽一)

京都という地は、世界に向かって挑戦する人材を多く輩出しています。街自体にも「世界の中で京都が一番」という自負がある。職人にしろ、商売人にしろ、世界を相手にしているという気概を持っています。だからこそ、新しいものを伝統と調和させることで、千二百年も生き続けてこられたわけです。


大橋徹二

やはり、企業は人しかない。人と人との結びつき、人と人との信頼関係がなかったら、ビジネスは成り立たない。


山下茂(経営者)

自分が疲れていては、相手のことを思いやる余裕は持てません。心身ともに健康でいるために、前向きに考えることを心がけているほか、毎日30分エアロバイクを漕いでいます。


小田豊(経営者)

当社では全従業員有給休暇の完全取得をやっています。当社も以前はいいかげんに有休制度を運用していました。有休を買い取る形で休暇の日数を減らしたり、全部は買い取れないからと、支払額を減らしたりしていました。しかし、内心では「これは労働搾取だ」と思っていました。私は学生時代に安保闘争が盛んだった世代です。六花亭に入社した頃、資本家の息子として労働搾取していると見られることに、強いアレルギーがありました。会社側に都合のいいような有休制度の運用は、自分に刺さったトゲのように感じられた。そこで自分が副社長だった時代に、買い取り制度を廃止しました。また忙しくて有休を消化できないという状況をなくすために、人員を増やしました。今では有休の取得が当たり前という認識が広がり、放っておいてもみんな完全に消化してくれるようになりました。


藤原和博

平均寿命で考えても、40代の人にはまだ30年、40年の時間が残されています。発想を変えてこれからも新しく何かを始めれば、もうひと山もふた山もつくれるかもしれません。坂を下るだけが人生の終わりではありません。


三木雄信

私はどうしてもやる気が出ないとき、あえて人に会ったり、ミーティングを設定したりします。自分の頭だけで考えているだけでは、閉塞して行き詰まりがちですが、人と会話するだけで相手から元気をもらうことがあります。


谷原誠

司法試験に合格したころには、もう誰にどんなことを言われても勝てるような気がしていました。ところが、いざ交渉の場に臨むと、話が全然まとまらない。相手をやっつけることはできるのですが、強気で押せば押すほど結果は悪い方向へ進んでしまうのです。いま思えば、議論のテクニックばかりに走って人間の本質を見失っていたといえます。人間は感情の生き物なので、相手の感情に配慮し、コントロールすることが交渉事をまとめるカギになります。