大野直竹の名言

大野直竹のプロフィール

大野直竹、おおの・なおたけ。日本の経営者。大和ハウス工業社長。愛知県出身。慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、大和ハウス工業に入社。特建事業部長、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

大野直竹の名言 一覧

視野を広く長くし、同時に今日のことも考えて現場に目をこらす。そうすれば、部下の報告に隠れている真実も見えてくるし、指導者は必ず鍛えられていく。


長い目でものを見てみると、時代を超える本質の部分が浮かんでくる。それをよく見て、自分はどうしたらいいか、イメージをつくっていく。どうアプローチしていくのか、それを考えて実行していく。


思えば大変だったかもしれませんが、そのときは、とにかくがむしゃらにやっていました。不安を感じたり落ち込んだりする暇はなかった。

【覚え書き|新人時代を振り返って】


入社直後、長続きするか不安もありましたけど、仕事の面白さを感じてからは、辞めるにはもったいないと思うようになりました。


これからの時代をどう考えるかということを探求しておけば、そんなに大きな失敗にはつながらない。


世の中のためになるというのは、お客さんたちが最終的にはいいのだというのが大切なこと。


自分の部門で全て解決しようとするのではなくて、オール大和ハウスで提案、解決していこう。


企業は歩みを止めたらそれで終わり。止まったらいけない。


我々よりも歴史が古くて立派な会社はたくさんあるじゃないですか。その会社と競争して、やっぱり金メダルを取らないといけないですね。銀メダルや銅メダルではどうしようもないわけですよ。


事業は多角化していますが、もともとはハウスメーカーという意識が僕らにはあります。ただ、我々は何者かということよりも、とにかく顧客と長く付き合うことを大事にしたい。


経営者というのは、立ち止まったら負け。常に進化し続けられるようにしていく。


自分の仕事をあまり近視眼的に考えるな。辛抱強く、辛抱強く一生懸命やっていてごらん。そうすると、どこかで花開く。


企業は先の先を見て、手を打っていく。それがひいては世の中の役に立つ。このことを根幹の企業にしていきたい。


いま求められているのは変革。いままでやっていた通りにやるな。


経済が不透明な状況だからこそ事業を変革して、広げていく。


企業は止まることができない。進化し続けられるかどうか、前進し続けられるかどうかが企業の存在価値としてのあるべき姿。


長い目で見てお客様から支持を受けることに重点を置いてやっていけば、いろいろな問題は解決する。


みんなに良かったと思ってもらえる形を考えていかないと、企業が成長し続ける方向にならない。


傲慢、横柄な態度では上手くいくものも上手くいかない。成果が得られるかどうかは、ひとえに当社自身の振るまい次第。


信頼の先に自然と結果はついてくる。


信頼される人間になれ。「この人に夢を託そう」と思ってもらえるような人間力を磨け。


組織運営においても人を大事にする姿勢が必要。


事業をよく見ると、他の事業との垣根がだんだん低くなってきているんですね。ですから最終的な事業ポートフォリオというのは、あまり決めない方がいいような気がします。


会社の商品の知識を勉強し、それをベースとするのは必要だけども、我々が望むのは、とにかく人間を磨く事だ。


思っていてもできないことはいっぱいありますよね。我々もたくさんのことを思いますが、その何分の一が実現できるかわかりません。ですが、思わない人間には絶対に何もできません。


組織の中には、自分が何をしているのかわからないという人がいます。大企業ではなおさらでしょう。社員がそう感じるのは、経営者や管理職が、しかるべき環境を作り出していないことの表れだと思います。


管理職や経営者は、長期的視点を持つ一方で、短期的視点を兼ね備え、自ら「いまの現場」を回り続けることが必要。私は社長時代、「現場に最も近い経営者であり続けよう」と考えていました。


営業員も経営者も、とかく足元の出来事からものを考えようとします。しかし、ビジネスに必要なのは、短期・中期・長期の様々なスパンの視点です。


若い頃から、お客様とはとにかく長くお付き合いができる関係になろうと心がけてきました。当たり前のようですが、それは気持ちだけではできません。経営と同じように、人間関係も短期・中期・長期でどうお付き合いするかを考えないと続かないと思うのです。


常に挑戦者としてひとつひとつの事業に向かい、最大限の努力を惜しんではならないと肝に銘じています。


常にお客様から相談を持ちかけられるような強固な信頼関係を構築するとともに、サービスの内容を進化させ続けていくことが重要です。


住宅をコア事業とする私どもの会社には、住まいを建ててから、お客様との数十年にわたる長いお付き合いが始まるという意識が深く浸透しています。ですから、物流施設の建設にしても「ここまでやらなくてよいのでは」と言われるくらい、どうしても細部の仕上げまで気になってしまうのです。こうした住宅メーカーならではの配慮やアフターサービスへのきめ細やかな姿勢などはきちんと継承していかなくてはなりません。


これで満足とは思っていません。立ち止まることで、様々なことに気がつかなくなる状態を最も恐れています。変化を恐れず、進化を追い求める姿勢によって、つねに挑戦していかなくてはならないのです。


今年の連結業績予想で売上高2兆円が見えてきましたが、いまやその数字が社内で語られることはありません。ひとつの通過点にすぎず、役員や従業員の意識は次に向けた基盤づくりに向かっています。日本経済の先行きについては緊張感を持って見つめており、内部改革のスピードを緩めることはありません。


「左遷された」というのは当人の受け止め方の問題であって、そこに飛び込んでいく気持ちがあれば「左遷」ではないと思う。地元の人たちと仲良くして、地元の経済になじめば、どこに行っても幸せになれると思う。


人間の力には、どこまでいっても機械が真似できない部分がある。相手を魅了したり、信頼を得る力というのは、まさにそうだと思う。私はそこにこだわっていきたいし、大切にしなければいけないと思う。


私どものオーナーである石橋信夫は、誰も歩いたことがないところを率先して歩くような人でした。前人未到なのだから、自分の実力以上も実力以下もない。我々はそんな創業者の弟子に当たるわけですから、常に前向きでありたいと思っています。


住宅市場の動向を、あまり短いレンジでは考えていません。(米国)大統領が誰になり、どのような政策を打ち出すかに一喜一憂はしません。仮に危機が起きても、良いものを確実に造って販売すれば、大きな損失とはなりませんしね。


その土地に最適なものが何なのか、一つの知恵だけではうまくいかないケースが多々あるでしょう。例えば、賃貸住宅よりもサービスアパート、ホテルの方が立地として向いていることもある。だから色々なものを扱えるように、各部門が勉強しないといけないですね。


石橋(信夫)オーナーの言葉や考え方の中にある「世の中のためになることをやる」というのは絶対崩してもらいたくないし、崩せないと思う。そうした言葉や方針を僕らが体の中に入れて消化させ、時代に沿った経営をしていくべきです。


僕らは当時世の中に全くないものを造ってきました。顧客から、住まいに関係した様々な仕事を頼まれても、全部お聞きしますというのが僕の理想。まだまだ新たな事業創造ができると思います。


どこに大和ハウスを選んだメリットがあるのか。それは、とにかくずっと付き合うところにあると。これをきちんと評価していただき、金メダルを取らないと、大和ハウスの明日もない。


住宅部門で何を言い出しているかと言うと、これからはもっと色々なものが混ざり合っていくのではないかということです。だから扱うものは必然的に広がっていくことになるだろうが、住宅事業の精神は守らなければならないということですね。


僕はそんなに長いこと、そばで仕えたわけではありませんが、石橋(信夫)オーナーは話した通りにやることを望んでいないでしょう。その通りにすればよいという甘い時代ではないし、ご自身も結構変わり身が早かったですしね。


家を売りに来た営業マンが、人間的にもっと勉強したほうがいい、とお客さまが基準以下の評価をされる人ではモノは売れません。お客さまに、この人は若いけど、やる気があって、人間的にもレベル以上だよね、と思われたとき、初めて買っていただける。


昔、大和ハウスの社員が、他のグループ会社に対して威張っているという話を聞いたことがあります。それで「絶対そんなことはまかりならん」と言っているんですが、一緒に飲んで、仲良くなったら全然関係なくなります。


仮に口に出して言ったことや夢が実現しないからといって、私の方からそれを叱咤するようなことはない。とにかく思うこと、いつかそれはできるようになる。ですが、思わない人、言わない人は永久にできない。


どんなにうるさい事を言っても、本質的には自由にやらせなければダメ。私自身、若い頃、自由に仕事をさせてもらいましたしね。勇気がないとダメ。僕ら経営陣が考えるのは、失敗のリスク、大きさです。それを計算した上でやれと言っているわけで、それが失敗しても大丈夫という意味です。


オーナー(創業者・石橋信夫)は創業百周年で売り上げ10兆円という夢があった。そういう夢というのは、僕らに立ち止まってはいけないよということを教えていると思うんです。


尊敬する人は織田信長です。あの人だけが戦国の世にあって、日本を統一し平和にして、今までの悪い点を改革して新しい世をつくろうというビジョンを持っていた。本当に今までの世の中を変えたいと思ったリーダーであることは間違いない。


とにかく夢を持ってほしい。夢を持ったら、必ずそれを口に出す。自分の中でやりたいことがあれば何々をやりたいと言う。そうすると、それはいつの日にか使命になって、自分の約束になって夢になる。夢はいつか実現する。


今の事業がどのように広がっていくのか、どのように進化させていくのか。これを重点に考えて、各事業を考えよう。


今のビジネスモデルを踏襲するだけでは成長は難しい。どう事業領域を広げるかが大事。新領域はひょっとしたら隣の事業部に関わっているかもしれない。


各事業部がそれぞれ数千億円位の売り上げを占めるようになると、事業部間の壁が高くなりかねない。それを支店とか支社とか、そういう段階でできるだけその壁を低くして、情報を共有化させるということがすごく大事。


社員によく話しているのは、お客様ととにかく長い付き合いをしろと、それで目先のものにあまりとらわれるなということ。やはりこういう商売はお客様の評判が第一。


社長時代、支店長になる社員には、長期的視点を持ってもらいたくていつもこう言いました。「君の店の歴代の支店長それぞれの時代に何があったのか調べてみなさい」と。営業成績はもちろん、お客様の広がりなど、誰の時に良いことがあり、誰の時にはそうでもなかったのか。その原因を知っておいた方がいいということです。


若手の営業マンだったりすると知識が乏しいとか、経験が浅いとか、相手は感じるかもしれない。でも、「この人は若いけど何か見込みがある」とか「夢が託せそう」ということで信頼を勝ち得て、仕事につながこともある。だから仕事を覚えるのは大切だけれど、まず人間力を磨いてほしい。本を読んだり、映画や芝居や絵画を見たり、自分でこうしたらいいと思うことをどんどんやって、どこから見ても魅力的な人を目指してほしい。


新入社員が入ってくると、決まって言うことがあるんです。「東京とか大阪とか、名古屋とか、大きい店に配属されて自分は幸せだと考えないほうがいいよ」と。私が新人のときに静岡支店に配属されてよかったと思うことのひとつは、所帯が小さいから同じフロアにいろいろな仕事をやっている人がいて、接する機会が非常に多かったこと。セクションの垣根を越えて自分の悩みを相談したり、逆に向こうが抱えている問題点や上手くいったこと、失敗したケースなどを教えてもらったりしながら、網羅的に業務を覚えることができた。小さな店、中堅の支店に行ったから経験できることも多々ある。


静岡支店に配属されて17年ほど経ったある日、当時の上司で取締役特建事業部長だった樋口武男現会長から電話をいただいた。転勤の内示でした。転勤したくないみたいなことも言ったんですけど、サラリーマンですから通るはずがない。転勤先は新潟。調べてみたら、当時の新潟支店は伸び悩んでいた。「これから大変だなぁ」って思いながら支店長として赴任したんです。でも新潟の地場の皆さん、企業さんとお付き合いさせていただくと、予想外に楽しいことがいっぱいあった。おかげさまで4年と8か月、すごく楽しい時間を過ごさせていただきました。後から感じたのは、新潟転勤は会社が私のためにやってくれたことだったということ。「あいつも静岡が随分長くなったから、この辺でもうちょっと活躍の場を与えてやろう」という配慮だったんですね。


当社は権限委譲しながら、しっかり責任を持たせるスタイルを重んじてきました。私自身、新入社員で右も左もわからないときに、1か月ほどの新人研修が済んだら「自由にやってきなさい」とばかりにポンッと営業に放り出された。仕事の基本は上司が熱心に教えてくれましたけど、外回りは一人。自分で考えて、自分のやり方を見つけていくしかなかった。


我々が買収・提携する会社は全部、当社の周辺事業を手掛けているのですね。だからいきなり買収するのでも、この分野は儲かるからということで買収したケースはありません。川上から川下まで、今まで何らかの形で関わってきたわけですが、関わってきた部分を、その会社と協力することで一気に展開し、具現化できた。


今までは土地があって賃貸住宅を造って、それで終わりじゃないですか。しかし我々はその賃貸住宅を経営する地主さんと、この建物のままでいいのかという議論をします。そうすると、ここが悪い、あそこが悪いという話が出てきます。それに応え続けることが重要です。これは商業施設、事業施設の事業でも生きています。


リーマンショックが起きたとき、住宅市場も冷え込みましたが、我々は物件の販売を続けました。その時に分かったのは、安全・確かで、運用面でも魅力がある商品の売れ行きは全くブレないということ。ですから翌年、景気が冷え込む中でも、我々は少しずつでしたが物流用地などを積極的に買っていきました。


気配りや配慮はものすごく大切。日本人の一番いいところですから。部下が、「いやぁ元気です」って言っても、こいつ、ちょっとこういう表情したよね、って。本当は元気じゃないのかもしれない。すると、元気でない理由を考えてあげないといけないし、彼が悩んでいる内容を解決してやって、働きやすくしてやるっていう、その事は、自分の営業所を運営する場合でも、すごく役立ちます。


お客さまは、嘘をつかれます。よく話すのが、夕飯時に奥さんが料理をしている。そこへ、大和ハウスの営業マンが電話をする。料理がまだ途中ですから、「うちは家のことは全然考えていません」と電話を切る。そうすると、営業マンのレポートは、Aさんは考えていない、となる。だけど、お客さまがその状況で発した言葉であって、心を言ってるわけじゃないんです。


我々が売る建物は、100円200円で買えるものじゃない。デパートで灰皿を買ってくるとか、そういう類のものではないんだから、結局お客様が選ぶときは、一生懸命をお選びになる。そうすると、この人は信用できるな、この人は熱意があるな、この人は若いけど違うなという人を選んできます。だから、あまり近視眼的に考えないこと。人間を磨きなさいと。若い人にはそう話しかけています。


組織の管理単位を小さくして、社員にも、自分たちが会社に短期・中期・長期でどう貢献できているのか、実感してもらうといい。私はある地域の支店長時代、それまで支店の下にあった7つの営業所と住宅展示場を全体で1つの採算単位にしていたのを見直し、個別管理にしました。そうすることで、自分たちの行動が短期・中期・長期で何を生み出しているのか、よりはっきりわかるようになります。


目の前の利益を狙うことも必要です。でも、たとえ今、仕事がなくても、お客様の状況やお話から見て数年先にお役に立てそうだと思えば、その日までお世話させていただく。もっと言えば、数年先でなくてもいつかお客様のために仕事ができると思うなら、そのためのアドバイスを長期的にしていく。頭の中にそんな像を描いて仕事をすることが大事なのだと思います。


大野直竹の経歴・略歴

大野直竹、おおの・なおたけ。日本の経営者。大和ハウス工業社長。愛知県出身。慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、大和ハウス工業に入社。特建事業部長、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

中村義一

職人というのは工夫で生きていかなきゃいけないものでしょう?だから私は新入社員から「何をしたらいいんですか」と質問されると腹が立ってね。「俺だってわかんねえんだ。与えられた仕事をやるなら機械には敵わねえんだから、わかんねえでいいからやれ」と、無理に仕事をさせるんだ。仕事を見ていれば、ようやくこちらに反応の余地も出てくる。「それなら、これをやってみたらどうだ」「ちょっと絵にしてみたらどうだ」と言えるわけだ。


竹中義雄

名刺交換だけしておいて、あとからハガキでフォローしてもいい。ハガキを出しておけば、次回、会ったときに話がしやすくなる。


古森重隆

部下には「社外のコンサルタントや弁護士の意見なんか信用しすぎるな。一生懸命考えれば、自分たちの方が頭が良いんだ」と言っています。「外部の人材に頼ろう」なんて口にする経営者は、即辞めた方がいい。


倉本聰

常に海抜ゼロに戻って、いま自分たちがやっていることは何なのかと考えてみるべきではないか。かつての財界人や企業の創業者は、事業を始めた動機として「これは商売になる」という発想ではなかったという気がするのです。なぜそこに向かわなければいけないのかということを、今の財界人が考え直さないといけないと思います。


二宮雅也

損保ジャパンと日本興亜、どちらも約120年の歴史がある会社。しかし、両社の考え方を残すと、それが軋轢のもとになりうる。合併を決めたからには、新会社はどうあるべきかという考えのもとに動くべきだ。


出路雅明

会社を立ち上げて7年たったとき、深刻な業績悪化に見舞われ、20億円の借金を背負ったことがありました。そんな絶体絶命のときに、ぼくの中に芽生えたのが、楽しいか、楽しくないかで仕事を判断する「ちょっとアホ」な考え方。経営のセオリーやトレンドにとらわれない、常識外れのやり方で自分と会社を変えていった結果、V字回復を果たすことができました。


ドナルド・トランプ

私には仕事をするとき、父直伝の四段階の方程式がある。おかげで経済的に助かっている。開始、実行、完了、撤収だ。


徳岡邦夫

ある程度の力が身につけば、目の前の仕事に対して80%の力で当たっても、それなりにこなすことは可能でしょう。ところが、それを続けていると、80%と思っていた力がいつの間にか自分の全力になり、本気を出してもそれだけの結果しか出せなくなります。私の感覚では、101%の努力でようやく現状維持。そこからさらに自分を伸ばそうと思ったら、102%、103%の精進が必要だと思います。そう考えれば、全力投球の気持ちを忘れるわけにはいかないのです。


林家正蔵・9代目(林家こぶ平)

世の中、目標に達することもあれば、達しないこともありますが、どうせ叶うわけないとは思わなくなりました。思っていれば叶うって、そういうこともあるんじゃねぇかなって気がしますね。ありがてぇなあと思いつつ、日々を生きていますよ。


和田秀樹

要するに一つの方法だけで諦めてしまったらそれで終わりだから、やり方を変えて再度チャレンジしてみるということが重要なのだ。一度失敗したくらいで諦めたら、それまでの努力はすべて無駄になる。諦めるのではなく、やり方を変えて再挑戦してみよう。そうすれば、人生への投資で回収できるものはより多くなる。


江上治

長期的に続く人間関係というのはお金じゃない。価値観を共有できたり、勝つ喜びを分かち合えたりすることが大切。


森川亮

「変わらないものは生き残れない」。これは私がいつも胆に銘じていること。


伊藤誠一郎

多くの人は営業やプレゼンの席で、「私の商品はこんなに優れています」など、「私」を主語にした話し方をします。こういう押しつけがましい話し方は、拒否反応を呼ぶ公算が大。むしろ、「あなたが求めているのは~ですか?」のように、相手を主語にして語りましょう。その方が、ずっと相手の心に響くものです。


東国原英夫(そのまんま東)

煩悩は適切に処理しつつ、自分にとって生涯夢中になれるものを手に入れることが大切です。僕にとっては、いま、政治がそういう存在なのです。


日向野幹也

今、経営でも政治でも、様々なところで、上の人たちに任せておけないようなことが起きています。それを自分たちの力で解決するには、権限を必要としないリーダーシップが必要です。このベーシックなスキルを身につけた人が増えていけば、日本はかなり変わるのではないかと思います


ページの先頭へ