名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大野暉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大野暉のプロフィール

大野暉、おおの・ひかる。日本の経営者。「サイバーセキュリティクラウド」社長。神奈川県出身。16歳で学生起業。早稲田大学卒業後、スターフェスティバルなどを経てサイバーセキュリティクラウドを設立。

大野暉の名言 一覧

ゼロイチが好きだというのは確かですね。でも、それ以上に大切なのは、世の中に必要なことができているかどうか。きれいごとではなく、世の中にとって必要なことができていることが私にとっても気持ちいい状態です。


以前は自分中心でした。でも、会社を成長させるには自分だけではダメで、メンバーの力をグッと引き出さなくてはいけないということを学びました。


セキュリティの精度は攻撃のデータをどれだけ蓄積しているかに大きく左右されます。その意味で、いま国内トップの約4000サイトを守っている私たちは非常に有利。大資本が入ってきても、そう簡単に負けるとは思いません。


お客様から見て、他社との大きな違いはサポート体制。疑問点や何かしらの要望があって問い合わせたとき、アメリカの企業に連絡しても、返事が返ってくるのは3日後とか1週間かかる。私たちは技術者によるサポートセンターを24時間365日開設しているので、そこは安心してもらえるのかなと思っています。


岸田(祐介スターフェスティバル社長)さんはたまたま隣に住んでいて、以前から話す機会がありました。しかも会社を設立したのも2009年と同じで、親近感がありました。ただ、自分の会社は従業員15人なのに対して、スターフェスティバルは当時100人くらいまで伸びていた。違いは何だろうと夜中に考えていたら、居ても立ってもいられなくなり、深夜4時に岸田さんの家のピンポンを押していました。岸田さんは気づいたらしいですが、さすがに届留守を使われて出てくれませんでした(笑)。仕方がないので、「勉強したいからスターフェスティバルに入れてください。明日話しましょう」と紙に書いて玄関に挟んで帰りました。それが入社のきっかけです。


学生時代、大企業が排出するゴミを管理するシステムを販売していました。環境事業は波がありつつもうまくいって、最後は月1500万円の利益が出て、早めに上場しようという話も出るほどでした。ただ、この会社を一生やりたいかというと疑問でした。それに私自身、大きな組織をつくる能力があるのかと考えると自信がなかった。上場の前に会社のことを勉強し直したいと思って、弁当宅配事業のスターフェスティバルに入社することにしたんです。


大野暉の経歴・略歴

大野暉、おおの・ひかる。日本の経営者。「サイバーセキュリティクラウド」社長。神奈川県出身。16歳で学生起業。早稲田大学卒業後、スターフェスティバルなどを経てサイバーセキュリティクラウドを設立。

他の記事も読んでみる

国部毅(國部毅)

リーマンショック後、欧米の金融機関にパラダイムシフトが起きたことは間違い強いと思います。特に投資銀行はその典型例ですが、リーマンショック後の様々な規制強化などによって、彼らが商業銀行に回帰しているのが、現状ではないでしょうか。この商業銀行業務は我々がずっとやっていた業務であり、非常にアドバンテージがありますので、彼らとは経験の厚みが違うと思います。


砂山拡三郎(砂山擴三郎)

「あいつは情報が早くて豊富だ」と評判になればしめたものです。平社員でも重宝され、さらにいい情報をゲットでき、社内の認知度を高めてくれます。リストラが実施されたとき、この認知度がプラスに働きます。


田中良和(GREE)

大きな方向性、ビジョンについてきちんと説明しないと同じ目標に進めません。そこを目指す理由をきちんと説明することが、リーダーに課せられた役割のひとつだと思います。


さだまさし

恋愛中の女性に彼の魅力を問えば、十中八九「優しさ」をあげつらう。女性が男性に優しさを求める理由は明白、すなわち、女に都合が良いのである。だが、この場合の優しさは半ば、ひとつの女性サイドのお仕着せでもある。というのは10人中、8人も9人も優しい男がいたら、世の中、終わりだからである。


スティーブン・コヴィー

効果的な目標設定とは、活動や手段よりも、最後に到達する結果の方に重点を置くものだ。どうなりたいかを定義すると同時に、目標に対していまどの段階まで達しているのかも教えてくれるものである。どうしたらそうなれるのかということについて大切な情報を与えてくれる。


塩野七生

即決断して即実行しなければならない場合もあります。だけど、待っていれば周りの環境の方が動いてくれるかもしれない。だから外交の一側面では、待っている方が正解ということもあるのです。


栗原幹雄

ビジネスでは、不測の事態は起こって当たり前です。極端な話、「不測の事態しか起こらない」と言ってもいい。


真田茂人

小さなプライドにこだわらず若い人や部下の意見にも耳を傾けること。それが、人の力を自分の力に変えるコツ。


松井忠三

海外展開では、国柄や文化、気候風土に合わせたブランドの「解釈」が必要です。


泉谷しげる

逃げるのは絶対に嫌だ。過酷さを避けたら心の中に「避けた自分」が残っちゃう。それなら、やれるかどうか「向かった自分」が残った方がいいよな。


永守重信

当社では始業時に全員で数分、社内の掃除をしている。細かいことを言えば、これも給料の一部だから、清掃会社に頼んだ方が安い。それでもやるのは、職場を自分で整理整頓すれば、無駄の発見にもつながるし、事務用品や向上の治具(じぐ)にしても効率のいい置き方とは何かを分かってもらいたいからだ。だから、ただ掃除をするのではなく、なぜ掃除をするのかを説明する。それも、一度理解してもらったらそれでよしではない。毎日それをやっていく。いったん頭で分かっても、それが行動になるには時間がかかるからだ。


朝比奈一郎

坂本龍馬だってそうだが、初めはかなり無茶なアクションを起こしています。でもそこから道が開けてくる。