名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大野勇の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大野勇のプロフィール

大野勇、おおの・いさむ。日本の経営者。「森永乳業」相談役。著書に『吾が生涯は乳業とともに 森永乳業五十年小史』ほか。

大野勇の名言 一覧

事業を拡大するときには、どこの社も同じことを考えているものだ。即断即決が必要なゆえんである。 【覚書き|上記発言は四国高松のアイスクリームメーカーを買収した時を振り返っての発言。同業大手の雪印も、そのメーカーの買収を狙っていた。競り合い末、森永が買収に成功する】


大野勇の経歴・略歴

大野勇、おおの・いさむ。日本の経営者。「森永乳業」相談役。著書に『吾が生涯は乳業とともに 森永乳業五十年小史』ほか。

他の記事も読んでみる

おおたわ史絵

普段は忙しくて運動する時間が取れないという人も多いでしょう。そういう場合は、休日にできるだけ身体を動かすよう心がけてみてください。スポーツジムに通ったり、ランニングをしたり、あるいは運動が苦手な人は近所を歩くだけでもいいでしょう。私の周りをみると、仕事ができる人ほど、休日にはマラソンやトレイルランニング(舗装されていない山野を走るトレーニング)に挑戦しています。「休日にまで過激なレースに出るなんて、余計に疲れそうだ」と思うかもしれませんが、運動して基礎体力をつけているからこそ、よい状態を保てるのだと彼らはいいます。私の場合も、30代になり、以前習っていたモダンバレエを再開したところ、それまで悩まされていた寝ちがいや冷え性がなくなり、体調が改善されました。


生月誠

成功体験は自分を変えるためには非常に重要。たとえば100万円貯めたあとは、なぜか貯金が加速度を上げて増えていくというのは、じつはこの成功体験のなせる技なのです。


青井忠治

すべて自分のことだと思って全力を尽くす。自分のことと思えば、どんなつらいことでも我慢できる。


小日向文世

劇団を解散したときに貯金はゼロでした。焦りは不思議となかったですね。最初は仕事がすぐ来ると思ってたんですよ。しかし来ない。考えてみれば映像の世界では無名ですから。でも、ある程度知られていけば仕事は来るだろうなと。とにかく仕事を一つ一つこなしていけば、きっと回り始めるだろうなと勝手に思ってましたね。やっぱり自分が23歳から42歳まで19年間、劇団で、役者というものの土台をしっかり作ってもらって。それはそれなりに自信があったというか、これでやっていけるというものが培われたと思ってましたから。だから、きっと仕事が来れば、やる自信はあると。


宇治則孝

人脈は私の財産ですし、ビジネスの要諦は人脈にあると思っています。


桐島ローランド

私たちの業界はフィルムからデジタルへと、いろんな意味で淘汰されていきましたし、これからITによって、もっと厳しい時代が来るなというのを肌で感じていました。逆に自分がクリエーターとして、今までの写真の知識を生かして新しいビジネスを展開ができるかを真剣に考えるようになって、たまたまその中で、フォトグラメタリーというテクノロジーについての情報が手に入りました。自分でいきなり全く違うフィールドに足を踏み入れるのもすごく怖かったのですが、最初にニコンさんに相談して、50台ほどカメラを貸してもらえないかというところから始まって、スタジオを1カ月貸し切ってテストしてみたんですね。そしたら運がいいのか悪いのか分からないですけど(笑)、たまたま、うまくいきました。そしたらこれは面白いなと思って、すごいことができるなと。


岡野雅行(岡野工業)

裏切られるってことは、自分を鍛える経験でもあるんだよ。人間色々、仕事も色々だってことを身に染みて知ることになるし、自分がしちゃいけないことを教えてもくれる。実体験は重みが違う。必ず自分の血にもなり、肉にもなるんだ。だから、裏切られたからってへこむことなんかない。世渡りを学ぶのにいい機会だって言うくらいに考えてりゃいいんだ。


瀬戸上健二郎

島にいたら医者として時代遅れになるのでは、との思いにかられたこともありました。最初はその不安を払拭できずにいたのですが、そのうちに自ら向上し続けることが何より大事だと気付きました。


斎藤佑樹

何かを持っていると言われ続けていましたけど、何を持っているのか確信しました。それは仲間です。


河野貴輝

伊藤忠商事を辞めて、カブドットコム証券やイーバンク銀行の立ち上げに参画したのは、自分が事業に直接関わりたいと思ったからでした。ただ、立ち上げて、事業を進めるうちに政治的なものに翻弄されるようになってしまった。だったら、オーナーになってイチから事業を始めたい、そう思った。


塚越寛

大事なのは、他社よりも大きく成長することではなく、ずっと成長し続けること。


宮内義彦

下からはなかなか既存のものを破壊しようとする動きが出てこないので、上から破壊していかなければならない。