大野勇の名言

大野勇のプロフィール

大野勇、おおの・いさむ。日本の経営者。「森永乳業」相談役。著書に『吾が生涯は乳業とともに 森永乳業五十年小史』ほか。

大野勇の名言 一覧

事業を拡大するときには、どこの社も同じことを考えているものだ。即断即決が必要なゆえんである。 【覚書き|上記発言は四国高松のアイスクリームメーカーを買収した時を振り返っての発言。同業大手の雪印も、そのメーカーの買収を狙っていた。競り合い末、森永が買収に成功する】


大野勇の経歴・略歴

大野勇、おおの・いさむ。日本の経営者。「森永乳業」相談役。著書に『吾が生涯は乳業とともに 森永乳業五十年小史』ほか。

他の記事も読んでみる

沼田憲男

ビジネス文章のポイントは、「何をどう伝えたいのか」を一言で要約し、伝えたい要素を優先的に並べるだけ。ビジネス文章は起承転結で考えると不要な情報が入り、簡潔に伝わりにくい。事前に材料となる要素をメモしておけば、何を優先に書けばいいか、何を省けばいいかが見えてくる。


廣内武

社員には「日々、企画。日々、販売」と伝えています。実務にあたる者が常に時代感性を磨き、ブランドを育てていかなければなりません。


ニーチェ

人間は赤い頬をした動物である。なぜ赤い頬になったのか。あまりにもしばしば自分を恥じねばならなかったからである。
人間は時折、自分を恥じねばならぬ動物である。


萩本博幸

当社は航空宇宙や防衛産業向けの製品が中心なので、技術開発とその連続性には強いこだわりを持ってきました。たとえば、技術の連続性ではある製品や技術について約5年ごとに次の技術者を雇い育てています。好不況の波が激しくても、このペースだけは絶対に曲げていません。こうすれば、先輩の技術をもとに一段高い技術目標を持って開発ができ、また次の次の世代はもう一段高い技術目標にチャレンジできます。研究開発型の企業にとっては、この技術の連続性は極めて重要です。


奥田務

企業の経営統合で何より怖いのは、ひとつの企業の下に2つの企業文化が根づくことです。いびつな環境が統合後の社風となれば、それこそ改革は難しい。


山県昌景

合戦も度重なって慣れてくると、つい前のことを思い出す。前に勝っていればあの時と同じやり方をすれば今日も勝てるだろうと思う。ところが、合戦は敵の状況が勝敗を決する。前とまったく同じということはあり得ない。そういう時に心構えとして何が必要かといえば、今日初めて合戦に出たのだ、今日の敵とは初めて槍を交える。油断するとやられると思え。


鑄方貞了(鋳方貞了)

利益とは、企業が社会に貢献した結果、社会から与えられるもの。


仙石通泰

ベテランになればなるほど「この情報を知っているのはオレだけだ」と囲い込みがちです。それが企業にとって非活性化を生み出してしまう。


飯島英胤

人事と言ってもいろいろありますが、経営活動を支える最大の急所である部長人事については、最適の人材配置が不可欠です。


石川康晴

洋服だけ売っていれば成長できる時代は終わりました。そのため、新規事業やM&A(合併・買収)には積極的に取り組んでいます。M&Aは、足りないパーツを素早く自社に取り込めるメリットが大きい。昨年秋にも東北以北に強いアパレル企業のアルファベットパステル、子供服のECに強いスマービーを買収しました。これにより東北以北の店舗強化や子供服ECのノウハウの吸収が一気に進みます。ほかにも、米国のロボット企業などにも出資しています。新規事業では、飲食事業やコスメティクス事業、今年夏にはホテル事業にも参入します。


文野直樹

僕らができることは良いものを安く卸せること、そして加盟してもらった方たちの業態が売れなくなったときに、他のブランドに切り替えていただくこと。


馬場信房

武士は豪勇だけではいけない。臆病で味付けする必要がある。


堀之内九一郎

「打つ手がない」といってしまうのは、大切な探し物を見つけようともせず「どこにもない」と諦めるようなこと。自分にとって本当に大切なものなら、何が何でも見つかるまで探し続けるはずです。つまり、あなたが本気で「成功」を欲しているなら「打つ手がない」=「探さない」という状況はあり得ません。「成功」が見つかるまで手を打ち続けてください。本気で探せば、必ず見つかります。


平岩国泰

子供たちの「いいとこ探し」をして、褒めて伸ばしていけば必ず真っすぐに育つ。


左門新

ダジャレを言うことは、脳のほぼ全てを使う、人間にとって最高の知的行為。ダジャレを言うには過去の記憶や知識を引き出す必要があります。この行為が前頭連合野や大脳辺縁系の海馬などを刺激し、言葉に表すことで左脳の前頭葉運動性言語野が使われる。さらに言葉を発した相手の反応を認識したり、満足を得るときにも左脳側頭連合野の感覚言語領域や前頭連合野などが使われます。他にも視覚的イメージを膨らませることによって右脳も刺激する。


ページの先頭へ