名言DB

9412 人 / 110637 名言

大迫忍の名言

twitter Facebook はてブ

大迫忍のプロフィール

大迫忍、おおさこ・しのぶ。日本の経営者。地図会社「ゼンリン」社長。大分県出身。中央大学文学部卒業後、父が創業した善隣出版社(のちのゼンリン)に入社。その後、社長を務めた。地図の電子化を進め、カーナビや電子地図で同社をトップメーカーへと成長させた。

大迫忍の名言 一覧

同族経営はいずれ弊害を生む。


やめる時期は早い方がいい。年を取ると老害になる。


大迫忍の経歴・略歴

大迫忍、おおさこ・しのぶ。日本の経営者。地図会社「ゼンリン」社長。大分県出身。中央大学文学部卒業後、父が創業した善隣出版社(のちのゼンリン)に入社。その後、社長を務めた。地図の電子化を進め、カーナビや電子地図で同社をトップメーカーへと成長させた。

他の記事も読んでみる

岡康道

社内に起こるであろう軋轢も予測したうえで、能力のある人に場所と環境を提供する。今流の効率経営の一方で、もう一度、そのような暗黙知を見直してみることが、会社と社員の新しい関係を築くことにつながっていくのではないでしょうか。


津賀一宏

私たちは決して自動運転車をつくりたいわけでも、電気自動車をつくりたいわけでもありません。お客様が喜ぶ車は何かが一番のポイントになるのです。


押井守

理念で突き詰めていくと失敗する。確かに、真面目なアリだけ集めて集団をつくれば、作業効率は高まるような気がする。ところが実際はそうはいかない。5%の優秀なスタッフだけを集めて作品を作りたいという欲求に駆られても、そうはいかないのだ。


中島洋(教育者)

プランを立案し、その後フィールドワークに臨むわけですが、実は多くの場合、計画の変更や調整を迫られることになります。実際に人々の声を聞くと、頭の中で考えていたプランと現実とのギャップに気づくのです。リアルな体験に基づき、本物の課題を見出し、柔軟に対応する。まさにこの過程こそが重要だと考えています。


小出伸一

今後日本のマーケットでどれだけ伸びるかという発想も大事ですが、何より、今顧客が何を望んでいるかを考えない限り、売り上げも利益もついてこない。


星野佳路

会議などで発言することへのハードルを低くするためには、適度に柔らかい雰囲気を保つことも必要だ。真面目な会議ではあるけれど、半面笑いがあり、楽しめる要素があるというイメージである。


林野宏

泉に石を投げると輪ができて広がっていく。いくつか石を投げると輪が重なっていく。異なる輪が重なるところにアイデアが生まれる。これをつなげれば良いんじゃないか、これは関係がありそうだと発想が広がっていく。そのためには、深くて広い「知の泉」が必要なんです。


安河内哲也

「説明を1から話すこと」。たとえば英語でいえば、「5文型」「副詞」は中学生で習う内容ですが、私は高校生相手でも「SV、SVOなどの5文型」「形容詞や動詞を修飾する副詞」とイチイチ説明します。言葉の定義が曖昧だから、理解が追いつかなくなるケースは非常に多い。仕事でも、専門用語やカタカナ言葉は要注意です。


堀切功章

最近はフランス料理の隠し味にしょうゆが使われるようになっている。国によってやり方は異なるが、ローカルな食の中にどのようにしょうゆを入れ込んでいくかという考え方は変わらない。キッコーマンしょうゆはジャパン・ブランドというより、世界中の食を豊かにする調味料として、ジャパン発のグローバル・ブランドを目指して取り組んでいます。


中村邦夫

今、松下は法遵守という点で重大な危機にある。それを克服し、透明でクリーンな企業と認められるように頑張ろう。そのために、管理者として絶対に口にしてはならないことがある。「そうは言うけれど、売らねばならない」ということだ。法遵守と言いながら、その場でそういうことを言うのでは、法を破ってよいと言っているのと変わらない。


ハロルド・ジェニーン

人は失敗から物事を学ぶのだ。成功から何かを学ぶことは滅多にない。たいていの人は、失敗の意味を考える以上の時間をかけて、成功の意味を考えようとはしない。分別のある謙虚な人々が、それまで経験したことのない大きな権限を伴った地位に就いたとたんに狂ってしまった例を私は見てきた。成功は失敗よりもずっと扱いにくいもののように思える。成功をどう扱うかは、まったく本人次第だからだ。


中西勝則

想定外の事態に直面した時は、すぐに思考回路を切り替えて、迅速に対応することが大切。


野本弘文

人は上も下もない。常に相手の立場に立って物事を考えることが大切。その場しのぎで取り繕ってもダメ。


柳橋仁機

人事の役割というと、一般的には、制度や研修などの手段を目的化しがちです。しかし、人手不足が問題となる昨今、既存の人的財産をしっかり活用するためにも、本来のゴールを見据え、人事制度の構築、運用などの手段にしばられないことが重要。


藤本やすし

雑誌の表紙は、書店に並んだときに顔になる、そんな役割を果たしています。だからこそ、第一印象で消費者の五感に訴えかける価値を、何らかの形で提供しようと知恵を絞るのです。僕の場合は、とくに「グッズ感覚」ということにこだわっています。パッと見たときに商品が楽しく見えて、思わず買ってしまうことを目指しているのです。衝動買いしたくなる雑誌かどうかは、表紙の大事な要素だと思います。