名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大越健介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大越健介のプロフィール

大越健介、おおこし・けんすけ。NHK政治部記者。新潟県出身。東京大学文学部国文学科卒業後、日本放送協会(NHK)に入局。岡山局、そのほかの国内放送局勤務を経て、本部報道局政治部に移る。以後、同局の政治部記者として活躍。NHKアメリカ総局ワシントン支局長、NHKのニュース番組『news Watch 9』のアンカーなどを務めた。

大越健介の名言 一覧

もちろん努力はするのですが、あまりガツガツ結果を得ようとしないことが大切です。


私なりの方法論があるとすれば、情報をとるためには「情報を取りに来ました」という顔をしない。情報をとれなくてもいいと考えることでしょうか。実のある仕事上のやり取りをしたかったのに、茶飲み話で終わったとしても、それを無駄と思わない。茶飲み話から始まった方が、人間同士の関係としてはいいと思います。


マスコミの仕事をしていると、情報のプロだと思われがちなんですが、どんな仕事も情報を扱うのは同じです。相手の言っていることを吸収して、自分で噛み砕いていかにプレゼンしていくかということですから。


私はアナウンサーのように上手に喋れるわけではありません。だから自分の聞いたこと、見たことが言葉ににじみ出るというのがいいと思っています。口舌の徒になってはならないと思うのです。


やった仕事に納得感がなければ単に流されているだけになり、やらされ感へとつながっていきます。


旧知の国会議員や秘書、ワシントン時代の友人たちと会って情報交換したいのですが、番組があるので平日夜の会食は無理です。そこでオフィシャルな用事が入りにくいランチタイムを狙って声をかけ、一緒にランチミーティングをしています。


午前中に取材や会議がなければ、自宅から1時間かけて駅まで歩いたり、たまにプールで泳ぐなど、午前中に体を動かすこともあります。健康の管理は、キャスターの重要な仕事です。体調を崩すと大勢の方に迷惑をかけることになるので、その点は気を付けています。


今日はオン、明日はオフという明確な区別はしていません。基本的には毎日がオンです。必要があれば、土日も取材に出かけています。それでも続けられてこられたのは、オンの中に小さなオフを混ぜてきたからでしょう。普段から緩急をつけているので、オフの日をつくらなくても大丈夫なのだと思っています。


自分が手掛ける仕事は、インタビューにしてもロケの取材にしても、今日性とニュース性があり、納得できるものを前提にしています。そのため、どんな企画でも立案段階から、担当者と話し合いをして取材・制作を進めます。


自分で時間管理している意識はあまりありません。現場の記者だったころは、365日が臨戦態勢でした。取材も相手の都合に合わせて動くので、事前の予定はあってないようなものでした。いまは自分で企画を提案したり、担当ディレクターや記者の要請を受けて現場に行くことも多いので、記者時代ほどではないですが、自分で予定を管理するというよりも、時間の中に身を置いている感覚に近いです。


万人に受けるニュースの伝え方をしようとすると、誰にも受けないニュースになってしまいます。これは雑誌の編集もそうでしょうし、企業が新しい商品やサービスを開発するときでも同じだと思います。


私と同世代でマスコミに入った人間の中で、50歳を過ぎても現場で取材をして、第一線で語れる人がどれだけいるか。幸運に恵まれてその立場にいる以上、世の中にお返ししなくてはいけません。そう思うと、ちょっとした攻撃には負けていられません。建設的なお叱りは真摯に受け止めていくしかないですし。


私は自分のことを幸せすぎるくらい恵まれていると思っています。田舎の自然豊かな環境で、平凡だけど平和な家庭に育って、機会に恵まれてスポーツもやり、学校を出ていい仕事に恵まれました。それはあり得ないくらいの幸運です。そのかわり、人一倍社会のために働かなければならないとずっと思ってきました。いつもは何も言わない父にも「いい気にならないのがお前の仕事だよ」ということだけは何度も言い聞かされましたし。


幸運にも、いまの立場にいて、多くの人が見られないことと、聞けない情報に直接接しています。そういう立場にある以上、それを世の中に全力で伝えていく義務があると思っています。


大越健介の経歴・略歴

大越健介、おおこし・けんすけ。NHK政治部記者。新潟県出身。東京大学文学部国文学科卒業後、日本放送協会(NHK)に入局。岡山局、そのほかの国内放送局勤務を経て、本部報道局政治部に移る。以後、同局の政治部記者として活躍。NHKアメリカ総局ワシントン支局長、NHKのニュース番組『news Watch 9』のアンカーなどを務めた。

他の記事も読んでみる

林和人(経営者)

IPOは株主のためにやらないといけないと思っているんですが、2回目の起業ですから、IPOで一獲千金というのはもうないし、自分の株のシェアも気にしていません。それよりも、投資家を育てたい。日本人で株をやっている人は全体の8%といわれていますが、残り92%の投資家を育てたい。


濱田純一

日本という狭い枠の中で考えていても、いずれ頭打ちになる。次のステップに進むために、多様なものの見方、発想というものを取り入れていくという意味で、グローバル化が必要。


水口和彦

残業を減らすには、仕事を依頼された時点で、その仕事をやるか、やらないかを正しく判断することがまず大切です。そのためには、自分が抱えている仕事量と、どれだけ時間的な余裕が残されているかを、常に把握している必要があります。


谷口秀一(経営者)

業績が厳しかった6年前のこと。当時年商は約350億円だったが、70億円の商売の話が来た。でも基準に合わなかったので即断で取引は見送った。


鈴木修

社長が(ワンマン経営ではなく)チーム・スズキでやりたいと聞いてどう思ったか? それは新しい方向でいいんじゃないかと。でも、賛成したから異論がなかったと考えられては困りますね。一番の懸念はチーム・スズキってのは小田原評定につながりかねないということなんですよ。戦国時代に豊臣秀吉に小田原城を攻め込まれた際に城中では結論の出ない会議が繰り返されたように、何も決められない、ということでは困る。まあ、お手並み拝見ですな。もちろん、私も四役会議のメンバーですから意見は言いますよ。でも、決めるのは合議制。それは新社長が誕生した時からやっていますよ。一方の考え方として民主主義ではありますからね。明治天皇もおっしゃってましたね。万機公論に決すべし、とね。天下の政治は世論に従って決定しなきゃならない。でも、小田原評定にならんようにやらないと。ならんように指導はしていきます。


小杉俊哉

多くの会社では、上司は何年かで入れ替わるでしょう。評価に不満があるなら、「今の上司の器は自分を評価できないくらい小さいのだ」と考えて、力を蓄えながら、交代を待ってはどうでしょうか。


兼本尚昌

差がつきやすいのは、どんな状況においてもクイックレスポンスができるかどうか。


大原孝治

店舗視察、いわゆる「臨店」の際、私はひとつの店に約3時間をかけます。そのうち自店を見るのは最後の5分だけ。その前の2時間55分は自店の周囲を見るようにしています。競合店の品揃え、駅前や繁華街の雰囲気、住宅やマンションの様子、パチンコ店の客層……。そうした情報を叩き込んでから自店を訪ね、違和感がないかを探ります。もし違和感があれば、店舗責任者と話し合い、ズレの修正を図ります。


芳井敬一

大和ハウスに入社して最初に配属されたのは大阪本店です。私は「遅れてきたルーキー」とよく言っていました。32歳で転職しましたが体育会で育ちましたので大学を卒業して2年目の人たちも先輩です。当然敬語で接しました。みんな親切でしたし、「この人は」という人にはお願いして同行してもらいました。教えてくれる人たちが多く、非常に「人」に恵まれましたね。


森澤篤

あなたがマネジャーであれば、部下の失敗を叱責したり慰めたりするだけで終わってはいけない。また、部下の提案に対して「それは前にもやったが、失敗した」「以前検討はしたが、やめた」とは禁句だと思わなければいけない。


鑄方貞了(鋳方貞了)

若くて感性の豊かなうちに後継者に現場経験をさせることは、自分なりのビジネス観を養う上で極めて重要。


中村獅童(二代目)

「がむしゃらな30代」があったからこそ、様々な出会いに恵まれ、今の獅童らしさを追求する土台になった。失敗もあったけれど、悔いはない。