名言DB

9429 人 / 110879 名言

大賀典雄の名言

twitter Facebook はてブ

大賀典雄のプロフィール

大賀典雄、おおが・のりお。ソニー社長。東京芸術大学声楽科、ベルリン国立芸大を卒業後、ソニーに入社。その後、取締役を経て社長・会長

大賀典雄の名言 一覧

人生がやりたいことと違う方向に向くことはよくある。私はビジネスマンになるつもりはなかったが、井深さんと盛田さんの大きな力で誘導されてしまった。しかし、興味がなければ長続きはしない。また、そこに成功がなければ成り立たない。その意味で、私に後悔はない。
【覚書き:バリトン歌手として活動する選択肢を捨て、ビジネスの世界に入ったことを振り返っての発言】


私が望んでいるのは、ソニーが「スマートな会社だな」「お、やるじゃないか」と思われることです。英語にアドマイアー(感嘆する)という言葉があるのですが、見た人からアドマイアーされる、つまり認められ、称賛される会社になってほしい。これが私の究極の願いなのです。そのためにはどうしたらいいのか。私はずっとそのことだけを考え続けて、商品企画も、広告宣伝もしてきました。私の関わったすべてのデザインの根底にあるのは、この発想です。


陽性で運の強いこともリーダーに欠かせない資源である。運も実力のうちと言われるが、運を味方につけるぐらいの気持ちで経営しなくてはいけない。


大賀典雄の経歴・略歴

大賀典雄、おおが・のりお。ソニー社長。東京芸術大学声楽科、ベルリン国立芸大を卒業後、ソニーに入社。その後、取締役を経て社長・会長

他の記事も読んでみる

藤井聡

利己的と利他的とはまったく別次元に位置する対立概念ではなく、地続きの連続的なものです。程度の違いにすぎません。一見、気が利くタイプなのに評価の上がらない人は、自分の心の幅、つまり潜在的な配慮範囲が少し狭く、利他性が低いことに原因が潜んでいるのかもしれないのです。


大野直竹

組織の中には、自分が何をしているのかわからないという人がいます。大企業ではなおさらでしょう。社員がそう感じるのは、経営者や管理職が、しかるべき環境を作り出していないことの表れだと思います。


石川康晴

あまり知られていない当社の強みが財務戦略です。第一に低資産。他社が大型店を構える中、当社は約20坪という小型の店舗に特化しています。自社の工場・物流センターを持たず、無理な投資をかけないように工夫しているのです。第二に高粗利。SPA(製造小売業)で中間コストを削減し、製品の利益率を上げています。第三に高回転。店の規模を小さくすることでダントツの商品回転率を誇っています。年間で13回商品が入れ替わりますので、1カ月に1度お店が変わっていくというスピード感をお客様に提供しております。


阿刀田高

「その問題については3つのポイントがあります」。小泉内閣で金融相などを務めた竹中平蔵氏の口癖である。いかにも「勉強しているな」と思わせる魔法の言葉だ。竹中氏の独創ではなく、ずいぶん前からあちこちで使われてきた古典である。2つでは少ないし、4つでは多い。ここで3つという数がものをいう。3つと断じることで、聞き手には「切れる奴だ」という鮮烈な印象を残せる。


下村敦史

賞に応募し続けていた頃から、僕は海外の小説家が、その書き方やノウハウを記した本を数多く読んできたんです。それらからは「自らが楽しんでストーリーをつくる」というエッセンスのようなものを嗅ぎ取っていたんです。純粋に読者の立場であった頃も、おそらくそうした思いをもって書かれた小説に夢中になっていた自分がいた。けれどデビューしてからは、計算し、丁寧に物語を構築していくことに、ずっと意識を集中していたので、「つくる楽しみ」という部分からは少し離れてしまっていた感があったんです。だから今回(『サハラの薔薇』)は初心に返りました。


樋口知之

これまでの企業は勘と経験に基づき、定性的に経営判断をしてきたが、これからの時代はいかに定量的にデータを分析し、より精度の高い予測モデルを作れるかが企業の命運を分ける。


岡本友紀

しっかり鉄を叩けるようになるだけで3~4年。それでも先生からはダメ出しの連続でした。ダメ出しされ何を言われようが落ち込んでる余裕はなかった。


佐藤達雄

地域密着も口で言うのは簡単です。しかし、個店重視という裏付けがなければ、地域密着は不完全なものに終わるでしょう。考えてもみてください。たくさん仕入れたからこれを売れなどと、本部が各店舗の現状を無視して号令を下して、本当の地域密着が実現するでしょうか。プロの意識を持った売場責任者に、仕入れから販売まですべてを任せる。これがオオゼキの基本です。


升田幸三

人生は将棋と同じで、読みの深い者が勝つ。


松本晋

会社にウェアなど必要なものを置いていて、毎週、土曜日と日曜日に、1時間ほどかけて約10kmのランニングをしています。走ったあとは、20~30分のストレッチも欠かしません。走るのは午後1~2時と決めています。冬でも寒さが緩む時間帯ですから。以前は早朝に走っていたのですが、やっぱり冬は寒さが厳しいんですよ(笑)。夏はとくに暑い時間帯ですが、生活リズムを変えないために、冬と同じく午後1~2時に走っています。