名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大貫美鈴の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大貫美鈴のプロフィール

大貫美鈴、おおぬき・みすず。日本の宇宙ビジネスコンサルタント。東京出身。日本女子大学卒業後、清水建設に入社。同社宇宙開発室で企画調査研究、広報業務に従事。同部署での宇宙ホテル構想の提案を機に、以降宇宙旅行の仕事に一貫して携わる。宇宙開発事業団NASDA(のちのJAXA)やアメリカの宇宙ベンチャー企業などのプロジェクトに参加。女性宇宙フォーラムを設立。そのほか、スペースフロンティアファンデーション理事・アジア圏代表、日本女子大学学術研究員、国際宇宙週間理事などを務めた。著書に『来週、宇宙に行ってきます』など。

大貫美鈴の名言 一覧

いままで夢物語のように思われていた宇宙の世界を、もっと日常に近づけて、宇宙文化を創造していけたら本望です。


独立して、大企業に勤めているような安定感はありませんが、たとえば海外のベンチャー企業は、決断までのプロセスが速く、ドキドキするようなスピード感が味わえます。逆にリスクもあって、毎日が冒険ですが、それも含めて楽しめるようになりました。


独立したとき、大企業から外れて、普通なら不安を感じるところでしょうけれど、私には興味が尽きない宇宙での衣食住や宇宙旅行に携わっていけるというワクワク感の方が大きかったですね。会議や講演会に参加したりして、「このプロジェクトは面白そう!」「この企画にはぜひ携わってみたい」と思った企業や組織には積極的にアプローチしました。


無重力って面白い!ならば、宇宙旅行も同様に楽しいはず。この楽しさをみんなに伝えたいと思いました。
【覚書き|航空機の弾道飛行による無重力を体験したときを振り返っての発言】


大貫美鈴の経歴・略歴

大貫美鈴、おおぬき・みすず。日本の宇宙ビジネスコンサルタント。東京出身。日本女子大学卒業後、清水建設に入社。同社宇宙開発室で企画調査研究、広報業務に従事。同部署での宇宙ホテル構想の提案を機に、以降宇宙旅行の仕事に一貫して携わる。宇宙開発事業団NASDA(のちのJAXA)やアメリカの宇宙ベンチャー企業などのプロジェクトに参加。女性宇宙フォーラムを設立。そのほか、スペースフロンティアファンデーション理事・アジア圏代表、日本女子大学学術研究員、国際宇宙週間理事などを務めた。著書に『来週、宇宙に行ってきます』など。

他の記事も読んでみる

横田雅俊

営業を長く楽しく続けるためには、顧客を資産としてとらえ、一社一社(一人一人)をロイヤルカスタマーに育てていく種まき型営業が欠かせない。長く続けることで資産が積みあがり、安定的に成果を出しやすくなる。そこで余裕ができれば、営業という仕事に、より前向きに取り組めるはずだ。


高岡本州

不都合な情報をできるだけ隠して話を進めるアプローチは、相手が「情報を隠されていた」とわかった時点で信頼関係が壊れてしまう。私が選んだのは、デリケートな問題だからこそ、相手が気になるだろう情報は包み隠さず伝えるというアプローチ。


國貞文隆

集めた情報について人としゃべることも有効です。人としゃべると頭の中で散らかっていた情報の断片が整理されたり、違う視点を得ることができ、結果として思わぬアイデアが出てくる。


芥川龍之介

私は不幸にも知っている。時には嘘によるほか語られぬ真実もあることを。


太田肇

さまざまな論説等でよく引用される「マズローの欲求階層説」において、承認の欲求は、最高位の自己実現の欲求に次ぐ、二番目の欲求に位置づけられる。人が仕事をする際、もちろん自己実現の欲求も大きな動機となるだろう。しかしそれ以上に、承認の欲求を満たすことは、やる気を高める原動力となりうる。


清水雅

人生は長い短いの問題ではありません。楽しいか楽しくないかの問題です。下手に人生を過ごすのはまったく下の下です。よく考えてみなさい。


柳井正

実家のある山口県・宇部市に戻ると、親父が経営していた「メンズショップ小郡商事」を任されました。でも、2年もしないうちに7人いた従業員が1人を残してみんな辞めてしまって。なぜかって? 僕がジャスコで聞きかじってきた経営理論を振りかざして、「ああでもない、こうでもない」と言ったからですよ。何もできないのに。当然、親父に叱られると思っていたら、何も言わなくてね。代わりに、店の通帳と実印を渡され「これからはお前が経営しろ。自分が元気なうちは、会社が潰れてもなんとかできる。店を潰すなら、俺が元気なうちにしろ」と。そう言われたら、逃げられないですよね。それで、僕はもうこの仕事で生きていこうと決意したんです。それからですよ、悪戦苦闘の修行時代が始まったのは。


野田稔

「念のため」「とりあえず」がムダな仕事を生んでいます。とくに単純作業においては、そこに人件費が発生しているという意識が薄くなりがちです。日本人は「ミスをしないこと」「言われたことを正しくやること」に価値があると考えます。この優等生的な働き方は単純に仕事量を増やし、付加価値を生んでいないことを、まずは認識することです。


ケリー・マクゴニガル

間違った判断をした自分を許すことができれば、いつまでも自分の考えに固執しなくなる。


佐藤富雄

性格は変えることができます。性格とは、簡単にいうと思考習慣です。ものごとの受け止め方や、考え方の癖のようなものです。そして、その思考は言語に支配されています。人は言語なしで考えることはできないからです。私たちは話す通りに考え、考える通りに話しているのです。


森本智子

インタビューのとき、たくさんの準備はしつつも、相手に対面するときは、まったく頭の中をゼロの状態にして話を聞くようにします。自分の中で結論を持ちながら話を聞いていると、頭に入ってきませんから。


ホルスト・シュルツ

会社というのは、与えられた仕事をたんにこなす場所ではなく、その人の夢や信念を果たす場所なのです。