名言DB

9413 人 / 110706 名言

大貫美鈴の名言

twitter Facebook はてブ

大貫美鈴のプロフィール

大貫美鈴、おおぬき・みすず。日本の宇宙ビジネスコンサルタント。東京出身。日本女子大学卒業後、清水建設に入社。同社宇宙開発室で企画調査研究、広報業務に従事。同部署での宇宙ホテル構想の提案を機に、以降宇宙旅行の仕事に一貫して携わる。宇宙開発事業団NASDA(のちのJAXA)やアメリカの宇宙ベンチャー企業などのプロジェクトに参加。女性宇宙フォーラムを設立。そのほか、スペースフロンティアファンデーション理事・アジア圏代表、日本女子大学学術研究員、国際宇宙週間理事などを務めた。著書に『来週、宇宙に行ってきます』など。

大貫美鈴の名言 一覧

いままで夢物語のように思われていた宇宙の世界を、もっと日常に近づけて、宇宙文化を創造していけたら本望です。


独立して、大企業に勤めているような安定感はありませんが、たとえば海外のベンチャー企業は、決断までのプロセスが速く、ドキドキするようなスピード感が味わえます。逆にリスクもあって、毎日が冒険ですが、それも含めて楽しめるようになりました。


独立したとき、大企業から外れて、普通なら不安を感じるところでしょうけれど、私には興味が尽きない宇宙での衣食住や宇宙旅行に携わっていけるというワクワク感の方が大きかったですね。会議や講演会に参加したりして、「このプロジェクトは面白そう!」「この企画にはぜひ携わってみたい」と思った企業や組織には積極的にアプローチしました。


無重力って面白い!ならば、宇宙旅行も同様に楽しいはず。この楽しさをみんなに伝えたいと思いました。
【覚書き|航空機の弾道飛行による無重力を体験したときを振り返っての発言】


大貫美鈴の経歴・略歴

大貫美鈴、おおぬき・みすず。日本の宇宙ビジネスコンサルタント。東京出身。日本女子大学卒業後、清水建設に入社。同社宇宙開発室で企画調査研究、広報業務に従事。同部署での宇宙ホテル構想の提案を機に、以降宇宙旅行の仕事に一貫して携わる。宇宙開発事業団NASDA(のちのJAXA)やアメリカの宇宙ベンチャー企業などのプロジェクトに参加。女性宇宙フォーラムを設立。そのほか、スペースフロンティアファンデーション理事・アジア圏代表、日本女子大学学術研究員、国際宇宙週間理事などを務めた。著書に『来週、宇宙に行ってきます』など。

他の記事も読んでみる

藤修

前職で実績をあげ、周りからも信頼されて、人間的に魅力がある人は、そもそも転職市場に出てこない。彼らを採用しようと思ったらスカウトしかない。今の転職市場は、転職すべき人が転職せず、転職すべきでない人が転職している傾向がある。


石川泰彦

社員一人一人が主体性を持って仕事をし、「自分がソラストを支えている」という意識を持ってほしい。そうなった時、私たちの目標は自ずと実現しているはずです。


渡辺元智

生徒には人生の師となる人を見つけなさいと伝えています。私が教育者になれたのも、後援者の方をはじめとする恩師たちのおかげですから。


落合信彦

死を選ぶことは、勇気あることでもなんでもない。むしろその逆。生に執着している人からすると、自ら死を選択することは、ある種の畏れなのかもしれないが、とんでもない。


安岡正篤

人間は憂えなければ人物ができない。何の心配もなく平々凡々幸福に暮らしたのでは、優という文字の真義からくる「優秀」とは言い難い。憂患を体験し、悩み抜いてきて初めて、人物も余裕も出てくる。


松本晃(経営者)

ビジネスの情報はデジタルとアナログの両方が必要です。デジタルは各種経営指標のデータ、アナログは現場へ足を運び、五感を使って感じ取る情報のことです。


山本亮二郎

私たちは出資者から大切な資金を預かり運用しています。投資をして得るのは未公開株であり、冷静に考えると非常に責任の重いデリケートな仕事だと自覚している。投資先には厳しい意見も伝えなければならないケースがある。そういう場面では親しさが正しい判断を下すのに邪魔をすることがある。その弊害を考えるとお酒は必要ないと思う。常に自らを律する意識を持っていないといけない。
【覚え書き|投資先のベンチャー経営者と食事や飲み会をしない理由について語った言葉】


水野和敏

スペシャリストには転職を前提とした雇用政策で対応すべき、という通説も根強いものがありますが、むしろ逆。スペシャリストのようなコア人材こそ、昔ながらの安定した雇用の中で成果を出す。「終身雇用のメリット」について、経営者たちはもう一度、真剣に考え直すべきです。


周防正行

この企画はハリウッドでなければ撮れないということであれば、そういうこともあるかもしれません。でも、日本で撮れるものをわざわざアメリカでつくろうとは思いません。僕の理想は、撮らずにはいられないというテーマに出会って、それを伝えるために夢中になっている自分がいることであって、ハリウッド映画の監督になることではないのです。


山田淳

大抵の人は考えすぎる。考える前に、まずは行動ですよ。やるべきことをやっていこう。


尾原蓉子

文化や価値観の違う人に物事を伝えるのは難しいけれど、努力と工夫で必ずできる。


江幡哲也

リクルート時代、営業に移って先輩からまず言われたのが、「話しすぎるな」ということでした。営業の基本はヒアリング、つまり相手の抱えている問題について聞くことだと。商談は自分が話すから続くのではなく、お客様にたくさん話してもらうから続くわけです。それは常に心がけるようにしていました。


菊間ひろみ

日本人は発言で恥をかいたり反論されたり、失敗が怖いのです。でも語学学習で失敗は勲章です。


小宮一慶

武士は4、5歳から『論語』を毎日素読するから人としてのバックボーンがあり、20代の若さで大将として大勢の部下を堂々と率いることができたのです。


小宮一慶

大切なことは『人によって最適なポートフォリオは違う』ということ。Aさんに正しい金融商品も、Bさんには正しくない場合があるのです。同じ100万円でもAさんは銀行に預金すべきだが、Bさんは株式や投資信託を買った方が良い場合があります。年齢や家族構成、ライフステージ、時々の収入や必要資金が人によって違うからです。