大貫卓也の名言

大貫卓也のプロフィール

大貫卓也、おおぬき・たくや。日本のクリエイティブ・ディレクター、アート・ディレクター。東京出身。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業後、大手広告代理店の博報堂に入社。新人時代に任された「としまえん」の仕事でいきなり東京ADC賞を受賞。以後、「ペプシマン(ペプシ)」「hungry?(日清カップヌードル)」「Jリーグのロゴ」「Yonda?(新潮社)」「愛知万博ロゴ」「TSUBAKI(資生堂)」「ソフトバンクのロゴ」など数多くの広告キャンペーンやロゴデザインを手掛け、様々な賞を受賞した。主な受賞に東京ADC賞・最高賞・会員賞・会員最高賞、ニューヨークADC銀賞・金賞、カンヌ国際広告祭銀賞・金賞・グランプリなど。大貫デザイン代表。

大貫卓也の名言 一覧

広告とか商品開発とか、そういうことを分けて考えることはあまりにも効率が悪いと思います。世の中のすべてがコミュニケーションであり、広告だと思っているので、企画から考えることが自然の成り行きです。


僕自身、広告のプロであろうとして、商品を売りたいという企業の希望を叶えることに徹した時期もありました。でも最近は、それだけではつまらないし、「志」みたいなものがない仕事はやる気がわきません。


企業がブランドをつくっていくためには、単に商品が売れることだけでなく、それが世の中にどのような影響を与えるか、そこまで考えていく必要があるのです。これからの企業は、ひとつひとつの活動が人々にどういうイメージを与え、影響力を持つか、そして企業に戻ってくるか、そこまで考えていかなければいけない時期に来ていると思います。


『TSUBAKI』の広告にこだわったのは、本当に社会的影響力を持たせたかったからでもあります。この広告で日本中の女性の背中を押してあげることが本当にできたら、素晴らしいのではないか。一番やりたかったのはそこなんです。今回の仕事は、日本女性を外側からも内側からもきれいにする、そんな広告を目指したんです。


「いいキャンペーンでしたね」と評価されるとか、広告賞を受賞するとか、そんなレベルでは終わらせたくなかったんです。とにかく見た人が、「きれいだ」と圧倒されるような広告をつくりたかった。ちょっとカッコよく言えば、「美しい!」の連続で、感動させたいと考えたのです。


シャンプーをつくるという発想ではなく、化粧品としてのシャンプーをつくるというのが『TSUBAKI』の根底にはあります。だから、パッケージも色も、従来のトイレタリー(洗面用品)商品の概念を破るようなものをあえてつくったのです。


僕が社会的にいい影響を与えるものをつくりたいと意識するようになったのは、愛知万博の仕事をやったことがきっかけなんです。あのとき、「自分のアイデアひとつで、日本を良い方向に変えることができるかもしれない」と本気で思ったのです。広告にも人々の気持ちを変える力がある。広告もバカにしたもんじゃないぞ。最近は、そんなことを考えながら仕事をしています。


いままでのシャンプー・パッケージで、一度見たら忘れられないような、そんなパッケージってなかったと思うんです。今回は、パッケージだけですべてのメッセージ・コミュニケーションが完結するくらいのパッケージでなくてはいけない、と最初から考えていました。
【覚書き|資生堂TSUBAKIの商品コンセプトづくりからパッケージデザイン、広告まで携わったことについて語った言葉】


『TSUBAKI』は単なるネーミングではなく、女性像(これからの日本女性の象徴)であり、商品特性(椿油から抽出した美容オイルが入っている)であり、資生堂そのもの(花椿マークは資生堂の象徴)なんです。商品コンセプトとして僕がまず考えたのは、「日本発」ということでした。競合商品はアジアや欧米の美しさをコンセプトにしていましたが、資生堂ならやはり目の前にある日本の美しさだろうと。


シャンプーは化粧品よりも広告出稿量が多いですから、「シャンプーA」をつくるというより、強力な資生堂のブランド広告であるべきだと考えました。逆にいえば、それくらいの志を達成し得なければ成功しない。そんな強い思いをもってスタートしたプロジェクトでした。
【覚書き|資生堂TSUBAKIの商品コンセプトづくりからパッケージデザイン、広告まで携わったことについて語った言葉】


シャンプーという市場は、資生堂も含め大量のブランドが存在していて、トップブランドでもシェアが2桁に行くか行かないかです。他に例を見ない激戦が繰り広げられている領域なのです。そのなかで、「新商品をゼロからつくりあげ、しかも一気にトップブランドにする」というのは、なかなかハードなミッションでした。だからこそ、ほかのビッグブランドと同じ土俵で戦ってはいけない。そこで、トイレタリー(洗面用品)発想ではなく、化粧品的なシャンプーをつくることにしたのです。
【覚書き|資生堂TSUBAKIの商品コンセプトづくりからパッケージデザイン、広告まで携わったことについて語った言葉】


『TSUBAKI』の広告については、新しい自分流の広告ではなく、資生堂のやり方で突破すべきだと思っていました。それも、自分が若いころから憧れていたような、圧倒的なスケール感があって、世の中を揺さぶるような「資生堂の広告」をつくりたかった。かつての資生堂がやっていたキャンペーン広告のようなイメージです。資生堂の手法で成功することが重要だったんです。


大貫卓也の経歴・略歴

大貫卓也、おおぬき・たくや。日本のクリエイティブ・ディレクター、アート・ディレクター。東京出身。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業後、大手広告代理店の博報堂に入社。新人時代に任された「としまえん」の仕事でいきなり東京ADC賞を受賞。以後、「ペプシマン(ペプシ)」「hungry?(日清カップヌードル)」「Jリーグのロゴ」「Yonda?(新潮社)」「愛知万博ロゴ」「TSUBAKI(資生堂)」「ソフトバンクのロゴ」など数多くの広告キャンペーンやロゴデザインを手掛け、様々な賞を受賞した。主な受賞に東京ADC賞・最高賞・会員賞・会員最高賞、ニューヨークADC銀賞・金賞、カンヌ国際広告祭銀賞・金賞・グランプリなど。大貫デザイン代表。

他の記事も読んでみる

柴田励司

40歳の頃の私は、社員のほぼ全員からノーを突きつけられるほど、ダメダメな社長でした。「瞬間湯沸かし器」とあだ名がつくくらい怒りっぽく、「とにかく言うとおりにしろ」というタイプ。だから、社員もたくさん辞めていきました。そして過労で倒れました。そうやって痛い目を見た末に、「自分を見直すべきだ」と悟ったのです。


箱田忠昭

仕事をしている時間は、大きく「Aタイム」「Bタイム」「Cタイム」に分けることができます。Aタイムは顧客との商談など売上に直結する最も大切な時間。Bタイムは会議や商談の準備など、直接金にはならないが必要不可欠な時間。Cタイムは商談の待ち時間などのスキマ時間です。残業を減らすには、このスキマ時間をいかに減らすかがポイントになります。


山内伸介

工賃を安くするのではなく、高い加工技術を生かす道を選んだことが認められてきた。


セバスチアン・スラン(セバスチャン・スラン)

経営者もエンジニアの発想を身に付け、5~10年後に技術が何をもたらすのかを想像できなければ成功できない。


青野慶久

私も、以前は「睡眠時間を短くした方がいい」と考えていました。多くのビジネス書には、短眠が美徳のように書かれています。だから、自分でも知らないうちに「寝ている時間は無駄だ」という価値観が刷り込まれてしまっていたんです。しかし、眠っている時間は新陳代謝を活発にするなど、身体は必要な活動をしているのです。だから、睡眠時間を削ると、場合によっては生きるために必要な活動まで削ってしまうことになりかねません。


石倉洋子

いち早く手を付けるか、どうしようもなくなるまで先送りするかは、トップの考えと力量にかかっています。やっと重い腰を上げたのはいいが、そのときにはすでに遅く、市場から退場せざるを得なくなった企業の事例はいくらでもあります。


桂歌丸

いろんな人に言われます。70を過ぎてまで、どうして苦労して新しい噺を覚えるのかって。そりゃあ、覚えも悪くなっていくし、挑戦し続けるのはしんどい。お客さんの期待に応えられなかったら、なんて考えるだけでおっかない。でも、最期に目をつむったときに楽な気持ちでありたいんです。「ああ、あの噺もできたのに」なんて後悔しても遅いでしょ。


茂木健一郎

これまで様々なクリエーターの方々とお目にかかってきた。振り返ると、いくつかの共通点があるように思う。強く印象に残ることの一つは、良い仕事をされているクリエーターの方ほど、その人の周りに、ゆったりとした、自由な空気が漂っているということだ。本当は、忙しいのに決まっているのである。スケジュールに追われたり、決めなくてはいけないこともたくさんあったり、頭の中は仕事でいっぱいのはずなのである。それでも、それを他人に見せない。実は、ここに創造性の秘密があるのではないかと思う。


鈴木大拙

指が1本あるだろう。指1本ということは意味がないわな。それぞれの指があって指の意味があるわけだ。その指は手にくっついている。ところが、指は手の指でもあるが、手は指の手でもあるのだ。この指の中に手が入っているのだ。そういうことは量的にいえば不都合千万で、とてもそうはいえない。けれども、1つのレベルを飛躍すると、1本の指に手が入っておる、世界が入っておることになってくるのだ。


秋元義彦

社員を積極的に県外のパン屋さんに研修に出しています。当社が目指しているのは、ワクワクドキドキのあるパン屋。たとえば、お客さまが選ぶのを楽しみにするほどバラエティに富んだパンを揃えているとか、無料のコーヒーサービスがあるとか。他社の優れたお店で修業を積むことは、ワクワクドキドキのあるパン屋になるためにも非常に勉強になるのです。


塚越友子(水希)

男の嫉妬をかわすために大切なのは「バカなふりをする能力」です。あくまで「知的なバカ」です。相手に「自分よりできるかも」と思われたら排除されるのですから、自分が有力な地位を得るための準備をする一方で、上司や相手を蹴落とさないように見せる努力をしなくてはなりません。この両立が大切です。


渡邊陽一

創業当初は広告を出してもらうために接待するなど、「お願いして仕事をもらう」という状況が続きました。ところが講演の依頼は、相手から「お願いします」と言ってくる。これは鉱脈かもしれないと思いました。お願いされるということは、すなわち世の中に必要とされていることではないかと思った。そしてこれこそが、事業として継続していけるものではないかと。


棚橋弘至

プロレスラーはプロレスを通して、生き様を見せているんですよね。人生って攻めるときもあれば、やられるときもあるし、勝つときも、負けるときもある。お客さんは、プロレスラーの見せるものを、自分の生活に置き換える。そして、最後まで諦めないプロレスラーを見て「今日はダメだったけれど、自分も明日はもうちょっとできるかもしれない」と、元気になるのだと思う。


西川真梨子

私は仕事もプライベートも常に楽しんでいて、過度のストレスがたまらないようにしています。その意味では、心が健康であることも体の健康にもつながるのだと思います。


前刀禎明

ディズニーは映画で創造したものと同じ世界をテーマパークで体験させ、さらにグッズを販売して人々の日常生活そのものをディズニーの色に染める戦略をとっています。アップルも同様です。売っているのは新たな生活スタイルなのです。iPodなどの製品はそのための道具にすぎません。


ページの先頭へ