大谷芳弘(コンサルタント)の名言

大谷芳弘(コンサルタント)のプロフィール

大谷芳弘、おおたに・よしひろ。日本の広報・販促コンサルタント。「マジックマイスター・コーポレーション」代表。兵庫県出身。近畿大学商経学部経営学科卒業後、つるやゴルフ勤務、アイディーユー広報PR室長などを経てマジックマイスター・コーポレーションを設立。

大谷芳弘(コンサルタント)の名言 一覧

相手にPRしたいものが明確になれば、マスコミへの説得力の高いプレスリリースを作ることができる。


自社の製品やサービスを宣伝したいけど予算がないという企業や自治体は全国にたくさんあります。そこでマスコミにプレスリリースを送って、製品(サービス)の魅力、面白さを伝えます。興味をもってもらい、取材されれば、無料で宣伝してもらえるのです。そのお手伝いをするのが広報コンサルティングの仕事です。


図を用いて、最初に自社の製品やサービスの魅力を自分で見つけてもらうことから始めています。私の図解の基本は、近江商人の三方良し。登場人物とその関係性を表した図を基本に、その企業(自治体)にっての、買い手、売り手、世間の関係を図にしていきます。図解することで、相手に伝えたい内容なのか自分の理解も深まります。


大谷芳弘(コンサルタント)の経歴・略歴

大谷芳弘、おおたに・よしひろ。日本の広報・販促コンサルタント。「マジックマイスター・コーポレーション」代表。兵庫県出身。近畿大学商経学部経営学科卒業後、つるやゴルフ勤務、アイディーユー広報PR室長などを経てマジックマイスター・コーポレーションを設立。

他の記事も読んでみる

細川馨

身に染みついた全部のクセを直すのはなかなか大変なので、最大の悪癖を1年から1年半かけて直してみるといいでしょう。ひとつを直すと、たくさんの癖が直っているというケースも少なくありません。


ミゲル・マッケルビー

いま人々の間で新しい何かが生まれようとしています。仕事や職場環境、人とのつながりに対する考え方も大きく変わっていくでしょう。我々はその変化の手助けをしたいのです。


樋口泰行

時折、「楽な会社イコール働きやすい会社」と考える人がいます。しかし、そういう人たちが会社に集まってくるとよろしくない。あくまでも、我々は前向きなモチベーションを重視しています。少々厳しい面もあるかもしれませんが、自己成長でき、会社も成長し、それらが相乗効果を生み出すことを価値観としているのです。


上原明

私は本当に人の縁に恵まれていたと思います。「自分以外は師」と自分に言い聞かせ、年齢などにも関係なく、多くの方々からたくさんのことを学ばせていただきました。


伊藤由美

結果的に伸びなかった人というのは、周りに対する配慮や優しさにやや欠け、利己的な方が多いように思います。自分のことしか考えられないので思わぬところから足を引っ張られることもあるでしょう。また、人に対する感謝の気持ちがない方は、いざという時に他人から助けてもらえませんし、大事にも思われません。


ひろゆき(西村博之)

僕は人のクビは切れないです。明日から僕が食えなくなるとか、本当の危機感があればできますけど。だから、クビを切れる人はすごいと思う。


原田泳幸

「マクドナルドらしさ」から逸れない範囲であれば、どんどん新しいことにチャレンジしろと社員たちに伝えています。イノベーションは自己否定から始まると思っていますので。


藤田晋

組織の中では、納得のいかないことは往々にしてあります。理不尽さを抱えながら成立しているのが組織というもの。正諭なら何を言ってもいいわけではないことを理解しておきましょう。


バートランド・ラッセル

愛を恐れることは人生を恐れること。そして、人生を恐れる人たちは、ほとんど死んでいるも同然なのだ。


谷原章介

働くことは家族を養うことでもありますが、それを言い訳に仕事だけを大事にして、家庭を顧みないのはもったいないこと。バランスが大切です。家族と共有する幸せな思い出があれば、この先の人生、もっと豊かになると思うからです。


熊本昌弘

阪神淡路大震災のとき副社長として復興の指揮を執ることになった私は、「これはひとつ間違えると神戸製鋼がつぶれるかもしれない」と感じ、まず社員と家族の人命救助を優先し、次に神戸製鋼はなにがあっても神戸を離れない、製鉄をやめないという方針を矢継ぎ早に打ち出しました。会社は自分たちを見捨てないという安心感が社員に広がり、命令もしていないのに多くの社員が休日に会社に出てきて復旧作業に汗を流してくれました。もし経営トップの方針がぐらついていたら、平日でも社員は会社に出てこなかったかもしれません。


守屋淳

『論語』には孔子の弟子である子游の言葉として「君に事(つかえて)えて数(しばしば)すれば、ここに辱めらる。朋友に数すれば、ここに疏(うと)んぜらる」とあります。主君や友人に諫言や忠告ばかりしていると嫌われてしまうから、ほどほどにしたほうがいい、という教えです。


佐々木大輔(経営者)

あるベンチャー企業でCFO(最高財務責任者)を務めていた時、チームの経理担当者が1日中、入力作業に忙殺されていた。せっかくの時間がもったいないと思い、仕事内容を細かく分析してみると、当時使っていた会計ソフトがボトルネックになっていることに気付きました。請求書を管理するシステムと経営分析の仕組み、決算のために会計帳簿を作るソフトが別々に動いていたため、何度も繰り返し、同じ情報を入力しなければならなかったからです。


林文子

相手が歩み寄ってこないのであれば自分から歩み寄る。これはやはり、人間関係の鉄則だと思います。


斎藤英明(経営者)

他社では特約なども含めると本当に多数の商品がありますが、当社はとにかくシンプルでお客さまご自身がご理解いただける分かりやすい商品構成にしています。多種多様な保障が必要と考える方は、他社の保険を選ぶでしょう。当社のお客さまは、シンプルな保障を求めている方が多いです。


ページの先頭へ