名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大谷翔平の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大谷翔平のプロフィール

大谷翔平、おおたに・しょうへい。日本のプロ野球選手(投手・外野手)。岩手県出身。花巻東高等学校卒業後、ドラフト1位で北海道日本ハムファイターズに入団。同チームで活躍後、ロサンゼルス・エンゼルスでプレーした。

大谷翔平の名言 一覧

プロの世界で毎年戦っていく中で1年1年の勝負が厳しいことを実感しています。だからまず目の前のひとつひとつを確実に勝ち、前より良くしていく。その中で、自然と先にある目標やビジョンが見えてくるのかなと言う気がします。


僕はマイナス思考なんですよ。良かった時より、悪かった試合の記憶のほうが残る。だから弱点が見えたら、しっかり直して塗り潰したい気持ちが強いんです。


読む本は野球以外のビジネス書などが多いです。スティーブ・ジョブズの本などの経営者の力強い言葉に勇気をもらったり、最近は栄養学に関する本で体作りに活かそうと考えていますね。


(投打二刀流で成功した)最初の一人に……という気負いはないですが、やるからには成し遂げたい気持ちはあります。誰もやってないことをやってみたいタイプですので。


僕も高校時代は岩手の田舎で、甲子園には二度出ましたが、どちらも一回戦敗退でしたから。常に「上には上がいる」と感じながら練習し、「どのくらいの力があればプロになれるんだろう」と絶えず、悩んでいました。だから高校時代からメモをつけるようになったんです。


周囲から(投打)二刀流をやめろと直接言われたことはないですね。また、「一本に絞った方が……」という声が耳に入っても、気になりません。僕にとっては小中高、そしてプロと、ずっと二刀流をするのが普通のことなので。


両親ともスポーツマンで、父は野球、母はバドミントンを社会人までしていた人です。父はプロを目指しながらも、なれなかったので「プロは甘いものじゃないぞ」といつも厳しさを伝えられてきました。周りから多少持ち上げられても、父の言葉で、身が引き締まりましたね。


高校時代から始めたメモをつける習慣は、今も続けています。その日の練習や試合で良かったことと悪かったこと。そして「今度からこうしていこう」という内容をまずスマホでメモして、後でノートに清書して残すようにしています。他にも読んだ本の中で、響いた言葉があればそれもメモし、自分に活かせないかと考える材料にしています。


大谷翔平の経歴・略歴

大谷翔平、おおたに・しょうへい。日本のプロ野球選手(投手・外野手)。岩手県出身。花巻東高等学校卒業後、ドラフト1位で北海道日本ハムファイターズに入団。同チームで活躍後、ロサンゼルス・エンゼルスでプレーした。

他の記事も読んでみる

増谷洋

情報セキュリティ業界では現在、人材が競争優位性の源泉となってきているといっても過言ではありません。


マザー・テレサ

私たちは皆、神の楽園に憧れています。でもじつは私たちは、いま置かれたところで楽園を味わうことができるのです。


井口尊仁

信じている人間が自分の言葉で直接語るのが一番伝わる。


小杉俊哉

イノベーションを起こして組織を成長に導くのは、上に言われたことをきちんとやる人ではなく、何をやるべきかを自分自身に指示して、「誰にも言われていないこと」をやる人が必要。もし上司が自分のチームで成果を出したいなら、この「セルフリーダーシップ」の習慣を持つ部下を、いかに多く持てるかがカギとなる。


水野和也

常に新しい製品を開発し続けなければ商売にならない。


上山信一

マッキンゼー時代も含めると、約40件の改革に携わってきました。その対象は本当にさまざまです。不案内を理由にやらないことは、基本的にありません。もちろん依頼を断ることはよくあります。でも、それは機が熟していなかったり、守旧派が「やったふり」をするための改革に思えたときだけです。


小倉広

人間という言葉に「間」という文字が入っているのは、いかにコミュニケーションが大切であるかを表していると思います。


横田雅俊

営業マンの中には「相手が腕を組んだら拒絶サイン」などと、しぐさから感情を読み取ろうとする人がいます。しかし目や手の「動き」に注目するほうが効果的です。しぐさはその人の癖と見分けにくく、必ずしも内心を表しているとは限りませんが、面談中に何かに触れたり視線を宙に投げたりする「変化」は、感情の動きを表すからです。手の動作に「急にメモを取り出す」「片手でもう一方の手をつかむ」「資料に触る」といった変化があれば、何かしらその原因があるはずです。その原因こそが相手の本音に直結します。


森信親

規模が全てではありません。小さい信用金庫や信用組合でも、素晴らしい経営をして収益を確保しているところは多い。


綾辻行人

(『深泥丘奇談』は)オチのない話を書いてみる、というところからスタートしたんです。僕が書いてきた小説はミステリにしろホラーにしろ、何かしらの「解決」があるんですね。それをあえて排除して、オチのつかない投げっ放しの小説を、と。いつもはトリックから考えるんですが、このシリーズは真逆。こんな景色が出てきたら「変」だろうな、というところから作りました。面妖な風景や現象を思いついたら勝ち、みたいな。読者にどう受け止められるか不安だったんだけど、意外に好評でした。


稲葉善治

開発者全員が共通の目的意識をもつことが最も重要なので、この点に注意して、話すことや行動に注意しています。原理原則は非常に単純なことですが、やはり実行するとなると大変だし、この辺でいいかと妥協しがちですが、徹底することが大切だと思います。


茂木信幸

苦手な顧客にどのように演じて、感情労働営業を行えばよいのか。その戦略を大まかに言うと、「自分と顧客それぞれの気質タイプを見極めたうえで、気質の異なる部分を相手に合わせるように演技していく」ということになる。