大谷翔平の名言

大谷翔平のプロフィール

大谷翔平、おおたに・しょうへい。日本のプロ野球選手(投手・外野手)。岩手県出身。花巻東高等学校卒業後、ドラフト1位で北海道日本ハムファイターズに入団。同チームで活躍後、ロサンゼルス・エンゼルスでプレーした。

大谷翔平の名言 一覧

プロの世界で毎年戦っていく中で1年1年の勝負が厳しいことを実感しています。だからまず目の前のひとつひとつを確実に勝ち、前より良くしていく。その中で、自然と先にある目標やビジョンが見えてくるのかなと言う気がします。


僕はマイナス思考なんですよ。良かった時より、悪かった試合の記憶のほうが残る。だから弱点が見えたら、しっかり直して塗り潰したい気持ちが強いんです。


読む本は野球以外のビジネス書などが多いです。スティーブ・ジョブズの本などの経営者の力強い言葉に勇気をもらったり、最近は栄養学に関する本で体作りに活かそうと考えていますね。


(投打二刀流で成功した)最初の一人に……という気負いはないですが、やるからには成し遂げたい気持ちはあります。誰もやってないことをやってみたいタイプですので。


僕も高校時代は岩手の田舎で、甲子園には二度出ましたが、どちらも一回戦敗退でしたから。常に「上には上がいる」と感じながら練習し、「どのくらいの力があればプロになれるんだろう」と絶えず、悩んでいました。だから高校時代からメモをつけるようになったんです。


周囲から(投打)二刀流をやめろと直接言われたことはないですね。また、「一本に絞った方が……」という声が耳に入っても、気になりません。僕にとっては小中高、そしてプロと、ずっと二刀流をするのが普通のことなので。


両親ともスポーツマンで、父は野球、母はバドミントンを社会人までしていた人です。父はプロを目指しながらも、なれなかったので「プロは甘いものじゃないぞ」といつも厳しさを伝えられてきました。周りから多少持ち上げられても、父の言葉で、身が引き締まりましたね。


高校時代から始めたメモをつける習慣は、今も続けています。その日の練習や試合で良かったことと悪かったこと。そして「今度からこうしていこう」という内容をまずスマホでメモして、後でノートに清書して残すようにしています。他にも読んだ本の中で、響いた言葉があればそれもメモし、自分に活かせないかと考える材料にしています。


大谷翔平の経歴・略歴

大谷翔平、おおたに・しょうへい。日本のプロ野球選手(投手・外野手)。岩手県出身。花巻東高等学校卒業後、ドラフト1位で北海道日本ハムファイターズに入団。同チームで活躍後、ロサンゼルス・エンゼルスでプレーした。

他の記事も読んでみる

真島茂樹

受かるという保証はもちろんありませんでした。でも、彼の振り付けをどうしても受けたいし、こんなチャンス、この先二度とないかもしれないと思ったら、賭けに出る以外なかったのです。
【覚書き|順調な道を捨て、ボブ・フォッシーのミュージカルのダンサーオーディションを受けた当時を振り返っての発言】


中島孝志

質問力とは問題解決力。質問力を磨けば仕事のトラブルを回避したり解決することができる。人間関係も改善する。あらゆる問題を見つけ出し、それを解決に導く第一歩が質問力なのです。


本田有明

リーダーの仕事は、チーム全体のパフォーマンスを引き上げることです。そのときに大事なことは、少数のデキる部下を重用することではなく、多数の普通の部下をレベルアップさせることです。最近は、それができない上司も増えています。


菅原洋平

「無理して早寝早起きをする」のではなく、「生体リズムに従って、睡眠をスキルとして使いこなす」という発想が、忙しいビジネスパーソンには求められると思います。


藤原和博

いきなり独立するのはハードルが高いですが、組織内自営業者という考え方で働くことは可能です。つまり、会社の資産を利用してスキルを磨き、いつでも自営業者になれるくらいの力を身につけるつもりで仕事をするのです。


ドナルド・トランプ

嬉しいことに、今という時代はあまりに変化が早く、誰も退屈などしていられない。現代人にとってはついていくだけでもチャレンジだ。私はこのチャレンジが気に入っている。チャレンジとはすなわち、成功の萌芽だからだ。


勝間和代

一人ひとりがチャレンジャーにならないといけません。ある意味、今の日本はゼロベースの国よりも不利な状態にあるでしょう。なぜなら成功体験があるからです。その成功体験は足かせにはなっても、決して将来を助けてくれるものではないのです。


ヘンリー・フォード

想像できることなら、誰にでもどんなことでもできる。


和田一夫(経営者)

倒産を招いた最大の原因は私の驕りにあった。


樋口泰行

原点は、新卒で入社した松下電器時代の経験です。同社は典型的な製造業で、「何もしていない時間はムダ」という文化がありました。ホワイトカラーでもそれは同じ。「日々、ムダ取り」です。


本郷陽二

接待で相手を説得する心理テクニックを「ランチョンテクニック」というように、会食が人間関係のショートカットになるのは明らか。接待費は大目に見たほうがよさそうです。


栗山英樹

僕は「教える」という感覚はあまりなく、選手が持つ良さを引き出し、適材適所で輝くようにマネジメントをしているだけです。引っ張っていくリーダーというよりは、マネージャーのような役割が近いかもしれません。


谷口直樹(ファイナンシャルプランナー)

将来、お金持ちになれるかどうかは、その人のバランスシートや家計簿を見れば、一発でわかる。お金を遣うことは問題ではありません。資産を殖やすような遣い方ができているか否かが大事。


アルフレッド・アドラー

ガミガミ叱られ続けた者が暗い性格になるとは限らない。親の考えを受け入れるか、親を反面教師にするかは、自分の意志で決められるからだ。


小林一雅(小林製薬)

市場が拡大し始めた際の注意として、ライバルをつぶしにかかってはいけません。特に、いじわるはダメ。問屋を介して圧力をかけたり、原材料メーカーを通じて供給を止めたり、といった妨害は、法に抵触するだけでなく遺恨も生まれます。「窮鼠猫を噛む」というように、いまは小さな存在だとしても、いずれ自社を脅かす存在になるかもしれません。


ページの先頭へ