名言DB

9412 人 / 110637 名言

大谷義武の名言

twitter Facebook はてブ

大谷義武のプロフィール

大谷義武、おおや・よしたけ。日本の経営者。「武蔵コーポレーション」社長。埼玉県出身。東京大学経済学部卒業後、三井不動産を経て武蔵コーポレーションを設立。

大谷義武の名言 一覧

会社は社員を含めた各社関係者のものだと思っている。社員が幸せになるにはまず給料が必要なので、そこを最大化していきたい。


うちは人が全て。だから、社員の幸せが一番だと思っている。それが無ければお客様の幸せもない。


何のために仕事するのかという部分で疑問があった。三方よしで誰かの役に立つ仕事がしたいと思い起業しました。


社員同士がコミュニケーションをとって会社のために頑張ろうと思うことが、業績に繋がる。


手間暇をかけてお客様の不安を一つ一つ潰してきた結果が管理戸数の増加や入居率の高さにつながっています。


フローとストックの両輪がバランス良く成長しているからこそ、企業として順調に成長できる。


重要なのは「人材教育」だと考えています。一生、お客様とおつきあいさせていただくためには、目先の利益にとらわれず、誠実であることが何よりも大事です。ちなみに、当社の営業マンにはノルマも歩合もありません。お客様への無理な売り込みにつながりかねないからです。


仲介会社の人は、問題のある物件を顧客に紹介するわけにはいきません。その点、当社の物件なら安心できるということで、優先的に紹介してくださっているのです。当社は3000社以上の不動産仲介会社とこうした強いつながりを持っています。


社員のモチベーションの高さが好調の要因の一つ。例えば、営業担当が何の目的も持たないまま仲介店舗を何件も回っても、やる気をなくしてしまうでしょう。当社では仕事を行う意義、目的をしっかり理解してもらう場を定期的に設けています。


当社の理念に共鳴していただいた方に、将来の「安定」を提供するのが我々の目指すところ。そのためには不動産投資のみならず、生命保険やオペレーティングリースなど、不動産投資以外の資産運用に対するアドバイスも行なわせていただいています。オーナー様に最新の知識を得ていただくとともに、オーナー様同士が交流する場である「オーナーズクラブ」を開催しているのも、長いおつきあいを意識しているからこそです。


とくにバブル期の物件に多いのですが、必要な改修の資金が足りなかったり、差し押さえがついていたりするなどの特殊事情で、一般に流通していない物件が数多くあります。当社はそうした物件を割安で手に入れ、独自技術によってリノベーションを行ない、人気物件へと再生させます。入居率は実に97%超。このように、割安な物件を人気物件に再生するからこそ、高利回りが実現できるのです。


空き家が問題になっていますが、実は賃貸マンション・アパートの空き家のほうが多く、合計819万戸の空き家のうち、実に過半数以上の471万戸を共同住宅の空き家が占めているのです。外から見ただけではわからなくても、実は入居者がぽつぽつと入っているだけの「虫食い」状態になっている物件は数多くあります。こうした物件を放置するのは、治安の面からも問題です。我々がそうした物件を買い取り、再生する。そして改めて入居者を集め、満室にしたうえで、お客様に販売する。こうすることで、空室問題を解決しつつ、お客様に利益を得ていただくことができる。それが当社のビジネスモデルなのです。


中古物件を売買する際の問題の一つに、「買ってみるまで物件の本当の価値がわからない」ということがあります。中でも見逃されがちなのが、入居者の属性です。そこで当社は一定期間の管理を経て、滞納があったり、なんらかのトラブルを抱えていたりするような住人はすべてチェックし、問題をクリアにします。そのうえで、原則満室の状態にしてからお客様に引き渡しています。その後も徹底した管理とメンテナンスを行なうとともに、万一に備えて保証会社への加入も行ないますので、滞納の心配はありません。当社のお客様には別の本業をお持ちの方が多いのですが、安心してお任せいただき、本業に集中していただけます。


物件の再生に際しては、一級建築士が70以上の厳しいチェック項目を確認し、問題があればすべてそれを解決。そのうえで、建物に対する品質保証をつけたうえで引き渡しを行ないます。具体的には、引き渡し後一定期間内に起きた雨漏りや設備の故障に対しては、当社が責任を持って無償で修繕させていただきます。こうした品質保証は物件を建築した建設会社が行なうことはあっても、不動産会社がやるのは異例だと思います。ですが、故障しても修理してくれないようなディーラーから、自動車を買う人はいません。不動産もそれと同じであり、お客様の安心のためにはそこまでやる必要があると考えているのです。


大谷義武の経歴・略歴

大谷義武、おおや・よしたけ。日本の経営者。「武蔵コーポレーション」社長。埼玉県出身。東京大学経済学部卒業後、三井不動産を経て武蔵コーポレーションを設立。

他の記事も読んでみる

黒鉄ヒロシ

「孤独死は悲惨なものである」「現代人は人間関係が空疎な無縁社会だ」という論調があります。しかし、そもそも死とはひとりで向き合うもので、かつての田舎にも空疎な人間関係はありました。とくに「孤独死」は第三者からの見立てです。言葉の印象が悪いだけで、当人の身に立てば誇り高い死に様といえるのではないでしょうか。それを「かわいそう」などとセンチメンタリズムでくくるのは、生き残った者の傲慢です。


矢野香

話の内容に関して大事なのは、「自己開示」ではなく、「自己呈示」をすることです。ビジネスの場とはいえ、「肩書き」の立場だけで話していると、ビジネスライクな印象を与えますから、たまには「個人名」の立場で話すことも重要です。かといって、何も考えずに、自分のことをありのままに話している(自己開示)と、自分の「肩書き」のイメージを損ねることがあります。相手に良い印象を与えることだけを選んで話す「自己呈示」をしましょう。


鈴鹿可奈子

以前は従来の業務について何か変えようとすると、父と意見が食い違うことはありました。でも、新ブランドを立ち上げてからは、父はこちらには口を出さないでいてくれるので、かえっていろいろなことが相談しやすくなりましたね。もちろん父がいるから新しいことに挑戦しやすい面もあると思います。


松本紹圭

不安や恐れで自分にしがみついている人は、会社組織を自分の確かさを強固にするための装置にしてしまう。しかし、その延長線上で殻を破るような大きな仕事に踏み出すことはできません。


吉田二美

17時まで仕事をした後、勤務地の近くの駅から電車に乗り、自宅よりも遠い大学まで7年間通いました。大学では教授の研究のアシスタントのほかに、宇宙の本を翻訳して大学の教科書につかってもらったり、新しく建設する天体観測所の候補地を探すお手伝いをしました。就職してからも、なんとかして天文学や宇宙との接点を持っていたかったんです。
【覚書き|昼間仕事をしながら、夜は大学で研究をする生活をしていたときを振り返っての発言】


原晋

伸びる選手は「妄想」を抱いていない。目標と妄想は違います。目標は手の届く「半歩先」に置き、それを目指して練習する、その繰り返しだと思います。


落合寛司

NPOのためのインキュベーションオフィスを開設し、安い賃料で使ってもらっていますし、NPOに対する貸出金利は0.1%です。しかも専門家のアドバイスを受けるのも無料です。なぜこういうことをやるかというと、いずれ地方公共団体は財源不足に陥ります。この時、行政に代わって住民サービスを行ってくれるのがNPOです。信用金庫は地域の力に支えられています。NPOの活動によって、地域が元気になれば、取引先も元気になります。その結果、我々も元気になるのです。


本田有明

本来、上位二割のできる部下は、何も言わなくても成果を出すものです。上司はその勢いを止めないように、少々フォローをするだけでいいのです。大事なのはむしろ普通の部下をケアすることです。端的にいえば、2流ないし2.5流だった社員を、一緒に仕事する中で1.5流にまで引き上げるのです。


太田彩子

「私どもは御社とのお仕事を本当に望んでおります。つきましては一週間後までに、ご返答をいただけると、ありがたいです」と言うと、お客様も本腰を入れて検討してくださいます。


樋口裕一

自分の頭の中を整理できれば、決断力のなさを克服できる。効果的なのが、対処すべき事案のプラス面とマイナス面を書き出すこと。


菅原洋平

近年、生産性を上げるため、眠り方の指導を社員に行う企業が増えています。ある企業では、社員の睡眠の改善に取り組んだところ、生産性が10%も上がりました。よい睡眠は仕事にいい影響を与えるのです。


横山信弘

直接コミュニケーション、つまり対面や電話を増やしていくべきでしょう。これは対顧客だけでなく、上司・部下との間にも言えます。タイムラグがあって話がかみ合わないメールよりも、直接話せる電話にします。また、会議よりも一対一の面談のほうが意思疎通でき、お互いの納得感は高まります。相手としっかり向き合うことがコミュニケーションの質を高め、質の高いコミュニケーションが効率アップにつながるのです。


有泉健

社長になって分かったのは、当社のブランドが40代以上には浸透しているのに比べ、20~30代の若い人に知られていないことでした。過去2年間ほとんど広告宣伝してこなかったので仕方ない面もありますが、危うい状況です。こうした危機感から、10年以上買えなかった企業ブランドのロゴを9月に刷新。格安スマホのテレビCMも増やしてブランドの再認知を狙います。


柳井正

根源を改めて問い直す必要がある。例えば時計の会社だったら、「あなたはなぜ時計を着けるんですか」と。それをもう一回問わないといけない時代になったということ。だからうちは、「なぜ服を着るんですか」というところから出発しようと考えています。


溝口勇児

私は「ギバーズゲイン(与える者は与えられる)」という言葉が好きで、自分が満たされているのであれば、それを多くの人に還元するのが正しい生き方であろうと。欧米で成功している企業はみな寄付や慈善活動をしていますし、お陰様で当社も順調に事業が成長してきているので、そういう意味では、社会に還元することも大事であり、弊社の世界中の人の健康をサポートするというビジョンに適っていると考えています。