名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大谷義武の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大谷義武のプロフィール

大谷義武、おおや・よしたけ。日本の経営者。「武蔵コーポレーション」社長。埼玉県出身。東京大学経済学部卒業後、三井不動産を経て武蔵コーポレーションを設立。

大谷義武の名言 一覧

会社は社員を含めた各社関係者のものだと思っている。社員が幸せになるにはまず給料が必要なので、そこを最大化していきたい。


うちは人が全て。だから、社員の幸せが一番だと思っている。それが無ければお客様の幸せもない。


何のために仕事するのかという部分で疑問があった。三方よしで誰かの役に立つ仕事がしたいと思い起業しました。


社員同士がコミュニケーションをとって会社のために頑張ろうと思うことが、業績に繋がる。


手間暇をかけてお客様の不安を一つ一つ潰してきた結果が管理戸数の増加や入居率の高さにつながっています。


フローとストックの両輪がバランス良く成長しているからこそ、企業として順調に成長できる。


重要なのは「人材教育」だと考えています。一生、お客様とおつきあいさせていただくためには、目先の利益にとらわれず、誠実であることが何よりも大事です。ちなみに、当社の営業マンにはノルマも歩合もありません。お客様への無理な売り込みにつながりかねないからです。


仲介会社の人は、問題のある物件を顧客に紹介するわけにはいきません。その点、当社の物件なら安心できるということで、優先的に紹介してくださっているのです。当社は3000社以上の不動産仲介会社とこうした強いつながりを持っています。


社員のモチベーションの高さが好調の要因の一つ。例えば、営業担当が何の目的も持たないまま仲介店舗を何件も回っても、やる気をなくしてしまうでしょう。当社では仕事を行う意義、目的をしっかり理解してもらう場を定期的に設けています。


当社の理念に共鳴していただいた方に、将来の「安定」を提供するのが我々の目指すところ。そのためには不動産投資のみならず、生命保険やオペレーティングリースなど、不動産投資以外の資産運用に対するアドバイスも行なわせていただいています。オーナー様に最新の知識を得ていただくとともに、オーナー様同士が交流する場である「オーナーズクラブ」を開催しているのも、長いおつきあいを意識しているからこそです。


とくにバブル期の物件に多いのですが、必要な改修の資金が足りなかったり、差し押さえがついていたりするなどの特殊事情で、一般に流通していない物件が数多くあります。当社はそうした物件を割安で手に入れ、独自技術によってリノベーションを行ない、人気物件へと再生させます。入居率は実に97%超。このように、割安な物件を人気物件に再生するからこそ、高利回りが実現できるのです。


空き家が問題になっていますが、実は賃貸マンション・アパートの空き家のほうが多く、合計819万戸の空き家のうち、実に過半数以上の471万戸を共同住宅の空き家が占めているのです。外から見ただけではわからなくても、実は入居者がぽつぽつと入っているだけの「虫食い」状態になっている物件は数多くあります。こうした物件を放置するのは、治安の面からも問題です。我々がそうした物件を買い取り、再生する。そして改めて入居者を集め、満室にしたうえで、お客様に販売する。こうすることで、空室問題を解決しつつ、お客様に利益を得ていただくことができる。それが当社のビジネスモデルなのです。


中古物件を売買する際の問題の一つに、「買ってみるまで物件の本当の価値がわからない」ということがあります。中でも見逃されがちなのが、入居者の属性です。そこで当社は一定期間の管理を経て、滞納があったり、なんらかのトラブルを抱えていたりするような住人はすべてチェックし、問題をクリアにします。そのうえで、原則満室の状態にしてからお客様に引き渡しています。その後も徹底した管理とメンテナンスを行なうとともに、万一に備えて保証会社への加入も行ないますので、滞納の心配はありません。当社のお客様には別の本業をお持ちの方が多いのですが、安心してお任せいただき、本業に集中していただけます。


物件の再生に際しては、一級建築士が70以上の厳しいチェック項目を確認し、問題があればすべてそれを解決。そのうえで、建物に対する品質保証をつけたうえで引き渡しを行ないます。具体的には、引き渡し後一定期間内に起きた雨漏りや設備の故障に対しては、当社が責任を持って無償で修繕させていただきます。こうした品質保証は物件を建築した建設会社が行なうことはあっても、不動産会社がやるのは異例だと思います。ですが、故障しても修理してくれないようなディーラーから、自動車を買う人はいません。不動産もそれと同じであり、お客様の安心のためにはそこまでやる必要があると考えているのです。


大谷義武の経歴・略歴

大谷義武、おおや・よしたけ。日本の経営者。「武蔵コーポレーション」社長。埼玉県出身。東京大学経済学部卒業後、三井不動産を経て武蔵コーポレーションを設立。

他の記事も読んでみる

浦上ヤクリン

日本人は男性だけでなく、女性も仕事と家庭の両方をうまくやらねばならないという「成功プレッシャー」がそもそも強すぎるのではないかと感じます。「自分を許す」という気持ちを持たないと、ちょっとしたことですぐに心が折れ、クヨクヨする体質になってしまいます。


内藤誼人

自分の営業ノウハウだとか、いい企画書の書き方、あるいはプレゼンのいい方法を知っていたとしたら、どんどん人に教えちゃう。そうすれば嫉妬なんてされようがないですよ。


村岡恵理

人生には曲がり角がある。そしてどうにも曲がらざるを得ないこともある。状況を受け入れ、その場所で精一杯自分を生かそうと発想を転換した瞬間、新しい希望が生まれ、思いがけない美しい景色が広がる。素晴らしい出会いを引き寄せることもできる。


吉田忠裕

いまは事業が軌道にのり、皆さんに「すごい」と言っていただけますが、始める前はいろいろ言われました(笑)。社内でも「何を考えているんだ?」と思った人は多かったと思います。でも、これも創業者・吉田忠雄の精神に沿ったもので、社会に必要とされるものをつくろうと。事業を通じて新たな価値を創造し提供していくことが、顧客や取引先の繁栄につながり、さらには社会の繁栄に貢献することにつながる考えだと思っているんです。


スティーブ・ジョブズ

「自分はやがて死ぬのだ」と意識することは、私が人生で重大な選択をする際に手にしたツールの中で最も重要なものです。なぜなら、ほとんどのこと――外部からの期待、自分のプライド、屈辱や挫折への恐怖――こうしたことはすべて死に直面すれば消えてなくなり、本当に重要なことだけが残るからです。


高橋祥子

先輩経営者のアドバイスやその方の理念や哲学というのは、その人の状況経験によって形成されているものなので、人によって言うことが大きく異なるのは当たり前です。共通な考え方や絶対的な正解ってないので、たくさんの方からたくさんの意見を聞いた上で、自分はどれを選択するのか考えました。


唐池恒二

私はよく「お客様に対する気づきには三段階ある」と言っています。最初は、「お客様の存在に気づく」こと。次が「お客様の行動に気づく」こと。そして最後が「お客様の気持ちに気づく」こと。


荒木三郎(経営者)

信頼は実績の積み重ねでしか得られない。


石田淳(コンサルタント)

目標が達成できない原因は、大きくわければ3つ。「目標の立て方」「目標の続け方」「目標の立て直し方」のいずれかに問題があります。途中で挫折する残念な人と次々と目標を達成する人、この両者の差は埋めにくいものではありません。明確な違いは、目標達成できる「仕組み」を理解しているかどうか。それさえわかれば、誰でも多くの目標を達成できるようになりますよ。


川野幸夫

「3人寄れば文殊の知恵」という言葉がありますが、ヤオコーの場合は、「100人寄れば、文殊の知恵」です。1店舗当たり通常100人以上いるパートナー(パート社員)さんが生み出す知恵の数々。いいアイデアは、ほかの店舗にも広げていきます。


天坊昭彦

計画を達成するには社員一人一人が本気で考えて、本気で行動してもらう必要がある。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

給料日はお金の「使い時」ではなく「貯め時」。まずは貯蓄分を別口座に移し、さらに自分のご褒美用の予算を積み立てる。そして、最後に残ったお金でやりくりしてください。