大谷義武の名言

大谷義武のプロフィール

大谷義武、おおや・よしたけ。日本の経営者。「武蔵コーポレーション」社長。埼玉県出身。東京大学経済学部卒業後、三井不動産を経て武蔵コーポレーションを設立。

大谷義武の名言 一覧

会社は社員を含めた各社関係者のものだと思っている。社員が幸せになるにはまず給料が必要なので、そこを最大化していきたい。

大谷義武の名言|社員が幸せになるにはまず給料が必要なので、そこを最大化していきたい

うちは人が全て。だから、社員の幸せが一番だと思っている。それが無ければお客様の幸せもない。

大谷義武の名言|社員の幸せが無ければお客様の幸せもない

何のために仕事するのかという部分で疑問があった。三方よしで誰かの役に立つ仕事がしたいと思い起業しました。

大谷義武の名言|誰かの役に立つ仕事がしたいと思い起業した

社員同士がコミュニケーションをとって会社のために頑張ろうと思うことが、業績に繋がる。

大谷義武の名言|会社のために頑張ろうと思うことが、業績に繋がる

手間暇をかけてお客様の不安を一つ一つ潰してきた結果が管理戸数の増加や入居率の高さにつながっています。

大谷義武の名言|お客様の不安を一つ一つ潰す

フローとストックの両輪がバランス良く成長しているからこそ、企業として順調に成長できる。

大谷義武の名言|フローとストックの両輪がバランス良く成長しているからこそ、企業として順調に成長できる

社員のモチベーションの高さが好調の要因の一つ。例えば、営業担当が何の目的も持たないまま仲介店舗を何件も回っても、やる気をなくしてしまうでしょう。当社では仕事を行う意義、目的をしっかり理解してもらう場を定期的に設けています。

大谷義武の名言|仕事を行う意義、目的をしっかり理解してもらう場を定期的に設ける

大谷義武の経歴・略歴

大谷義武、おおや・よしたけ。日本の経営者。「武蔵コーポレーション」社長。埼玉県出身。東京大学経済学部卒業後、三井不動産を経て武蔵コーポレーションを設立。

ページの先頭へ